タイピング練習 歌詞 ボカロ。 タイピングの練習はボカロの歌詞を!おすすめサイト4選!

無料のタイピングゲームまとめ(寿司打・夜の森・歌詞・ボカロなど)

タイピング練習 歌詞 ボカロ

スポンサーリンク タイピングの長文でスピードアップさせるコツとは? <変換のタイミングを意識> タイピングの長文でスピードアップさせるコツは、変換のタイミングを意識することです。 長文のタイピングを行う場合、ついつい勢いで入力していってしまう方がいますが、それをすると変換した際に、おかしな変換をされることが多いです。 その結果、正しく変換し直すために、無駄な時間を割かれることがあるのです。 そのため長文のタイピングでは、変換のタイミングを意識するのがコツとなっています。 ベストの変換のタイミングは、文節で区切ることで、文節ごとに変換することで、変換ミスを減らすことができ、スピードアップにつながります。 <緩急をつける> タイピングの長文では、緩急をつけるのもスピードアップのコツです。 通常時は、スピードを意識して、素早く入力していけば大丈夫です。 しかし、同じキーを連続で入力する場合やホームポジションから遠い「Y」などを入力する場合、あえてスピードを落とすのがコツです。 なぜなら、これらのケースでスピードだけを意識していると、先を急ぐあまり入力が終わる前に次に入力をしてしまうことがあるからです。 その結果、ミスタイピングとなってしまい、逆にスピードが遅くなってしまいます。 そのため、入力ミスを防ぐために、あえて緩急をつけるのが長文のタイピングのコツなのです。 スポンサーリンク <同じ指を連続で使わない> タイピングの長文でスピードアップのコツは、できるだけ同じ指を連続で使わないことです。 例えば、「いこう」と入力する場合、「I」「K」「O」「U」と入力する方が多いと思います。 この入力だと、「I」「K」のどちらも右手の中指を使うため、連続で同じ指を使ってしまいます。 しかし、「K」を「C」に変えても「いこう」になり、こちらなら同じ指で入力する必要がありません。 このように、できるだけ同じ指を連続して使わないようにすることで、タイピングのスピードアップにつながるのです。 初めのうちは難しく感じますが、練習すればスピードアップにつながり、長文のタイピングのコツとなっています。 <ブラインドタッチを極める> やはり、タイピングの長文でスピードアップするならブラインドタッチを極めることです。 ブラインドタッチを極めることができれば、長文も速い速度でタイピングすることができます。 とは言え、ブラインドタッチを極めるのは難しいです。 ブラインドタッチを取得するコツは、ホームポジションを意識することで、常にホームポジションを意識し、入力したらホームポジショに戻すようにしましょう。 あとは、練習しながらキーボードの位置を覚えることができれば、ブラインドタッチを習得することができます。 タイピングの長文でスピードアップしたいなら、ブラインドタッチを習得してみてください。

次の

タイピングゲームでブラインドタッチの練習ならボカロがおすすめ

タイピング練習 歌詞 ボカロ

スポンサーリンク タイピングの長文でスピードアップさせるコツとは? <変換のタイミングを意識> タイピングの長文でスピードアップさせるコツは、変換のタイミングを意識することです。 長文のタイピングを行う場合、ついつい勢いで入力していってしまう方がいますが、それをすると変換した際に、おかしな変換をされることが多いです。 その結果、正しく変換し直すために、無駄な時間を割かれることがあるのです。 そのため長文のタイピングでは、変換のタイミングを意識するのがコツとなっています。 ベストの変換のタイミングは、文節で区切ることで、文節ごとに変換することで、変換ミスを減らすことができ、スピードアップにつながります。 <緩急をつける> タイピングの長文では、緩急をつけるのもスピードアップのコツです。 通常時は、スピードを意識して、素早く入力していけば大丈夫です。 しかし、同じキーを連続で入力する場合やホームポジションから遠い「Y」などを入力する場合、あえてスピードを落とすのがコツです。 なぜなら、これらのケースでスピードだけを意識していると、先を急ぐあまり入力が終わる前に次に入力をしてしまうことがあるからです。 その結果、ミスタイピングとなってしまい、逆にスピードが遅くなってしまいます。 そのため、入力ミスを防ぐために、あえて緩急をつけるのが長文のタイピングのコツなのです。 スポンサーリンク <同じ指を連続で使わない> タイピングの長文でスピードアップのコツは、できるだけ同じ指を連続で使わないことです。 例えば、「いこう」と入力する場合、「I」「K」「O」「U」と入力する方が多いと思います。 この入力だと、「I」「K」のどちらも右手の中指を使うため、連続で同じ指を使ってしまいます。 しかし、「K」を「C」に変えても「いこう」になり、こちらなら同じ指で入力する必要がありません。 このように、できるだけ同じ指を連続して使わないようにすることで、タイピングのスピードアップにつながるのです。 初めのうちは難しく感じますが、練習すればスピードアップにつながり、長文のタイピングのコツとなっています。 <ブラインドタッチを極める> やはり、タイピングの長文でスピードアップするならブラインドタッチを極めることです。 ブラインドタッチを極めることができれば、長文も速い速度でタイピングすることができます。 とは言え、ブラインドタッチを極めるのは難しいです。 ブラインドタッチを取得するコツは、ホームポジションを意識することで、常にホームポジションを意識し、入力したらホームポジショに戻すようにしましょう。 あとは、練習しながらキーボードの位置を覚えることができれば、ブラインドタッチを習得することができます。 タイピングの長文でスピードアップしたいなら、ブラインドタッチを習得してみてください。

次の

マイ タイピング 歌詞

タイピング練習 歌詞 ボカロ

パソコンを使った仕事をする上で大切なのは「どれだけ速く文章を完成されられるか」にあると思います。 私の仕事はWebライターという、パソコンに向かって毎日キーボードで文章を打ち込む仕事をしていますが、特にその重要性を実感します。 例えば「1記事2,400文字の記事を1日で8本書く」と言う場合、1文字を打つ時間を短縮しなければ、いつまで経っても仕事が終わりません。 パソコン歴十数年で、ほとんど全く変わらなかった私のタイピングスピードが劇的に変わったタッチタイピングの練習法や裏ワザ的方法をまとめました。 文章を速く書き上げたい人、タッチタイピングを速くしたい人の参考になれば幸いです。 まずはホームポジションをマスターする ホームポジションとは、タッチタイピングの時に指を置く 正しい位置のこと。 タッチタイピングが遅い原因の一つは「自己流でタイピングをしている」ことが多々あります。 私の場合、右手を最大限に活用するタイピングを行なっていた為、どうしても1秒で打てる文字数に限界があり、その分文章作成に時間がかかっていました。 指を正しい位置に置き「Jは右人差し指で押す」と決めていれば、タイプミスが減って効果的な時間短縮ができます。 また「右手の指しか使っていない」など、片方の指ばかりに負担がかかることも無くなります。 文章入力が遅い最も顕著な例が「キーボードを見ながら人差し指で一文字一文字打つ」ですが、人差し指以外の複数の指でタイプできるようになれば、格段に文章入力が速くなるのは言うまでもありません。 タイピングソフトで素早さを磨く ある程度タイピングができるようになれば、タッチタイピングソフトで練習を繰り返します。 「ホームポジションを覚える」「手元を見ないで打つ」では、どうしても「速く打てること」が欠けてしまうので、速く打てる練習としてタッチタイピングソフトが便利に使えます。 タイピングソフトは色々ありますが、一番のおすすめはSEGAの「タイピングオブ・ザ・デッド」。 ゾンビ打と呼ばれるタイピングゲームです。 私がおすすめする理由は4つ。 ゲーム感覚でタイピングスキルが磨ける。 ゲーム自体が面白いので、何時間でもプレイ(タイピング)できる。 ゾンビが滅茶苦茶怖いので、襲われないようにと自然にタイピングが速くなる。 有料なので値段分のモトは取ろうと一生懸命やる。 ただしバイオハザード的なグロテスクなゾンビばかりが出てくるので「ゾンビ系、血描写、ホラーが苦手」な人は不向きかと思います。 一応、バイオレンス設定は変更できるので、血の描写が抑えられたり、ゾンビのもつ凶器がネギやピコピコハンマーになったり、怖がりでもプレイしやすくなってはいます。 無料のタッチタイピングゲームとしては「寿司打」「皿打」、変わり種として「TYPINGMANIA5」をちょっとした時間を見付けてやっていました。 【Google日本語入力のここがスゴイ!】 自分が良く使う単語、文章を優先的に予測変換してくれる。 普段から良く使う長文の文章があれば、登録しておけば良いです。 最後に タッチタイピングを上達するのに忘れてはならないのが「きちんと記録を取る」ことです。 練習の記録を取っていれば、自分が何を苦手としていて、それを克服するにはどうすれば良いかが見えてきます。 また「毎週金曜日に寿司打の高級コースを一発本番で取り組み、金額を記入する」などすれば、モチベーションの維持にもなります。 タッチタイピングができる、できないで、仕事やレポートがこなせる量が変わってきます。 またパソコンが仕事の中心となりつつ社会では、やはりパソコンで文章が早く打てる人の方が重宝されます。 「文章作成に時間がかかって仕方ない」「もっと早く作業を終わらせたい」という人は、まず自分のタイピング方法や文章作成環境を見直してみてはいかがでしょうか。 書いた人:昼時かをる.

次の