置き換えダイエット デメリット。 【市販】薬局・ドラッグストアのおすすめ置き換えダイエット食品

置き換えダイエットのメリット・デメリット

置き換えダイエット デメリット

<目次>• プロテインとは プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。 食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。 人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。 1gあたり4kcalのエネルギーがあります。 プロテインダイエット&健康食品の種類 市販のプロテイン系健康食品には、大きく分けて次の二つの種類の商品があります。 ダイエットを目的とした置き換え食 タンパク質を中心にビタミンミネラルなどが添加された食品で、水などで溶いて飲むタイプのダイエット用食品。 ほとんどの場合が食事代わりに(置き換え食)利用することを推奨しています。 商品は1食分ずつ分封されているものと、大袋に入ったものがあります。 アスリートの筋力増強を目的としたもの 精製されたタンパク質粉末を、水や牛乳に溶いて飲むタイプの商品。 運動とあわせて利用します。 アスリートに対しては、体重1kgあたり2gのタンパク質(例:50kgの人には一日100g、通常成人より多め)の摂取を推奨しているケースもあります。 今回は、1のダイエットを目的とした食品について取り上げていきます。 プロテイン系置き換えダイエット食品の利用方法 プロテインダイエット 水か牛乳で粉末の商品を溶かし、飲料として飲む食品がほとんど。 飲むタイミングとしては、食事代わりの「置き換え」が多く、朝・昼・夜の食事のどこか1食を、プロテイン食品に代えてカロリーセーブするというものです。 例えば、800kcal近い外食ランチをとっていた人が、ランチを200kcal未満のプロテイン系ダイエット食品に置き換えた場合、一日約600kcalのマイナスとなり、1ヶ月続ければ2. 5kg減! という理屈になるわけですね(A社広告説明を参照)。 要するに、食品そのものにヤセ効果があるわけではなく、カロリーセーブのサポートをしてくれる存在。 その点を理解しながら上手に利用したいですね。 プロテイン系置き換えダイエットのメリット 確実なダイエットのコツは、カラダに大きな負担をかけないで緩やかに体重を落とすことにつきます。 体脂肪を1kg落とすのには7000kcalほどのマイナスを作る必要があるので、短期間に何キロも落とすことはテクニック的に不可能です。 よって、継続できる方法を選ぶのが成功のポイント。 したがって、ご自分のライフサイクルや好みにあわせて続けられるダイエット方法を選ぶのが一番良いと言えます。 置き換え用のこのような食品を利用したダイエットがあまり負担なく続けられるという方には、メリットがあると言えるでしょう。 例えば、朝や昼はなかなか思うような食事がとれない方は、こうした置き換え方式を取り入れてみるのも良いと思います。 別の使い道として、おやつが止められない、夜食を食べたい、というときのカロリーセーブにこれらの食品を使うのも手です。 プロテイン系置き換えダイエットのデメリット プロテインダイエットのデメリット どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。 プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。 ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある 前述の通り、ダイエットは中長期継続が必須で、短期的な減食による減量を行った場合はその後の維持が難しいと言われています。 続けるためには、精神的にもテクニック的にも、飽きない方法を考える必要があります。 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。 ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。 したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。 一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えられるので、避けたほうが良いでしょう。 また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。 タンパク質は痩せる効果がある成分? タンパク質は身体に必要な栄養素ですが、ヤセる成分なのかというと、その答えはNOです。 また、現代ではタンパク質不足の人は多くはないと見られています。 特に主食を食べずにおかずだけ食べる欧米型の食事でダイエットを試みている人は、必要量を超えて多く摂っている可能性も。 多すぎる栄養素は体脂肪として蓄えられる構造になっているので、タンパク質なら太らないというのは残念ながら誤解です。 炭水化物抜きをしておかずだけ食べる方式がNGである理由のひとつがここにあります。 成人女性に必要なタンパク質量は一日あたり50gが目安と書きましたが、一日に肉か魚を100g程度、豆・豆製品を80g程度、乳製品を250g程度と卵1個を食べ、適量のごはんやパンを食べていれば、十分に補給できます。 【食品の中のタンパク質】 たまご 1個……6. 2g 鶏むね肉 100g……22. 3g アジ(魚) 100g……20. 7g ヨーグルト 100g……3. 6g ごはん 茶碗1杯150g……3. 8g 【プロテイン系置き換え用ダイエットドリンクの、1食あたりのタンパク質の量】 A社……0~0. 5g、144~165kcal(プロテインという表記はなし) B社……20. 5g、175~178kcal C社……10. 0g、81~83kcal このようにプロテイン系置き換えダイエット食品は、上手に利用すればダイエット成功に結びつくと言えますが、そのものに痩せる成分があるわけではないことを憶えておきましょう。 しくみや利用方法を十分理解して活用しましょう! 【関連記事】•

次の

プロテイン朝食置き換えダイエットで12kg痩せた僕がメリットを紹介!|とりやるブログ!

置き換えダイエット デメリット

<目次>• プロテインとは プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。 食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。 人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。 1gあたり4kcalのエネルギーがあります。 プロテインダイエット&健康食品の種類 市販のプロテイン系健康食品には、大きく分けて次の二つの種類の商品があります。 ダイエットを目的とした置き換え食 タンパク質を中心にビタミンミネラルなどが添加された食品で、水などで溶いて飲むタイプのダイエット用食品。 ほとんどの場合が食事代わりに(置き換え食)利用することを推奨しています。 商品は1食分ずつ分封されているものと、大袋に入ったものがあります。 アスリートの筋力増強を目的としたもの 精製されたタンパク質粉末を、水や牛乳に溶いて飲むタイプの商品。 運動とあわせて利用します。 アスリートに対しては、体重1kgあたり2gのタンパク質(例:50kgの人には一日100g、通常成人より多め)の摂取を推奨しているケースもあります。 今回は、1のダイエットを目的とした食品について取り上げていきます。 プロテイン系置き換えダイエット食品の利用方法 プロテインダイエット 水か牛乳で粉末の商品を溶かし、飲料として飲む食品がほとんど。 飲むタイミングとしては、食事代わりの「置き換え」が多く、朝・昼・夜の食事のどこか1食を、プロテイン食品に代えてカロリーセーブするというものです。 例えば、800kcal近い外食ランチをとっていた人が、ランチを200kcal未満のプロテイン系ダイエット食品に置き換えた場合、一日約600kcalのマイナスとなり、1ヶ月続ければ2. 5kg減! という理屈になるわけですね(A社広告説明を参照)。 要するに、食品そのものにヤセ効果があるわけではなく、カロリーセーブのサポートをしてくれる存在。 その点を理解しながら上手に利用したいですね。 プロテイン系置き換えダイエットのメリット 確実なダイエットのコツは、カラダに大きな負担をかけないで緩やかに体重を落とすことにつきます。 体脂肪を1kg落とすのには7000kcalほどのマイナスを作る必要があるので、短期間に何キロも落とすことはテクニック的に不可能です。 よって、継続できる方法を選ぶのが成功のポイント。 したがって、ご自分のライフサイクルや好みにあわせて続けられるダイエット方法を選ぶのが一番良いと言えます。 置き換え用のこのような食品を利用したダイエットがあまり負担なく続けられるという方には、メリットがあると言えるでしょう。 例えば、朝や昼はなかなか思うような食事がとれない方は、こうした置き換え方式を取り入れてみるのも良いと思います。 別の使い道として、おやつが止められない、夜食を食べたい、というときのカロリーセーブにこれらの食品を使うのも手です。 プロテイン系置き換えダイエットのデメリット プロテインダイエットのデメリット どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。 プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。 ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある 前述の通り、ダイエットは中長期継続が必須で、短期的な減食による減量を行った場合はその後の維持が難しいと言われています。 続けるためには、精神的にもテクニック的にも、飽きない方法を考える必要があります。 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。 ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。 したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。 一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えられるので、避けたほうが良いでしょう。 また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。 タンパク質は痩せる効果がある成分? タンパク質は身体に必要な栄養素ですが、ヤセる成分なのかというと、その答えはNOです。 また、現代ではタンパク質不足の人は多くはないと見られています。 特に主食を食べずにおかずだけ食べる欧米型の食事でダイエットを試みている人は、必要量を超えて多く摂っている可能性も。 多すぎる栄養素は体脂肪として蓄えられる構造になっているので、タンパク質なら太らないというのは残念ながら誤解です。 炭水化物抜きをしておかずだけ食べる方式がNGである理由のひとつがここにあります。 成人女性に必要なタンパク質量は一日あたり50gが目安と書きましたが、一日に肉か魚を100g程度、豆・豆製品を80g程度、乳製品を250g程度と卵1個を食べ、適量のごはんやパンを食べていれば、十分に補給できます。 【食品の中のタンパク質】 たまご 1個……6. 2g 鶏むね肉 100g……22. 3g アジ(魚) 100g……20. 7g ヨーグルト 100g……3. 6g ごはん 茶碗1杯150g……3. 8g 【プロテイン系置き換え用ダイエットドリンクの、1食あたりのタンパク質の量】 A社……0~0. 5g、144~165kcal(プロテインという表記はなし) B社……20. 5g、175~178kcal C社……10. 0g、81~83kcal このようにプロテイン系置き換えダイエット食品は、上手に利用すればダイエット成功に結びつくと言えますが、そのものに痩せる成分があるわけではないことを憶えておきましょう。 しくみや利用方法を十分理解して活用しましょう! 【関連記事】•

次の

置き換えダイエットと1食抜きはどちらが痩せる?【デメリットあり】

置き換えダイエット デメリット

Contents• まず最初にプロテイン置き換えダイエットを成功させるために 世の中色々な置き換えダイエットがありますが、 ダイエットは基本大変です。 12kg痩せましたが、 試行錯誤しながら欲求と戦い痩せるというのは簡単ではありませんでした。 もし【簡単に痩せる】といううたい文句のサプリやダイエット方法が紹介されていたら完全に嘘ですし、そう見せているだけです。 基本、ダイエットは大変だということは頭に入れておいてください。 でないと何をやっても結果は出ません。 ただ、ダイエットは大変なんですがそれでもやり方が間違っていれば痩せない上に健康を害するので最悪なんです。。 (リンゴやバナナなどの置き換えダイエットは個人的に最悪です) どうせやるなら、ちゃんとしたやり方で健康的に痩せたいですよね。 そんな人にプロテイン置き換えダイエットは一つの光となると思います。 もし 【ただ楽して痩せたい】というのなら、プロテイン置き換えダイエットも成功しないでしょう。 置き換えるだけかもしれませんが、大変ではあります。 【大変だけど健康的だし毎日置き換えるだけで手軽に痩せる】というのがプロテイン置き換えダイエットです。 朝食プロテインのメリット ・バナナ、スムージー、リンゴなどはダメ? ・プロテインの凄さ ・実際の効果 を解説していきます。 バナナ、スムージー、リンゴなどではダメ? バナナ、スムージー色々ありますが、なぜこれらではダメなのか。 栄養が足りない。 この一点に尽きます。 バナナ 炭水化物やミネラルが豊富。 しかし、 タンパク質がなく体のパーツを作れない スムージー そもそもカロリーが摂れない。 食物繊維、ビタミン、ミネラルを摂っても、 タンパク質が摂れないと身体のパーツが作られず肌などボロボロになる リンゴ 糖質のみ。 結局血糖値が上がり、インスリンが分泌され、体脂肪に変わる。 しかし、結局は糖質=炭水化物です。 しかも リンゴやオレンジなど身体への吸収も早く血糖値が早く上がります。 結果、 インスリンが分泌され、余った糖質は脂肪へと変わります。 炭水化物は中毒症状があるため、不足すれば辛い思いをします。 そのためリバウンドしやすく、なおかつタンパク質を摂らないため髪や肌、爪などの材料がなく 体はボロボロになっていきます。 一見よさそうに見えて、結局はリバウンドしやすい不健康な体になっていくんですよね。 果物っていくら食べても太らないと思ってた・・・ その点プロテインは凄い! その点プロテインのメリットはこれに尽きますが、 「タンパク質をしっかりとることができる。 」という点です。 タンパク質を摂ることで、身体のパーツをしっかり作ることができ、 カロリーを抑えても、肌や髪のツヤが保たれます。 そもそも、人間は炭水化物を摂り始めたのは歴史的にみると割と最近。 別に炭水化物を摂らなくても、生きていける生き物なんですよね。 実際、本格的なボディビルダーなんかはダイエット時朝は卵白を10個食べたりします。 卵白はタンパク質の塊なのでプロテインみたいなものですね(卵白の方がビタミンなどの栄養素が豊富で身体に良い) プロテイン置き換えダイエットはそれを手軽に行うような感じですね。 実際の効果 実際、僕が朝食をプロテインに置き換えて体感した効果を紹介します! 時間短縮になる 当然ですが、2分もあれば飲めるので、時間が短縮されます。 朝時間のない方でも飲めるのがありがたいですね。 家で飲む時間がなければ、前日に用意してシェイカーに入れておき、通勤中の車内や職場でも飲むことが可能です。 肌がキレイになった 増量中は栄養をしっかり取っているのにも関わらず、ニキビなどの肌荒れに悩んでいました。 しかし、痩せ始めてからはカロリーを抑えているのにも関わらず、肌がきれいになりました。 プロテインでタンパク質をしっかりとることで、パーツが作られるため肌がきれいになったんですよね。 もちろんすべてのタンパク質をプロテインから摂ったのではなく、半分は自然のものからタンパク質をとりましたが、それでもプロテインは大きな助けになったのは間違いないです。 疲れにくくなった 意外かもしれませんが、 カロリーを抑えているにもかかわらず日中の仕事にはさほど影響が出ませんでした。 集中も切れないし、仕事中に眠たくなったりもしません。 炭水化物をあまりとらず、タンパク質を摂ることで 眠気を抑える効果もありました。 むくみがなくなった 昼寝をしておきるとむくんでることが結構あったんですが、プロテインを中心にタンパク質を沢山とることで 顔がむくまなくなりました。 あと、 身体のだるさもなくなりましたね。 え、これがプロテイン?! って思えるレベルで非常においしいです。 酸味が効いており、朝飲むのにぴったりなフルーティーさ。 ブルベリーのテイストもちょうどいい甘みで最高です。 「プロテインは美味しいのがいい!」って人には超おすすめ。 しかも値段も結構安いです。 Amazonで手軽に買えるので迷ったらこれで大丈夫ですね! 牛乳でお腹を壊す人におすすめ 牛乳でお腹を壊す人に超絶おすすめしたいのがこれ。 こちらは、WPIという方法で作られており、 牛乳でお腹を壊す人でも飲めるプロテインになっています。 また クオリティがダントツに高く、90%がタンパク質で構成され、脂質、炭水化物ともにほぼ0という内容の良さです。 さらに値段も先ほど紹介した ビーレジェンドより安いという文句のなさ。 iHerbとは? iHerbは、海外のサプリ専門のAmazonみたいなイメージです。 サプリは海外の方が進んでおり、クオリティもコスパも日本製より高いです。 登録自体は簡単で、以下の記事にて説明しています。 少しだけ手間はかかりますが、 非常にクオリティが高くめちゃくちゃお得なので是非登録して買ってみてください! 僕が飲んでいるプロテイン 最後に僕が飲んでいるのがになります。 単純にめちゃくちゃ安いのと、味が豊富で飽きが来ないのがポイント。 クオリティは先ほどのに劣りますが、それでもタンパク質含有率80%と申し分なし。 値段は破格の1kg1500円程(オールマックス、ビーレジェンドは3000円ほど) 値段が安く、味が美味しくて、質も初心者なら申し分ないレベルで高い。

次の