細菌薬通販。 犬猫の膀胱炎治療薬通販|症状・原因|効果|くすりペットナビ

ちょっと待った! その抗菌薬はいりません

細菌薬通販

性的な接触がなくても発症しますが、性的な接触とは必ずしも無関係とはいえないようです。 膣内には規模は小さいですが、腸の中のように様々な細菌が棲んでおりお互いにバランスを取りながら、細菌叢を作っています。 健康な膣内では、デーデルライン桿菌と呼ばれるラクトバチルス属乳酸菌が優勢になっていて、これらの菌が作り出す乳酸によって、膣内は酸性に保たれています。 このため、膣内にごく普通に共存している悪玉菌であるブドウ球菌や大腸菌が過剰に増殖できないようになっています。 ところが、ストレスが多く免疫力が低下すると、デーデルライン桿菌が減少してしまうため、悪玉菌が過剰に増殖して膣内の細菌叢のバランスが崩れていまいます。 このことによって、引き起こされるのが細菌性膣炎です。 ・婦人科で処方される薬に相当するものは市販されていない。 細菌性膣炎の可能性で婦人科に行き、やはり細菌性膣炎と診断された場合は、異常増殖した細菌を殺すためにメトロニダゾール膣錠が処方されるのが一般的です。 この膣錠は優れた薬でデーデルライン桿菌に対しては殺菌性が弱く、細菌性膣炎の原因となっている悪玉菌に対しては殺菌性が高いという特徴があります。 このような優れた薬がドラッグストアなどで買えるといいのですが、残念ながらこれに相当するものは市販されていません。 細菌性膣炎に使われる膣錠としてもう一つ、クロラムフェニコール膣錠がありますが、これも市販されていません。 細菌性膣炎の悩みを抱える女性のために開発されたものに、細菌性膣炎対策ジェル「インクリア」があります。 産婦人科医と共同開発された、ジェルです。 本来ならデーデルライン桿菌が作りだしている乳酸を補給して、膣内環境を整えて膣の自浄作用を高めるように働きます。 また、ヒアルロン酸も配合されていますので乾燥によるかゆみなどにも効果が期待できます。 その他にもジェルを作るための、グリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、パラキオシン安息香酸メチルなどが含まれていますが、安全性が確認されたものばかりです。 ・使い方は簡単 使うタイミングは特に決まっていませんが、寝る前などに容器の先を膣内に入れてジェルを中に押し出すだけです。 入れた後、下着の汚れが気になる場合はおりものシートなどを使うことをおすすめします。 インクリアについては、こちらの記事も参考になります。 「」 半年間で70,000個以上の販売実績、.

次の

抗真菌剤 市販薬 人気ランキング

細菌薬通販

細菌性亀頭包皮炎の市販薬はコレ! 細菌性亀頭包皮炎の市販薬ですが、亀頭包皮炎専用の薬というのはありません。 亀頭包皮炎だけでなく、その他の皮膚疾患にも使える薬ということになります。 細菌性亀頭包皮炎に効果のある市販薬には、 ・テラマイシン軟膏(武田薬品工業) ・クロマイN軟膏(第一三共ヘルスケア) などがあります。 これらはどちらも、毛のう症やとびひなど「化膿性皮膚疾患」に効果のある薬になります。 抗生物質が入っているので、症状を引き起こしている細菌をやっつけてくれるんですね。 この2つの市販薬の他にも、化膿性皮膚疾患に効果のある薬なら細菌性亀頭包皮炎にも効果を感じることができるでしょう。 細菌性亀頭包皮炎の市販薬を買うメリット 細菌性亀頭包皮炎に効く市販薬は、パッケージや商品名に「亀頭包皮炎」の文字はありません。 専用ではないので当たり前なのですが、この専用ではないところが、かえってメリットだと考える人もいるようです。 確かに、パッケージに大きく亀頭包皮炎なんて文字が書いてあったら、恥ずかしくてレジに持っていけないですよね? ドラッグストアやスーパーのレジは女性が多いですから、なおさら恥ずかしさが増すのではないでしょうか。 市販薬は手軽に購入できるところがメリットですが、ものによっては買うのが恥ずかしいこともあるもの。 しかし細菌性亀頭包皮炎の市販薬であるテラマイシン軟膏やクロマイN軟膏なら、レジに持っていくことをそこまでためらうことはないのかな、と思います。 病院へ行かずに細菌性亀頭包皮炎を治したいと思う人にとって、市販薬は便利で良いものと言えそうですね。 市販薬よりもおすすめのアイテムがある? 細菌性亀頭包皮炎を治すには、実は市販薬よりもおすすめのアイテムがあることをご存じでしょうか。 薬には少なからず副作用もありますし、市販薬は亀頭包皮炎向けではなく一般的な皮膚疾患向けなので、デリケートゾーンへは刺激が強すぎる危険性もあります。 市販薬よりもおすすめなのが、ドクターズチョイスのファンガクリーム。 ファンガクリームは天然由来のティーツリーオイルを始め、すべて天然成分から作られた殺菌力の認められているクリームです。 細菌性亀頭包皮炎やカンジダ性亀頭包皮炎の改善のために開発されたと言っても過言ではないので、デリケートゾーンへも安心して使うことができます。 粘膜にも使えるほど肌に優しいクリームなので、敏感肌の人でも安心ですね。 薬ではないのでもちろん副作用もなく、耐性菌も発生しにくいです。 ファンガクリームは通販で購入できますので、緊張してレジに並ぶ必要もありませんね。 細菌性亀頭包皮炎には、市販薬よりも安全性の高いファンガクリームの方がおすすめだと言えるでしょう。 まとめ 細菌性亀頭包皮炎の市販薬について、紹介しました。 細菌性亀頭包皮炎に効果のある市販薬はありますが、正しく使わないと副作用などのリスクもあります。 手軽に手に入って便利な市販薬ですが、それよりもおすすめのファンガクリームを、ぜひ試してみてくださいね。

次の

ちょっと待った! その抗菌薬はいりません

細菌薬通販

抗生物質と抗菌薬の違い(選択毒性とは) ・抗生物質と抗菌薬 感染症の治療薬として 抗生物質と 抗菌薬という言葉があります。 この二つは似ているようで違います。 抗生物質とは、病原微生物を殺す作用をもつ薬の中でも「 微生物が作った化学物質」を指します。 世界初の抗生物質であるペニシリンは青カビから発見されましたが、青カビは微生物の一つです。 カビを厳密に言うと真菌であり、菌の一種となります。 微生物であるカビが作り出した病原微生物を殺す化学物質であるため、ペニシリンは抗生物質となります。 ただし、技術の進歩によって人間の手によっても病原微生物に対抗するための化学物質を創出することができるようになりました。 完全なる人工合成によって作られた病原微生物に対抗する化学物質であるため、これらの物質を抗生物質の定義である「微生物によって作られた化学物質」に当てはめることはできません。 そこで、抗菌薬と呼ばれる言葉が登場します。 現在では抗生物質や人工合成された化学物質を全て含めて、抗菌薬と表現されます。 そのため、イメージとしては、抗菌薬という大きな枠の中に抗生物質が含まれるようになります。 ・細菌の構造と選択毒性 筋弛緩剤は筋肉の緊張を緩めることで痙攣や麻痺を抑制します。 しかし、その使い方を間違えれば呼吸不全などを引き起こすこともあります。 ただし、これは筋肉が存在する動物だからこそ筋弛緩剤が薬にもなり、毒にもなります。 もしこれが筋肉を持たない植物であれば、筋弛緩剤を投与したところで影響がほとんどありません。 これは、「動物には筋肉があるが、植物には筋肉がない」という構造上の違いによって起こったものです。 このように、 構造上の違いがあるために「特定の生物にのみ毒性を発揮すること」を 選択毒性と呼びます。 この選択毒性の考えは抗菌薬において重要となります。 抗菌薬の作用を知るためには、細菌などそれぞれの構造を理解する必要があります。 もっと言えば、「私達の体を構成している細胞」と「細菌の構造」の違いを理解することが大切です。 なぜなら、これを理解することできれば、「副作用をできるだけ回避して細菌を選択的に殺すことのできる抗菌薬の創出」が可能となるためです。 構造上の違いを利用する選択毒性によって、ヒトには作用しないが細菌に対しては毒性を発揮させるようにします。 右に抗菌薬を考える上で重要となる細菌の構造を記します。 ・細胞壁 細胞の周りを丈夫に固めるため、細菌には 細胞壁と呼ばれる壁が存在しています。 この壁があることによって、細菌は形を保つことができます。 もしこの壁がなくなってしまうと、細菌は形を保つことができなくなって溶けてしまいます。 ・リボソーム タンパク質を合成するための器官を リボソームと言います。 私たちの体を構成している成分の中で最も多いものは水です。 そして、その次に多い成分がタンパク質です。 皮膚や髪の毛はタンパク質で構成されており、肺や肝臓などの臓器もタンパク質です。 そのため、タンパク質の合成は生命維持に必要不可欠であることが分かります。 細菌においてもタンパク質は細菌そのものを形作ったり、生命維持に関与したりと重要な役割を担っています。 これらタンパク質の合成をリボソームが行っています。 ・核酸 DNAやRNAなどの遺伝情報の集まりを 核酸と呼びます。 DNAやRNAは私達の体を作る設計図としての役割をします。 そのため、DNAやRNAなどの遺伝情報である核酸が存在することによって、私達の体は正確に細胞分裂をすることができます。 細菌にも同じように核酸があり、この核酸に刻まれている設計図を読み取ることによって細胞分裂を行います。

次の