ツイート 全 消し する 方法。 ツイートを全消し・選択削除できる方法!ツイ消ししたいTwitterユーザー必見

削除したツイートは復活できる?削除されたツイートを確認する方法をご紹介

ツイート 全 消し する 方法

上のリンクからアクセスをして下さい。 「ツイッター認証」をクリックして、 「連携アプリを認証」すればツールを使える様になります。 どんな条件が指定できる? 可能な条件指定に関しては上の通り。 指定の仕方によって様々なパターンの削除が可能です。 この手のツールとして黒歴史クリーナーが有名ですが、このツールでも可能です。 過去の黒歴史は画像で残して置く事が一番危険です。 また、やましいことがない人は画像だけを残したいと言う事もあるでしょう。 使い方は自由です。 ツイッターをメモ帳代わりに「メモ。 過去にした汚い言葉のツイートを指定して削除する事も出来ます。 「話題になったツイートだけは残したい」などの場合に有効です。 例えば「0回以下」とすれば、いいねのつかなかったツイートだけを削除する事が可能です。 条件を指定したら・・ 上の条件を指定したら、 「削除対象のツイート件数を取得」を選択します。 この段階では「何ツイート削除する事になるのか」を計算するだけで、実際の削除はされません。 削除するツイート件数を取得したら、 「削除する」を選択しましょう。 以上の手順で、様々な条件を指定してツイートを一括削除する事が可能となります。

次の

『Twitter』ツイートの削除方法・複数投稿を一括で消す方法 注意点【2019版】

ツイート 全 消し する 方法

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる? Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。 過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。 ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。 それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。 黒歴史クリーナー 「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。 削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。 具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。 簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。 Tweet Deleter 「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。 自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。 また、日付を指定しての削除も可能です。 有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。 常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。 ツイートの一括削除ツール! 「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。 指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ツイートを全削除する場合の注意点 ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。 ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。 注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。 一度削除すると復元できない ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。 ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。 ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 ケース別でご説明します。 更新されない場合 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。• キャッシュ キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。 削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。• RSS RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。 フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。 削除後はアプリ連携を削除する ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。 可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。 ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。 選択削除も可能 ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。 先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 削除できない場合の対応 ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。 キャッシュを削除する• Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。 便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。 ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 ツイートはツールを使って全削除しましょう ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。 ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。 また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

次の

ツイートを全消し・選択削除できる方法!ツイ消ししたいTwitterユーザー必見

ツイート 全 消し する 方法

1.Twitterアカウントの消し方(退会方法) 1-1. スマホアプリから退会する方法 プロフィールアイコンをタップしてメニューを表示させたら、 [設定とプライバシー ] をタップします。 その中の [アカウント ] をタップして一番下までスクロールすると [アカウントを削除する ] という所があるので、そこをタップします。 アカウント削除情報などが書かれているページが出てきますので、それを確認していくと、一番下に改めて [アカウントを削除する ] と出てくるので、そこをタップします。 すると、パスワードを入力画面が出てくるので、削除したいアカウントのパスワードを入力して、 [アカウントの削除 ] をタップします。 削除するけどホントにいい?的な最後の確認が出てくるので [削除する ] をタップしてアカウント削除を確定します。 「アカウントが削除されました」という画面が出てきたらアカウントの削除は成功です。 アカウント名をTwitterで検索しても、もう出てこなくなります。 1-2. パソコン(公式サイト)から退会する方法 右上にある自分のアイコンをクリックして、メニューの中から [設定とプライバシー ] をクリックします。 出てきたページの一番下に [アカウントを削除する ] という文字があるので、そこをクリックします。 アカウントが削除情報が表示されるので確認したら、 [退会する ] をクリックします。 アカウントが削除情報が表示されるので確認したら、 [退会する ] をクリックします。 「アカウントが削除されました」というこの画面が出てくればアカウントの削除は成功です。 1-3. 退会後 30日以内にログインすると復活 アカウントを削除して退会手続きをしても、 退会後30日以内に公式ページや公式のアプリからTwitterにログインを行うとそのアカウントは復活します。 なので、間違えて他のアカウントを消してしまったり、消したけどやっぱり忘れられない!もう一度やり直したいの!!という方は 30日以内にログインを行ってください。 それを過ぎるとアカウントを復活させることはできません。 ツイートの消し方 2-1. スマホアプリから削除する方法 このツイートを消します。 削除するツイートの右上にある Vアイコンをタップすると、メニューが表示されますので、 [ツイート削除 ]をタップします。 このツイートを削除しますか?と聞かれるので [はい ] をタップして確定します。 このツイートを削除しますか?と聞かれるので [はい ] をタップして確定します。 2-2. パソコン(公式サイト)から削除する方法 このツイートを消します。 本当に削除する?とスマホアプリより強い口調で確認されますが、ひるまずに[削除]をクリック。 削除されました。 2-3. 念のためツイートのバックアップを取っておけば安心 Twitterは 今までにツイートした全ての履歴をダウンロードする事が出来ます。 ネット上からは消したいツイートですが、日記代わりの思い出でもありますよね。 後々確認したい事も出てくるかもしれませんから、全部消去する前に保存しておきましょう。 スマホの場合 下の方にある [Twitterデータ ] をタップします。 [ Twitterデータをダウンロード]の下に「入手するにはパスワードを入力してください」と出てくるので、ログインパスワードを入力します。 入力したら[確認]のボタンをタップ。 [Twitter] の隣にある [データをリクエスト ] をタップします。 [データを取得中]という表示に変わったら、少し待ちましょう。 ダウンロードの準備ができるとプッシュ通知で通知があり、そのアカウント登録に使ったメールアドレスにメールが届きます。 準備できました!というメールが来るので、 Twitterアカウントにログインした状態で、メール内の [ダウンロード ] ボタンをタップします。 するとダウンロードページが開くので[データをダウンロード]をタップします。 ファイルがダウンロードされますという表示が出てくるので[はじめる]をタップ。 履歴の zipファイルがダウンロードされます。 保存したらこれで履歴のダウンロードは完了です。 パソコン(公式サイト)の場合 ページ右上のプロフィールアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューから [設定とプライバシー ] を選択します。 ページ下部にある [全ツイート履歴をリクエストする ] ボタンをクリックします。 リクエストを受け付けました、と表示されるので、閉じて、メールが送られて売るのを待ちましょう。 Twitter登録をしたメールアドレスに、ダウンロードの準備ができたよ!とメールが来ますので、 Twitterアカウントにログインした状態で、そのメールにある[ダウンロードする]のボタンをクリックします。 すると、ツイート履歴をダウンロードするページが開きますので、[ダウンロード]ボタンをクリックし、ツイート履歴の. zipファイルをダウンロードします。 これで履歴のダウンロードは完了! zipファイルを解凍すると、こういった 過去のツイート履歴が見られます。 過去ツイートの一括削除は外部ツールで 実は、 Twitter公式には、過去のツイートを一括で削除するという機能はありません。 地道にツイートをひとつひとつ削除するしかないのです。 なので、過去ツイートを消したい場合はアカウントを削除してしまうのが一番手っ取り早いと言えます。 しかし、アカウントはそのままでフォロワーなども残しておきたい、けど過去ツイは消したい!という方ももちろんいますよね。 そんな時は 外部のツールを利用すれば、過去に勢いでしてしまったツイートも一括での削除が可能です。 ここからは一括削除ができる便利なツールをいくつかご紹介します。 3-1. 削除の条件を細かく検索「ツイートの一括削除ツール!」 画像のあるなしや、文字列、リツイート数など、様々な条件を検索して一括で削除できるすぐれもの。 検索の結果ひっかかったツイートの数を出してくれるので、そのあたりも分かりやすい。 ただ、 個別にツイートをチェックすることはできないのでそこは注意が必要。 3-2. とにかくガッツリ消したい人に「黒歴史クリーナー」 ネーミングにクスッとしてしまうツイート削除ツール。 日付や、リプライ、いいねされたツイートなどの仕分けはできるものの、細かいことはいいからもうとにかく消してという人向け。 なんてったって 3200ツイートが一挙に消せちゃうんですから。 3-3. 削除するツイートをひとつひとつ選定できる「 Twitools」 今までのツイートが表示されるので、 ひとつひとつ確認しながらチェックを入れ、バスンと消すことができるのがこちらのツール。 消したいツイートもあるけれど、消したくないツイートもそこそこある人向け。 3-4. 日本語未対応だけど超優秀「 Tweeteraser」 ツイートひとつひとつを目視しつつ、条件付けもして削除が行える、 かなり優良な削除ツールです。 …が、こちら 日本語対応していないので、英語が苦手な人は、英語の意味が分からずとりあえずクリックして消えちゃった…ということになりかねないので注意が必要。 削除をしても残ってしまうケース 4-1. 連携アプリを使って画像をアップした場合 Twitter公式以外のサイトやアプリから画像を投稿した場合、画像のアップロード先が公式と異なる場合があります。 すると、公式からツイートやアカウントを削除しても、その 外部のアップロード先にキャッシュが残り続けることがあるのです。 そういった意味では、Twitterに画像をアップする際は、公式からのみにとどめておいた方が無難かもしれません。 4-2. 非公式リツイートをされた場合 公式リツイート、公式の引用リツイート、非公式リツイートの違いはご存知でしょうか? こういったツイートをリツイートするとします。 公式リツイートは、元のツイート自体がタイムラインに引っ張られてくるだけなので、こうなります。 公式リツイートは、元のツイートが消えると消えてしまいます。 公式の引用リツイートは、リツイートの上に自分のコメントが乗っかる感じになります。 元のツイートが消えると、上のコメントだけが残り、下のリツイート部分には「このツイートは表示できない」といった表示がされるようになります。 さて、問題なのは非公式リツイート(非公式引用ツイート)です。 非公式リツイートは、元のツイートの本文をコピペして貼り付けて、発信者のツイートとしてタイムラインに出てくるので、元のツイートが消えても、その非公式リツイートは全く影響なく残ってしまいます。 ただ、基本的に非公式であっても引用する際にアカウント名を入れるため、リプライされた時のように通知等はされます。 なので、非公式で引用されたくない場合は、直接引用した人に削除してもらわないと消えないので注意しましょう。 まとめ Twitterのアカウントの消し方、過去のツイートの消し方をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか? これで、スッキリと新しい気持ちであれこれ始められることを祈っております。

次の