クロスナイン タイプ。 経営者と従業員の健康をサポートする法人向け保険「リンククロス ナインガード」「リンククロス ナインガード プラス」発売

【楽天市場】【限定販売】 ベース用ギグバッグ×ストラップ (1本) ×Gorgomyteクロス のセット! Kavaborg Fashion Guitar and Bass Bag for Bass + Functional Guitar Strap RDS

クロスナイン タイプ

杢グレーの美しいナイロン生地を使用し、どんなスタイルにも合わせやすく使いやすいギグバッグです。 ギターのネックを固定する大型のネックレストを装備。 取り外しも可能です。 また、底面にはギターのストラップピンを傷めないよう、凹凸型のショックプルーフを装備。 ストラップピンに荷重をかけず、ベースギターにも衝撃を与えないようにすることができます。 この底面のパッドは取り外し可能。 ジャズベースやプレシジョンベースなどの大きなベースを入れる際には取り外します。 一般的なロングスケールベースが入るサイズです。 さらに、クロスを入れておくバンドがあり、演奏後の手入れも簡単。 大柄なポケットは2重構造となっています。 外型のポケットは折りたたみ式で、内部にはケーブルや楽譜などを入れられるポケットに加え、モバイルバッテリーチャージャーを入れておくこともできます。 ポケット内部のUSBケーブルは外側のUSB端子へとつながっており、ポケットに入れたままで充電などを行うことができます。 そして内側のポケットにはタブレットやiOS機器、やピック、スライド、カポ、弦などをポケットごとに分けて入れておくことができます。 入れっぱなしでごちゃごちゃしてしまうことの多いギグバッグのポケットですが、このように小分けすることで整理してお使いいただけます。 2ヶ所ある取っ手の質感も高く、持ち運びも楽に行えます。 手持ちで移動する際にじゃまにならないよう、ショルダーストラップを固定することができます。 ストラップは肩にかかる荷重を分散させ、重さを軽減するプレッシャーリリーフストラップ(特許取得済)となっています。 背負って移動するときには背中が蒸れないよう通気性の高いプレッシャーリリーフクッション(特許取得済)を装備します。 重さ:3. 独自のアイディアを形にし、ステージ上でのギタリストへのストレスを出来る限り軽減します。 肩にかかるギターの重量を分散し、さらにギターストラップのバックルがギターを傷つけることも無いよう、同時に長さを簡単に調整できるよう設計を行いました。 RDS-80にはハイパロンという素材を使用しています。 本革ではなく、PVCでもありません。 それらの素材よりも強靭で、耐摩擦性も高いものです。 ストラップに力がかかると、シリコンクッションがギターストラップをロックし、ギターストラップの脱落を防止します。 ショルダー部の分厚いパッドと人間工学に基づいたデザインにより、ギターの重さを実際よりも軽量に感じることができます。 特許取得済のストラップバックルによりストラップポジションの調整も容易です。 長さ:117〜147cm ショルダーパッド部幅:8. 5cm Kavaborg Kavaborgは、楽器の研究開発、製造、販売まですべてをこなす包括的な音楽機材メーカーです。 多くのプロフェッショナル、エンジニア、研究開発チームにより様々な製品を製造しています。 中国、広州の最新工場はこの15年間、飛躍的な進歩を遂げてきました。 Kavaborgの製品は、世界中多くのミュージシャンに愛されています。

次の

逆境転生クロスナイン 十門寺東高校編

クロスナイン タイプ

新たに襲いかかる「逆境」をはねのけ、廃校の危機に直面する学校を救おう! また、今回の新シナリオの配信を記念して、島本先生へのオフィシャルインタビューを実施。 「私が全力で編み出した個性豊かなキャラクターをパワプロアプリに送り込みました。 熱いストーリーを展開してくれると思います!」と、貴重な制作秘話を語っていただきました。 詳細はインタビュー全文をご覧ください! ストーリー概要 地区の統廃合計画により廃校の危機に直面した「十門寺東高校」。 生徒会長の黒周成穂は廃校を回避するための実績作りを提案。 実力はあるが、気が弱く、何事にも流されやすいのが悩み。 その熱意が暴走することも…。 常に冷静、理論的であり、暴走しがちな成穂のストッパー的存在。 しかし、その歌唱力とダンスには課題が多い。 担当の歴史の授業になぞらえて人生訓を説いていた。 前回のコラボはいかがでしたか。 自分が描いた「逆境ナイン」という漫画が、ゲームになるとどうなるんだろうと。 KONAMIさんには、分かりやすくて、感動が伝わる形にシナリオを構成していただいたと思っています。 自分の漫画をプレイヤーとして追体験できたので、私自身もプレーしてみて感動しました。 「逆境ナイン」のようなタイプのアイデアを出してほしいという、今までに経験のない依頼でした。 漫画を描く場合、どのようにはじめて、読者に向かってどのような展開で、どこまで進むか、ある意味余計なことを考えるのですが、純粋に「逆境ナインのような別の話をアイデア重視で考えてほしい」という非常に面白い提案だったので、是非やってみたいなと思いました。 あと、自由な形で考えていいと言われたので、挑戦したい気持ちがすごくわいてきました。 アイデアがたくさん浮かんできて、いろいろなことをやりたくなってしまいました。 KONAMIの本社に伺った際、スタッフの方に「あれはどうか」「これはどうか」とアイデアをぶつけさせていただいて、その反応をみながら、「これはいけそうだな」「これはそうでもなさそうだな」とアイデアを練り上げていきました。 それで、10連休があったので、この連休で一気に原案を仕上げようと。 自分の子供が高校生の時に合宿したホテルがあるのですが、そこを借りて缶詰め状態になって、露天風呂に入りながら、「これだ!」とひらめくこともありました。 男女の心が入れ替わるという設定は、「逆境ナイン」を昔書いた時、女性ファンの方から「今は男らしい男がいない。 女性の方がよっぽど男らしい!」という熱いメッセージをいただいたんです。 その言葉がずっと頭にあって、「男の肉体の中に、男らしい女性の魂が入る」という設定をいつかやってみたいと思っていたんですよね。 野球部員の魂に、女性の魂が、「ちょっとどけ!私に体を使わせろ」と入れ替わり、今までになく、突拍子もないことができるのではと。 今まで私たちが抱いている野球のイメージからかけ離れたことをゲームでは実現してくれると考えて原案を作りました。 ゲームでは、漫画よりも破天荒なことをやってもプレイヤーが受け入れてくれるんじゃないかなと思っています。 漫画にすると、私が最後まで責任をもってニュアンスや読んだ時の印象などを決めていきますが、ゲーム作りのプロの方にそういったものを任せて、料理されていくというのが違いでもあり、非常に楽しみな部分ですよね。 仕事というか、考えていても楽しいし、すごく面白いイベントですよね。 私が漫画でいうネームというか下書きをして、セリフがいっぱい入ったものをたくさん書いたのですが、自分でペン入れをしていない状態なので、荒い段階のものをKONAMIさんにお渡ししました。 なので、それをどう料理していただけたのか楽しみです。 おそらく、そのままではなく、「全力学園高校」の時のように不要な部分は消して、面白い部分はよりパワーアップしていただけたのかなと思っています。 原案に関しては、冒頭は丁寧に描いたのですが、後半はこういうことが起きて、そのあとこうなるという形で提出したので、自分が実際にプレーしてみて、どんな気持ちでラストに向かっていくのか、非常に楽しみです。 私のアイデアの中では、ラスト近くには泣けてくるはずなんですよ。 グーと込み上げるものがあるはず。 だから、最後の試合は泣かずにはいられないはずなんですよね。 女性が野球をやるという作品はほかにもあるのですが、女性の心だけが男性の体に入って、自由自在に操れるわけです。 もはやパイロットですよね。 男性の体に入って体を動かすというのが面白いと思いました。 ゲームをプレーしていくうちに魂の入れ替わりによって起こる作用を想像しながらプレーすると非常に面白いですよね。 男性にも入り込めて、女性にも入り込めて、すごく楽しいことになると思いますね。 私が編み出した個性豊かなキャラクターを「パワプロアプリ」に送り込みました。 熱いストーリーを展開してくれると思います。 同人誌即売会というものがあるのですが、私は通常の仕事をしている中で、趣味として同人誌即売会に作品を出しています。 事前に余裕をもって少しずつ作るのではなく、私の場合は、その時の「風の力」というか、「こういうものが面白いよ」という「風」を感じながら、それに瞬時に呼応するという制作体制をとっています。 そんな中、1週間後に同人誌即売会を控えているという状況で、「こんな面白いネタが出てきちゃったよ」ということがあったんですよ。 印刷屋さんには表紙のカラーを入稿して何千部も刷っているので、落とすわけにはいかないんです。 「助けて~」と思いながら描きますよね。 この年になったら命がけの作画ですよ。 時間がないとはいえ、やっつけではダメですから。 このラインは超えないと、という完成度のラインがあるので、毎回命がけ。 時間かけて丁寧に作られた作品よりも、同人誌即売会の世界では、その時に吹いている風に乗って、瞬間的に、瞬発的に3日間ぐらいで命を懸けて描いたものをみなさんが求めてくるんです。 私はそういう戦いが好きなんです。 1961年生まれ。 北海道池田町出身。 大阪芸術大在学中の1982年に「必殺の転校生」で漫画家デビュー。 代表作に「炎の転校生」「逆境ナイン」「吼えろペン」など。 現在も連載中の自伝的作品「アオイホノオ」が2014年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2015年に小学館漫画賞・日本SF大会星雲賞自由部門を受賞。 2019年4月、清掃業の「(株)ダスキン アイビック」(札幌市)、書店などを運営する「(株)アカシヤ」(同)の社長だった父親の跡を継ぎ、社長に就任。 阪神甲子園球場公認ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2018年のデータを基に制作しています。 C Konami Digital Entertainment.

次の

クロスギア

クロスナイン タイプ

新たに襲いかかる「逆境」をはねのけ、廃校の危機に直面する学校を救おう! また、今回の新シナリオの配信を記念して、島本先生へのオフィシャルインタビューを実施。 「私が全力で編み出した個性豊かなキャラクターをパワプロアプリに送り込みました。 熱いストーリーを展開してくれると思います!」と、貴重な制作秘話を語っていただきました。 詳細はインタビュー全文をご覧ください! ストーリー概要 地区の統廃合計画により廃校の危機に直面した「十門寺東高校」。 生徒会長の黒周成穂は廃校を回避するための実績作りを提案。 実力はあるが、気が弱く、何事にも流されやすいのが悩み。 その熱意が暴走することも…。 常に冷静、理論的であり、暴走しがちな成穂のストッパー的存在。 しかし、その歌唱力とダンスには課題が多い。 担当の歴史の授業になぞらえて人生訓を説いていた。 前回のコラボはいかがでしたか。 自分が描いた「逆境ナイン」という漫画が、ゲームになるとどうなるんだろうと。 KONAMIさんには、分かりやすくて、感動が伝わる形にシナリオを構成していただいたと思っています。 自分の漫画をプレイヤーとして追体験できたので、私自身もプレーしてみて感動しました。 「逆境ナイン」のようなタイプのアイデアを出してほしいという、今までに経験のない依頼でした。 漫画を描く場合、どのようにはじめて、読者に向かってどのような展開で、どこまで進むか、ある意味余計なことを考えるのですが、純粋に「逆境ナインのような別の話をアイデア重視で考えてほしい」という非常に面白い提案だったので、是非やってみたいなと思いました。 あと、自由な形で考えていいと言われたので、挑戦したい気持ちがすごくわいてきました。 アイデアがたくさん浮かんできて、いろいろなことをやりたくなってしまいました。 KONAMIの本社に伺った際、スタッフの方に「あれはどうか」「これはどうか」とアイデアをぶつけさせていただいて、その反応をみながら、「これはいけそうだな」「これはそうでもなさそうだな」とアイデアを練り上げていきました。 それで、10連休があったので、この連休で一気に原案を仕上げようと。 自分の子供が高校生の時に合宿したホテルがあるのですが、そこを借りて缶詰め状態になって、露天風呂に入りながら、「これだ!」とひらめくこともありました。 男女の心が入れ替わるという設定は、「逆境ナイン」を昔書いた時、女性ファンの方から「今は男らしい男がいない。 女性の方がよっぽど男らしい!」という熱いメッセージをいただいたんです。 その言葉がずっと頭にあって、「男の肉体の中に、男らしい女性の魂が入る」という設定をいつかやってみたいと思っていたんですよね。 野球部員の魂に、女性の魂が、「ちょっとどけ!私に体を使わせろ」と入れ替わり、今までになく、突拍子もないことができるのではと。 今まで私たちが抱いている野球のイメージからかけ離れたことをゲームでは実現してくれると考えて原案を作りました。 ゲームでは、漫画よりも破天荒なことをやってもプレイヤーが受け入れてくれるんじゃないかなと思っています。 漫画にすると、私が最後まで責任をもってニュアンスや読んだ時の印象などを決めていきますが、ゲーム作りのプロの方にそういったものを任せて、料理されていくというのが違いでもあり、非常に楽しみな部分ですよね。 仕事というか、考えていても楽しいし、すごく面白いイベントですよね。 私が漫画でいうネームというか下書きをして、セリフがいっぱい入ったものをたくさん書いたのですが、自分でペン入れをしていない状態なので、荒い段階のものをKONAMIさんにお渡ししました。 なので、それをどう料理していただけたのか楽しみです。 おそらく、そのままではなく、「全力学園高校」の時のように不要な部分は消して、面白い部分はよりパワーアップしていただけたのかなと思っています。 原案に関しては、冒頭は丁寧に描いたのですが、後半はこういうことが起きて、そのあとこうなるという形で提出したので、自分が実際にプレーしてみて、どんな気持ちでラストに向かっていくのか、非常に楽しみです。 私のアイデアの中では、ラスト近くには泣けてくるはずなんですよ。 グーと込み上げるものがあるはず。 だから、最後の試合は泣かずにはいられないはずなんですよね。 女性が野球をやるという作品はほかにもあるのですが、女性の心だけが男性の体に入って、自由自在に操れるわけです。 もはやパイロットですよね。 男性の体に入って体を動かすというのが面白いと思いました。 ゲームをプレーしていくうちに魂の入れ替わりによって起こる作用を想像しながらプレーすると非常に面白いですよね。 男性にも入り込めて、女性にも入り込めて、すごく楽しいことになると思いますね。 私が編み出した個性豊かなキャラクターを「パワプロアプリ」に送り込みました。 熱いストーリーを展開してくれると思います。 同人誌即売会というものがあるのですが、私は通常の仕事をしている中で、趣味として同人誌即売会に作品を出しています。 事前に余裕をもって少しずつ作るのではなく、私の場合は、その時の「風の力」というか、「こういうものが面白いよ」という「風」を感じながら、それに瞬時に呼応するという制作体制をとっています。 そんな中、1週間後に同人誌即売会を控えているという状況で、「こんな面白いネタが出てきちゃったよ」ということがあったんですよ。 印刷屋さんには表紙のカラーを入稿して何千部も刷っているので、落とすわけにはいかないんです。 「助けて~」と思いながら描きますよね。 この年になったら命がけの作画ですよ。 時間がないとはいえ、やっつけではダメですから。 このラインは超えないと、という完成度のラインがあるので、毎回命がけ。 時間かけて丁寧に作られた作品よりも、同人誌即売会の世界では、その時に吹いている風に乗って、瞬間的に、瞬発的に3日間ぐらいで命を懸けて描いたものをみなさんが求めてくるんです。 私はそういう戦いが好きなんです。 1961年生まれ。 北海道池田町出身。 大阪芸術大在学中の1982年に「必殺の転校生」で漫画家デビュー。 代表作に「炎の転校生」「逆境ナイン」「吼えろペン」など。 現在も連載中の自伝的作品「アオイホノオ」が2014年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2015年に小学館漫画賞・日本SF大会星雲賞自由部門を受賞。 2019年4月、清掃業の「(株)ダスキン アイビック」(札幌市)、書店などを運営する「(株)アカシヤ」(同)の社長だった父親の跡を継ぎ、社長に就任。 阪神甲子園球場公認ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2018年のデータを基に制作しています。 C Konami Digital Entertainment.

次の