こばやし あやな。 こばやし あやなのプロフィール情報 All About

小林礼奈

こばやし あやな

皆さんmoikka(どうも!)、フィンランドガイドのこばやしあやなと申します。 北欧フィンランドは、日本から最速最短(わずか9時間あまり)でやって来ることのできる、ヨーロッパの玄関口。 地図をご覧ください、日本とフィンランドのあいだには、ロシア1国がまたがっているだけなのですから! ここ数年来、日本で空前のフィンランドブームが巻き起こっていることを、肌で感じている人は少なくないかもしれません。 映画『かもめ食堂』の大ヒットに始まり、マリメッコやアラビアといったデザインブランドの浸透、世代を超えて根強いファンを持つムーミン谷の仲間たち。 北方に行けば一年中サンタクロースが迎えてくれ、夏には沈まぬ太陽が、冬には誰もが憧れるオーロラが天空をたゆたう地。 社会の現状を見つめて柔軟に変わり続けようとする、教育・福祉分野のひたむきな姿勢への関心も高まるいっぽうでしょう。 実際に足を運ばれても、従来のイメージを決して裏切ることのないフィンランドの地で、より楽しく、気軽に、順調に夢を叶えてもらいたい。 そのために現地に暮らす視点を通じて、有益で確かな最新情報をどんどん発信していくつもりです。 いっぽうで、まだ皆さんのイメージの中には定着していないかもしれないけれど、この国に確かに息づく素敵な風景、素敵な時間の使い方、素敵な文化や食べ物、素敵な人々の素顔……そんな「まだ見知らぬ素敵な魅力」や「見えているけど気づかれていない素敵なこころ」と、皆さんとをぎゅっと縁結びしてゆくことが、私の一番の使命だと思っています。 旅の準備に必要な基本情報はもちろん、山とある情報誌やウェブ上ではまだ語られていない「新発見フィンランド」にどうぞご期待ください! フィンランド・ユヴァスキュラ大学大学院で芸術教育学を学ぶかたわらで、「Suomiのおかん」の屋号を掲げ、在住ライター/撮影/ガイド/翻訳活動をおこなっています。 Suomi(スオミ)とは、お国言葉で「フィンランド」のこと。 甲斐甲斐しくて、情報通で、愛され上手な「大阪のおばちゃん=おかん」をお手本に 大好きな2つの故郷・日本とフィンランドのあいだで 人と人とを、文化と文化とを、社会と社会とをぎゅっと縁結びしてあげられるような コミュニケーション重視の在住ジャーナリスト活動ができればと思っています。 また、翻訳業や、ユヴァスキュラやヘルシンキを拠点とした現地語通訳ガイド業にも携わる。

次の

【3499】I hope it'll pan out.:上手くいくといいな

こばやし あやな

人物・来歴 [ ] 出身。 弟が2人いる 2歳下と13歳下。 18歳でタレントを目指して上京。 に所属し、やとして活動。 2014の候補生にも選ばれた。 また、としてので「」などに出演をしていたが、6月いっぱいで事務所を退社し、芸能活動を休止する。 その後は、かねてから好きであったことがきっかけとなり、内ので働きはじめる。 関係の資格や学歴があったわけではなかったため、養豚場には100社以上に問い合わせても採用されなかったが、そのうちの1社でいきなり豚の交尾を見せられても全く怖気づくことがなかったのを見込まれて、なんとか雇ってもらえたという。 自らので養豚場の勤務日記を書くようになったことで、食肉処理の現場をシビアながらユーモラスに記した筆致がなどで取り上げられる。 以来、メディアを通じて豚の魅力の発信を希望している。 2015年12月にTWIN PLANET ENTERTAINMENTへの所属を発表し、養豚場勤務を継続したまま芸能活動を再開する。 7月に・との結婚及び、妊娠7ヶ月であることを報告。 9月28日、第1子女児を出産。 出産以降は養豚場勤務は休止し、ブログは家庭生活の話が主となっている。 のかたわら、まれに夫・瀧上との共演でテレビ出演などをしている。 2020年4月いっぱいでTWIN PLANET ENTERTAINMENTを退社し、フリーで活動することになる。 趣味・特技 [ ]• 趣味はやを描くこと、食べ歩き。 特技はモノマネ。 その他 [ ]• 好きであり、テレビやメディア取材でもあっけらかんと夫との性生活を話す。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• TWIN PLANET ENTERTAINMENT. 2019年11月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月4日. 2020年5月4日閲覧。 Amebaニュース 2016年7月1日. 2019年11月18日閲覧。 ORICON NEWS 2014年7月2日. 2019年11月18日閲覧。 真貝友香 2016年2月16日. ウートピ. 2019年11月18日閲覧。 Sponichi Annex 2015年10月26日. 2019年11月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年9月29日. 2020年5月4日閲覧。 Smart FLASH 2019年1月15日. 2019年11月18日閲覧。 外部リンク [ ]• Ayana0218k -.

次の

瀧上伸一郎の結婚した嫁は小林礼奈。養豚場勤務で浮気に不思議な感覚

こばやし あやな

* BOOKS 著書 * 2019年1月に、ユヴァスキュラ大学在籍中に学内最優秀論文に選ばれた修士論文をベースに日本人向けに書き下ろした著書 『公衆サウナの国フィンランド(学芸出版社)』。 フィンランド版銭湯である「公衆サウナ」というかつての斜陽産業が、2010年代になってなぜフィンランドで再び数を伸ばし、人気を集めているのだろう?という疑問を出発点に、フィンランド・サウナ文化の特色から、さまざまな実例、現代の公衆サウナ文化を支えるフィンランド人や社会の寛容さや信頼性についてまでまとめた一冊です。 装丁デザインは、佐野研二郎さん。 撮り下ろし写真はかくたみほさんの作品です。 これまでに、各全国紙を始め、『サ道』作者のタナカカツキさん、音楽プロデューサーのヒャダインさん、女優の小林聡美さんなど数々の著名人にも書評を執筆いただいています。 日本最大のサウナ施設検索サイト「サウナイキタイ」とのタイアップ企画も行ない、書店だけでなく日本やフィンランドのサウナ・浴場施設でも販売いただいています。 ブランドスタッフとデザイナー全面協力のもと、起業秘話、ものづくりの理念、コレクション、製造過程からデザイナーたちの綿密取材まで、ブランドの魅力が結晶化したような一冊になっています。 Suomiのおかんこばやしあやなの Facebook公式サイトです。 お仕事の成果報告だけでなく、フィンランド暮らしのなかで目に止まったあれこれ、歳時記、気になる上方の現地リポートや検証などマメに更新し続けているのはこちらのサイトです。 ぜひ気軽にフォロワーになってフィンランドの今を感じていってください。 All Aboutフィンランド公式ライターとして、フィンランド観光全般に関する様々な情報を随時更新しています。 治安や両替、交通などの基本知識を始め、ヘルシンキから地方都市までオススメ観光スポット、旬のレストラン・ショップ、イベント情報まで満載ですので、旅の準備にご活用ください! 日本でフィンランドサウナストーブを販売している株式会社メトスさんの公式サイトにて「 SaunaonValmis! (サウナ、あったまってるよ!)」というサウナ一色コラムを連載中。 大学院の研究テーマで扱っているフィンランドサウナのAtoZを、ディープかつ老若男女が楽しめる目線から紹介します。 総合情報ウェブサイト、マイナビニュースの海外旅行編に、日本で話題のフィンランドネタをより詳しく現地追求したレポートを寄稿しております。 日本の文化、政治、社会、経済の実態や価値を外国人の見方から認識していく刊行雑誌『 JAPAN CLASS』で、フィンランド特派委員として、現地からのコラムを書いたり現地のデータ調査協力をしています。 おもにフィンランド人の目に映る日本という国や日本人像を、さまざまな分野や視点から検証しリポートしていきます。 日常英会話の教材Everyday English Phrases(エブリデイ・イングリッシュ・フレージーズ)の会員様用月例ニュースレター冊子のWorld Hot Newsというコーナーに、フィンランドの日常生活にまつわるコラムを連載しています。 教育システムに関する話題から、オーロラ観測のポイントまで、毎回さまざまなテーマや切り口でフィンランドという国を多面的に紹介しています。 【連載終了】日本でフィンランド情報発信やイベントを開催するタバタビトさんとのコラボレーション企画で、 スオミの枝葉という、他ではなかなか語られないディープな現地情報コラムを不定期で寄稿していました。 サウナをこよなく愛する芸人マグ万平さんと女優清水みさとさんが、フィンランド各地の公衆サウナや貸し切りサウナをめぐり、一箇所ごとの内部の作りやローカルな人々のリアルな様子、ととのうまでの機微を、美しい映像とともに楽しく丁寧に徹底紹介しています。 サウナが大好きな女優清水みさとさんがミステリーハンターを務め、老舗公衆サウナの潜入レポートから、スポーツ観戦席となったサウナ室、空一面のオーロラを眺めながらサウナ浴や外気浴を楽しむようすなど、ユニークで貴重な映像がたくさん放映されました。 フィンランド人家庭で、夫婦や家族がどのように家事を分担しているのか、日々の料理のハードルを下げる工夫などを取材し、紹介しています。 トゥルク市で開催された2019年度世界大会のようすや、大会功績者たちのインタビュー、ミニコーナーとしてサウナ犬や読書犬などユニークなフィンランドの犬文化についても取材撮影を行ないました。 著書でも概念を紹介した、公共の場におけるフィンランド人特有の円滑で平和的なコミュニケーション術オマラウハについても丁寧に掘り下げてもらいました。 出演のきっかけは、湯道を推奨されている薫堂さんが京都のとある銭湯で『公衆サウナの国フィンランド』を見つけて購入し、内容を気に入ってお声掛けくださったことからでした。 また、ヘルシンキに欧州最大規模の店舗をオープンさせた 無印良品さまともコラボし、東京や京都の店舗で書籍イベントを展開しました。 毎日、こばやしがオススメする自然の中や都会のサウナめぐりをするだけでなく、ユヴァスキュラやタンペレなどの魅力ある地方都市の観光やショッピングまでを網羅したよくばりツアーで、老若男女、多彩なメンバーが参加してくださいました。 また、同時にネットニュース記事にもまとめていただきました。 参加チーム全24組のうち4組が日本人チームでしたが、決勝に進んだのは今年もフィンランド人チームのみでした。 日本のサウナシーンの紹介も含め全20ページを超える前代未聞の大特集で、フィンランド編ではヘルシンキのさまざまな公衆サウナを訪れたほか、夏ならではの湖畔のコテージスモークサウナ体験のようすも多くの写真とともに紹介していただきました。 アルヴァ・アールトのサマーハウス「コエタロ」やイソキュロの中世の教会など、5月下旬にフィンランド国内各地で全6本分を収録しました。 優勝後の反響は大きく数多くの国内外メディアの注目を受け、元ネタとなったラジオ番組「うしろシティの星のギガボディ」でも何週にも渡ってフィンランド旅行の様子が報告されました。 おそらくフィンランド初となる試みのイベントに多くの地元客が足を運んでくれ、日本式アウフグースの楽しみを共有してくれました。 書店だけでなく、サウナ施設やフィンランド関連のお店などさまざまな場所に呼んでいただき、 延べ700人を超えるお客さんにご来場いただきました。 また日本滞在中は、 朝日新聞、日経新聞、毎日新聞など全国新聞各社や雑誌などに本書について取材いただきました。 新旧さまざまな公衆サウナや、サウナ建築を移築保存する村の火入れイベントなど、多岐にわたって現場取材をおこないました。 メインであるカウスティネン民族音楽祭での2日にわたる単独ライブはいずれも満員御礼で、耳の超えた聴衆たちを大いに熱狂させました。 日本からは3チームが出場しました。 残念ながらいずれのチームも決勝には進めませんでしたが、皆さん日本人らしいコスプレや粘り強さで会場を沸かしていました。 お客さまとパイを一緒に成形したり、フィンランド料理を味わいながらフィンランド人の夏の過ごし方についてお話させていただきました。 老舗銭湯がフィンランド文化一色に染まる、前代未聞のユニークなイベントで、浴室で富士山のペンキ絵を背後にお話させていただいたのも貴重な体験でした。 海外在住コーディネーターというお仕事について、また、これまでの数々の仕事から印象に残っている仕事やその裏話などをお話させていただきました。 ユヴァスキュラ大学附属小学校の小学生たちが、あらかじめ頑張って英語のセリフを覚えて、カメラの前で頼もしくガイド役を演じてくれました。 シベリウス『フィンランディア』を始め、計3曲分の関連地や関連資料などの撮影をフィンランド国内各地で行ないました。 番組内容はより視聴可能です(フィンランド語)。 出産・育児の公的支援施設ネウボラに働く人たちのインタビューや、実際の育児家庭のネウボラ診療や自宅での暮らしの様子などの密着を行ないました。 クリスマスの定番スイーツである星型のクリスマスタルトをお客様自信に成形していただき、焼きあがる間に、フィンランドの冬の過ごし方についてスライドを見せながらお話しをしました。 当日のようすを、後日していただきました。 全編ラップランドロケで、トナカイ飼い家業を営む先住民族サーミ人の貴重な密着取材などにも成功しました。 フィンランド発祥のアウトドアゲーム、モルックをテーマに、日本とフィンランドの感性や伝統をミックスしたユニークな式になりました。 北欧最大の音楽祭であるカウスティネン音楽祭(50周年記念祭)のゲスト公演2回、ユヴァスキュラ・ヘルシンキでの公演各1回を行ない、全公演で500名を超えるお客様を動員しました。 とりわけカウスティネン音楽祭のステージでの反響は大きく、地元メディアなどでも取り上げられました。 また、TENGOがフィンランド滞在中に現地で収録したレギュラーラジオ番組にもゲスト出演し、フィンランドでの生活などについてお話しました。 フィンランド中西部の片田舎イソキュロ村にある本工場の日本人メディア取材は本取材が最初であったそうです。 ムーミンの物語のなかでムーミンママの作る料理のレシピや食材が、実際に現地の家庭でどのように味わわれているのか、ラップランド地方の農場一家の日常を追いかけたり、ヘルシンキの最新スポットであるムーミンカフェと、ムーミン金太郎飴のファクトリーショップのようすを取材しました。 日中は国立公園ハイキングや湖上スケート体験、そして現地小学校の同学年クラスや移民クラスへの体験入学をサポートし、夜は連日地元のプロホッケーチームのジュニアチームなどの練習に編入させてもらいました。 独自の「照明美学」をもつ北欧の一般家庭の事例が写真たっぷりに紹介されています。 私自身が暮らす街ユヴァスキュラ郊外で2016年より伝説のラリードライバー、トミ・マキネンが本格始動した、トヨタ社との共同プロジェクトの現状を、数日間に渡り取材撮影しました。 w杯を目前に控えた、葛西選手や若き選手たちのトレーニングのようすを追いかけました。 私は「フィンランド人の、心の平穏の守り方」というテーマで、フィンランド人の性格や対人関係の築き方、自分と他人の思いやり方、コミュニケーション術などについて、いろんな分野の事例を引きながらお話させていただきました。 お寺のなかでの講演も、写真などを一切見せずに話術だけで90分乗り切るというのも、すべて初の試みで非常に面白かったです。 第一部は、地元の工芸家さん主導でのフィンランドのクリスマスシーズンの伝統工芸品ヒンメリづくり、そして私は後半、フィンランドのクリスマスのお菓子&飲み物作りをレクチャーしたあと、フィンランドの長くて暗くて寒い冬を、どんな知恵をしぼって人々が楽しく乗り切っているかというテーマで、同じ課題を抱える山形県民の皆さんとさまざまな対談をしました。 ブースでは、自身で編集・執筆を手掛けた冊子(フィンランドの公衆サウナの歴史と現在の取り組みについてまとめました)を販売したほか、フィンランド現存最古の公衆サウナ、ラヤポルティサウナさんの協力のもと、公衆サウナの歴史を振り返る写真展示や、日本発、ラヤポルティサウナオリジナルグッズの販売も行ないました。 こばやしあやな編集・執筆のオリジナル冊子「知られざる、フィンランド公衆サウナの世界。 」はまだ若干数在庫がございます(1冊5ユーロ)ので、購入を希望される方は、メールにてお問い合わせください。 地元でとれた食材や地元の職人さんによる器を使って、フィンランドの秋のフィンランド料理のレシピを自由にアレンジしてもらい、特別ディナーとデザートを振る舞いながら、フィンランドの秋についてのトークショーをさせていただきました。 まさにフィンランドと神戸市北区の魅力をミックスした一夜限りのスペシャルプレートが完成しました。 フィンランドサウナ協会は、戦前から続く由緒ある協会で、発足当初から続くこの会報誌のアーカイブも、自身の論文執筆の際には貴重な資料として活用していました。 非会員、非フィンランド人としての記事掲載も非常に稀で名誉なことなので、大変嬉しい機会となりました。 本文はこちらのからお読みいただくことができます(フィンランド語のみ)。 森散策、クッキング講習、コンサートイベントの開催、ローカル音楽祭への参加、建築案内など、2016年度の夏季のみで、代理店からの外部委託の案件をふくめ約20件のご依頼にお応えいたしました。 これまでのフィンランドの公衆サウナ文化、エストニアの共同サウナ文化、そして日本の銭湯文化のリサーチに続く、世界の公衆浴場文化探訪の第四弾ともいえるフィールドワークトリップでした。 そのリサーチ内容は、連載コラムSauna on Valmisの特別編(・)として公表の場をいただきました。 フィンランドにも多くのファンがいて、長年応援され続けているレジェンド。 ご本人の底知れないプロフェッショナルさはもちろん、人間的でありながら素晴らしいサポートをなさっている周囲の皆さんのプロフェッショナルさにも感銘と刺激を受け続けた、貴重な日々でした。 シンガーソングライターの槇原さんが誰もがクリスマス準備に勤しむ12月のフィンランドに降り立ち、民族楽器カンテレを試奏したり、男性合唱団とシベリウスの作ったクリスマスソングを練習したり、原住民族サーミ人が多く暮らす村の学校で音楽の授業に参加しご自分の歌をアカペラでプレゼントしたり…と、フィンランド音楽の世界をたっぷり体験し、魅力的に紹介してくださいました。 時代の波の中でやむなく廃れながらも、新しい潮流や価値を生み出そうと頑張っている日本のお風呂屋さんと、フィンランドの公衆サウナ業界。 取材したどの方もしっかり信念とビジョンを持っていて眩しかったので、その風格が記事で皆さまにも伝われば嬉しいです。 女優の福田沙紀さんが、冬のフィンランドならではの体験をしにラップランドを訪れ、ケミ名物の雪と氷の城ルミリンナを訪ねたり、砕氷船サンポ号に乗って氷と一緒に海に浮かぶアクティビティにチャレンジしたり、北極圏のトナカイ飼いのファミリーの家を訪ねてトナカイのお世話を手伝ったり、そして夜には期待をかけてオーロラハンティング…と、フィンランドらしい冬景色と人情がつまった盛りだくさんの素敵な番組に仕上がりました。 美手帖ならではの含蓄あるトーベ分析や著名人インタビューなども必見。 もちろんフィンランド以外の北欧各国の情報も満載で、北欧ファンの誰もにとって永久保存版となる渾身の一冊です。 取 材を進める中で、アイノが戦時中に書いたり寄せ集めていたレシピや家政のヒント集などの紙束が、20年ほど前にヘルシンキの某蚤の市で発見されたという事実が発覚。 ひとつは、トナカイ飼いを生業とするサーミ人が、GPS機能や上空監視用ヘリコプターなどさまざまな現代テクノロジーを放牧作業に応用している姿を追ったもの、もうひとつは北ラップランドで早春にかけてのみ許されている ライチョウ捕獲を生業にしているサーミ人の過酷な一日の仕事風景や、ライチョウの家庭料理、レストラン料理のレシピなど を追ったものです。 どちらも、まだ日本であまり知られていないサーミ人の興味深い一面に深く切り込んだ意義ある記事だったと思います。 色はすべて、フィンの澄んだ自然から生まれる無添加色です。 フィンランド・タペストリー連作より、森のタペストリーです。 これも、16の森の景色それぞれに強い印象やエピソードがあり、 カフェでの展示の際には一日中お客様にお話して交流させていただきました。 連作の特別編みたいなものですが鏡面世界という長ーい作品です。 なだらかな森が湖面に映るこのシンプルな光景は、 フィンランドの定番景観であり、国民の心象風景でもあるといいます。 本当は、もっとこれを延ばしてって、お店の壁に一本の道を敷いてしまおうという計画でした。 ええと…ネット規制につかまらないことを祈りつつ。 私がもっとも愛おしく思う、たあいないフィンランド的光景のひとつなので。

次の