ウミウシ アメフラシ。 光合成によって食べず生きるウミウシ

ウミウシ&アメフラシ編:愉「貝」な仲間たち!

ウミウシ アメフラシ

スポンサードリンク ウミウシとアメフラシ…おい、何が違う イメージで言えば、 「ウミウシは派手で綺麗で、アメフラシは地味でなんか汚ねぇ」 的な感じだろう。 実際にウミウシはいろんな色・形の種類がいて、見てて飽きない。 アメフラシは 何かもうしょうもない。 <出典:> 何の仲間? で、ヤツらは結局なんなのか? 実はどっちも 貝の仲間である。 貝ってゆーと普通は貝殻で覆われた生き物を考えるけど、ヤツらは 貝が退化して中身がむき出しになってる状態。 (貝の名残みたいのが体内に埋もれてる) んでどっちも 雌雄同体だ。 ナメクジといっしょ。 生物学的な違いは? さっき説明したように、どっちも貝の仲間。 で、違うとこは?だけど…。 ウミウシは 「後鰓亜綱(こうさいあこう)裸鰓目(らさいもく)」っていう種類に属する生物のことを指す。 スポンサードリンク ただし、ウミウシに関してはその分類があいまいで、 裸鰓目以外もウミウシって呼んだりする。 ええい!ややこしい!! 人とか地域とかによって分類の仕方が違ってて、公式にも決まってないもんやで、 「もう後鰓亜綱は全部ウミウシ(の仲間)でええんちゃうか(テヘッ」 みたいな感じになってる。 いや、誰かがちゃんと決めたらええやん。 と思うのは素人考えだろうか。 生態の違い だいぶややこしかったけど、生態的にはどう違うか? ウミウシの定義が適当やで、一般的な違いってことで。 まずボデーの大きさだけど、 アメフラシがだいたい15センチくらいに対して、ウミウシは数センチしかない。 体の色・形もいろいろあるのがウミウシで、アメフラシはバリエーション少なし。 エサにするものも違ってて、 ウミウシは海綿とかコケムシとかの動物性の食物を食べるのに対して、 アメフラシはコンブとかワカメといった植物性のものしか食べない。 あとアメフラシは外部から刺激を与えると、防御反応として ネバネバした妙な紫色の粘液を出す。 どっちも地域によっては食用にするとこもあるみたいだけど、基本的にはマズいらしい。 あと食べたものから毒素を貯めこんでる可能性もあるんで、素人が適当に調理して食べるのはオススメできない。 まとめると つまり、どっちも貝の仲間だけど、その中での種類が違うと。 ただしウミウシは定義があいまいなんで、「アメフラシもウミウシの仲間」と考えることもできる。 ビジュアルとか食べ物でも違いがある。 て感じ。 ちなみに流氷の天使として有名な クリオネも同じ後鰓亜綱の生物で、「裸殻翼足目(らかくよくそくもく)」っていう種類である。 もうちょい分かりやすい分類名にしてくれんかのう…。 次ページ、ナマコは??.

次の

ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

ウミウシ アメフラシ

貝の仲間の「後鰓(こうさい)類」と呼ばれる軟体動物の一種です。 雌雄同体で、えらが心臓よりも後ろにあるのが特徴。 日本を含む世界各地に分布しており、主に浅瀬の海底に生息しています。 2018年現在3000以上の種が確認されており、細かい分類は各地域ごとにバラバラ。 肉食、草食など食性もそれぞれで、なかには他のウミウシを食べる種類もいるようです。 大きさは数mm程度から30cm程度のものまで存在。 体色も地味なものからカラフルでおり、観賞用の生物としても人気を集めています。 名前は、触角を牛の角に見たてて「海の牛」としたことに由来しています。 小笠原諸島では、触角を猫の耳に見たてて「ウミネコ」と呼ぶこともあるそうです。 カラフルな体色をもつため鑑賞生物としても人気を集めているウミウシ。 そのなかには、かわいらしい名前が付けられているものも数多く存在します。 代表的な種類を紹介していきましょう。 ・アオウミウシ 香港、日本、韓国のみに分布し、日本では本州や九州付近の浅い海底に生息。 体長は3~4cm、体色はキレイな青色が基調で、黄色い斑紋と赤い触覚があります。 斑紋は個体差が大きく、直線状の模様や斑点模様などさまざまです。 ・イチゴジャムウミウシ 西大西洋の東南アジア一帯に分布し、日本では沖縄近海に生息。 体長は3~5cm、体色はその名のとおり赤く、イチゴジャムにそっくりな見た目をしています。 赤い海綿動物の表面についていることが多く、保護色となって見つけにくいようです。 ちなみにイチゴミルクのような体色をしたイチゴミルクウミウシという種類も有名です。 ・パンダツノウミウシ 西太平洋からインド洋に分布し、日本では沖縄近海に生息。 体長は1~3cmと比較的小さめで、体色は半透明の白色です。 触覚や口触手などが黒色のため、名前のとおりパンダのような見た目になっています。 珍しい種類のため、ダイバーたちの間でも人気が高いようです。 ・アオミノウミウシ 世界各地の熱帯、温帯に分布し、日本では南西諸島や小笠原諸島に生息。 体長は2~6cm、体色は背面が銀白色、腹面は青色をしています。 ヒレを広げて遊泳する姿の美しさから「ブルーエンジェル」「ブルードラゴン」とも呼ばれています。 カツオノエボシをはじめとする毒クラゲを主食としており、ヒレには毒があるため素手で触るのは危険です。 ウミウシは食用もいる?毒性はあるのか.

次の

ウミウシの目はどこにある?

ウミウシ アメフラシ

アメフラシ生態 アメフラシは目立つ貝殻はありませんが、 巻き貝の仲間です。 また、頭部に2本の突起があり、それがウサギの耳に見えるということから中国ではウミウサギと呼ばれています。 主に日本沿岸に分布している種類は 15cm程度ですが、大きいものは 30cmを超えるものもいます。 雌雄同体で頭側にオスの生殖器官があり、背中側にメスの生殖器官を思っています。 そのため、何個体も集まって交尾を行うのが特徴的です。 アメフラシの生息地 主に水深が10cm~3mほどの浅瀬に生息しています。 時々 波打ち際に打ち上げられていることもありますね 笑 そのため、磯観察でも簡単に見つけることができます! アメフラシの食性 基本的にアメフラシは浅瀬に生える海藻類を食べています。 嗅覚が優れているため、触覚でかすかな臭いを感じ取ることで餌にありつきます! アメフラシに毒はあるの? Sponsored Link アメフラシの 皮膚には食べた餌由来の毒素があるとされています。 そのため、基本的に食用には適さないようです。 食べる海藻類によっては毒を蓄積するということなので、 毒素がある海藻類がない場所で育ったアメフラシは食べられます。 しかし、海藻の分布は変わるので迂闊に食べてはいけないと考えておいた方が良いですね。 一部鳥取県や千葉県の地域ではアメフラシを食用とする場所があります。 アメフラシの紫色の体液の成分は? アメフラシは 危険を感じたりすると紫色の液体を海水中に撒き散らします。 紫色の液体の成分は フェコエリスロビリンと アプリシオビオリンという2つの成分が含まれています。 その成分には 接触阻害活性があり、天敵である 大型甲殻類などから身を守るために用いられています。 甲殻類に襲われた時にその液を撒き散らすと甲殻類は食欲がなくなったかのようにアメフラシから離れていくそうです! 私は 目眩ましかなにかだと思っていました…笑 その他にも紫色の液体には制 癌作用があると考えられており、研究の対象となっているそうです! 見た目は地味な生き物ですが、意外にもすごい生き物だったんですね。

次の