石田 純一 ブログ。 石田純一『65歳の誕生日会』ブログに「異常」「キモい」の声

石田純一、新型コロナウイルスに感染 大丈夫?

石田 純一 ブログ

アビガンの投与で症状が改善され本当に良かったですね。 謝罪文を見ても、一文字一文字とても丁寧に書かれているので、かなり反省している様子が伺えます。 ただ、自粛要請が出されている中、沖縄に行き、軽率な行動を取ってしまった石田さん。 今後の芸能活動への影響が心配されます。 石田純一の字が綺麗とネットで話題に 石田純一氏、字がとても綺麗。 ほんとに本人が書いたのかと思ってしまった位。 ほんとに本人が書いたのかと思ってしまった位。 それにしても字綺麗やな。 — A kazuyanamie• 字が読みやすい• 字が綺麗• 字が見やすい• ホントに本人が書いたの? 等々 石田さんが書いた謝罪文に対し、ネットでは『字が綺麗』『読みやすい』等、評判になっていました。 石田さんって行動はちょっと軽率ですが、字が上手かったんですね(笑).

次の

モト冬樹 外出報道の石田純一に「彼は誰にも迷惑はかけてない」(2020年6月9日)|BIGLOBEニュース

石田 純一 ブログ

石田は4月10日から13日まで自身が経営する飲食店の視察のため沖縄に滞在。 11日から体がだるくなり、14日に肺炎の傾向がみられ入院、15日に陽性が判明した。 医学博士の米山公啓氏は「発症までに3日から1週間かかるので、沖縄に行く前に感染している可能性が高い。 発症前の1週間の行動が問題です」という。 これにネット上では「なぜ今、沖縄?」「テレワークしないの」「こっち(沖縄)が自粛してるのに、県外からコロナ持ってこないで」「体調悪いのに飛行機で東京に戻るって無責任」と批判の声が殺到。 しかも、7日には妻の東尾理子(44)、長男(7)、長女(4)、次女(2)と義父・東尾修(69)夫妻とで自宅で次女の誕生会を開催。 高齢の東尾夫妻の感染までも懸念されている。 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。 「沖縄に行ってしまったのは判断ミス。 石田さんは1月の『名医のTHE太鼓判!SP』で余命8年と診断されていたこともあり、普段はマスク着用は徹底。 車もマメに除菌し、自身のラジオ番組ではアクリル板を立てて飛沫感染を防ぐなど、予防を徹底していました。 今となっては後の祭りですが、沖縄の店によっぽどの問題があったとすれば店ごと休業すべきだったのでは。 しかしながら、今回は身内だけでなく、不特定多数にコロナをまき散らした可能性まであるとなると軽率のそしりというレベルの話ではない。 石田は自らの不徳とはいえ、今は小さな子供たちのためにも健康回復に努めるしかない。

次の

石田純一『65歳の誕生日会』ブログに「異常」「キモい」の声

石田 純一 ブログ

石田純一 治療内容は? 石田純一さんが新型コロナウィルスに感染しその治療内容についてインタビューを答えました。 まずはどのような内容なのか見ていきましょう。 新型コロナウイルス感染で入院中の俳優、石田純一(66)が21日、本紙の単独インタビューに応じ、猛省した上で現状について語った。 病床から電話で回答し、「発症の自覚がなかったとはいえ、仕事で沖縄に行き、多くの方にご迷惑とご心配をかけ申し訳ない」と真摯(しんし)にわびた。 また、一時悪化した症状がインフルエンザ治療薬「アビガン」の服用で好転したと治療内容を初告白した。 【写真】石田純一、親子三代そろい踏み 次女つむぎちゃんは初イベント 14日に肺炎で緊急入院し、15日にコロナ陽性と判明した石田が、入院から1週間たったこの日、電話で心境を打ち明けた。 「症状がなかったとはいえ、外出や県外自粛のご時世。 沖縄に行ったことが悔やまれます」 最初に口をついて出たのは自責の念。 那覇市で経営する冷麺店のコロナ対策のため、空路現地に行ったことを猛省した。 仕事の延長で10日に沖縄入りした翌11日に関係者とゴルフ場でプレー。 そのとき初めて体のだるさを覚えたが、せきや発熱もなく過労と思い、13日に帰京するまで市内のホテルに3泊した。 「結果として飛行機の乗客や沖縄の人たちに多大なご迷惑とご心配をかけ申し訳ありません」と平謝り。 ゴルフ場は消毒後に再開したが、ホテルは16日から30日まで休館し、冷麺店は13日から臨時休業中でもあり、謝罪の気持ちがあふれた。 現在は徐々に回復し、世間を騒がせただけに、自身の体験談を話すことで、未知の病と闘う国民に情報を提供したいと決意。 レギュラー出演する文化放送のワイド番組で16日に流された肉声(15日に収録)は「38・8度の熱があるぐらい」と声に張りもあったが、その後は頭痛がひどく息苦しくなり、症状は悪化したという。 そんな中、コロナの治療薬としても期待されるアビガンを服用したことを初告白。 医療関係者の努力に支えられ、「アビガンなどいろいろな薬を投与していただいた。 3日たった頃から平熱に戻り始めて、症状もだいぶ和らぎ、数値が正常に近づいてきた。 お医者さまに感謝です」としみじみ吐露した。 臨床試験の始まったアビガンは、ウイルスの増殖を防ぎ、重症化する前に服用すれば熱を下げるなどの効果があるとされる。 コロナに感染した脚本家で俳優、宮藤官九郎(49)もアビガンで高熱が下がり、7日に退院した。 石田も身を持って効果を立証した形だが、「私の場合、他の薬の副作用なのか血流が悪くなり、血液をサラサラにする薬を投与されているんです」と付け加えた。 また、石田の感染源の可能性として浮上したのが、5日に北関東のゴルフ場で参加したプライベートのコンペ。 一部上場企業の社長ら8人ほどが参加し、ラウンド後の寿司を食べる会に参加した複数の女性を含む数人が、その後コロナ陽性と判明したという。 「私の知っているメンバーは半分ほど。 女性とも面識はなく、うち1人が『熱っぽい』と言っていたので、こんな時期に勘弁してほしいなぁと思っていたほどなんです」と振り返りつつ、「ゴルフはたまたま、この時期に重なっただけ。 最近は年間10ラウンドぐらいしかしないのになぁ」と自嘲気味に打ち明けた。 退院まではまだ時間はかかるが、確実に快方へ向かい、妻でプロゴルファーの東尾理子(44)ら家族や周囲も安心感を取り戻しつつある。 これは感染が確認された昨日の夕方に収録したものです。 つづきは、17時13分頃からの『ニュースパレードアネックス』でもお送りします。 一日でも早い回復をお祈り申し上げます。 報じられた記事の内容によるとその病状は悪化しているようです。 それでは、「石田純一 病状」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。 こちらが記事の詳細です。 15日に新型コロナウイルスの感染が確認された俳優、石田純一(66)の病状が悪化していることが16日、分かった。 複数の関係者が「頭が割れるように痛いと訴えている。 集中治療室に入る一歩手前」と説明した。 石田はこの日、文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)で事前収録した肉声コメントを流し、病状を報告。 妻でプロゴルファーの東尾理子(44)もコメントを寄せ「心配な状態が続いている」と証言した。 世界中で猛威を振るうウイルスと石田が壮絶な闘いを繰り広げていた。 番組では石田が陽性判明後の15日夕方に病床から電話で応じた音声を公開。 石田は「熱だけですね。 今のところやはり高めで38・8度とか」と弱々しい声で報告したが、妻の理子はこの日の夫の様子について「きょう(16日)は息苦しさや頭痛も増していて心配な状態が続いている」とコメントを寄せ、病状が悪化していることを明かした。 複数の関係者によると、石田は新型コロナウイルスに感染した当初、軽症とみられていたが、現在の体調は良くなく、ある関係者は「集中治療室の一歩手前」と明かす。 別の関係者は「電話で話すことはできるが、辛そうで『体がだるくて頭が割れるように痛い』と言っていた」と証言。 本人と話をしても声が弱々しく息苦しそうで会話も途切れ途切れという。 所属事務所は、石田の体調について「現在の症状は聞けていない。 ただ、14日は電話でやり取りができていたが、15日は全くできない状態だった」と説明した。 また、同事務所は石田のブログを通じ、前日に明かした石田の感染までの時系列に誤りがあったと訂正。 石田が経営する冷麺店のコロナ禍による影響を把握するため10日に沖縄へ向かったことはすでに報告していたが、11日朝にホテル内のレストランで食事後、仕事関係者とゴルフへ行き、プレー中に体のだるさを感じたことなどを追加した。 11日以降は毎朝検温していたが、発熱や咳の症状はなかったとした。 関係者によると、同冷麺店は3月まで順調だったが、4月に入って急激に売り上げが落ち込んだため、視察に行った。 本人は「こんなこと(=感染)になって…」と後悔していたという。 石田は番組で、医師や看護師に感謝を伝えた上で、「皆さん、どうぞ油断せずに、気をつけて、気をつけて、それでもなおかつもう1回気をつけて、一緒に乗り越えられたらと思います」とメッセージ。 病に打ち勝つことを力強く誓った。 テレビ東京系「石田純一のサンデーゴルフ」やJFN「石田純一のNo Socks J Life」などは、今後は収録分で対応する。 義父でプロ野球・西武元監督の東尾修氏(69)と出演し、20日に放送予定だったBS-TBS「神泡探訪記」は過去の番組と差し替えて放送。 沖縄県の新型コロナ感染者数 4月16日の新規の陽性の方は8名ですが、地域は現在調査中とのこと。 なぜ調査中なのかはわかりませんが、もしかして石田純一の件がからんでいるとか?? 軽症者は17日より「東横イン那覇旭橋前」を療養施設として利用。

次の