堂山 レディース クリニック。 堂山レディースクリニック(大阪市北区)の口コミ・評判1件【MEDIRE】

アクセス・診療時間

堂山 レディース クリニック

中絶手術は約20分ぐらいで、静脈注射による麻酔で用います。 したがって、痛みを感じるとか、苦しいなどの症状はありません。 当院では、朝、食事せずに来院していただき、術後、麻酔が覚醒したら、その日のうちに帰宅していただきます。 病室は完全個室です。 中絶手術日程 中絶手術は診療日であれば、毎日おこなっていますが、当日診断(内診及び超音波)、当日中絶手術(日帰り)は原則的に行っていません。 その理由は、妊娠週数が早過ぎて手術日程として不適切であったり、合併症などにより手術不能となることもあり、お断りしなければならない可能性もあるためです。 なるべく2回の受診が望ましいと考えます。 ただ、遠隔地であったり、時間的な制約でやむをえない場合は、メールあるいは電話でご相談されてください。 中絶手術までの流れ 中絶手術までの流れをご説明いたします。 清潔な院内で手術を行い、中絶手術後の休息も清潔な回復室をご利用いただけます。 中絶手術前日 中絶手術は全身麻酔で行う為、中絶手術開始の6~7時間以上前から絶飲絶食して頂く必要がございます。 術前処置について 当院では7週を超えた中絶手術に対して、手術2時間前にラミセルという子宮の入り口をゆっくり安全に拡張する器具をいれる前処置をおこなっています。 この前処置について、インターネットをふくめた外部の誤った情報などから、極端に怖がられる方がいらっしゃいますが、20年前の拡張器具と異なり、現在使用している拡張器具では、痛みはほとんどありませんので心配ありません。 7週以前の中絶手術に対しては原則前処置はありません。 検査について 問診 アレルギーや特殊体質、甲状腺機能異常やぜんそく発作既往について問診いたします。 血液検査 血液型RH - 等の希少な血液の方や肝炎など感染症を疑われた場合は、精密検査後に手術を実施致します。 持病等がある方は事前にご連絡下さい。 常用薬のご確認 安定剤やステロイド剤、甲状腺剤やぜんそくなど、常用薬がある場合は事前にお知らせ下さい。 中絶手術後、当医院よりお薬をお出しすることがあります。 薬の種類によっては、常用薬と併用することが難しい場合がありますので、安全の為に常用薬をご使用の方はご持参下さいますようお願いいたします。 中絶手術について 当院では、朝、食事せずに来院していただき、術後、麻酔が覚醒したら、その日のうちに帰宅していただきます。 病室は完全個室です。 中絶手術は約20分ぐらいで、静脈注射による麻酔で用います。 全身麻酔同様、意識がないので、痛みを感じるとか、苦しいなどの症状は基本的にはありません。 ただ、生理痛が極端に強い方や、子宮の形の屈曲の強い方などで、術後に生理痛のような痛みを感じる場合がありますが時間とともに軽快していきます。 また、術後数日間、子宮が収縮する際の痛みを感じることもありますが、子宮が収縮し止血する目的とともに、もとの大きさにもどる過程で起こることなので基本的に心配はありません。 麻酔覚醒時に吐き気があることがありますが、時間とともに軽快します。 中絶手術後について 術後、1~2週間くらいは生理のような出血がみられますが、子宮の形や収縮のしかたには個人差がありますので、出血の期間については短いこともあれば長引くこともあります。 中絶手術後の諸注意について 退院時の中絶手術後の諸注意は必ずお守り下さいます様お願い致します。 退院時の諸注意は、麻酔から完全に覚醒後、詳しく説明させて頂いております。

次の

口コミ・評判 7件: 堂山レディースクリニック

堂山 レディース クリニック

2020. 01 ピル処方をご希望の際には、コロナウイルスの影響を受けない• 2020. 01 8月2日および8月10日から8月19日は休診です。 2018. 21 皮膚科の先生方へ。 当院へ患者様をご紹介いただく際には、紹介状は不要です。 べピオゲルや抗生物質を使用して2か月以上変化がみられない場合には、当院にご紹介いただいて差し支えありません。 ケミカルピーリングやレーザーで治せなかった方でも問題ありません。 責任をもって治療にあたらせていただきます。 2018. 19 待合室でFree WiFi ご利用いただけます。 2019. 25 お支払いにクレジットカードがご利用いただけます。 (VISA, マスターカード、アメックス、JCB).

次の

口コミ・評判 7件: 堂山レディースクリニック

堂山 レディース クリニック

ごあいさつ 「腹痛」にも様々な原因がありますし「月経が止まった」と言っても妊娠から排卵障害まで正確に診断するには、詳しい問診や内診、検査は欠かせません。 私自身大学時代の産婦人科実習で、女性患者が内診台で診察を受ける光景に大きなショックを受けました。 逆に、その時の体験から「女性も同性の医者なら診察が受けやすいのでは」と産婦人科医の道に進むきっかけとなりました。 以来、勤務医として分娩や手術や外来診療や入院患者治療と、身体の病気を治すことに追われる毎日でした。 しかし、身体の不調や病気だけでなく精神的な訴えや性の悩みなど不安を持つ女性の多いことを実感するにつれ、もっとゆっくり患者さんと対峠して心身両画から治療したいと考えるようになり、レディースクリニックを開設致しました。 この12年間で幼稚園児のプチレデイから80代のシルバーレディまであらゆる年齢の女性の悩みを聞き、健康維持のお手伝いをさせて頂いています。 院長 荻野 瑠美 院長略歴 東邦大学医学部卒業 大阪大学産婦人科入局 大阪回生病院産婦人科勤務 平成7年、大阪市北区に荻野レディースクリニックを開設 所属学会・資格• 日本産婦人科学会• 日本産科婦人科学会専門医• 母体保護法指定医 副院長 荻野 舞 略歴・資格• 兵庫医科大学医学部卒業• 医学博士学位• 日本産科婦人科学会専門医• 母体保護法指定医• 精中機構検診マンモグラフィ読影認定医• 精中機構乳がん検診超音波検査判定医.

次の