アドセンス 他の広告。 アドセンス広告の貼り方に悩むあなたへ|合格してからの全手順まとめ|ひよこは旅をする

AFFINGER5(アフィンガー5)のアドセンス広告の貼り方!アフィリエイト広告にも使えます。

アドセンス 他の広告

他の広告は貼らない。 記事は5つ以上。 オリジナルのコンテンツにする。 アダルト系や公序良俗に反する言葉を使わない。 文字数は500文字以上。 記事は一気に書かないで日を分けて書く。 リンクは張らない。 画像や動画も一切使用しない。 ある程度アクセスがないと審査に通らない。 アドセンスを貼る際に「スポンサーリンク」などの表記を入れる。 なんか難しそう〜って思ってしまいますよね。 タイトルにもある通り、僕の場合は画像も内部・外部リンクも結構ありましたが審査に通りました。 これからGoogleアドセンスに登録申請する方の参考になると思うので、このブログのケースをお話したいと思います。 2月18日 ブログ立ち上げ• 2月19日 記事2つ追加(467文字・584文字) 3pv• 2月20日 記事2つ追加(1996文字・2296文字) 13pv• 2月22日 記事1つ追加(1644文字) 37pv• 2月23日 アドセンス申請・記事1つ追加(1468文字) 15pv• 2月24日 記事1つ追加(2630文字) 14pv• 2月25日 アドセンス審査通過 以前は一次審査も時間がかかったそうですが、今は一次審査というのはなくなったみたいですね。 登録してからすぐに広告を貼る審査になりました。 登録申請してから2日でGoogleからアカウント有効化のメールが来て、ブログには広告が表示されました。 22日は確認作業も多かったのでpv上がってますね(笑) 自分のアクセス含めないようにしなきゃ。 あと、「スポンサーリンク」っていう表記も入れてませんでした。 なので上記の「条件」の中でちゃんと満たしていたのは「 他の広告は貼らない」「 記事は5つ以上」「 公序良俗に反しない」「 文字数は500文字以上」ぐらいでしょうか。 なぜアドセンスの審査に通ることができたのか? 色々なブロガーさんやアフィリエイトをしている人のサイトを見ても、みんな画像もリンクも当たり前に使ってるので画像やリンクで審査に落ちるなんてナンセンスだな〜とは思ってました。 やっぱり 大事なのはコンテンツなのかなと。 審査に落ちたっていう方たちの経験談では「コンテンツが不十分」みたいなメールが送られてくる人が多いみたいです。 日記のような内容などは審査に通りにくいかもしれません。 よく言われているように訪れてくれた人に役に立つようなことを書いて、それを見にたくさんの人が来てくれるから企業も広告を露出する意味が出てくる。 広告を貼るのに値するようなブログにしていきたいですね。 そういうことを改めて考えたアドセンス登録申請のお話でした。 ということで無事に広告も貼れたのでこれからブログ育てていくぞ〜! こんにちは。 はじめまして。 ボクも2017年1月からのんびりブログサイト運営をしていまして、アフィリエイトで少しでも足しになればいいなーなんて思いながら更新しています。 そろそろAdSense貼りたいなと思っていた所ですが、外部リンクと内部リンク貼りまくっていたので、ダミーブログ作った方がよいか悩んでいたところでした。 これから貼っている広告はすべて削除しますが、外部リンクと内部リンク(これもコンテンツの一部と考えています)は削除しなくても大丈夫な事が理解できただけでも安心しました。 お互いに頑張って育てましょうね!.

次の

アドセンスと他の広告を併用し全体RPM1000を超えた話【トレンドブログ編】

アドセンス 他の広告

Googleアドセンス広告の種類を知りたい• 広告別の収益効果を知りたい• Googleアドセンスの最適な広告配置場所を知りたい• 一番稼げる広告タイプを知りたい こんな悩みを解決できる記事を用意しました。 なぜなら実際に 上記の内容 を実践したことで、このwebサイト(ブログカレッジ)はアドセンス広告のみで月15万以上を稼げるようになったからです。 ブログ初心者でも下記の内容を実践すれば今まで以上にGoogleアドセンスで稼げるようになるので、じっくり読み込んでください。 Google広告の流れ• ブロガー 上記の流れを頭の中に入れておきましょうね。 Googleアドセンス広告の報酬タイプは2つ! アドセンスの報酬タイプは クリックで報酬になる広告(クリック報酬単価)と 閲覧されれば報酬になる広告(インプレッション単価)の2タイプがあります。 ほとんどの収入源はクリック報酬単価と呼ばれるクリックで報酬になる広告ですが、 一部の広告には閲覧されれば報酬になるインプレッション単価も含まれているのです。 たまに、クリックが発生していないのに「1円」だけ入っていることありませんか? インプレッション単価は1日1円〜3円ほど発生することがあるのです。 その他、「アクティブビューのインプレッション単価」や「エンゲージメント単価」がありますが、雀の涙ほどの金額なので特にきにする必要はないでしょう。 気になる方はググってみてください。 【Googleアドセンス広告の種類】基本用語2つを覚えよう! ここからは Googleアドセンスの広告種類7つを解説していきます。 まず、前提として広告業界でよく使われる用語の 「レスポンシブ広告」と「ネイティブ広告」 から覚えます! この2種類は具体的な広告フォーマットではなく掲載方法の概念です。 アドセンスの広告フォーマットの中にこの2種類の概念が多く使われるので、最初に覚えておきた方が良いでしょう。 Googleアドセンス広告の種類1:レスポンシブ広告 レスポンシブ広告とは、 ユーザーのデバイスに合わせてサイズや見せ方を自動的にカスタマイしてくれる表示タイプで、Googleアドセンスでも取り入れています。 モバイル画面の時でも、「縦向き」と「横向き」ぞれぞれの場合で広告サイズを自動的に変えてくれ流のです。 Googleアドセンス広告の種類2:ネイティブ広告 ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然に溶け込ませることで、 ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした表示タイプです。 レスポンシブ広告の共有事項として、「広告」というラベルが表示されます。 Googleアドセンス広告の「広告タイプ」は大きく2つ アドセンスの広告タイプは主に「広告ユニット」と「自動広告」の2タイプがあります。 Googleアドセンスの広告タイプ1:自動広告 自動広告とは2018年2月から開始された新しい広告。 サイト内に自動で設置してくれる広告で、記事下やサイドに手動でコードを貼り付ける手間を無くしてくれる、初心者の方におすすめです! バナー広告や全画面広告といったレスポンシブ広告対応された広告を簡単に設定できます。 ディスプレイ広告 モバイル全画面広告 自動広告についてもっと詳しく知りたい方は『』をご覧ください。 Googleアドセンスの広告タイプ2:広告ユニット 広告ユニットはGoogleアドセンスに用いられる広告のこと。 「サイトの好きな場所に好きな広告」を設置することが可能です。 配置場所や広告タイプを工夫するだけで収益がグンっと伸びる、アドセンス運営にて欠かせない重要な広告でしょう。 あとで紹介しますが広告ユニットを細かく分けると 4つの広告タイプが存在します。 Googleアドセンスの広告ユニットは4種類! 広告タイプを説明する前に、基本的な広告ユニットの設定手順を解説します。 テキスト広告とディスプレイ広告の違いは? テキスト広告:タイトル、テキスト、URLからなる文字ベースの広告 ディスプレイ広告:画像や動画が連動した画像ベースの広告 以下がディスプレイ広告のサンプルです。 テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信しよう テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信することをおすすめします。 なぜなら、 Google公式が推奨しているためです。 ディスプレイ広告は、テキスト広告とともに広告スペースの同じオークションにかけられます。 そのため、テキスト広告とディスプレイ広告を両方表示するよう設定すると、サイトに掲載される広告の競合率が高まり、収益の増加につながります。 これは、Google の技術により最も高い収益の見込まれる広告がページごとに判断され、掲載されるためです。 引用元: 主に「記事上」「サイド」「記事下」に設置するときに使用 テキスト広告とディスプレイ広告の使用例として、「記事上」「サイド」「記事下」に広告を設置したいときに活用されますよ。 また、 を表示させたいときもテキスト広告とディスプレイ広告が活躍します! 広告サイズで「長方形」の「レクタングル(大)」を選択するだけ。 あとは記事下にアドセンスコードを仕込むだけです。 ちなみに設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> リンク広告も活用しよう! リンク広告はぜひ活用すべきです!設置してから アドセンス収益が1. 2倍ほど上がりました。 リンク広告とは 2クリックで報酬が発生する広告タイプです。 よく見るあの広告です! リンク広告の特徴は、以下2点です! リンク広告の特徴は2つ!• 2クリック目で報酬が発生する。 誤クリックが減るためCPCが高い。 1クリックではなく2クリック目で報酬が発生する点がデメリットですが、 その分ユーザーの誤ったクリックが減るということなのでCPCが上がる傾向にあるのです。 実際にリンク広告を設置したら、CPCが他の広告よりも高くなっていることが分かりました! 広告リンクの設置方法 広告サイズで「リンク広告」の「レスポンシブリンク」を選択。 サイトカラーに合わせてオリジナルのリンク広告を作成してみましょう。 リンク広告の設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> Googleアドセンス広告の種類4:関連コンテンツ 関連コンテンツは 記事下の関連記事(RECOMMEND)内に溶け込むように表示されるネイティブ広告です。 以下の画像が具体例です。 クリック率が比較的高く、ぜひ取り入れておきたい広告タイプの1つ。 モバイル最適化が可能なレスポンシブサイズを推奨します。 注意点として、関連コンテンツは100記事近く 書き上げると自動的に広告ユニット内に表示され可能性が高まります。 詳しい内容は『 』に目を通しましょう。 カスタマイズを成功させれば上手に周囲に溶け込ませることができクリック率が上がる広告タイプです。 Googleアドセンス広告の種類6:記事内広告 記事内広告は 記事内の段落の間に自然に溶け込ませることができるネイティブ広告です。 アクティブビュー視認可能率が高い箇所や目次上に配置する際に便利です。 記事タイトル下は位置的にもっともユーザーの目に入りやすい位置なので、表示回数とクリック数が高いのが特徴。 この配置でおすすめな広告タイプなのが レスポンシブのリンク広告 です。 なぜならCPCが比較的高く、デザイン的にもタイトル下に馴染みやすいからです。 ただ読者が最後まで読んでもらうよう、 離脱率の要因となる大量の広告を貼らないこと をおすすめします。 稼ぎやすい広告の配置場所2:目次上 目次上も記事タイトル下と同様、読者の目に留まりやすいため、表示回数、クリック数ともに高い傾向にあります。 目次上は見せ方的にバナーを設置しても違和感がないため レスポンシブの記事内広告や 固定のダブルレクタングルが最適です。 稼ぎやすい広告の配置場所3:記事下 記事下はクリック率がかなり高くなる配置場所です。 なぜなら読者が記事を読み終えたら、次の行動を起こそうとするからです。 おすすめの広告は 固定のダブルレクタングルや 関連コンテンツ。 特に関連コンテンツは、 他のおすすめ記事に自然に溶け込んでくれるので、クリックされやすいのが特徴です。 CPCが高い!Googleアドセンス広告は大きいサイズのバナー! CPCが最も高い広告はバナー広告!サイズが大きくなればなるほど単価も上がる傾向にあります。 理由は、広告サイズが大きいほどクリック率いため、広告主側が支払う費用が高くなり、その分CPCも多く支払われるためです。 実際にブログカレッジにおいても、一番CPCが高い広告がダブルレクタングルになっています。 他は50円前後なのですが、ダブルレクタングルのみ平均100円を超えているのです! 一番稼げるGoogleアドセンス広告は「目次上の記事内広告」 3つの手順• 記事内広告を選んでコードを取得します。 functions. phpにウィジェット内の「目次上」を表示させるコードを記述。 詳しい設定手順は以下を参考にしてみてください。 実際に僕がアドバイザーとして運営しているブログには広告にラベル表示させてないのですが、Googleからは何も言われていません。

次の

【Cocoon】グーグルアドセンスの自動広告と手動広告の設定方法

アドセンス 他の広告

Google AdSense(アドセンス)の自動広告って何? (GoogleAdSense)の自動広告とは、 コード1つでサイト内の好きな場所に自動で広告を設置してくれる広告形態です。 自動広告内の広告タイプは6種類あり、自分の貼りたいタイプを手動で選べますよ。 後ほど詳しく話しますが、Googleの人工知能が配置場所を最適化してくれるので、コードを設置したらお任せでOK! 簡単で自動カスタマイズを備えた自動広告はアドセンスを始めたばかりの初心者にとって最適な広告と言えるでしょう。 Google AdSense(アドセンス)の自動広告4つのメリット! 自動広告を設置するメリットを理解していれば 初心者でも簡単に収益化できます。 主なメリットは以下の4つ。 ポイント• 初心者でも気軽に設置できる• 広告配置場所に悩む必要はない• 収入UPに繋がる• 好きな広告タイプを選べる 自動広告メリット1:初心者でも気軽に設置できる Googleアドセンスの自動広告は、 初心者でも簡単に設置できるのが最大のメリットです。 自動広告専用のコードを貼り、設置したい広告タイプを選んで終わり。 あとはアドセンス側が自動で広告を設置してくれるのです。 自動広告メリット2:広告配置場所に悩む必要はない たとえブログ初心者でも広告配置場所に悩む必要はありません。 なぜなら 自動広告は広告の設置を自動で行ってくれるからです。 手動で配置する広告ユニットでは、テーマエディター(FTP)で配置箇所を探りながらコードを設置する手間が発生しますね。 ですが、自動広告ならGoogle側が設置してくれるのでポリシーに違反することもありません! 自動広告メリット3:好きな広告タイプを選べる 自動広告は「テキスト広告とディスプレイ広告」 「インフィード広告」 「記事内広告 」「関連コンテンツ 」「アンカー広告」「モバイル全画面広告」の 6タイプから設置したい広告を選べます。 ユーザビリティが下がってしまう広告タイプは設置せず、高い収益が見込める広告タイプのみを設置しておきましょう。 おすすめの広告タイプは後ほど解説していきますね。 自動広告メリット4:収入UPに繋がる! 自動広告は確実に収入UPに繋がります。 なぜなら、 広告を設置すれば少なからずクリックが発生するからです。 ブログカレッジも アドセンス収入の3分の1が自動広告から発生しています! ただ気をつけて欲しい点は、広告が多すぎるとユーザビリティが下がってしまい収入が伸び悩んでしまうこと。 なので 適度な広告数の設置を心がけましょう。 タグ直前にコードを配置しましょう。 保存をして完了です。 表示させたい広告を選択しましょう。 Google AdSense(アドセンス)自動広告の種類は全部で6種類 自動広告の広告タイプは全部で6種類! 広告タイプを覚えることで、 もっとも稼ぎやすい広告と稼ぎにくい広告を把握することができます。 1つづつ覚えておきましょう。 自動広告の種類1:テキスト広告とディスプレイ広告 テキスト広告とディスプレイ広告がセットになった広告タイプ。 まだ収入が少ないときは良いが、増えてきたら外した方が良いです。 なぜなら、この広告はサイトのヘッダー下やフッター上に表示されることが多く、 デザイン的に見栄えが悪くなるからです。 また、 あからさまに広告だと分かるのでそれほどクリックされません。 なので、テキスト広告とディスプレイ広告の設置は、初めは設置しても良いが収入が増えたら外しちゃいましょう。 自動広告の種類2:インフィード広告 記事一覧内に自然に配置されるネイティブ広告。 こちらはあまりおすすめしません。 理由は、 クリック数が数ないからです。 そして滅多に表示されません。 実際にを設置した結果、クリック数がわずかでした。 表示されない理由としては、正確には分かりませんが 恐らく他の広告が優先して表示されインフィード広告の表示優先度が低いからだと思います。 なので、インフィード広告は設置しなくても収入が伸びる可能性は少ないかもです。 自動広告の種類3:記事内広告 本文中に配置されるネイティブ広告。 記事内広告がもっとも稼げる広告タイプです。 なぜなら、実際にブログカレッジでは記事内広告だけで 自動広告総収入の 9割を獲得しているため! 文章と文章の間に違和感なく配置されるので、自然と読者の視線を集めることができます。 h2、h3の直下には配置されず、文章と文章の間や画像の下に配置されますよ。 自動広告の種類4:関連コンテンツ フッターの下に表示されるネイティブ広告。 モバイルのみに表示されます。 関連コンテンツはおすすめしません。 その理由は、表示回数が少なくクリックされないためです。 まだ広告ユニットの関連コンテンツが解放されない時は、自動広告の関連コンテンツを設置していました。 ですがフッターの下に表示していることから表示回数が驚くほど低い・・結果として関連コンテンツはおすすめしません! 自動広告の種類5:アンカー広告 モバイル画面に表示されるオーバーレイ広告であり、 ページの最上部か最下部に固定表示される。 アンカー広告は最初は貼っていいが、稼げるようになったら外しても良い。 なぜなら、 常に固定表示なので誤クリックが発生しやすいからです。 実際にブログカレッジは、アンカー広告をクリックしてくれるユーザーは少なかったので外しました。 なので、初めのうちは設置しても良いですが、収入が増えてきたら取り外しても良いでしょう。 自動広告の種類6:モバイル全画面広告 モバイル画面に表示され、 ページをクリックすると全画面に広告が表示されます。 こちらはおすすめしません! 理由は ユーザビリティが下がるためです。 ページをクリックしたらいきなり全画面に広告が出てきたら、大体の読者は嫌悪感を抱くはずです。 一度試してみましたが、実際に収益化もできていませんでした。 なので、モバイル全画面広告はおすすめしません。 Googleアドセンス自動広告で最も稼げるのは「記事内広告」 6タイプの広告を解説しましたが、 自動広告の中でもっとも稼げるのは 記事内広告です。 やはり、記事内広告はネイティブ要素が強く、 読者へ自然な広告誘導を起こせやすい。 CPCも高めで、何より1記事に対する広告数が複数の時もよくあります。 実際に、も記事内広告を配置することで ユーザーエクスペリエンスが向上すると言っているので間違い無いでしょう。 ブログカレッジでは広告ユニットでもっとも稼げる「」と同じくらい収益を発生させています。 なので、自動広告を利用する際は、記事内広告だけは設置しておきましょうね。 注意:記事内広告の配置場所は日々変化する! 記事内広告は、 常に掲載される広告数が変化します。 たまに全く表示されない時や多すぎる時があるが、 ペナルティ違反ではなくマシーラーニングと呼ばれる人工知能が広告配置の最適化を測るための様々な検証を日々行なっているため、数が異なるのです。 なので、設置した初めの頃は収益が伸びない時もあります。 ブログカレッジの場合は設置して2ヶ月で段々と収入が増えていきました。 せっかく自動広告を使うのであれば、記事内広告の仕組みを理解しておくと良いでしょう。 表示回数:広告がどのくらいユーザーの画面に表示されているのかが分かる• クリック数:ユーザーにどのくらいクリックされているのかが分かる• アクティブビュー視認可能率:表示されている広告の数に対するユーザーに見られている広告の割合が分かる この3つでもっとも重要視するべきものは アクティブビュー視認可能率! なぜなら ユーザーに広告は見られなければ収益が発生しないからです。 ユーザーの目に少しでも多くの広告を見せることが収益発生の機会を生むのです。 ファーストビューの視認可能率が低ければサイトスピードをあげよう。 記事下は基本的に視認可能率が低く 20%が平均。 それよりも低ければ記事を短くしたりページの折りたたみをしよう。 それでも視認可能率、クリック数ともに低ければ広告を削除しよう。 Google AdSense(アドセンス) 自動広告最適化を! 上記で紹介した『 Googleアドセンス自動広告の基本知識と収益がUPする最適な広告タイプ』を実践すると、今後は『アドセンス収入が伸びない!』と悩むことは一切なくなり、安定してブログ収益を増やせます。 最後にもう一度内容を確認しましょう。 一番稼げるのは 『自動広告』であり、メリットは4つです!.

次の