生ごみ処理機 評判。 ナクスルの口コミや評判|生ごみ処理機はハイブリット式の時代へ

家庭用生ごみ処理機おすすめ8選【人気小型タイプ・一人暮らし用など】

生ごみ処理機 評判

ゴミ箱臭で悩まされていた私にとっては一番の悩みが解決できてとっても助かりました。 省エネ 気になるのが電気代ですよね。 全部自動でやってくれるから高そう・・・と思う人も安心してください。 ナクスルは使用していないときに勝手に省エネにしてくれるので、1か月の消費電力が60w、電気代は20円~30円といったところでしょうか? 時短家電で電気代も安いのは、節約に忙しい主婦にとっても嬉しいですよね。 ガーデニングの肥料やペットの糞の処理も可能 処理後のゴミも ガーデニングの肥料などに活用できるようです。 また、先ほども伝えて強力な脱臭機能が搭載なので、ペットの糞も処理できます。 ペットを飼っている方には一石二鳥ですね! ナクスルのデメリット ナクスルのデメリットを紹介します。 初期費用が高い• 置くスペースが必要• 捨てられない生ごみもある 初期費用が高い ナクスルは月々の電気代やメンテナンスは比較的少ないので助かりますが、ナクスルの購入には109,000円 税別 かかってしまうので、購入に踏み切るのはなかなか勇気が必要です。 しかし、生ごみ処理機は 各自治体で1~10万円程度の補助金が出ることがあるので、まずは自身が所属する自治体でどれぐらい補助金がでるのか、確認してみてください。 置くスペースが必要 ナクスルのサイズは幅38. しかし、雨に濡れないなどの工夫をすれば室外に置いてもOKなので、どうしても欲しい方は上記の寸法を参考に場所を確保してみましょう。 捨てられない生ゴミもある ナクスルはほとんどの食べ物が投入可能ですが、味噌汁などの水分が多いものや貝殻や骨などの硬いものは臭いや故障の原因になるので投入不可となっています。 もちろんビニールや割りばしなども分解できないものは投入不可なので、捨てるときは投入可能な生ゴミかどうか確認するようにします。 ナクスルで快適なキッチンライフを! 今では共働きが多く、調理もすべて自動で行ってくれる調理家電は多く登場してきていますよね。 しかし、 調理が便利になっても生ごみ処理は避けては通れませんし、ゴミの分別問題は夫婦で喧嘩になってしまうことも少なくはありません。 また、ゴミを捨てるたびに嫌なにおいがするゴミ箱を開けるのは気分が下がってしまいますよね。 私もそうでした。 ですが、ナクスルを使ってからは臭いの問題もなく、キッチンに立ち料理をするのが楽しくなりました。 生ゴミの問題。

次の

家庭用生ごみ処理機おすすめ8選【人気小型タイプ・一人暮らし用など】

生ごみ処理機 評判

うーたんです! 最近、一般の家庭でも話題の 生ゴミ処理機 ですが、その中でも今回は バイオ式の生ゴミ処理機を検証してみます。 バイオ式生ゴミ処理機と聞いても 「ピン!」と来ないですよね。 バイオ式? なにそれ? って感じではないでしょうか。 一般的に普及している乾燥式やハイブリット式の生ゴミ処理機とは少し違いがあり、外に置きたい人や、生ゴミが大量に出るご家庭にはおすすめできますが、 室内に置きたいとか手軽に便利に使いたい人にはおすすめできません。 ちなみに、私うーたんは、 実際にハイブリット式の生ゴミ処理機「ナクスル」を購入しました。 という事で今回は、このバイオ式の生ゴミ処理機のメリットやデメリットを中心に説明をします。 バイオ式生ゴミ処理機のデメリットは以下のようになります。 ・価格が高い バイオ式生ゴミ処理機は 10万円近く費用がかかります。 便利ですが乾燥式などに比べると 価格が高いです。 ・大きくて重たい バイオ式の生ゴミ処理機は他の生ゴミ処理機に比べて圧倒的に大きくなります。 上図の写真は生ごみ処理機の大きさを他の商品と比較したものになります。 ・屋外でしか使えない バイオ式生ゴミ処理機は臭いの問題があり 室内に置くことはできません。 屋外で雨風が当たらない、そして電源が取れる場所が必要になります。 屋外に置くことにより、 台所で出た 生ゴミをわざわざ外に運び出す必要があります。 この作業は面倒と感じる人が多いです。 生ゴミ処理 コンポストとは コンポストは、簡単に説明すると 昔は田んぼや畑の横や、自宅の納屋などで生ゴミなどを腐敗させて肥料として利用していました。 いわゆる、 たい肥小屋ですね。 その手法を利用して家庭の生ゴミを処理して堆肥として再利用する道具になります。 屋外に置き、ある程度の頻度でかき混ぜて微生物(バイオ)の力で堆肥化します。 当然、臭いはでますし、室内に置くことは100%出来ません。 ベランダでの家庭菜園とかのレベルではなく、しっかりとした畑があるようなご家庭で使える物になります。 電気も使いませんし、手動で撹拌しますので製品代はお安くなっています。 安いものであれば3,000円程度から購入出来ます。 都会にお住いの方や、マンション、アパートなどにお住いの方には利用は出来ないと考えてください。 生ごみ処理機の種類と選ぶ時のポイント ここでは、生ごみ処理機を選ぶ際に必要となる 種類や 選択ポイントをお伝えします。 生ゴミ処理機の種類 生ゴミ処理機は乾燥式含め4つに分類できます。 それぞれの特徴を以下にまとめてみました。 乾燥式 生ゴミの水分を熱や温風で蒸発させ、乾燥処理します。 水分がなくなるため、雑菌の繁殖を抑えられ、臭いの発生を防ぎます。 バイオ式 生ゴミを微生物で分解処理します。 電動で自動で中身がかき混ぜられるので、毎日のお手入れは必要ありませんは、屋外にしか設置することができません。 処理後は堆肥として使用できます。 ハイブリッド式 乾燥式とバイオ式の両方の良い点を上手く取り入れたものになります。 乾燥させながら微生物で処理するためニオイが出にくく、脱臭装置も優れています。 コンポスト 微生物で分解し、堆肥を作ることに使用されます。 土に存在する微生物や、EM菌などの菌をふりかけ、発酵を促進させます。 かき混ぜたり、ニオイが出ないようにお手入れに手間がかかります。 生ごみ処理機を選ぶ時のポイント 生ゴミ処理機を購入してから後悔しないために、デメリットをよく確認し、下記の4つのポイントに注意して選ぶようにしましょう。 臭いがでないこと• 手間がかからないこと(面倒でない)• 稼働時に音が出ないこと• 置く予定の場所にサイズが合うか 特に、「臭いがでないこと」「手間がかからないこと」は 使わなくなってしまう大きな理由ですので絶対に抑えておきたいポイントです。 あなたにピッタリな生ごみ処理機をフローチャートでチェック 自分に合った生ゴミ処理機を見つけるための簡単なチャートを作ってみました。 生ゴミ処理機は大きく下記の4つに分類され、それぞれおすすめな人は違います。 バイオ式・・・堆肥を手間をかけずに作りたい人• 乾燥式・・・室内で生ゴミの処理をしたい人• ハイブリッド式・・・室内、室外で快適に生ゴミのニオイを無くしたい人• コンポスト・・・手間をかけて堆肥を作るのが楽しい人 基本的な分類とフローチャトを参考に、ご自分の考える用途や必要性によって、生ゴミ処理機の選んでください。 私は、快適さ・臭いの点で、 ハイブリッド式の生ゴミ処理機をおすすめします。 ハイブリット式で評判の生ゴミ処理機「ナクスル」 ハイブリット式生ゴミ処理機でイチオシなのが です。 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 は、 価格は高めですが、 室内用で臭いも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 中身がなかなか増えないので、頻繁にゴミを取り出す必要はありません。 処理済みのゴミを取り出すのは標準的なご家庭で半年~1年に一度です。 初期コストは高くなりますが、電気代が安いので、長期的に考えると乾燥式と大差がなくなります。 サイズは少し大きいですが室内に置けるサイズですし、臭いや面倒なことがない点を踏まえても「ナクスル」がおすすめです。 バイオ式は、昔からの手法をそのまま使っているコンポストと電気を利用してかき混ぜる手間を省いたバイオ式生ゴミ処理機に分けられます。 生ゴミを処理する点では問題なくつかえますが、生ゴミの処理は毎日のことですので快適性も十分に考慮する必要があると私はお伝えします。 これから、生ゴミ処理機を購入しよと検討中の方は今回のこの記事をじっくりとご覧になり参考にしてください。 安価になってきたと言っても、お金を出して買うのものですから、後悔のないように十分に吟味されてください。

次の

生ごみ処理機のナクスル(NAXLU)の完全ガイド[口コミ・評判付き]

生ごみ処理機 評判

近年、ゴミ出しが有料という市町村が増えていますよね。 そして、そんな市町村に住むと「ごみを減らして節約しなきゃ!」と必死に考えるものです。 我が家でも引越しを機に、リサイクルに出せる食品トレイや牛乳パックをスーパーに持参する等の方法でゴミの減量化に努めていますが、それ以外に生ごみ処理機の購入はどうだろう?と気になってきました。 生ごみ処理機は購入すると自治体の助成金が出るだけでなく、臭いや虫の発生を防ぐし一挙両得のような気がするのですよね。 ただ、生ごみ処理機にはいくつか種類があるようだし、よく見てみないと何が良いのか選び方が分かりませんよね。 今回は、生ごみ処理機のおすすめや気になる臭い、口コミなどを調べてまとめました。 生ごみ処理機のおすすめは? 生ごみ処理機はバイオ式と乾燥式の2種類があります。 市町村によってはごみの減量化にかなり力を入れて取り組んでおり、生ゴミ処理機を購入する際に申請すると半額以上の助成金が出るところもあります。 数万円かかる機械もありますが、かなりの額が支給されることもあって検討する人も増えているようです。 では次に種類別に特徴やメリットデメリットなどを見ていきましょう。 1 バイオ式 バイオ式は微生物(バイオチップ)の力で生ごみを水と炭酸ガスに分解してゴミを減らします。 ごみの量は 約10の1程度まで減らせます。 【メリット】 ・乾燥式に比べて安い ・電気代が少しで済む(電気を全く使わない製品もある) ・音が静か ・肥料にできる ・生ごみの臭いが気にならない 【デメリット】 ・約半年でバイオチップを交換する必要がある(期間は製品により異なる) ・腐葉土のようなニオイが気になる可能性がある ・1日1回程度、バイオチップを攪拌する必要がある ・室内設置できない製品もある(室内設置可能な製品もある) ・玉ねぎの皮等、処理に向かない食べ物もある(選別の必要あり) ・大量のごみを一度に処理するのが不得意 ・キノコ類は分解が遅い 2 乾燥式 乾燥式は熱や温風で生ごみ中の水分を蒸発させて乾燥させることでゴミを減らします。 ごみの量は 約7分の1程度まで減らせます。 処理時間は、量によって異なりますが、約2~3時間程度となっており、処理後は灰のようになります。 こういう臭いは家屋に染みつく恐れがあるため、換気扇を回しながら使う方が良いかもしれません。 生ごみ処理機の臭いは?虫の発生は? 生ごみ処理機の購入を考えた場合に当然値段は気になりますが、その次に気になるのが生ごみの臭いと小バエの発生ですよね。 これについては、バイオ式、乾燥式のどちらも正しい使い方をすれば問題ありません。 ただ、上記のように、それぞれメリットとデメリットがありますよね。 そして、バイオ式の場合は微生物が活発に動けるよう、水分・温度・換気等の環境を整えて常に良い状態にしておく必要があります。 この状態を保つために、1日1回程度攪拌しなければならないのですが、これを怠るとバイオチップの環境が悪くなり、分解能力が低下するため生ごみを分解しきれず臭いが発生する可能性があります。 また、当然臭いにつられて小バエも湧いてきます。 また、水が容器の下に溜まり過ぎないことも大切なのですが、もし水が下に溜まったまま放置すると、底の通気口から水が漏れ床がビシャビシャになったり蒸れて嫌な臭いの原因になります。 一方、乾燥式の場合は電気代がかかることから経済的なことを考えて「生ごみが容器一杯になるまで溜めてから一気に乾燥させる」という人もいますよね。 でも、あまり長期間ごみを溜めこむと、前に入れた生ごみの腐敗が進んでゴミ処理機の蓋を開けると臭います。 また、酷い状態になるとカビが内部に発生することもあります。 蓋が頑丈なので蓋を開けなければ外に臭いが漏れないし、虫も湧きにくいという話ですが、あまり溜めすぎない方が衛生面では安全な気がしますよね(汗) ということで、 両方とも、正しい使い方をすれば問題ないのに、「ちょっと面倒くさいから・・・」「ちょっと勿体無いから・・・」と思って正しい使い方をしないと臭いや虫の原因になることもあるので、それを考えた上で購入を決めるほうが良いでしょう。 【使い勝手】生ごみを入れてスイッチポンなので操作が簡単です。 【音】音は静かではないけど、我が家の場合はキッチンに置いてタイマーで夜寝ている間に稼働させるので気になりません。 【臭い】今まで嫌だった、生ごみ臭さから解放されて嬉しいです。 ただ、ニオイが全く無いのでなく、蓋を開けると香ばしいニオイがしています。 【サイズ】ちょっと大きめのゴミ箱という感じです。 その他、口コミを見てみると、バイオ式と同じように食べ物によって処理が不得意なものもあるようです。 (玉ねぎの茶色の外皮や、とうもろこしの皮や芯などの固い部分、魚肉の骨など) また、乾燥式の場合は電気機器なので使用年数についての症状も書かれており、1~2年で壊れてしまった、という口コミもありました。 乾燥式の場合は高温になるため蓋内部のフィルターの劣化が早いというのが原因のようで、修理代は1~2万円程度かかるようです。 ちなみに大事に使うためには容器の掃除が大切ですよね。 容器の掃除方法については次のような口コミがありました。

次の