音楽 ヤマハ。 「音楽を愛する人たちが活動再開していくために」ヤマハ、音楽関係協会、感染症専門家らが音楽活動のニューノーマルを探るチームを結成

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス - 楽譜/書籍/雑誌/音楽ソフト/通販 -

音楽 ヤマハ

東京地裁はヤマハの訴えを棄却。 つまり、JASRACの勝訴である。 この訴訟は、「教室で演奏する曲に対する著作権利用料の徴収」を巡りヤマハ音楽教室がJASRACを訴えていたもの。 主な争点をまとめると以下の通りである。 ・争点 1. 著作権法22条の「公の演奏」について 2. ヤマハ側の主張を要約すると、「公の演奏」については「公衆にあたる聞き手がいない」というもので、「聞かせることを目的とする演奏」については「確認作業で聞かせるためではない」と訴えている。 一見すると、JASRACに立ち向かう音楽教室のような構図にも見える本裁判。 そのためか、この訴訟が報じられた当初、ネットはJASRACへの批判の声にあふれた。 一方で、著作権利用料とはミュージシャンの収入に直結するものである。 ゆえに、プロミュージシャンの中には「音楽の未来を考えるなら、未来の音楽家だからこそ、権利の意識はしっかり持たないといけない」という意見の人がいるのも事実だ。 さて、音楽の未来はこれからどうなっていくのか? 今後を見守りたい。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

ヤマハ音楽教室でのトラブルです。気持ちの整理がつかないので、相談させて...

音楽 ヤマハ

音楽家のみならず、トップアスリート、芸術家、医師や弁護士、企業経営者など… 社会で活躍する多くの人々を生み出しているヤマハ音楽教室。 そこには何があるのか?子供の可能性を引き出す教育システムの謎を解き明かします。 【第一章】こうして子供の才能は育まれていた ・なぜ幼児クラスは「親同伴」なのか 【第二章】卒業生4人が語る、「ヤマハと私」 ・ピアニスト 上原彩子 音大に行く必要は感じませんでした/ショパンがいつの間にか「アニメソング」に? ・作曲家 大島ミチル 小3の誕生日プレゼントはビートルズ/「作曲が一番嫌い」だった少女時代 ・書道家 武田双雲 グループレッスンをかき乱した少年時代/息子とのセッションが活力を与えてくれる ・医師 林朋之 個人レッスンからヤマハ音楽教室へ/ピアノを弾くとみんな喜ぶ。 超高齢化社会の切り札に? 【第七章】同じ歌、同じメソッド。 世界に挑むYAMAHA ・「月謝2倍」でもV字回復したインドネシア 【第八章】60年目の課題。 変わる勇気と変わらぬ魂 娘が、1歳のときに入会しました。 講師の方は忙しいのでゆっくりお話できないので、自分の子供は大丈夫かな?と不安になることはあります。 子供が楽しく通っているので信頼していこうとは思っていますがやはり不安…という時にこの本を見つけて購入。 感想は、ヤマハに通っていて良かったなと思いました。 娘にはヤマハの教育システムがあっていたのかなと安心しました。 また、ヤマハのこれからの課題も書かれていて、この課題はしっかり取り組んで頂きたいです。 音大ピアノ科出身です。 子供の音楽の力を伸ばすには、ヤマハか否かは関係なく、良い先生と巡り会えるかどうかです。 ヤマハ自体に優れたメソッドがあるとはとても思えません。 ヤマハの講師になったら、ヤマハに徹底的に搾取されます。 レッスン料の6割持っていかれ、発表会の日は丸一日タダ働き、事業契約にもした関わらず無給の研修に強制参加。 ヤマハのグレードを無理やり取らせられる(検定料が高い') そんな労働条件では優れた先生はとっとと辞めます。 生徒ごと。 今現在、音楽の世界で活躍されている方の中にヤマハ出身者はどのくらいいるのか分かりませんが、ヤマハ以外で音楽を学んできて活躍されている方のことがまったく書かれておらず気持ち悪いです。

次の

「ヤマハ大人の音楽レッスン」の口コミ、評判。意外なデメリットあり

音楽 ヤマハ

音楽家のみならず、トップアスリート、芸術家、医師や弁護士、企業経営者など… 社会で活躍する多くの人々を生み出しているヤマハ音楽教室。 そこには何があるのか?子供の可能性を引き出す教育システムの謎を解き明かします。 【第一章】こうして子供の才能は育まれていた ・なぜ幼児クラスは「親同伴」なのか 【第二章】卒業生4人が語る、「ヤマハと私」 ・ピアニスト 上原彩子 音大に行く必要は感じませんでした/ショパンがいつの間にか「アニメソング」に? ・作曲家 大島ミチル 小3の誕生日プレゼントはビートルズ/「作曲が一番嫌い」だった少女時代 ・書道家 武田双雲 グループレッスンをかき乱した少年時代/息子とのセッションが活力を与えてくれる ・医師 林朋之 個人レッスンからヤマハ音楽教室へ/ピアノを弾くとみんな喜ぶ。 超高齢化社会の切り札に? 【第七章】同じ歌、同じメソッド。 世界に挑むYAMAHA ・「月謝2倍」でもV字回復したインドネシア 【第八章】60年目の課題。 変わる勇気と変わらぬ魂 娘が、1歳のときに入会しました。 講師の方は忙しいのでゆっくりお話できないので、自分の子供は大丈夫かな?と不安になることはあります。 子供が楽しく通っているので信頼していこうとは思っていますがやはり不安…という時にこの本を見つけて購入。 感想は、ヤマハに通っていて良かったなと思いました。 娘にはヤマハの教育システムがあっていたのかなと安心しました。 また、ヤマハのこれからの課題も書かれていて、この課題はしっかり取り組んで頂きたいです。 音大ピアノ科出身です。 子供の音楽の力を伸ばすには、ヤマハか否かは関係なく、良い先生と巡り会えるかどうかです。 ヤマハ自体に優れたメソッドがあるとはとても思えません。 ヤマハの講師になったら、ヤマハに徹底的に搾取されます。 レッスン料の6割持っていかれ、発表会の日は丸一日タダ働き、事業契約にもした関わらず無給の研修に強制参加。 ヤマハのグレードを無理やり取らせられる(検定料が高い') そんな労働条件では優れた先生はとっとと辞めます。 生徒ごと。 今現在、音楽の世界で活躍されている方の中にヤマハ出身者はどのくらいいるのか分かりませんが、ヤマハ以外で音楽を学んできて活躍されている方のことがまったく書かれておらず気持ち悪いです。

次の