剣盾 ギガドレイン。 ポケモン剣盾RTA わたあめチャート シールド版:りんごのブロマガ

【ポケモン剣盾】キュウチェリドラパルト【ダブルバトル】

剣盾 ギガドレイン

Contents• はじめに みなさんはじめまして。 今回は剣盾ダブルバトルでのチェリムを軸とした構築を紹介します。 みなさん、チェリムというポケモンはご存知でしょうか? このポケモンの専用特性「フラワーギフト」は晴れ下で味方全体の攻撃と特防を1. 5倍にするという非常に強力な特性となっています。 そんなポケモンを使った構築を紹介します。 ) 構築の経緯 チェリムを軸とするため晴れを展開できる キュウコン。 エースポケモンとして物理型 ドラパルト。 特殊アタッカー兼トリックルーム構築メタおよびトリックルーム要因の シャンデラを採用。 トリックルームと相性がよく構築的に思いバンギラスに強めな ドサイドン。 威嚇によるサポートと格闘打点を持ち、ねこだましを使用できる ズルズキンを採用し構築が完成しました。 この構築では単体性能重視のやどまもチェリムを採用しました。 技構成は一致技の ギガドレイン、天候を晴れにする にほんばれ、居座り性能を上げる まもる、まもると相性が良く詰め筋の一つして使える やどりぎのたねを採用しました。 チェリムの居座り性能を上げるまもるとやどりぎのたねとの相性がとてもよく、チェリム単体としての性能が高い型となっています。 火力がなく、なめられがちですが、特殊ポケモンであればやどりぎまもるで倒すことができます。 実際にジュラルドン、ミロカロス、いたみわけサマヨール等数々のポケモンとのタイマンを制しました。 PPは増やしておきましょう(戒め)。 ギャラドスもダイマックスさえされなけばまもるがあるためとびはねるを拒否でき、5分以上の勝負ができます。 耐久に関してですが、特防特化のこの型であればトゲキッスの晴れ下のダイバーンですら耐えることがありました。 特殊方面に関しては本当に堅いです。 またチェリムの話ではないですが、本構築ではドサイドンやドラパルトといったエースポケモンにまもるを採用しています。 これはエースがまもる(ダイウォール)ことによってエースを無視できない盤面を1ターンでも長くしてチェリムの行動回数を稼ぐ動きがとても強力だからです。 エースポケモン+チェリムといった盤面ではエースのポケモンが狙われやすいためエース:まもる、チェリム:やどりぎのたねといった動きがとても決まりやすかったです。 チェリム入りの選出ではダイマックスでアドをとりつつどのポケモンを残してチェリムで詰めるかを考えながら立ち回るのもとても重要です。 ギガドレインに関してですが、ドラパルトのダイジェットで加速していくこの構築では攻撃できる型のほうが使いやすい印象でした。 また意外と抜群をとることができるので火力をだせることもありました。 フレンドガードピッピ等いろいろなサポートポケモンがいますが、サポートポケモンとして一致草技を放てることは差別化要素の一つだと思います。 このポケモンは使えば使うほど強さを実感でき、スタン系チェリム構築ではこの型はとてもおススメしたいです。 実際にヒヒダルマと対面したことは少なかったですが、対面したときはきっちりと仕事をしてくれました。 こだわりスカーフをもったキュウコンはいつもより1回分多く行動ができるような感覚があり、とてもつかいやすかったです。 とくにダイジェット後のポケモンに一度行動できるのはよかったところだと思います。 中速ポケモンであれば相手が追い風をしていようとも上から行動できたりします。 読まれにくかったためか、アドを取ることが多かったです。 キュウコンはこうげきととくこうで同程度の種族値をもっていますがチェリムやドラパルトのダイホロウとのシナジー、 スカーフ型で高火力技を連打できる点から物理型を採用しました。 技構成は フレアドライブ、 イカサマ、物理ポケモンに打つ おにび、状態異常対策の しんぴのまもりを採用しましたが、 ほどんどフレアドライブしか打ちませんでした。 臆病CS型で採用した理由はシーズン3ではHCベースのシャンデラが体感多いと感じたこと、ふういん採用型なので相手のシャンデラより先に行動し封殺することができるためです。 ふういん自体はトリックルームパーティにも有効です。 サイドチェンジも一考ではあるのですが、素早いポケモンが多いこの構築ではトリックルームをふういんできることを重要視しました。 この構築の臆病シャンデラは読まれにくかったためか、トゲキッスやバンギラスの上から行動し、相手の想定を狂わせることが多かったです。 またゴーストタイプなのでねこだましを気にしなくてもよく、とても扱いやすかったです。 素早さ操作に乏しいこのパーティではシャンデラを構築に入れることが重要で、 エルフーン入りの構築にはドラパルトのダイジェットと組み合わせればトリックルームor攻撃の択ゲーをしかけて勝負することができるので意外と戦えることができました。 トリックルーム+ドサイドンの展開もできますがシャンデラが素早い型となっいるため積極的に狙うべきではないと考えます。 火力についてですが、このポケモンの晴れねっぷうは非常に強力です。 相手をごっそり削ることができます。 過去作をプレイしたことがあるプレイヤーであらばわかると思いますが晴れ下のこのポケモンの火力は実質メガリザードンYです。 そう思うとこのポケモンの火力の高さを認識しやすいかなと思います。 僕個人の所感ですが、晴れとの相性よさや素早さ操作技、 対トリックルーム構築性能まで考えるとシーズン3までのプールできあいのタスキシャンデラはキュウコン+チェリム構築では外せないポケモンであったと思うくらい評価が高かったです。 キュウコンチェリムを使う際にはぜひご一考いただきたいポケモンです。 最速にすることでスカーフウオノラゴンやバタフリーの上をとることができるので最速にしています。 技構成はタイプ一致技の ドラゴンアロー、 ゴーストダイブ、ダイジェット用の アクロバット、 まもるで完結していると思います。 チェリムと相性が良いダイバーン用炎技を仕込むよりはエースとしての性能を意識しました。 実際構築内で炎打点は足りているので必要ないと考えます。 構築的にSを伸ばしたポケモンが多くトリックルーム+ドサイドンの展開よりはこのポケモンで勝負することが多かったです。 アクロバットに関してはダイマックス後に素早くフェアリータイプのポケモンを攻撃することができるため便利でした。 晴れ下のチェリムと並んだこのポケモンの火力はすさまじく、1撃でダイマックスリザードンをほぼ瀕死に持っていけるほどです。 ダイマックスインテレオンはほぼ一撃です。 チェリムと並ぶことで特殊耐久が確保され、抜群をつかれてもしっかりと耐えることができます。 耐久が増えたドラパルトはダイジェットを打つ余裕ができるためダイマックスターンを3ターン消費できることが多かったです。 1加速ドラパルトは砂下のドリュウズより早いため、上から攻撃をしかけることができます。 おいかぜがないこの構築ではありますが、素早さ優勢を相手にとり続けられるわけではなかったです。 晴れ軸のパーティの天敵は水タイプではなく炎タイプなことが多いです。 実際にウインディやリザードンといったポケモンはとても選出されました。 それらのポケモンに強いこのドラパルトはキュウコンチェリム軸のエースとして非常に頼もしかったです。 前述したとおり炎技が半減、優秀な素早さ、威嚇耐性と欲しいものがすべて揃っているため、頭一つ抜けた性能を持っていると個人的には考えます。 エースポケモン候補としては炎技耐性があり一致ダイジェットの打てるギャラドスや威嚇耐性のあるウォーグル等も候補かなと思います。 耐久調整に関してはよくみるADベースでもよいのですが、ダイアースのDバフやチェリムが特殊耐久を強化してくれるので、少し物理方面の耐久も伸ばしてあります。 ダイマックスドリュウズの珠ダイスチルをほぼ耐えくらいの調整です。 この構築で重いバンギラスが採用された構築には選出することが多かったです。 晴れであれば水タイプとも打ち合うことができるのが非常に心強かったです。 トリックルーム構築ではないですが、シャンデラでトリックルーム展開も行うことできるのでその展開も強力でした。 アイアンヘッドはダイスチルによる味方の強化を重視して採用しました。 しかし眠り耐性用のかみなりパンチも一考かなと思っています。 確実にトリックルームを決めたいときにはシャンデラズルズキンと選出してねこだましトリックルームから展開しドサイドンにつなげる動きも強力です。 技構成はねこだまし、インファイト、じごくづき、飛行タイプへの打点となるかみなりパンチを採用しました。 努力値を攻撃に振っているのはねこだまし後にこのポケモンが置物にならないようにするためです。 攻撃に振り切ってもドラパルトを確定で落とせるわけではないほどに火力は乏しいので注意が必要です。 カポエラーも試してみたのですが、対格闘性能よりはねこだまし要因として選出したときにゴーストタイプやエスパータイプに打点があることのほうが安心感がありズルズキンを採用しました。 このポケモンの枠はこの構築で厳しいバンギラスドリュウズ構築に強いポケモンがおススメで、 水ロトムやカポエラーやローブシンなども検討の余地ありだと考えています。 もちろんキュウコンがそのまま攻撃しても強いです。 ヤミラミやオーロンゲ入りの構築ではキュウコンがしんぴのまもり+ドラパルト守る(ダイウォール)スタートするのもありです。 基本選出その2 キュウコン+シャンデラ 裏:エースポケモン+チェリム キュウコンシャンデラで削りをいれてからエース+チェリムを展開する選出です。 相手に天候変化ギミックがなく炎技の通りがよい場合にはとても強力です。 シャンデラの晴れねっぷうとキュウコンのフレアドライブで圧力をかけていきましょう。 トリックルーム対策に薄いパーティはシャンデラ方向に攻撃を重ねることがおおく、ダイジェットポケモンにもキュウコンが2回上から行動できたりするのが非常に強かった印象です。 VSエルフーン軸(例エルフーン+ジュラルドン) ドラパルト:ダイジェット+シャンデラ:ねっぷうorシャドーボール トリックルームからのドサイドンの展開をケアするため相手がシャンデラに対して両攻撃を選択することを逆手にとった動きです。 初手からリスキーな択ではありますが決まれば強力な動きです。 素直にトリックルームをするのも強いです。 いたずらこころ挑発+トリックルームをしてきそうな並び(ヤミラミ+ブリムオン等)では強気に攻撃することも重要です。 ねこだましをもつトリル要因のゴチルゼル+バタフリーの並びならばズルズキン+シャンデラと出したりもします。 改善点としてはバンドリとの勝率をいかにして上げるかというところだと思います。 たとえば構築にトリックルーム要素も追加したいと考えたとします。 このように構築としてトリックルームを行いたいとなった場合にトリックルーム要因として有名なサマヨールやヤレユータンよりもシャンデラを採用することで構築としてトリックルーム展開のパターンができてかつパワーを落とさないということができます。 チェリム構築を組む際の参考にしていただければと思います。 あくまでも参考程度にしていただければと思います。 Special thanks!! この構築を組むうえでとても参考になったチャンネルです。 キュウコンチェリムドラパルトドサイドンのアイディアややどりぎ型のチェリムをおススメしていただきました。 youtube.

次の

ポケモン剣盾RTA わたあめチャート シールド版:りんごのブロマガ

剣盾 ギガドレイン

オニシズクモの育成論 オニシズクモの育成論はこのようになります。 性格:いじっぱり or ゆうかん or ひかえめ or れいせい• 特性:すいほう• 持ち物:こだわりハチマキ、こだわりメガネ、しんぴのしずくのみなど• 努力値:HA252 B4 or HC252 B4• 実数値:• 175-134-113- -152-(物理)• 175- -113-112-152-(特殊)• 攻撃面のステータスを伸ばせば伸ばすほど、その恩恵は大きく得られることとなるので、サポート主体の型でない限り火力の上がる性格を選ぶこととなるでしょう。 オニシズクモの種族値を見ると物理で運用したいポケモンですが、『れいとうビーム』や『ギガドレイン』を採用したいケース、ダブルバトルで全体技の波乗りを採用したいケースでは、特殊で運用するのも悪くありません。 特性はすいほう一択! オニシズクモの専用特性である『すいほう』は水タイプの技の威力が2倍になる強力な特性です。 また、炎タイプのダメージを半減する効果、物理アタッカーには嬉しい『やけど』状態にならない効果も含まれている素晴らしい特性となっています。 オニシズクモの夢特性は『ちょすい』となっていますが、『すいほう』を差し置いて採用する価値はないでしょう。 持ち物はこだわりハチマキやこだわりメガネがおすすめ! オニシズクモは水技だけ撃っていれば強いポケモンなので、こだわり系と相性が良いです。 こだわり系の道具はダイマックスすると効力を失ってしまいますが、水技以外は使いにくいオニシズクモをダイマックスさせる展開は多くないでしょうし、ダイマックスさせずに高い火力を発揮できる『こだわりハチマキ』や『こだわりメガネ』がおすすめとなります。 『ねばねばネット』や『こごえるかぜ』などサポーターとしても運用したいケースでは、『オボンのみ』や『しんぴのしずく』も候補となります。 努力値はHA(HC)極振りでOK! オニシズクモは『すいほう』での火力アップの恩恵を大きくするため、火力面に極振りをするのはほぼ確定になります。 また、オニシズクモはHPの割にBDが高いポケモンであるため、耐久面はHPに振り切るのが理想的です。 HPに252振ると、ちょうど「16n-1」である『175』という値になるのも美しいですね! シングルであれば、必要に応じて素早さに振るのもいいでしょう。 S44振り(実数値『68』)で無振りカバルドンを抜くことが可能です。 おすすめの技 オニシズクモのおすすめの技を紹介します。 アクアブレイク、たきのぼり オニシズクモを物理で採用するのであれば、水技は『アクアブレイク』と『たきのぼり』の2択になります。 トリル運用であれば怯みを狙える『たきのぼり』を採用するのも良いですが、そうでなければ威力が高い『アクアブレイク』のほうが便利かと思います。 ねっとう、なみのり、ハイドロポンプ オニシズクモを特殊で採用するのであれば、水技は『ねっとう』『なみのり』『ハイドロポンプ』の3択になります。 シングルでは追加効果よりも威力が欲しいので、『ねっとう』よりも『なみのり』が優先されるでしょう。 とびかかる、きゅうけつ、むしくい、むしのさざめき 水技以外は威力が出ないとはいえ、一致で撃て水の通りにくい草タイプに弱点をつける虫技も、『れいとうビーム』を覚えない物理型であれば採用したいところです。 虫技は追加効果も強力なものが多いため、好みで選ぶと良いでしょう。 特殊型でも、サザンドラやルンパッパを意識する場合は虫技を採用すると良いでしょう。 れいとうビーム 特殊型であれば、水の通りにくい草やドラゴンタイプに弱点をつける『れいとうビーム』は採用したいところです。 かみくだく ブルンゲルやドラパルトに! ギガドレイン トリトドンやヌオー、ガマゲロゲに! ミラーコート ロトムやラプラスなど、苦手な相手を無理やり突破できるようになる技です。 こだわり系と相性が悪いのがネック。 ねばねばネット 使用後、相手の交代で出てきたポケモン(飛行タイプ、浮遊を除く)の素早さを1段階下げる効果があります。 こだわり系と相性が悪く、火力の出せるオニシズクモで撒く必要性があるかは疑問が残りますが、強力な技なので候補としています。 オニシズクモの対策 オニシズクモは水技以外の火力は期待できないため、比較的対策はしやすいポケモンです。 水耐性のある物理アタッカーを採用する オニシズクモの特防は無振りでも152ととても高いですが、防御は4振りで113と平均的な値であり、HPの高くないオニシズクモは水耐性のある物理アタッカーにほぼ勝つことができません。 物理アタッカーであれば『ミラーコート』を警戒する必要もなく、有利に戦えることでしょう。 まとめ オニシズクモは『すいほう』の特性で水タイプの技を2倍の威力で撃つことができるポケモンです。 水技以外の技では火力が出せないので、水耐性を持ったポケモンを採用するのが良い対策と言えるでしょう。

次の

【ポケモン剣盾】アギルダー(チョボマキ)入手方法【ポケモンソードシールド】

剣盾 ギガドレイン

ブリムオンの特徴 ブリムオンの長所 特攻値が非常に高い ブリムオンは特攻値が136で、ガラル地方で6番目に特攻値が高いポケモンになります。 マジカルフレイム、ギガドレイン、シャドーボールなど他タイプの優秀な特殊技も覚えるので多くのポケモンを相手にできます。 そこそこ高いA種族値90 ブリムオンのA種族値は90あり、物理攻撃もそれなりにこなせます、わざレコードなどで『パワーウィップ』など習得できるため、A極振りで奇襲も狙えます。 自己解決できるトリル使い また従来のトリル使いと比較し、特性『マジックミラー』の効果によりちょうはつを受けずに安定してトリルを打てます。 サポートわざも豊富なため、サポーターとしても立ち回ることが可能です。 ブリムオンの短所 HPが低い Lv. 50時HV努力値無振りの状態で132はお世辞にも高いとは言えません。 相手が効果力のわざを出すと一発で沈められる可能性は十分にあります。 トリルを活かすには隠れ特性必須 トリル発動を自己解決できるのが大きな強みですが、マジックミラーが隠れ特性の為かダイマックスレイドバトルで隠れ特性を獲得しての孵化厳選が必要になります。 ブリムオンは素早さ種族値が29しかなく、11番目に遅いポケモンなので素早さ値が低い方が先手で動けるトリックルームと相性が良いです。 しかし、耐久面が心配なので確実にトリックルームを打てるようにきあいのタスキを採用しています。 また、特性「マジックミラー」であくびやねばねばネット、さいみんじゅつといった厄介な補助技をはね返せるので交代出しや牽制も可能なのが魅力的です。 トリル起動、特殊アタッカー、補助技対策など1体で様々な役割をこなせる便利な型と言えます。 技構成.

次の