伊原六花本名。 伊原六花はすっぴん顔もかわいい!本名は林沙耶で在日韓国人説の理由は?彼氏はいるの!?芸能界デビュー裏話も!【登美丘高校ダンス部】

伊原六花の本名は?高校時代にバブリーダンスで有名になった美女!

伊原六花本名

スポンサーリンク 伊原六花の本名は? 伊原六花さんのプロフィールを紹介します。 ・芸名 井原六花(いはらりっか) ・本名 林沙耶(はやしさや) ・出身地 大阪府狭山市 ・生年月日 1999年6月2日 ・星座 ふたご座 ・血液型 A型 ・身長 160cm ・所属事務所 フォスター 特に、本名を聞いても・・・ん?って感じですよね。 正しいリアクションだと思います。 本名だけだと何とも言えないと思いますが、 これを見たらピンと来る方も多いのではないでしょうか? 伊原六花の高校時代! そうです。 伊原六花さんは高校時代に荻野目洋子さんの ダンシングヒーローのリバイバルヒットの火付け役となった、 バブリーダンスの登美丘高校のダンス部出身なんです! しかもキャプテン!! 当時はテレビの取材とかにも本名で出演していたので、 思い出した方や見覚えのあった方もいたのでは無いでしょうか? このバブリーダンスを見た事ある方も多いと思いますが、 とにかく強烈ですよね!! あの脳裏に焼き付けられる感覚は、何とも言えませんよね。 というかあれ最初は男性もしくは男女混合かと思ってたんですが、 あれ 全員女子高生だったんですよね。 それも後から知って驚いた記憶があります。 伊原六花さんの芸能界デビュー バブリーダンスで一世を風靡してから 割とすぐのタイミングで「芸能界入り」の情報が入り、結構話題になりました。 そのあとも紅白出場だったりと華々しい経歴が続いたのですが、 しばらくの間は活動や情報が止まってしまっていたようです。 彼女たちも高校三年生。 卒業の準備などなど色々あったと思うので、そういう時期だったのかなとも思います。 でも井原六花さん本人は元々芸能界にも興味があったらしくて、 最高のきっかけと共に芸能界入りも決定しての 最後の高校生活を送っていたものだと思われます。 デビュー前からこんなに話題にもなってファンも多くて 色んな意味で最高の状態からのスタートをきれますよね。 デビューした段階からネタもたっぷりあるので、 芸能界でもいじりやすいというか扱いやすい存在ではりますよね。 バブリーダンスであれだけキレッキレのダンスを披露していたぐらいですから、 身体能力もかなり高いはずです。 踊れちゃうなら後は歌唱力もあれば 歌手デビューとかも案外すぐだったりして・・・!? 最近は歌だけじゃなくて インパクトのある踊りとかする女の子のユニットやグループも多いですもんね。 何にせよ戦う武器は沢山ありそうなので 活動は大いに期待できそうです! まとめ いかがだったでしょうか? 伊原六花さんの本名から高校時代の活動内容(バブリーダンス)について 紹介させていただきました。 2017年からチェックしていた方も沢山いるようですが、 伊原六花としての正式なデビューは2018年からになります。 あの頃のバブリーダンスはあくまでも素人時代のお話。 【公式】 Danstreet203 こちらも御覧ください。

次の

伊原六花の本名は?高校時代にバブリーダンスで有名になった美女!

伊原六花本名

2017年「日本高校ダンス部選手権」で優勝した 「大阪府立富美丘高等学校」の生徒だった伊原六花。 当時センター兼キャプテンとしてでダンス披露していたことから大変話題になった彼女。 もともと芸能界への強い興味があったけどその出来事からスカウトを受け芸能界デビューを果たします。 しかしその一方で経緯的にゴリ推しなどと言われてしまうことも。 それでも現在CMクイーンとしての片鱗を見せる彼女のこれからに期待をこめて今回は伊原六花の魅力などについてたっぷり紹介したいと思います。 小学2年の時、友人の友人がミュージカルに出ていてそれを見た時に「ミュージカル女優になりたい」という夢を描くようになります。 2008年〜2012年に 子供ミュージカルのレッスンを受け、演劇の道に進むための勉強にひたら邁進していたと言います。 2012年には、 『劇団アークス主催ミュージカル』のオーディションに合格し出演。 その後も2年間、劇団アークス所属の女優として活動していました。 2015年〜2017年は、「現代組踊」という舞踊とお芝居が混ざったジャンルにも手を出し活動をしていきます。 2015年には彼女の運命を変えた 「大阪府立富美丘高等学校」の普通科に入学。 振り付け師akaneが指導者を務めるダンス部の門をたたきます。 そして2017年には、「ダンシング・ヒーロー」をバブリーダンスと呼ばれる振り付けで披露。 このことが大変話題となり、数多くのメディアで取り上げられ流行にもなりました。 当時センターを務めていた伊原六花は特に話題となり、注目される人物でした。 そして、この出来事がきっかけで現在所属している 「フォスター」からスカウトを受けます。 (広瀬すずが所属する事務所) もともと高校を卒業したら大学に進み、大学在学中に芸能事務所のオーディションを受けまくる作戦だった伊原六花。 しかし、そんなことせずとも芸能界入りすることに成功するのです。 事務所から伊原六花という芸名をもらい、女優として活動することになります。 2018年2月にオーディションに合格して 「センチュリー21」のイメージガールに就任。 写真集を出しグラビアを披露するなどもしました。 その後、高校を卒業したタイミングで上京して本格的に女優デビューを果たすのです。 その後、『明治東京恋伽』という作品で映画デビュー。 しかも主演です。 そしてなんと『なつぞら』にも出演し、朝ドラデビューまで果たしちゃいました。 また、『ウエストサイドストーリー』の舞台にも挑戦するなど まだまだ女優としての歴は浅いですが、これからの彼女の活動に注目です。 そのほか、ABCマートや不二屋ルックのCMに出演するなどして、現在の彼女の活躍は女優というよりもCMクイーンといった印象に受けます。 ただ女優と銘打っているからには今後も女優としてのお仕事もいろいろくるでしょうから楽しみです。 ちなみに憧れの女優は 宮崎あおいとのこと。 富岡高校での歴史 引用元: 引用元: 引用元: ちなみに富美丘高校はバブリーダンスで人気になる前から ストリートダンス選手権で2連覇を果たしており人気者ではありました。 話題になったため優勝したと勘違いしてる人もいるみたいですが、実はバブリーダンスは 準優勝で3連覇は果たせませんでした。 それでも社会現象を巻き起こすほど有名になり、結果として伊原六花が誕生したので万々歳ですね。 芸能界デビュー後、東京ガールズコレクションに出場すると世界的振付師が考案したダンスを20名のダンサーと一緒に披露。 スポンサーリンク 伊原六花の本名は 引用元: 引用元: 本名は、 林沙耶(はやし さや)と言います。 本名がよくわからない芸能人も多いですが、彼女の場合は富美丘高校で話題になった学生ということもあり、デビュー前から名前バレしていたのですぐ特定されています。 ですがなぜ芸名がついたかについては謎です。 本名でも充分だった気がするのですがどういう経緯があったのでしょうか。 所属事務所の意向なのでしょうかどうしてなのか聞いてみたいですね。 全く信憑性のない噂では6月生まれだから六花にしたのではないかとも言われています。 ww なくもないとは思うのですが、どうなんでしょう。 朝ドラでの活躍は 引用元: 伊原六花は事務所の先輩である広瀬すずが主演した 『なつぞら』に出演しました。 (おそらくバーター?) 演じた役はアニメはよくわからないけれど絵が好きだからという理由だけで「東洋動画」に入社してくる女性を演じました。 彼女はこの抜擢が本当に嬉しかったようで。 伊原は、朝ドラ初出演に「本当に幸せです」と喜び、「ぜいたくですてきな環境の中で沢山勉強して、精一杯頑張ります! 」と気合十分。 「私が演じる森田桃代ちゃんは、おしゃべり、うわさ話が大好きな女の子です。 なっちゃんと出会って心動かされ、共に成長していきます。 会えたらホッとして、心が軽くなるような親友、相談相手としても寄り添えたらなと思っています。 視聴者の皆さんにも『モモッチ』と呼んでもらえるような、親しみあるモモッチを演じたいです。 ぜひ楽しみにしていて下さい! 」と意気込んでいる。 引用元: 以前の朝ドラといえば無名の女優などを起用し朝ドラからブレイクした人も数知れずといった感じでしたが近年は主演も出演者も基本的には名の知れた有名俳優だらけって感じでした。 主人公の親友役ではよくこのような起用が見られますが今回のそのパターンできたみたいですね。 視聴者からは 「親近感が持ててよかった」などといった声も飛んでいたようです。 主役でなくても朝ドラは充分にブレイクする可能性がある作品ですからこの作品を通して伊原六花を知った人も多かったのではないでしょうか。 しかしながら番組が終了しても女優としてはブレイクには至らず。 今後の活躍次第かと思いますが少なくとも爪痕は残せたとは思いますが彼女にとってはプラスでしかない起用だったのでは? 今後の活躍 引用元: 引用元: 引用元: 引用元: 本人はきっと女優としていろいろ活動したいんだろうなとは思うのですが、あくまでも個人的な意見で言わせていただくとまあ、出演本数がまだ少ないということもあるかもしれないですが、現在、女優というイメージはあまりありません。 事務所としては女優としてよりも CMクイーンとかタレントとかそっちで売っていきたいのかな?と思うくらい今の仕事はどちらかというとそちらよりなので、今ついているイメージを払拭するようでないと女優としてのイメージはつきにくいのではないかと個人的には思います。 顔が「清純派」ですし、ダンスをやっていただけあってスタイルも良いのでモデルとしての活動も今後ありそうですね。 実は、ダンスの経験からセンチュリー21のCMで 「Wingbeats」という楽曲をエーベックスからリリースしています。 その後『かぐや様は告らせたい』という映画にて鈴木雅之とコラボレーション(feat伊原六花)で『ラヴ・ドラマティック』をリリース。 その活動を機にボイストレーニングなどを本格的に始めているところらしいので今後、歌手としての活動もありそうな気がします。 そちらに関しても今後どうなっていくか大変楽しみな部分ではありますね。 いずれにせよ、彼女の芸能生活において富美丘高校で培った経験はかなり大きな影響力を与えているんだなということはわかりました。 ただ、プラスな経験のはずなのに話題になってしまったが故に現在の彼女は何をやっても 「売名行為」 「事務所のゴリ推し」などと言われています。 それはきっとイマイチ彼女の魅力が見えてこないからなんだと思います。 もっと彼女にしかない自分の色を見せていくことができればじょじょに受け入れてくれる人も増えるのではないかなと思うんです。 いろいろ言ってる人は「富美丘のセンターで部長だったから誘われただけ」と思っていると思うので、最終的には「 伊原六花という存在が認められたからスカウトされたんだ」と思われるように。 そのためにはきっともっともっと地道な努力が必要になってきそうですが、影ながら応援していますので頑張ってほしいです。 スポンサーリンク•

次の

伊原六花の本名と韓国人説や彼氏を調査!胸のカップや事務所は?

伊原六花本名

ドラマ『チアダン』で見かける可愛らしい女優、伊原六花さん。 他にも『グーネット』ではキレキレのダンスを見せてくれています。 実は伊原六花って名前は本名ではありません。 伊原六花さんの本名は林沙耶さんです。 バブリーダンスで有名な大阪府登美岡高校のダンス部のキャプテンでした。 ネットでは、韓国人であるという噂も出ています。 それは本名からきているものでしょうか? その噂の真相について調べてみたいと思います。 伊原六花の読み方 これから伊原六花の最新情報などをおおくりします。 とてもかわいらしい名前ですね。 伊原六花 林沙耶 名前について 伊原六花さんは最近でこそドラマやCMに出て話題も呼び 芸能人として名前も定着しつつありますが…。 そもそも伊原六花さんの場合は高校時代大阪府立登美岡高校ダンス部で バブリーダンスが一躍有名になり、ニュース番組等でも取り上げられました。 高校生、ダンス部のキャプテン林沙耶さんとして ミュージックステーションやNHK紅白歌合戦等の歌番組にも多数出演され 荻野目洋子さんや郷ひろみさんのバックダンスで踊っていました。 ・・なので名前的には 伊原六花さん(芸名)よりも林沙耶さん(本名)の名前の方が 先にテレビで目にした分、印象に残っているかもしれません。 事務所がなぜ林沙耶さんでなく 伊原六花の芸名にしたのかはわかりませんが その辺りで何か韓国人説も出始めたのかもしれませんね。 スポンサーリンク 伊原六花 韓国人説について さて伊原六花さんは出身は大阪府ですが ネットで韓国人ではないか?と話題になっていました。 昔、俳優の伊原剛志さんは自身が在日の韓国人3世であると 明かしていたりしています。 そんなこともあり、伊原という芸名がきっかけで 実は在日の韓国系ではないのか?と思われてしまったのかもしれません。 なお在日の韓国人というように 在日 という言葉を使うことは良くないことだと思います。 こういった偏見や差別が名前1つでも噂になってしまうのだと感じました。 伊原六花 本名なの?…。 まとめ.

次の