キャプテン しょう た。 キャプテン翼

キャプテンしょーた|YouTubeランキング

キャプテン しょう た

概要 『』をヒットさせたカプコンが満を持してリリースしたベルトアクション第2弾。 アメコミ風デザインのキャラクターと、画面内を縦横無尽に走り回れるスピーディーな攻防で人気を博した。 その分キャラクターの大きさとアクションの迫力はやや犠牲になっている。 ストーリー はるか未来の世界を舞台に、正義の戦士キャプテンコマンドーが、忍者、ミイラ異星人、天才赤ん坊を構成員とする影の警察機構コマンドーチームを率いて悪の犯罪組織ジェノサイドに挑む! 特徴・評価点 新要素の多さ• 基本システムや操作系は『ファイナルファイト』とほぼ同じ。 8方向レバーでキャラクター8方向に移動し、2つのボタンでアタックとジャンプができる。 「パンチはめ」も同じように使える(本作ではパンチを空振りする必要はなくなった)。 『ファイナルファイト』と大きく変わっている点はダッシュ。 レバーを同じ方向に2回入れることでダッシュができるようになり、ダッシュ攻撃もできる。 最大4人同時プレイが可能(基板設定による)。 プレイヤーキャラクターはキャプテン、ジェネティー、翔、フーバーの4人から選択する。 そのため、キャラクターが全体的に小型化している。 『ファイナルファイト』には無い操作として、同じ方向にレバーを二回倒すことでダッシュして高速で移動できる。 ダッシュ中・ダッシュジャンプ中は攻撃も強力なものに変化する。 主人公であるキャプテンのダッシュジャンプ攻撃「キャプテンファイヤー」は威力も高く見た目も派手で、ヒットさせると ラストボスであるジェノサイド除き 相手を燃やすことができる。 ただし見た目通り手元には判定がないため、最大限に活用するには慣れと一工夫が必要になる。 『ファイナルファイト』でのパイプや刀といった打撃武器にあたるものとして、敵が乗っているロボット(いわゆるウォーカー)を奪って乗り込むことができる。 また、ロケットランチャーなど射撃武器が充実しているのも特徴。 全9ステージ(うちボーナスステージが1面)。 『ファイナルファイト』に比べてステージ数は多いが、雑魚敵と戦う道中が短めに設定されているため、全体的なボリュームは『ファイナルファイト』と同じながら、見た目にも様々なステージをテンポよく楽しめる。 問題点• プレイヤーキャラクターの性能の差が極端。 「クリアしたいならジェネティー一択、厳しい場面を乗り切れればフーバーも楽。 翔は(弱いので)使ってはいけない」というのが通説。 翔で1コインクリアするのはそれだけで「かなりやりこんだ」と言えるレベル。 ジェネティーは通常攻撃の発生とリーチに優れており、かつ敵のジャンプ攻撃を迎撃しやすい。 パンチハメが最もやり易く、熟練者なら(パンチハメの効く相手には)ほぼ反撃を許さずに葬り去ることができるのも大きい。 フーバーは小回りが利きづらく、敵のジャンプ攻撃に打ち負けやすいという難点はあるが、攻撃力と耐久力が高く、ジャンプキックが使いやすいという利点がある。 特に他のキャラでやるととても辛いボスである、「ドッペルゲンガー」「ジェノサイド」に対して、低い操作難易度で優位に立ち回れるのが非常に大きい。 やりこんだ人からは「6面ボス(シュトルム&ドラック)越えたらクリアは見えたも同然」と評価されている。 翔は移動速度こそ速いが、通常攻撃の発生がとにかく遅い上、レバー入れ投げの後隙が大きいため迂闊に使えないので非常に不利。 ただし、他のプレイヤーキャラクターでは得点アイテムにしかならない手裏剣を飛び道具として使用可能な利点がある。 主人公的な位置づけのキャプテンコマンドーはリーチが4キャラ中最も短く、癖の多い技が多いので慣れるまでは苦労するだろう。 カプコンのベルトスクロールアクションでは毎度のことながら、難易度は高い。 特に以下のボスが1コインクリアを大きく阻むと言われる。 カプコンのベルトスクロールアクションではよくいる強い2面ボス「シュトルムJr」の存在。 予備知識無しでは為す術も無くやられてしまうだろう。 非常に機敏に動き回り、プレイヤーと横軸が合うとすかさずボウガンの連射、またはドロップキックで攻撃してくる。 「非常に機敏に動く『ファイナルファイト』のラスボス・ベルガー」と言えばその脅威ぶりが分かって頂けるだろうか。 なお、6面ではコイツが 「シュトルム&ドラック」として二匹同時に登場する有様。 プレイヤーキャラクターに変身する8面ボス「ドッペル」。 フーバー以外はパターンらしいパターンが無くハメにも持ち込めないため 、それまでの経験を軸に地道にダメージを重ねていかねばならない。 最終ボス「ジェノサイド」は、まともに殴りあうのが無理なほどの激しい攻撃を繰り広げてくる。 確実に倒すためには僅かな隙を逃さないハメが必要となる。 総評 プレイヤーキャラクターの性能差が激しく、ゲームとしての出来は全体的にやや荒削り。 ベルトスクロールアクションとしてはそれなりなので、興味があったら下記の家庭用をプレイしてみるのもいい。 本作の主人公「キャプテンコマンドー」は元々カプコンUSAのキャラクターで本作向けにデザインをリファインされたものが本作のキャプテンである。 ゲーメストで漫画版が掲載され、コミックも出ていたが現在は絶版状態。 ゲーム内で語られなかったキャプテンの素性が「スターエレクトロニクス社の若手社長、マルス・カーライル」という設定が成された。 「自身が開発したスーツで戦う社長」というMARVELコミックのアイマンマンことトニー・スタークのオマージュであろうか。 (後に格ゲーで共演)• 翔のフルネームが『武神 翔 たけがみ しょう 』であるという設定も成された他、茜という名前の妹も登場した。 、 にキャプテン・コマンドー、 SNK VS. CAPCOMカードファイターズシリーズ にプレイヤーキャラクター全員、 にプレイヤーキャラクター全部と上記の敵キャラクターが参戦している。 MARVEL VS. CAPCOMではキャプテンの技の演出に他のコマンドー部隊が登場する演出がある。 また『ストリートファイターZERO2』のケンステージの背景にもキャプテンと翔がゲスト出演している。 更に、ナムカプでの翔はスモークボムの性能が異常なほどに強力であり、3強ユニットの一人だった。 それ故にナムカプの後にこの作品での翔の弱さを知って驚く人もいたそうな。 なおナムカプでは先代武神流忍者である『ファイナルファイト』のガイと共にユニットを組んで参戦している。 ナムカプの続編とも言えるにもキャプテンコマンドーがソロユニットとして参戦。 キャプテンコマンドー以外は別の任務に出払っているという事で参戦していないのだが、ガイが二人目のニンジャコマンドーとして数えらている等、ナムカプの展開を拡大して引き継いでいる。 家庭用移植• スーパーファミコン版(1995年3月17日発売、カプコン)• 二人同時プレイは可能だが、ハードスペックの関係上、一度に表示できる敵数が減り、乗り物が完全削除されている。 また、表現規制の関係上、敵切断などの残酷描写がなくなり、女性敵キャラクターの露出度も控えめとなってしまった。 プレイステーション版(1998年9月17日発売、ニュー)• ボクサー育成シミュレーションゲーム『ボクサーズロード』にて注目を集めたメーカーであるニューが移植を担当。 かなりアーケードに近い忠実移植となっているが、アレンジ音源が原作とかけ離れた曲となっているので賛否が分かれる。 もともとの出荷数が少なく、キャプテンが有名になったマブカプ1や2が出た99~00年あたりの頃、原作であるこのゲームを求める人が増えたので市場からほとんど消えた。 今でも中古価格は高騰している。 海外のプレイステーション・ポータブルソフト『CAPCOM CLASSIC COLLECTION REMIXED』にも収録され、国産のPSP本体でもプレイする事が可能。 但し、海外版の移植のため日本版とはキャラの名称が異なっている点に注意。 また、海外版XBOXとPS2にて発売された『Capcom Classics Collection Volume 2』にも収録されている。 上述の移植作品の多くは入手困難に陥っているので、現在本作をプレーしたいのなら手軽に入手可能なこちらがオススメ。 世界観について• 本作は武神流の存在から「ファイナルファイト」と世界観を共有している。 この為、本作はという事も言えるのだが、もしも本作の続編が存在していたら、同シリーズにおける設定やキャラクターの未来の姿についても語られていたかもしれない。

次の

キャプテン翼(キャプ翼)~たたかえドリームチーム~ 公式サイト

キャプテン しょう た

概要 『』をヒットさせたカプコンが満を持してリリースしたベルトアクション第2弾。 アメコミ風デザインのキャラクターと、画面内を縦横無尽に走り回れるスピーディーな攻防で人気を博した。 その分キャラクターの大きさとアクションの迫力はやや犠牲になっている。 ストーリー はるか未来の世界を舞台に、正義の戦士キャプテンコマンドーが、忍者、ミイラ異星人、天才赤ん坊を構成員とする影の警察機構コマンドーチームを率いて悪の犯罪組織ジェノサイドに挑む! 特徴・評価点 新要素の多さ• 基本システムや操作系は『ファイナルファイト』とほぼ同じ。 8方向レバーでキャラクター8方向に移動し、2つのボタンでアタックとジャンプができる。 「パンチはめ」も同じように使える(本作ではパンチを空振りする必要はなくなった)。 『ファイナルファイト』と大きく変わっている点はダッシュ。 レバーを同じ方向に2回入れることでダッシュができるようになり、ダッシュ攻撃もできる。 最大4人同時プレイが可能(基板設定による)。 プレイヤーキャラクターはキャプテン、ジェネティー、翔、フーバーの4人から選択する。 そのため、キャラクターが全体的に小型化している。 『ファイナルファイト』には無い操作として、同じ方向にレバーを二回倒すことでダッシュして高速で移動できる。 ダッシュ中・ダッシュジャンプ中は攻撃も強力なものに変化する。 主人公であるキャプテンのダッシュジャンプ攻撃「キャプテンファイヤー」は威力も高く見た目も派手で、ヒットさせると ラストボスであるジェノサイド除き 相手を燃やすことができる。 ただし見た目通り手元には判定がないため、最大限に活用するには慣れと一工夫が必要になる。 『ファイナルファイト』でのパイプや刀といった打撃武器にあたるものとして、敵が乗っているロボット(いわゆるウォーカー)を奪って乗り込むことができる。 また、ロケットランチャーなど射撃武器が充実しているのも特徴。 全9ステージ(うちボーナスステージが1面)。 『ファイナルファイト』に比べてステージ数は多いが、雑魚敵と戦う道中が短めに設定されているため、全体的なボリュームは『ファイナルファイト』と同じながら、見た目にも様々なステージをテンポよく楽しめる。 問題点• プレイヤーキャラクターの性能の差が極端。 「クリアしたいならジェネティー一択、厳しい場面を乗り切れればフーバーも楽。 翔は(弱いので)使ってはいけない」というのが通説。 翔で1コインクリアするのはそれだけで「かなりやりこんだ」と言えるレベル。 ジェネティーは通常攻撃の発生とリーチに優れており、かつ敵のジャンプ攻撃を迎撃しやすい。 パンチハメが最もやり易く、熟練者なら(パンチハメの効く相手には)ほぼ反撃を許さずに葬り去ることができるのも大きい。 フーバーは小回りが利きづらく、敵のジャンプ攻撃に打ち負けやすいという難点はあるが、攻撃力と耐久力が高く、ジャンプキックが使いやすいという利点がある。 特に他のキャラでやるととても辛いボスである、「ドッペルゲンガー」「ジェノサイド」に対して、低い操作難易度で優位に立ち回れるのが非常に大きい。 やりこんだ人からは「6面ボス(シュトルム&ドラック)越えたらクリアは見えたも同然」と評価されている。 翔は移動速度こそ速いが、通常攻撃の発生がとにかく遅い上、レバー入れ投げの後隙が大きいため迂闊に使えないので非常に不利。 ただし、他のプレイヤーキャラクターでは得点アイテムにしかならない手裏剣を飛び道具として使用可能な利点がある。 主人公的な位置づけのキャプテンコマンドーはリーチが4キャラ中最も短く、癖の多い技が多いので慣れるまでは苦労するだろう。 カプコンのベルトスクロールアクションでは毎度のことながら、難易度は高い。 特に以下のボスが1コインクリアを大きく阻むと言われる。 カプコンのベルトスクロールアクションではよくいる強い2面ボス「シュトルムJr」の存在。 予備知識無しでは為す術も無くやられてしまうだろう。 非常に機敏に動き回り、プレイヤーと横軸が合うとすかさずボウガンの連射、またはドロップキックで攻撃してくる。 「非常に機敏に動く『ファイナルファイト』のラスボス・ベルガー」と言えばその脅威ぶりが分かって頂けるだろうか。 なお、6面ではコイツが 「シュトルム&ドラック」として二匹同時に登場する有様。 プレイヤーキャラクターに変身する8面ボス「ドッペル」。 フーバー以外はパターンらしいパターンが無くハメにも持ち込めないため 、それまでの経験を軸に地道にダメージを重ねていかねばならない。 最終ボス「ジェノサイド」は、まともに殴りあうのが無理なほどの激しい攻撃を繰り広げてくる。 確実に倒すためには僅かな隙を逃さないハメが必要となる。 総評 プレイヤーキャラクターの性能差が激しく、ゲームとしての出来は全体的にやや荒削り。 ベルトスクロールアクションとしてはそれなりなので、興味があったら下記の家庭用をプレイしてみるのもいい。 本作の主人公「キャプテンコマンドー」は元々カプコンUSAのキャラクターで本作向けにデザインをリファインされたものが本作のキャプテンである。 ゲーメストで漫画版が掲載され、コミックも出ていたが現在は絶版状態。 ゲーム内で語られなかったキャプテンの素性が「スターエレクトロニクス社の若手社長、マルス・カーライル」という設定が成された。 「自身が開発したスーツで戦う社長」というMARVELコミックのアイマンマンことトニー・スタークのオマージュであろうか。 (後に格ゲーで共演)• 翔のフルネームが『武神 翔 たけがみ しょう 』であるという設定も成された他、茜という名前の妹も登場した。 、 にキャプテン・コマンドー、 SNK VS. CAPCOMカードファイターズシリーズ にプレイヤーキャラクター全員、 にプレイヤーキャラクター全部と上記の敵キャラクターが参戦している。 MARVEL VS. CAPCOMではキャプテンの技の演出に他のコマンドー部隊が登場する演出がある。 また『ストリートファイターZERO2』のケンステージの背景にもキャプテンと翔がゲスト出演している。 更に、ナムカプでの翔はスモークボムの性能が異常なほどに強力であり、3強ユニットの一人だった。 それ故にナムカプの後にこの作品での翔の弱さを知って驚く人もいたそうな。 なおナムカプでは先代武神流忍者である『ファイナルファイト』のガイと共にユニットを組んで参戦している。 ナムカプの続編とも言えるにもキャプテンコマンドーがソロユニットとして参戦。 キャプテンコマンドー以外は別の任務に出払っているという事で参戦していないのだが、ガイが二人目のニンジャコマンドーとして数えらている等、ナムカプの展開を拡大して引き継いでいる。 家庭用移植• スーパーファミコン版(1995年3月17日発売、カプコン)• 二人同時プレイは可能だが、ハードスペックの関係上、一度に表示できる敵数が減り、乗り物が完全削除されている。 また、表現規制の関係上、敵切断などの残酷描写がなくなり、女性敵キャラクターの露出度も控えめとなってしまった。 プレイステーション版(1998年9月17日発売、ニュー)• ボクサー育成シミュレーションゲーム『ボクサーズロード』にて注目を集めたメーカーであるニューが移植を担当。 かなりアーケードに近い忠実移植となっているが、アレンジ音源が原作とかけ離れた曲となっているので賛否が分かれる。 もともとの出荷数が少なく、キャプテンが有名になったマブカプ1や2が出た99~00年あたりの頃、原作であるこのゲームを求める人が増えたので市場からほとんど消えた。 今でも中古価格は高騰している。 海外のプレイステーション・ポータブルソフト『CAPCOM CLASSIC COLLECTION REMIXED』にも収録され、国産のPSP本体でもプレイする事が可能。 但し、海外版の移植のため日本版とはキャラの名称が異なっている点に注意。 また、海外版XBOXとPS2にて発売された『Capcom Classics Collection Volume 2』にも収録されている。 上述の移植作品の多くは入手困難に陥っているので、現在本作をプレーしたいのなら手軽に入手可能なこちらがオススメ。 世界観について• 本作は武神流の存在から「ファイナルファイト」と世界観を共有している。 この為、本作はという事も言えるのだが、もしも本作の続編が存在していたら、同シリーズにおける設定やキャラクターの未来の姿についても語られていたかもしれない。

次の

キャプテンしょーたの30日間推移|YouTubeランキング

キャプテン しょう た

原因 [ ] ビタミンCの欠乏によって生じる。 ビタミンCは体内のを構成するの1つであるの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐや、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。 これがさらに等への損傷につながることが原因である。 症状 [ ] 成人 [ ] 健康な人体にはおよそ900から1500のアスコルビン酸(ビタミンC)が存在しており、体内のアスコルビン酸が500mgを切ると脱力や体重減少、筋肉痛関節の鈍痛に加え、次のようなが現れ始める。 や、の出血およびそれに伴うの脱落、変化、これらの影響で息が臭くなる。 毛包性の過角化、螺旋状毛髪、毛包周囲の出血(出血を伴う毛包角化症)• 治癒の遅れ• 低色素性の• への抵抗力の減少• 古傷が開く、末期になると骨折して治った骨もはがれる。 ただし、上記のように健康な人体には「500mgを切る」までのビタミンCに余裕があるので、これらの症状は3カ月から12カ月に及ぶ長期・高度のビタミンC欠乏でないと生じない。 帆船時代の慢性的な壊血病は出帆前からビタミンC欠乏の生活をしていた船員に発生したものである。 小児 [ ] 特に生後6カ月から12カ月の間に発生し、 メレル・バロウ病とも呼ばれる。 として次のようなものが挙げられる。 や境界部での、• 骨組織の形成不全、骨病変および骨成長不良• や骨の変形• 出血や• 歯の発生障害 鑑別疾患 [ ]• 関節炎、出血性疾患、歯肉炎、タンパク質-エネルギー低栄養 治療 [ ] 成人の場合、徴候消失まで(ビタミンC)を1日3回、100〜500mgを1〜2週間経口投与する。 その後は1日当たり 100〜200mg の栄養価の高い食事を続ける。 歴史 [ ] 壊血病は古代ギリシャ時代に「」名義で類似の症例が知られ、ローマ軍団がヨーロッパ北部を行軍中にこれが発生した記録があるが、明確に壊血病として記録が残るのは15世紀末の時代が始まってからである。 この時代ヨーロッパ諸国の新航路開拓が進んだのだが、こうした「新航路」は旧知の陸沿い・島伝いルートを使わずにろくに寄港せず数カ月以上の長期間航海をする者が多く、当時長期間保存がきく食品がビタミンCが失われた乾物か塩漬けのものばかりであった ため、こういった船の乗員に壊血病が蔓延した。 問題解決を遅らせた原因として、まずアラビアや中国といった地域では船乗りが多くても壊血病が少ない(ヨーロッパでもノルウェーの船員は壊血病にあまりならなかった)のに対し、ポルトガル・スペイン・フランス・イギリス・ロシアの船員には蔓延するなど場所により流行が違った事があった。 これは、あまり壊血病にかからない地方の船乗りは航路の都合でこまめに新鮮な食品を港に寄って補給していた一方、該当諸国では大航海時代の到来で船の大型化と航海の長期化が著しく、壊血病の阻止ができるほど十分な量の新鮮な食品を積めなかったためであった。 さらに問題解決を遅らせる原因としてビタミンC(アスコルビン酸)の不安定さと、人体に常時必要なものがあってこれが不足することで起きる欠乏症自体が当時知られていなかったことで、野菜や果物のビタミンCは切ったり傷がついたりして空気に触れた場合や加熱調理で多量に失われ、海軍の厨房で多かった銅鍋は銅とアスコルビン酸の反応でさらにビタミンCを奪った。 当時の食品保存の基本の1つである乾燥も大幅にビタミンCを失わせ、例としてビタミンCが豊富なトモシリソウ(英名:「=壊血病の草)などを薬草として積んでさえ、保存のために乾燥させるとビタミンCは極めて微量になるのでこれを煎じて茶のように飲んでも効果がほとんどなかった。 また、のように「保存はそこそこ効くがビタミンCの含有量が少ない(100gあたり10mg程度)食品」の場合、食べ続けていることによって体内のビタミンC減少を抑えて壊血病の予防効果は期待できるが、病気になって(=体内のビタミンCが残りわずかになって)から食べ始めた場合は間に合わないので、「病気でないのに前もって治療に金を使う」という概念が浸透する前の考えでは治療薬にならなかった。 それでも17世紀初め頃には経験的に柑橘類が有効だという説が出ており、『』にはのイギリスのジェームズ・ランカスター()はの依頼で4隻の商船隊を率いてインドへ向かった際に、ランカスターが船長を務めるレッド・ドラゴン号の船員にレモン汁を飲ませた結果、レッド・ドラゴン号だけには壊血病による死者が出なかった話が記されている。 しかし高価で食べ慣れないものを明確な根拠もなしに常備するのは困難で、18世紀には航海の長期化も重なり比較的柑橘類が豊富なスペインやポルトガルでもレモン果汁は商船の標準積載項目から外されるようになり、医学がなまじ進歩したために医師や科学者たちが古代ギリシャのなどを元に複雑な理屈を考えるようになり、様々な仮説が混在するようになった。 こうした状況を打破するのにつながったのが海軍の、、ギルバート・ブレーン()による壊血病対策であったが、いずれも一筋縄でいく問題ではなく模索しながらの解決であった。 にリンドは、食事環境が比較的良好な高級船員の発症者が少ないことに着目し船長(英国の権威ある学会の王室協会特別会員だった)に許可を取ったうえで5月20日から壊血病の重症患者12人を別にし、当時有効とされていた様々な方法(・にを混ぜた液・・・とレモン・練り薬 )を2人ずつ6組にそれぞれ摂取させ、時々症状に応じや・などを服用させた他は普通の食事をとらせ比較し試した 結果、「オレンジとレモン」組が一番最初に回復し、6日後(ここで前述の果実が無くなった)には顕著な回復を見せ「斑点は消えておらず歯肉も健康状態ではないが元気になった」とリンドは記録した。 これにより彼はやを食べることが有効としたが、酸による治療効果と誤解していた節がありに上記の実験などを含めて書いた論文では「オレンジやレモンは大量に酸があるので酢や硫酸などで代替できそうだがこちらは効果がない。 (要約)」といった事をわざわざ書き残している他、後に保存しやすいように柑橘類の果汁を煮詰めて濃縮ジュース(ロブ)にしたり、スグリの瓶詰を作った際(双方加熱でだいぶビタミンCが失われていた )にも酸味があるのだから効果があると誤認していた。 クックは8月末、南半球の西周り調査航海(通常「1回目の航海」と呼ばれる)に向かったが、この時クックも海軍の方でも壊血病防止に力を入れようとしていたので、様々な対策を練っていくことにした。 なるべく船内を衛生的にするため冷水浴や手洗いを進め、食事の面でも後述の有効とされるものを食べる以外に、新鮮な食料と水をこまめに補給し 、害があるとされたスラッシュ を食べることを禁止した。 壊血病に効くとされる食品としては、 、ザワークラウト 、の 、、 、即席スープ 、蒸留水、そしてリンドの柑橘類濃縮ジュース(ロブ)などをそろえた。 こうした準備が功を奏し壊血病の患者は出たが、それで死亡するものは出ずに済んだ。 その後もクックは2度長期間の調査航海を続け(3度目の道中でクックは死亡)、どちらも壊血病をさほど出さずに済んだ。 しかしいずれも前述の対策がいきなり乗員に受け入れられていたわけではなく、1回目の航海では乗員は最初ザワークラウトを嫌がったので士官たちの食卓に毎日乗せることにしたり、2回目の航海では部下の船では壊血病が発生して死者が出たため食事の管理を指導するなどの苦労があり、クック自身「如何に健康にいいか分からせるには具体例と指揮官の権威の両方が必要だ」と書き記している。。 これらの航海で壊血病は防げて治療できる病気で、船員の食事に注意すればどうにかなるということがほぼ判明していたが、クック自身はリンドと違い正式に医学や科学を学んでおらず対照実験をしなかったので何が有効なのかは当人たちにもよく分からなかった。 クックと船医の経験的な意見ではとサループは無効、ニンジンのマーマレードは未使用(つまり無関係)、即席スープはそれ自体の効果より「野菜を入れて食べられるので重宝」として評価した所までははっきりしている が、肝心の麦芽汁と柑橘類のロブの評価が混乱しており、よく効いたとも効かないとも日誌につけている。 発言者 麦芽汁が有効という意見 柑橘類のロブが有効という意見 クック船長 これまでの中で最良の治療である 船医(ジェームズ・バッテン)が何度も使い大きな効果があった。 麦芽汁の方は進行を抑えるのには役立ったが治療効果があるとは思えない。 ペリー(1回目の航海の船医) 有効でよく使った、ロブは論外。 ロブは有効、麦芽汁は効かなかった。 」とロブが有効としか思えないことを書いておきながら、後年「麦芽汁が大いに効果があったはず」などと矛盾したことを書いている。 このため航海の支援者でもあったプリングルは、1776年の壊血病予防への貢献に対するクックへの授与にクックの代理として出席した際に、クックの日記で麦芽汁が有効だったとするところだけを紹介してしまい、船医が「ロブは大して効き目がなく麦芽汁が確実」とも言っていたと主張した 、さらに単純にロブが高価すぎた こと、学術研究だったクックの場合と違い戦闘時には不用意に上陸して食料補給ができないので海軍では麦芽汁のみを壊血病対策に採用したこともあり、その後も軍艦では壊血病が続いた。 1776年の夏にが始まり、イギリス近海の防衛のために水兵が増加されたこともあり船内の環境は悪化し、との『医学と海軍』にて船長たちから慢性的に壊血病になっている水兵が多いことを嘆く報告が出された。 本格的に壊血病対策が進むきっかけになったのは、1780年にが艦隊司令部附の高級船医 に任用されてからで、彼はリンドやクックの資料を集めて部下の船医たちに配布し、全艦隊の統計をとり船ごとの水兵の健康状態を報告させ、これによって海軍本部は病気による戦力消耗と季節ごとの変化を把握できるようになった。 またブレーンはリンドの資料も読んでいたので麦芽汁以外にレモンやオレンジも摂取させ、柑橘類が特に有効と確信し、上層部への嘆願書で「オレンジ・レモン・などで必ず予防や治療ができる」「麦芽汁はほとんど効果がない」と主張した。 壊血病と直接関係ない所でも水兵たちの衛生環境改善を訴え「健康で働ける戦力こそ国家の資源であり真の意味で戦争の軍資金である」と提言した 、ブレーンは身分も社会的地位も高かったのでただの船医と違い本部も無視できず、戦争終結の1783年までにブレーン本人の統計によるとブレーンの医療管理を受けた軍艦の死亡率が7人に1人から20人に1人と減少し、西インド諸島艦隊司令長官の提督は、ブレーンの功績だと書簡にしたためた。 ブレーンはその後本国に帰り1780年代は聖トマス病院の医師をしていたが、『海上生活者の疾病に関する観察』という本を書き、リンドが数十年前に主張した柑橘類が壊血病に有効という説を再び唱えた。 1795年に疾病障害局委員に任命された際には、1793年に知人の海軍幹部の西インド諸島への航海に際し行なった壊血病対策の助言 により23週間無寄港でも壊血病の死者が出なかったデータを見せ、海軍の全船でレモン果汁を「毎日」食料に支給するよう説得した。 これが最終的に功を奏し、1795年には艦隊や船の求めに応じたレモンの支給が決まり、さらに全船へのレモンの支給が行われるようになった1799年以後はイギリス海軍では壊血病が激減した。 例としてハスラー病院(近くにある海軍の病院)では1782年に壊血病の患者が1000人中329人いたのに対し、1799年には1000人中20人にまで減少した。 最終的に1815年にハスラー病院で父の後を継いでいたジェームス・リンドの息子が「壊血病は(1000人中ではなく全体で)2人だけ」という報告をしている。 こうして壊血病はイギリスでは下火になったが、「なぜ壊血病に柑橘類が有効か」はまだ分かっておらず(ブレーン本人も壊血病に対する柑橘類による効果について「その力は何によるのか、どう効果を発揮するのか私には分りかねている。 」と議論の席で述べている。 )、数十年ほどすると時々再発生することがあった。 もっとも飲まないよりは効果はあった事と、航海技術向上もあって次の寄港までの航海日数が減ったこともあり、この違いによる失敗としては1875年イギリスのジョージ・ネアズ()による北極探検隊が壊血病に苦しめられた例など、19世紀では長期航海になりやすい極地探検隊や以外ではあまり問題にならなくなってきていた。 なお、のことを「ライム野郎 limey 」と呼ぶのは、イギリス海軍が壊血病予防としてライム果汁を服用していたことに由来する。 で兵のことを「キャベツ野郎(kraut)」と言ったのも、イギリス海軍がライムジュースに切り替えた後も、ドイツ海軍がの漬物であるザワークラウトを採用していたことから同様に生じたスラングである。 20世紀になってビタミンが発見され、によるが行えるようになった結果、柑橘類果汁に含まれる有効成分を単離する事を試みられるようになった。 1932年にのがウシのから取り出した物質(1927年に発見済み)が、推定されるビタミンC(当時は「水溶性因子C」と呼ばれていた)と似ている性質を持つため、モルモットで実験したところ壊血病を防ぐ効果があることを発見した。 翌1933年にイギリスのがセント=ジェルジから渡された上記の物質の構造を解明しアスコルビン酸と命名、そして同年のらによりビタミンCを人工的に合成できるようになったことで人間は壊血病に完全に対抗策を取ることが可能になった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 「」も参照なお便宜上「イギリス」とあるが、当時の海軍は大体このような食事であった。 例としての場合、当時既にインドとの交易に関わっていたイスラム商人の力を借りずに直接インドと交易するため、1498年に140人の乗員で出発したものの地理的にイスラムの影響が及ぶの土地に寄港することがなく、翌年に帰還した際には半数以上が壊血病で死亡していた• なお、乾物の例として残存ビタミンCが比較的多い煎茶は100g中に260mgのビタミンCがあるが、これはあくまで「乾燥時」のデータで、緑茶として飲む場合はこれよりはるかに少量の茶葉から出たビタミンCの一部を取ることになるので、実際の摂取は湯のみ1杯で6mg程度である• 「、、の種、乾燥、ゴム」を混ぜた物を「タマリンドで味付けした麦湯」で飲む• なお、そのほかの組は次点が「リンゴ酒(柑橘類に比べると少量だがビタミンCがあった)」組で「歯肉の腐敗は残るが倦怠感と衰弱が少しよくなった」と悪化を食い止める程度の効能を認めている。 あとは「硫酸にアルコールを混ぜた液」組がうがいにより口内が綺麗になったのを除くと効果が無かった。 スグリの瓶詰は原料のスグリが果汁100mlにつきビタミンC50ないし65mgだが、1か月後にはほぼ0に低下していた。 前人未到の地でも食べられるものを見極められるように博物学者を連れて行った。 塩漬け肉をゆでた際の油、壊血病と直接関係ないが銅鍋でよく茹でてあったため酢酸銅が溶けて栄養の吸収を悪くしていた。 発酵で腐敗防止ができることから体が腐っていくような壊血病にも発酵する物が有効ではないかと考えられた、準備しやすいので海軍では期待していた。 ビタミンCが少しある。 海軍とベルリンのシュトルヒ男爵が推していた食品で「時々スプーン1杯を水に溶かして飲むと予防と治療に効く」と男爵は言っていた• ランの仲間の根を入れた飲み物• 肉と野菜を塩味で煮詰めた膠のような塊• ただし、壊血病以外の死者は多数出ており、特に終盤バタヴィア港(現在のインドネシアのジャカルタ)でオーストラリアにつく前に起きていた座礁事故の本格修理に2カ月半もかかった際に、クックを含む73人がマラリアと赤痢にかかり「働けるものは士官も入れて20人ほど(クックの日記より)」という悲惨な状況に成り、これ以前に別件で死んでいた3人を合わせて95人中32人が死んだ。 クックは他に「悪い油を取らない」のもいいのではないかと考え、などを廃止するようにも進言した。 厳密に言うとバッテンのいう治療法は「麦芽汁に即席スープ、ザワークラウト、、、など」を加えると壊血病を抑えられるとしている。 バッテン自身は知らなかったが、ザワークラウトにはある程度(100g中10mgほど)、スグリには大量(同50ないし65mg)にビタミンCが含まれていた。 前述のように船医のペリーの証言に基づく。 なお、現在の観点で言うと麦芽汁はビタミンBが豊富にあるので脚気予防には有効だがビタミンCはほとんどないということが分かっている• クック自身も「高価すぎて多量に積めず単独ではなく補助用に使う」と述べている• このため後の歴史学者ジェームズ・ワットは仮の話であってもクックが麦芽汁を保証したことは「重大な過失」と評価している• 個々の艦に乗り組む、雑多な経歴の船医より格上。 名門貴族に生まれたブレーンは、名門のに学んだ当時のエリート医師であった。 もともと船医ではなかったが、西インド諸島艦隊司令長官の提督から個人的に依頼されて、近代海軍の「艦隊軍医長」に相当する職務に就いたもの。 当時ブレーンが調べたところ1年間で1万2019人中、壊血病以外も入れて病気で1518人死亡し、これは軍艦3隻分の乗員であった。 」というもの、重要なところは「病気になったら取らせる」ではなく「毎日とらせて予防」させたところにある。 このため19世紀初頭になるとイギリス海軍でのレモン消費量が年間5万ガロン(約1万1000リットル)になった。 保存法も果汁はを塗った樽に固く栓をして密閉し、レモンそのものは塩に漬け紙でくるんで軽い木枠に貯蔵したり、海水やオリーブ油に漬け、船の上で絞って酒に入れるようになった。 これにより完全ではないが壊血病を食い止める程度のビタミンCを残せるようになった。 出典 [ ]• 日本血栓止血学会• ヘレナ・アトレー『柑橘類と文明 マフィアを生んだシチリアレモンから、ノーベル賞をとった壊血病薬まで』、2015年、101頁。 参考文献 [ ]• スティーブン・R・バウン『壊血病-医学の謎に挑んだ男たち』小林雅子訳、株式会社、2014年。 石神昭人『ビタミンCの事典』株式会社 、2011年。 ヘレナ・アトレー『柑橘類と文明 マフィアを産んだシチリアレモンから、ノーベル賞を取った壊血病薬まで』三木直子訳、株式会社、2015年。 関連項目 [ ]• (こちらはの欠乏症) 外部リンク [ ]• - MSDマニュアル プロフェッショナル版.

次の