コロナ 日本 やばい。 コロナウイルス「日本政府のヤバい危機管理」を世界はこう報じている(飯塚 真紀子)

コロナウイルスで日本のサラリーマンがやばい件について【会社に依存すると危険】

コロナ 日本 やばい

新型肺炎コロナウイルスというのが、流行っていますが、どのくらいやばいの?という方々が多いと思います。 かくいう私もその一人、そこで私が調べた「どのくらいやばいの?」という結果を、アウトプットもかねてまとめてみました。 感染力と効果的な対策 ニューヨークタイムズの記事によると、一人の感染者に対して、大体1. 5~3. 5人(インフル:約1~2人、風邪:約2人)感染するようです。 つまり、普通の風邪やインフルエンザと大体同じか、少し高いくらいです。 現代は、航空の発達により、移動がグローバルになっています。 11月、12月のデータを用いると、武漢から日本に行った人は2か月で約2万人で、北京に関してみれば、13万人、これだけの移動が日々行われていれば、感染の拡大を防ぐために、軒並み交通が止められるのもわかります。 つまり、感染力自体がやばいのではなく、移動のグローバル化が感染をブーストさせるということ。 ちなみに、BBCの記事によれば、効果のある対策は5つ 、マスクをする、ティッシュやマスクのゴミを蓋のあるゴミ箱に、手洗い、風邪とうたがわれる人から距離をとる。 また、輸入品を避けるなどの行為は科学的根拠に乏しいようです。 マスクに関しては、マスクの需要が世界的に100倍にもなっており、20%も価格が上がっているようで入手が難しい状況です。 私の近所の店は軒並みマスクがありません。 これはもう、マスクの生産力の拡大を待つしかありません。 また、一番の問題は、最前線で働いている医師や看護師の人々のなかにその影響が及ぶことです。 死ぬ? 基本的には、死にません(致死率はおおよそ3%ほど)。 加えて、死に至ったほとんどの症例は、もともと糖尿病や高血圧などの疾患を抱えていた人のようです。 つまり、持病を抱えている人は、上にあげた対策をしっかりとしなければならないということです。 また、近親者にそのような方々がおられる場合、その人の対策とともに自分の対策も必要だと考えられます。 日本でも流行る? 2月6日時点で、日本で確認された感染者は45人、中国で1月27日以降、指数関数的に感染者が拡大したケースからみても、今後日本で感染が拡大する可能性も存在します。 横浜港に、おりたったクルーズ船でも乗客の隔離状態が続いています。 つまり、油断はできません。 まとめ 以上、私が「どれくらいやばい?」ということを調べた結果を述べましたかが、 基本的には死なないので風邪対策をしっかりしよう。 ただ持病を持っている人は気を付けよういうことです。 個人的には大陸に知り合いも多く、一刻もはやく収束して欲しいと思います。 【参考文献】.

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(24日20時時点)

コロナ 日本 やばい

新型肺炎コロナウイルスというのが、流行っていますが、どのくらいやばいの?という方々が多いと思います。 かくいう私もその一人、そこで私が調べた「どのくらいやばいの?」という結果を、アウトプットもかねてまとめてみました。 感染力と効果的な対策 ニューヨークタイムズの記事によると、一人の感染者に対して、大体1. 5~3. 5人(インフル:約1~2人、風邪:約2人)感染するようです。 つまり、普通の風邪やインフルエンザと大体同じか、少し高いくらいです。 現代は、航空の発達により、移動がグローバルになっています。 11月、12月のデータを用いると、武漢から日本に行った人は2か月で約2万人で、北京に関してみれば、13万人、これだけの移動が日々行われていれば、感染の拡大を防ぐために、軒並み交通が止められるのもわかります。 つまり、感染力自体がやばいのではなく、移動のグローバル化が感染をブーストさせるということ。 ちなみに、BBCの記事によれば、効果のある対策は5つ 、マスクをする、ティッシュやマスクのゴミを蓋のあるゴミ箱に、手洗い、風邪とうたがわれる人から距離をとる。 また、輸入品を避けるなどの行為は科学的根拠に乏しいようです。 マスクに関しては、マスクの需要が世界的に100倍にもなっており、20%も価格が上がっているようで入手が難しい状況です。 私の近所の店は軒並みマスクがありません。 これはもう、マスクの生産力の拡大を待つしかありません。 また、一番の問題は、最前線で働いている医師や看護師の人々のなかにその影響が及ぶことです。 死ぬ? 基本的には、死にません(致死率はおおよそ3%ほど)。 加えて、死に至ったほとんどの症例は、もともと糖尿病や高血圧などの疾患を抱えていた人のようです。 つまり、持病を抱えている人は、上にあげた対策をしっかりとしなければならないということです。 また、近親者にそのような方々がおられる場合、その人の対策とともに自分の対策も必要だと考えられます。 日本でも流行る? 2月6日時点で、日本で確認された感染者は45人、中国で1月27日以降、指数関数的に感染者が拡大したケースからみても、今後日本で感染が拡大する可能性も存在します。 横浜港に、おりたったクルーズ船でも乗客の隔離状態が続いています。 つまり、油断はできません。 まとめ 以上、私が「どれくらいやばい?」ということを調べた結果を述べましたかが、 基本的には死なないので風邪対策をしっかりしよう。 ただ持病を持っている人は気を付けよういうことです。 個人的には大陸に知り合いも多く、一刻もはやく収束して欲しいと思います。 【参考文献】.

次の

もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

コロナ 日本 やばい

新型コロナウイルスの感染拡大が長引いた場合、最悪のシナリオとはどんなことが想定されるだろうか(写真:ふくいのりすけ/PIXTA) ニューヨークダウ平均が2日連続で1000ドル前後の下げを記録するなど、いよいよ新型コロナウイルスによる感染拡大の影響が経済にも波及してきた。 加えて、韓国やイタリアでも感染拡大が起きており、中国・武漢から始まった今回の新型コロナウイルス感染拡大の恐怖を、世界中が認識し始めたと言っていいだろう。 一方で、日本の危機管理はその甘さが際立っている。 日本への渡航自粛を求める国も現れ、7月に行われる東京五輪の代替地としてロンドンが名乗りを上げるなど、今や日本の経済を根底から覆しかねないリスクも顕在化してきている。 そんな中でささやかれ始めてきたのが、新型コロナウイルスによる経済への影響の深刻さだ。 リーマンショック級とも、東日本大震災級とも言われる景気後退リスクに対して、日本政府は対応できるのか。 そしてまた、われわれ国民もどんな準備をしていけばいいのか。 現実には起こってほしくないが、新型コロナウイルス禍によって起こりうる最悪シナリオは4つある。 そのハイライトとも言えるのが7月から開催される東京オリンピックだ。 その東京五輪の開催が、今回の新型コロナウイルス感染拡大によって中止に追い込まれる可能性が出てきている。 感染爆発の度合いにもよるが、すでにアメリカでは日本に対して渡航注意のレベルを1つ上のレベルに引き上げており、イスラエルでは日本と韓国からの渡航者を入国拒否とした。 それに対して、日本では2月24日現在、外務省の対応は中国の湖北省全域、浙江省恩州市に対しては「渡航中止勧告」となっているが、それ以外の中国は「不要不急の渡航中止」となっている。 外国人に対しての入国規制は、日本の場合かなり曖昧で外務省がきちんとアナウンスしているわけではない。 春節の前に中国の新型コロナウイルス感染拡大が明らかになっていたにもかかわらず、外務省は何も手を打たずに莫大な数の中国人観光客の来日を認めた。 クルーズ船の受け入れに対しても、日本人乗客が多い、日本人乗組員も100人いるといった事情を鑑みて入港を認め、検疫という名目で14日間留め置き、その間に600人を超す感染者をクルーズ船の中で発生させてしまった。

次の