ゴシップ ガール ブレア 死亡。 【ネタバレ】ゴシップガールシーズン6(ファイナル)の感想を書くよー!!

「ゴシップガール」セリーナやブレア全キャストの現在と復活の可能性は?

ゴシップ ガール ブレア 死亡

『ゴシップガール』ファイナルシーズンのあらすじ ダンは友人たちをテーマにした小説を書くためにジョージーナとトスカーナへ行っていました。 ジョージーナは、ダンの小説の内容を誰にも知られないようにパソコンは使わせずにタイプライターで執筆するよう命令します。 その頃、チャックは父に対抗すべく、父が隠している秘密を探ります。 どうやらドバイにヒントが隠されていると睨んだチャックは、父の商談の通訳をしていたアミラから反撃材料を聞き出そうとしますが、なかなか決め手となる情報が得られずにいました。 ブレアは、母から引き継いだ会社を成功させるために頑張っていました。 チャックとブレアの思いが通じ合ったものの、お互いの事業が成功するまで離れることを決め、それぞれの夢に向かって奮闘します。 みんなが世界に散らばり夢に向かって頑張る中、セリーナはドラッグに溺れ、鼻血をだして気絶している所を乗客に発見されるのでした。 休暇から戻ったセリーナの母リリーは、夏の間中セリーナが誰とも連絡を取っておらず行方不明になっていることを知ります。 セリーナを探すべく、仲間たちが再び集結して捜索すると、彼女は意外な場所で発見されたのです。 *以下、重要なネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。 チャックVSバート 今シーズンの1つのメインは、 チャックとバートの親子対決です。 死亡したと思わせて身を潜めていたバート。 理由は危険な商談相手から身を隠すためと言っていましたが、実は 違う理由がありました。 バートの悪事をなんとかして暴いてやろうと身辺を探るチャックでしたが、巧みにかわしていくバート。 しかし、バートは本当に 骨の髄まで悪人でした。 自分の身を守るために、実の子を飛行機事故を装って殺そうとまでしたのです。 チャックが乗っていたプライベートジェットが、墜落したニュースを聞いて動揺するブレア達。 事前にバートの怪しい動きを察知していたチャックは無事でした。 バートの全ての悪事を把握したチャック。 二人はホテルの屋上で口論から揉み合いとなり、弾みでバートが屋上から落ちてしまいます。 「助けてくれ。 殺す気はなかった」というバートに、助けるべきか迷うチャックでしたが、迷っている間にバートは力尽き 落下して亡くなってしまいました。 その場に居合わせて全てを目撃していたブレア。 バートの死は、事故死でしたが、状況から警察に信じてもらえる確率はわずかです。 チャックとブレアは、とりあえず警察の目を交わして逃げも、チャックが捕まるとブレアは証言せざるおえません。 チャックが警察から尋問を受けるのは時間の問題……。 バタバタした結婚となりましたが、今までタイミングを逃していた2人だったので、半ば強引でも良いタイミングになったと思います。 シンプルに裁判所で夫婦になろうとする2人でしたが、紳士なチャックはせめてブレアが望んでいた友人たちに囲まれて結婚させてあげたいと、警察の手が迫るなか友人達を呼び、きれいなドレスも用意してめでたく夫婦になります。 2人が結ばれたことが本当にうれしいと思えるシーンでした。 ゴシップガールの正体が明らかに! ついに ゴシップガールの正体が明かされました。 その正体は、なんと ダン・ハンフリー!! 全くのノーマーク人物でした。 下町生まれのダンは、上流階級なヤング・セレブの同級生に憧れていました。 なんとか彼らと対等になりたいと考えたダンは、ゴシップガールというサイトを立ち上げて、彼らのゴシップ情報の中に自分を登場させることで徐々に存在感をつけていったのです。 小説家志望という才能をゴシップガールで見事に生かしたダン。 長く夢見ていた上流階級への仲間入りを果たすことができたのは、本当にアッパレです。 それぞれのその後 ストーリー最後では、5年後の彼らが映し出されました。 セリーナとダンの結婚パーティで集まっているファミリーたち。 チャックとブレアには、ヘンリーという可愛い男の子が生まれ、ブレアの母エレノアはヘンリーにメロメロ。 セリーナも結局ダンを人生のパートナーに選び、 落ち着くところに落ち着いたという感じです。 パーティには、シリーズ途中で降板していたジェニーやバネッサ、エリックも登場し、豪華なフィナーレを飾りました。

次の

【あの人は今?】ゴシップガール で活躍したキャストたちのその後【最新版】

ゴシップ ガール ブレア 死亡

世界中で社会現象的な人気を巻き起こした ドラマ『ゴシップガール』。 今年で初放送 2007 年 9 月 19 日から10周年を迎えたことを記念して、これまであまり知られてこなかったトリビアが 『 』誌で解禁に。 その中から8つをピックアップしてお届け! 女優を辞める予定だった ブレイク・ライブリー セレーナ役のブレイクは、『ゴシップガール』の話をもらったのは 18歳の頃。 その頃にブレイクが考えていたのは「女優はアートでもあるけど、ビジネスでもある」ということ。 そして、アーティストタイプの自分にはあまり向いてないかも…と思ったそう。 そんな訳で、すでに女優を辞めて 大学へ通うことを決心していたブレイクは 『ゴシップガール』出演に興味を示さず。 ところが原作本のファンブログで「セレーナ役にはブレイクがぴったり!」と騒がれていたこともあって、特にクリエイターの1人であるジョシュ・シュワルツが引かなかったよう。 大学に行きたいことを理由にブレイクが断るも、 「週に 1 日はコロンビア大学に通えるから。 それに 1 年が過ぎれば落ち着くよ。 正式に文面にはできないけど、普通の人生に戻り、学校にも通えるようになるから。 約束する」と説得。 しかしそんな約束は守られず…。 でも、ブレイクは「文面にできないってことはそういうことだから」と、 その時のことを笑い話にしているみたい。 何が何でもブレアを演じたかった レイトン・ミースター オーディションに参加した時、ブロンドヘアだったというレイトン。 しかし、セレーナ役のブレイクが同じくブロンドだったことなどから、 レイトンはその場で洗面台に行って髪の毛を染めてきたんだとか! レイトンにはブレア役が合わないと思っていたネイト役のチェイス ・ クロフォード オーディションでレイトンに初めて会った時、「絶対ブレアには合わない」と思ったと言うチェイス。 ところが撮影が始まった途端、一瞬でブレアになりきったレイトン。 トレードマークになったヘアバンドを着けていたずらっぽく笑いながら椅子に座った姿を見て、その演技力に驚かされたという。 キャストの中には有名になることが怖かった人も… ブレイクもその一人。 「私はすごくシャイだから、名前を知られるのが怖かった。 一度この役をすれば、もう二度とこれまでと同じように気軽に家を出ることはできない」と考えたそう。 ネイト役のチェイス・クロフォードもそう。 「当時は有名になったことを楽しんでいたと思っていたけど、よくよく考えれば全然そうじゃなかった。 有名になることに全く慣れないよ。 僕はすごく内向的だから、注目の的になるのは好きじゃないんだ」 ブレイクとレイトンは親友ではなかったけど、宿敵でもなかった 撮影時は「キャスト同士が犬猿の仲」などと囁かれていたけれど、ジョージーナ役のミシェル・トラクテンバーグによると現状は全く違ったという。 「全然仲悪くなかったわ。 クールなメンバーだった。 それに、全員仕事が多すぎてそんなドラマチックな喧嘩などする暇がなかったの」 Getty Images さらに脚本家のジョシュア・サフランはブレイクとレイトンは実際の性格は全く違うし、友達でもなかったと明かした。 「フレンドリーに会話はするけど、友達ではなかった。 ブレイクは現場にも馴染んでいて、『今日はあそこに行くの』とか『あのレストランにはもう行った?』と話していた。 でも、レイトンは撮影が終わったら、隅っこで本を読んでいるタイプ。 それでも撮影が始まると本物の友達のように見えるんだよ」 ブレイクとレオナルド・ディカプリオの交際が脚本に影響を与えた? ブレイクは 2012年に映画『野蛮なやつら/ SAVAGES』と撮影が重なったため、『ゴシップガール』をロサンゼルスで撮影することをリクエスト。 さらに、当時レオ様と交際していたブレイクを見て、西海岸でのストーリーに書き換えることにしたそう。 脚本家のサフランは当時ブレイクがレオ様に送っていた写真には驚かされたと話した。 「ブレイクはある人形を写真に撮り、レオに送ってたんだよ。 すごく斬新だったよ。 Instagramができる前の時代だからね。 自分の人生を写真で表現していた、すごく新しかった」 破局したことを内緒にしていたペン・バッジリーとブレイク ドラマの中だけでなく、実際に交際していたダン役のペン とブレイク。 しかし破局後も、数カ月にわたって秘密にしていたそう。 サフランは当時のことをこう話した。 「誰も知らなかったんだ。 それって2人が俳優としてどれだけ才能があるか証明しているよね。 彼らは私生活が撮影に影響しないよう、破局を内緒にしていたんだよ」.

次の

レイトン・ミースターが語る『ゴシップガール』時代には戻りたくない理由が深い

ゴシップ ガール ブレア 死亡

世界中で社会現象的な人気を巻き起こした ドラマ『ゴシップガール』。 今年で初放送 2007 年 9 月 19 日から10周年を迎えたことを記念して、これまであまり知られてこなかったトリビアが 『 』誌で解禁に。 その中から8つをピックアップしてお届け! 女優を辞める予定だった ブレイク・ライブリー セレーナ役のブレイクは、『ゴシップガール』の話をもらったのは 18歳の頃。 その頃にブレイクが考えていたのは「女優はアートでもあるけど、ビジネスでもある」ということ。 そして、アーティストタイプの自分にはあまり向いてないかも…と思ったそう。 そんな訳で、すでに女優を辞めて 大学へ通うことを決心していたブレイクは 『ゴシップガール』出演に興味を示さず。 ところが原作本のファンブログで「セレーナ役にはブレイクがぴったり!」と騒がれていたこともあって、特にクリエイターの1人であるジョシュ・シュワルツが引かなかったよう。 大学に行きたいことを理由にブレイクが断るも、 「週に 1 日はコロンビア大学に通えるから。 それに 1 年が過ぎれば落ち着くよ。 正式に文面にはできないけど、普通の人生に戻り、学校にも通えるようになるから。 約束する」と説得。 しかしそんな約束は守られず…。 でも、ブレイクは「文面にできないってことはそういうことだから」と、 その時のことを笑い話にしているみたい。 何が何でもブレアを演じたかった レイトン・ミースター オーディションに参加した時、ブロンドヘアだったというレイトン。 しかし、セレーナ役のブレイクが同じくブロンドだったことなどから、 レイトンはその場で洗面台に行って髪の毛を染めてきたんだとか! レイトンにはブレア役が合わないと思っていたネイト役のチェイス ・ クロフォード オーディションでレイトンに初めて会った時、「絶対ブレアには合わない」と思ったと言うチェイス。 ところが撮影が始まった途端、一瞬でブレアになりきったレイトン。 トレードマークになったヘアバンドを着けていたずらっぽく笑いながら椅子に座った姿を見て、その演技力に驚かされたという。 キャストの中には有名になることが怖かった人も… ブレイクもその一人。 「私はすごくシャイだから、名前を知られるのが怖かった。 一度この役をすれば、もう二度とこれまでと同じように気軽に家を出ることはできない」と考えたそう。 ネイト役のチェイス・クロフォードもそう。 「当時は有名になったことを楽しんでいたと思っていたけど、よくよく考えれば全然そうじゃなかった。 有名になることに全く慣れないよ。 僕はすごく内向的だから、注目の的になるのは好きじゃないんだ」 ブレイクとレイトンは親友ではなかったけど、宿敵でもなかった 撮影時は「キャスト同士が犬猿の仲」などと囁かれていたけれど、ジョージーナ役のミシェル・トラクテンバーグによると現状は全く違ったという。 「全然仲悪くなかったわ。 クールなメンバーだった。 それに、全員仕事が多すぎてそんなドラマチックな喧嘩などする暇がなかったの」 Getty Images さらに脚本家のジョシュア・サフランはブレイクとレイトンは実際の性格は全く違うし、友達でもなかったと明かした。 「フレンドリーに会話はするけど、友達ではなかった。 ブレイクは現場にも馴染んでいて、『今日はあそこに行くの』とか『あのレストランにはもう行った?』と話していた。 でも、レイトンは撮影が終わったら、隅っこで本を読んでいるタイプ。 それでも撮影が始まると本物の友達のように見えるんだよ」 ブレイクとレオナルド・ディカプリオの交際が脚本に影響を与えた? ブレイクは 2012年に映画『野蛮なやつら/ SAVAGES』と撮影が重なったため、『ゴシップガール』をロサンゼルスで撮影することをリクエスト。 さらに、当時レオ様と交際していたブレイクを見て、西海岸でのストーリーに書き換えることにしたそう。 脚本家のサフランは当時ブレイクがレオ様に送っていた写真には驚かされたと話した。 「ブレイクはある人形を写真に撮り、レオに送ってたんだよ。 すごく斬新だったよ。 Instagramができる前の時代だからね。 自分の人生を写真で表現していた、すごく新しかった」 破局したことを内緒にしていたペン・バッジリーとブレイク ドラマの中だけでなく、実際に交際していたダン役のペン とブレイク。 しかし破局後も、数カ月にわたって秘密にしていたそう。 サフランは当時のことをこう話した。 「誰も知らなかったんだ。 それって2人が俳優としてどれだけ才能があるか証明しているよね。 彼らは私生活が撮影に影響しないよう、破局を内緒にしていたんだよ」.

次の