ネイキッド アトラクション 動画。 ネイキッドアトラクション

ディズニーのアトラクション内で写真動画撮影は可能?自撮り棒の使用はNG!

ネイキッド アトラクション 動画

Naked Attractionとは? Naked Attactionとは、イギリスで2016年に始まった一般の男女が出演するマッチングデート番組で、従来のそれと大きく異なるのはタイトルどおり男女とも「オールヌード 下着なし 」で挑むこと。 相手を探す男女一人に対して、候補者6人が裸でブースに並び、まずは足下からウエストまでを見せる形で登場します。 そこで好みでない人は一人脱落。 次にウエスト~首まで、最後に顔を見せますが、そのたびに好みでなかった人が一人づつ脱落してきます。 顔が出る場面では、初めて選ぶ側もヌードになります。 そして最終候補に残った2人からデートする相手をピックアップするという仕組み。 2人は後に改めて服を着てデートを決行するわけですが、今後2人がうまくいくかどうかはケースバイケース。 それにしても「イギリスの放送業界はいったいどうなってんの?」と驚くばかりの明け透けさです。 しかし選ぶ側も選ばれる側も「記念になった」「吹っ切れた」と楽しんでいる様子が笑いを誘い、放送事故だのクレームだのとあれこれ規制の多い日本と比べ随分と感覚の違いを感じます。 障害を持った方や整形女子、トランスジェンダーまで 中でも驚くのは障害を持ち車椅子に乗った方やトランスジェンダーで工事中 つまり両性具有 の方、さまざまなシェイプを持った人たちが「私の身体を見てくれ」と言わんばかりに堂々と登場されること。 女性側も「私の胸はインプラントよ」などと、コンプレックスや事実をオープンにしているのにも好感が持てます。 その方たちの心情や生理的機能の有無なども隠すことなく語られますが、衝撃的な内容ですので、中には「気分が悪い」「下品でばかげている」などの感想を持つ視聴者もいます。 しかし、違った見方をすればこうして明るく全てを見せることで「人間みんな同じじゃないの」「人生は楽しまなくちゃ」とモヤモヤした気持ちを吹き飛ばす爽快さもあるのが人気の理由なのかもしれません。

次の

【まず全裸】イギリスのデート番組がヤバイ「最初に6人のブツだけを見せられ1人を除外する」 (2016年8月1日)

ネイキッド アトラクション 動画

もし君が誰かを「セックスをしてもいい」と思えるほど好きになって、その相手が君に対して優しかったとする…それでもペニスのサイズで相手への思いが変わるのか? 自分のペニスが恥ずかしい 「 僕のペニスの大きさは平常時で約 2. 5cm。 勃起している状態でも7cm 弱しかない。 それにすごく細い。 縮んでる状態の時は、平たいレーズンがくっついたような感じって言えば分かりやすいかな。 勃起してる状態を説明するとしたら、まるで子供用ソーセージを2 本くっつけたような様子と言えば伝わるかと思う。 各種の調査によれば、 は平常時で7cm ~10cm 、勃起した状態で12cm ~16cm なんだとか。 つまり僕のは勃起した状態でさえ、平均的なアメリカ人のペニスがしぼんだ状態より小さいんだってこと。 僕は自分の小さなペニスがものすごく恥ずかしい。 そしてその最大の理由は、女性が僕の小さなペニスに対して投げかける言葉なんだ。 僕の経験からくる話にすぎないけど、でも女性たちが男性のペニスの大きさを笑い話にしているのを聞いたし、その度に落ち込む。 ある時なんか、僕の同僚の女性が『アソコの小さい男には"警告:極小ペニス"って標識をつけさせるべきよ、女性のために』って話していて、女性たち全員が同意してるのを聞いてしまった」 唯一の経験はトラウマに 「 出ているらしい。 僕は35 歳だけど、セックスは1 回しかしていないんだ(自分でそういう選択をしたんだけど)。 そしてそれは『恥ずかしかった』としか言いようのない経験だった。 あれは12 年以上も前、大学生だった頃にとても魅力的な大学の同級生と。 僕が服を脱いだ瞬間、彼女は僕の股間を凝視し、そして笑いだしたんだ。 口に手を当てたまま『大丈夫』と繰り返していたけど、彼女は明らかに引いていた。 そしていざしようすると、まずコンドームがスルスル滑り落ちてしまう。 それよりも悲しいのは、挿入しようとしても小さすぎて滑り落ちてしまう。 そしてかろうじて挿入している間も、彼女は繰り返し『入ってる?』って聞いてくる。 それを聞くたびに死にたいような気分になった。 彼女が何にも感じていないのは、明らかだった。 オーラルセックスを試して、僕なりにベストを尽くしたつもりさ。 だけどなんとなくうまく行きかけたかな、と思った時に彼女が突然ムッとしたように立ち上がって、水を飲みに行ってしまった。 それで全ておしまい。 彼女がいかにがっかりしたか、フラストレーションがたまったか 、想像する以外にすべがない。 彼女にとってもひどい経験だったに違いないんだ。 でも、悲劇はそれで終わりじゃない。 今思うとなんであんなことをしたのかわからないんだけど、その数日後に僕はまたやらかした。 2 マイル(3 キロ)歩いて彼女のアパートに行き、ミントチョコを置いてきたんだ。 それは彼女の親切さに対する感謝と謝罪の気持ちのつもりだった。 なんて惨めなんだろう。 一体何を考えてたんだろう。 チョコレートくらいで彼女の機嫌が直るとでも思ったんだろうか。 彼女が欲してたのはそんなものじゃなかったはずだ」 メディアにも追い打ちをかけられ… 「 個人的な経験だけじゃなく、メディアも僕に追い打ちをかけた。 イギリスの<チャンネル4 >という局が放送した『ネイキッド・アトラクション』という番組は、美しい女性の前に文字通り男たちが素っ裸で現れて、肉体的魅力を競うというもの。 司会者が参加者の美人に『ペニスのサイズは気になる?』と聞くと彼女は『ええ。 私は以前、私をお姫様のように扱ってくれる男性に出会ったんだけど、でもいざその時になったらペニスが小さいことが判明して…』と答えたんだ。 小さいペニスを持つ者にとって、これ以上きつい言葉はなかった。 自分が無価値に思えたし、彼女が話した『ペニスの小さい男』が今どう感じているのか考えただけでいたたまれなかった。 彼女は正直なだけなんだ、でもこの言葉ではっきりしたことがある。 "僕らは君にふさわしくない"。 メディアの"女性の体に対する反応"と"男の体に対する反応"には大きな落差がある。 ドナルド・トランプが女の容姿について語ると炎上した。 彼の性差別の言葉はリストアップされ、動画は拡散されまくった。 でも小さいペニスのついた彼の裸の像がNY で公共の場に展示された時、 で、結局単なる風刺扱いされて終わりだった。 彼に容姿を揶揄された女性セレブを擁護する人たちは大勢いた。 でも誰が小さいペニスを擁護した?」 ペニスのサイズで相手への想いが変わる? 「何百という記事を読み、掲示板をのぞき、動画を鑑賞し、何百という女性とオンライン上で話した僕の経験上言えることは、 ほとんどの女性はペニスの小さい男とのセックスを望んでいないっていうこと。 それが一般論だ、っていう事実を受け入れないことには、僕たちもその露骨な差別に対抗することは出来ないだろう。 僕は問いたい、もし君が誰かを『セックスしてもいい』と思えるほど好きになって、その相手が君に対して優しかったとする…それでも ペニスのサイズで相手への思いが変わるのか? 僕がこの先どんな恋愛をするつもりなのかと聞かれると、見当もつかないね。 今は記事の執筆や他の趣味に没頭してる。 恋愛のことを考えたとたんに気持ちが落ち込むし、密かに鬱や心理的不安に悩まされ始めてるんだ。 愛を求めることで、今よりもっと傷付けられ恥をかかされる必要はないと思ってる。 そりゃフラれることは誰にでもある…でもここまでひどい理由でフラれることはそうないはずだ。 ペニスの小さい男が平等に扱われないってことを、僕たちはわかってる。 わざわざ繰り返し言われる必要もない。 だけど、僕が女性を好きになったら、彼女のパンツの中身なんて問題にしない、気になるのは彼女の心の中なんだから。 でも、みんなは僕の"ペニスのサイズ"を問題にするし、それが僕の自信を全て奪い去ってるんだ。 Translation:.

次の

ザ ネイキッド/THE NAKEDの全裸サバイバルが問題作すぎ!!

ネイキッド アトラクション 動画

「ネイキッドアトラクション」という恋愛バラエティー番組がYouTubeに動画投稿されている。 相手の裸を見て、デートの相手を決めるという番組で、YouTubeに無修正で動画が公開されている。 チンコやおっぱいがモロに出ている。 動画が削除される可能性があるので、見たことがない方は早く見て欲しい。 動画が投稿されているYouTubeチャンネル名はこちらです。 で「Naked Attraction」と検索すると出てきます。 「ネイキッドアトラクション」という恋愛バラエティー番組を見た感想 自分自身は普段からハプニングバーに通っているので、異性や同性の裸は見慣れているから衝撃は普通の人よりは少ない。 この番組を普通の人が見たら、びっくりすると思う。 6人の異性の中から、身体的な特徴を見てデート相手を選ばないといけない。 選ぶ項目はこのようになります。 以下の順番で脱落者を選んでいかないといけません。 性器、お尻• 少しの会話 最初の人は性器とお尻だけを見て、脱落する人を選ばないといけない。 体型も似ている人が6人いると、本当に選びづらい。 性器とお尻しか見れないので、顔が美人だったりイケメンの可能性がある。 顔が意外と美人で、悔しがっている人もいました。 イギリスでは夜9時以降はモザイクなしで、性器やおっぱいを放送しても良いので、モザイクなしで色んな人の性器が見れるのがとにかく凄い。 人によって形って違うんだなぁということがわかる。 まじまじと相手の性器を見たりしないので、新たな発見があると思う。 本当に見ていない人はYouTubeで見て欲しい。 デートをする異性を選んで、最後に服を着てデートをする。 それで番組が終わるという一連の流れが現実離れしていてなんとも言えない。 全編英語での放送で、英語がわからない人には何を言っているのかわからない場面も多いけど、何となく理解はできると思うので、楽しめると思います。 放送回によってはバイセクシャルの人も出ていて、6人の人の候補者の中に男女が一緒に混ざっていることもあります。 そういうところでも日本のテレビ番組とは違うなぁということを感じました。 イギリスでは好評な番組で、何シーズンにも渡って放送されています。 1回きりの特番ではありません。 まとめ 全裸から始まる恋愛というのもあっても良いなぁとは思いました。 相手の学歴や職業を見て、彼氏彼女や結婚相手を決めるよりも、本能で決めるので、関係が上手くいきそうな感じがします。 また素人がテレビに全裸で出ていることにも驚きました。 出演料ってどれくらいもらえるのだろうか? 裸をテレビで晒しても、そんなにもらえないと思いますが・・・。 あと日本のテレビの規制は厳しすぎると思いました。 今だとスマホがあれば、エロ画像や動画なんてものは見れるのだから、必要以上に規制する必要はないのではないかと思います。 テレビで止めたところで簡単に見れてしまうのだから、規制する必要はないと思う。 「ネイキッドアトラクション」を見ることで、自分の中に衝撃が走ります。 色んな感想が出てくると思うので、絶対に見た方が良いです。 このブログを読んだ人は、削除される前にいますぐ、見て欲しいです。 YouTubeで「Naked Attraction」と検索して下さい。 多くの人に見てもらいたいので、良かったら記事をリツイートして下さい。

次の