岩井俊二。 岩井俊二映画祭|映画『ラストレター』公式サイト

岩井俊二監督のリモート収録ドラマ『8日で死んだ怪獣の12日の物語』配信中

岩井俊二

Last Letter/2020(日本)/121分 監督/脚本:岩井 俊二 出演:福山 雅治、松 たか子、広瀬 すず、庵野 秀明、森 七菜、小室 等、豊川 悦司、中山 美穂 答辞に込められた想い 久しぶりに観た岩井俊二の新作は、正直かなりヤバかった。 それは、感傷的な十代の頃憧れていた紗のかかった映像がすっかり影を潜め、あからさまなこっぱずかしい台詞が、劇中に溢れてるから。。 福山雅治、松たか子、広瀬すずに加え、『 』以来、すっかりその演技に釘付けにされてしまう森七菜と、主役級の俳優達がずらりと揃った群像劇は、意外にもスムーズな構成力で、そんなに目移りはしない。 だけど、『 』から実に四半世紀ぶりに岩井組に復活したトヨエツとミポリンからは、かつて纏っていた強烈なオーラがすっかり削げ落ちてしまい、そのいじらしい演技を観ていると、どうしても現実を叩きつけらた時のような、ため息が漏れてきてしまう。。 アラフォー世代は、岩井映画と一緒に青春を過ごしてきたと言っても、過言ではない。 その浮遊感、透明度、或いは胸を締め付けられるような強烈な痛みであっても、それを拭い去る程の色彩美と絶妙な少女達の笑顔が、妄想世界に浸る淡い思い出を、否が応でも盛り上げてくれる。 幼少期の独特の刹那を鮮明に描き、一気に岩井俊二の名をスターダムに押し上げた『 』では、その物理的な距離感と甘酸っぱい恋心の芽生えを。 『 』では、愛し合う恋人同士の感情と反比例する、その栄光と挫折の日々を。 そんな、これまで岩井俊二が貫いてきたものは、言葉で語らず、 すれ違いの感情から生まれる美学だったと、勝手に信じ込んでいたのだけど、、、 「 福山じゃなきゃ、ただのストーカー映画にしか見えないよね。。 」と、心をバッサリ切ってくるツレの一言でやっと我に返ってみたが、どうやら自分もいつの間にかすっかり大人になって、ネット社会の副産物に毒され始めているのかもしれない。。 屈託のない森七菜と、陰のある広瀬すず。 この二人の少女のコントラストは、『 』の頃よりも更に洗練され、岩井映画のナイーヴさを格段に広げてくれるけど、現代を生きる娘とその母親役を、同年代の設定で見事に演じ分け、二人のテンションの違う声が重なり合うように、答辞を読み上げていくその広瀬すずの声色からは、何故か少しだけ 奇妙な違和感を感じる。 何時になく、その行間から迸る 漠然とした寂しさは、劇中の淡いラブストーリーの結晶として解釈するだけで、本当に充分だったのだろうか? あまりに寂寥感の漂うその 逢えなくなる人達へのメッセージには、岩井組では滅多にお目にかかる事のないドローン撮影まで取り入れて、震災からの復興を果たした仙台の街並みの景色が、自然に脳内でオーバーラップしてくる。。 あらすじ 裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。 裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。 未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。 そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。 勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。 裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。 その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。 「 25年間、君にまだずっと恋をしているって言ったら、信じますか?」 福山が演じる売れない小説家鏡史郎が、22年前の『 』の純情を経て、すっかり山崎パンのCMよろしく幸せ家族の母に溶け込んだ松たか子へと、突然打ち明けるそのラインの内容は酷く直球だ。 そしてその台詞を、額面通り真に受けて捉えてしまえば、それは世間の大部分の若者がそう感じる様に、ストーカーチックな少し不気味な印象を覚える。 十代への憧憬を色濃く残す岩井映画を、男の変わらぬ願望としてこよなく愛してきた自分でも、正直、このあまりにどストレートな告白は、ちょっとキツイ。 『 式日』への出演の返礼として、劇中の漫画家夫を演じる庵野秀明監督でなくても、そんなラインをひっそり受け取っても飄々としてる妻へ、きっと、ちょっとだけ意地悪な仕打ちをしてみたくなってしまうだろう。 そしてお馴染みの、岩井ワールド全開の淡い文通模様の情景映像が流れ始めれば、あまりに滑稽で、苦笑いしてしまいそうになるトコロだけど、、、 未咲への恋心を抑えきれない鏡史郎と、その彼への恋心が抑えきれない妹裕里。 互いに勝手気ままに、自分の想いばかり独白する二人の手紙のやりとりは、突然止まる。 それは『 』の時の様に、現実世界に引き戻されるからではなく、不意に登場した の存在で。。 この、裕里の義母と、彼女が憧れる老年の英語教師との手紙のやりとりは、すっかり廃れてしまった文通文化の温もりを、伝える為のファクターなのかと思いきや。。。 その風貌は、まるで往年の 夏目漱石の姿にそっくり。。。。 更に職業の類似だけに留まらず、姿形までしっかり寄せてきた監督の思惑に気付いた時、この映画の彼のテーマが、少しだけ見えてきた気がした。 智ちに働けば角かどが立つ。 情じょうに棹さおさせば流される。 意地を通とおせば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。 夏目漱石全集3巻「草枕」より抜粋 煩わしい俗世間を憂い、 を追求してみせたという漱石のこの俳句的な小説は、情緒を失いかけた今の自分には、さっぱりその詩情がうまく伝わらない。。 けれど、これをわざわざ、劇中の青年期の未咲と鏡史郎とを結ぶ としても機能させている辺りから、岩井俊二は、 額面通りの言葉の裏に潜むものを、敢えて映像で表す挑戦をし始めたような気も・・・ そう考えると、これまでの浮遊感の漂う映像をめっきり減らし、歯の浮くような台詞を並べる俳優達の描写にも、なんだか奥ゆかしいものが感じられる。 つまり、ちょっと身勝手過ぎる鏡史郎の告白に聴こえたその一文は、岩井俊二の故郷仙台に漂う、 被災者遺族の悠久の声の代弁だったのかもしれない。。 多少古典的ながら、劇中を埋め尽くすノスタルジー感も、淡い走馬灯の様に消えゆく恋模様の風景も、場合によっては、焦燥感を滲ませるトヨエツとミポリンの芝居にでさえも、健気に生き延びた 被災者の現実を映し出すメタファが添えられていたのだとすると、その印象もまるで違って見えてくる。 『 』を彷彿とさせる未咲と裕里の娘、鮎美と颯香が花火をする学校のプールには、25年前の印象的なワンシーンとは実に対照的に、水が張られていない。。 この意図的なセルフオマージュを、監督の遊び心として観るにはあまりにもったいなく、じんわりと胸に染みこんでくるような感覚があった。 それでも、純文学に回顧し始めた彼にしては、少々説明不足なシーンもある。 その王道は、まるで止まっていた時が動き出すかの様に、時計の秒針が部屋に鳴り響く和室で、鏡史郎がいよいよ未咲の遺影と向かい合うシーン。 この客観的に観れば、必ず涙を誘うはずの描写に、二人の 悲恋の経緯を全く語らせない監督の思惑とは、一体なんだったのだろうか? 鏡史郎が小説家を目指し始めたのは、淡い思い出の中の未咲の言葉からだ。 やがて宿の「若い奥様」の那美と知り合う。 出戻りの彼女は、彼に「茫然たる事多時」と思わせる反面、「今まで見た女のうちでもっともうつくしい所作をする女」でもあった。 そんな「非人情」な那美から、主人公は自分の画を描いてほしいと頼まれる。 しかし、彼は彼女には「足りないところがある」と描かなかった。 ある日、彼は那美と一緒に彼女の従兄弟(いとこ)で、再度満州の戦線へと徴集された久一の出発を見送りに駅まで行く。 その時、ホームで偶然に「野武士」のような容貌をした、満州行きの為の「御金を(彼女に)貰いに来た」別れた夫と、那美は発車する汽車の窓ごしに瞬間見つめあった。 そのとき那美の顔に浮かんだ「憐れ」を横で主人公はみてとり、感じて、「それだ、それだ、それが出れば画になりますよ」と「那美さんの肩を叩きながら小声に云う」という筋を背景に、漱石の芸術論を主人公の長い独白として織り交ぜながら、「久一」や「野武士(別れた夫)」の描写をとおして、戦死者が激増する現実、戦争のもたらすメリット、その様な戦争を生み出す西欧文化、それに対して、夏にまで鳴く山村の鶯 ウグイス 、田舎の人々との他愛のない会話などをとおして、東洋の芸術や文学について論じ漱石の感じる西欧化の波間の中の日本人がつづられている。 つまり、その道半ばで文学を模索している鏡史郎は、未咲の幻影の姿しか見ていなかったのだろう。 岩井俊二からのラストレター 『 』のアンサー映画という定番の触れ込みをかなり逸脱して、巧みに 台詞の裏に潜む文学を映像に取り込んでみせた岩井俊二のこの力作に絶賛の票を上げる一方で、結局、ネットで様々な情報を引き出せる現代では、この手の古典的な琴線に触れるような感覚は滅多にない。 現に、これ程の異彩を放ってくれたこの映画の初日にでさえ、若い観客の姿をあまり見る事が出来なかった時には、酷く寂しいキモチで、気分が大分滅入ってきてしまった。 テレビには相変わらず、集中力を途切れさせる早いカット割りの定番医療ドラマが氾濫し続ける現状で、 感情をゆっくり手探りで見つけ出す岩井映画が、年代差を超えて、少しでも浸透していく事を、一ファンとしては切に願いたい。 なので今回は、劇中に流れる 答辞=岩井俊二からのラストレターの全文を、関係者の方から拝借した台本より抜粋して、綴ってみたい。 ご迷惑を十二分に考慮した上でも、劇場に足を運んでくださった方々が、その 文節の背後に秘められた真意を、もう一度咀嚼する為の参考資料として。 「 本日私達は、卒業の日を迎えました。 高校時代は、私達にとって、恐らく生涯忘れ難い、かけがえのない思い出になる事でしょう。 将来の夢は、目標はと問われたら、私自身まだ何も浮かびません。 でもそれで良いと思います。 私たちの未来には、無限の可能性があり、数えきれない程の人生の選択肢があると思います。 ここにいる卒業生一人一人が、今までも、そしてこれからも、他の誰とも違う人生を歩むのです。 夢を叶える人もいるでしょう。 叶えきれない人もいるでしょう。 辛い事があった時、生きているのが苦しくなった時、きっと私達は幾度もこの場所を思い出すのでしょう。 自分の夢や可能性が、まだ無限に思えたこの場所を。 お互いが等しく、尊く、輝いていたこの場所を。 」 尚、著者があまりに不勉強の為、記事の更新に大分手間取ってしまったお詫びと共に、 阪神淡路大震災の発生した1月17日に合わせ、この映画を全国劇場公開してくれた関係者の方々の見えない努力と愛情に、敬服して御礼申し上げます。 「ラストレター」の上映スケジュールは から確認できます。

次の

楽天ブックス: ラストレター 豪華版【Blu

岩井俊二

放映・配信作品 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? どの作品について投稿しているか分かるようにご記載ください。 () 応募に関する注意事項• 映画『ラストレター』公開記念岩井俊二監督関連作品感想投稿キャンペーン(以下、本キャンペーン)は東宝株式会社(以下、当社)が主催いたします。 本キャンペーンはTwitter、Instagramのいずれかよりご応募いただけます。 ツイートは、映画『ラストレター』Twitter公式アカウント lastletter0117 をフォロー、Instagramでの投稿は、映画『ラストレター』Instagram公式アカウント @lastletter0117 をフォローしてから行ってください。 お一人様何回でもご応募(投稿)いただけますが、当選はお一人様一回とさていただきます。 ひとつの投稿文の中に複数の作品名を入れていただくことも可能ですが、当選された際の賞品のDVDは1作品分とし、当社で選んで発送させていただきます。 SNSアカウントを非公開設定にされている場合、指定のハッシュタグ【 岩井俊二映画祭LL】【感想を投稿する作品がわかるハッシュタグ】がない場合、プレゼント抽選対象外となります。 本キャンペーン内容および賞品は、諸般の事情により予告なく中止または変更される場合があります。 ツイート、投稿は、個人が特定されるような内容にならないようご注意ください。 ツイート、投稿の内容に起因して何らかの責任問題が発生した場合は、ツイート、投稿された方に一切の責任を負っていただきます。 特定の個人や団体の誹謗中傷、営業妨害、イメージを著しく混乱させるようなものはご遠慮ください。 また、他者に害を与えるツイート、投稿は、しないでください。 運営上、投稿内容が適切でないと当社が判断した場合には、削除要請、または不適切な行為としてTwitter社もしくはFacebook社に報告させていただく場合がございます。 応募作品の利用• 本キャンペーンのために投稿された内容は、映画『ラストレター』プロモーションのために使用する場合がございます。 公式サイト、公式Twitter、公式Instagramおよび告知媒体(雑誌・新聞・TV・WEBサイト)にも 掲載される可能性があります。 使用に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。 あらかじめご了承ください。 また、使用方法やデザインに関しては、当社および当社委託先に一任するものとさせていただきます。 プレゼント当選発表・発送について• 厳正な抽選の上、豪華賞品に当選された方の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 当選者決定後、映画『ラストレター』Twitter公式アカウント lastletter0117 、もしくは映画『ラストレター』Instagram公式アカウント lastletter0117 から、当選者に当選をお知らせするダイレクトメッセージを送信させていただきます。 ダイレクトメッセージの返信を受け取れるよう設定をお願いします。 当選者情報入力フォームのURLからアクセスし、メールアドレス、氏名、電話番号等、必要な情報をご入力ください。 当選者様ご本人と連絡がつかない場合、賞品受領の意思が確認できない場合、指定された期日までに個人情報を登録していただけない場合等には、当選を辞退されたものとみなします。 住所・電話番号不明、不通により、当選者様に当選案内等の連絡ができない場合は、当選の権利が無効となることがあります。 応募に関して不正が認められた場合には、当選を無効とさせていただきます。 賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。 当選の権利はご当選者本人限りのものとし、換金、他人への譲渡、インターネットオークション等への売買行為は禁止いたします。 また、他賞品への変更等のご依頼もお受けいたしません。 応募数、当選情報など、キャンペーン結果に関するお問い合せにはお答えいたしかねます。 あらかじめご了承ください。 本キャペーンにおける個人情報取り扱いについて• ご提供いただいた個人情報に関しましては、当社または当社委託先にて管理いたします。 応募時、また、プレゼント当選者からお預かりした個人情報は、本キャンペーンの当選のご案内、ご本人様確認、賞品発送にのみ使用し、本件に関する諸連絡の目的以外に利用することはございません。 キャンペーン終了後は、当社の個人情報保護方針にしたがって、適切に取り扱います。 当該個人情報の管理については東宝株式会社宣伝部が責任をもって対応するものとし、又、ここに記載のない事項につきましては、東宝株式会社が制定する「」の規定に従うものとします。 当社は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。 免責事項• 本キャンペーンはTwitter、Instagramが提供するサービスを利用しております。 そのため当社に起因しない事由によって障害やエラーが発生する可能性がありますが、それによって生じるいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。 Twitterのご利用にあたっては、をご確認ください。 Instagramのご利用にあたっては、をご確認ください。 本キャンペーンおよび当社は、Twitter、Twitter社、Instagram、Facebook社とは関係ございません。 本キャンペーンの内容は、予告なく変更する場合があります。 Twitterは米国およびその他の国におけるTwitter, Inc. の商標または登録商標です。 Instagramは米国およびその他の国におけるFacebook, Inc. の商標または登録商標です。 作品ハッシュタグ参考例 undo アンドゥ LoveLetter loveletter ラヴレター 打ち上げ花火下から見るか横から見るか 打ち上げ花火ドラマ 打ち上げ花火アニメ PiCNiC picnic ピクニック FRIEDDRAGONFISH frieddragonfish フライドドラゴンフィッシュ スワロウテイル 四月物語 式日 リリイシュシュのすべて リリイシュシュ 花とアリス friendsafter311 フレンズアフター311 ヴァンパイア Vampire 花とアリス殺人事件 リップヴァンウィンクルの花嫁 リップヴァンウィンクル リップヴァン チャンオクの手紙 チャンオク 新しい靴を買わなくちゃ なぞの転校生.

次の

映画『ラストレター』の私的な感想―未咲と鏡史郎はなぜ別れたのか?―(ネタバレあり)

岩井俊二

概要 [ ] 本作品は当初、の『』の一篇として1993年9月2日に放送する予定だったが、同年8月26日に放送する予定だったエピソードが見送られたため、1週間繰り上げて放送された。 同年、テレビドラマとしては異例のを受賞した。 その後、1995年8月12日にはやの出演シーンをカットして再構成されたバージョンが、映画として劇場公開された。 当時は若手のテレビドラマ監督・脚本家であったの評価と知名度を一気に上げ、映画製作に進出させるきっかけとなった作品である。 その映像は、の調整などを使ってフィルムらしく見せる手法(フィルム効果、あるいはF効果と呼ばれる)を使って作成されており、これも当時ののテレビドラマとしては非常に珍しかった。 「東日本大震災により大きな被害を受けた本作のロケ地と東日本復興への願いをこめて」と、2011年7月22日から8月31日まで岩井俊二の公式サイトにて、無料で動画配信された。 あらすじ [ ] 小学生の典道と祐介は仲の良い友達だが、実は2人とも同級生のなずなの事が好きだった。 しかしなずなの両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて2学期から転校することになっているとは、2人には知るよしもなかった。 親に反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方としようとひそかに賭けをする。 勝ったのは祐介か? 典道か? 一瞬の勝負のあとから、AパートとBパートで異なる2つの物語が展開する。 Aパート 順調に泳ぐ典道だったが、プールのヘリに足をぶつけて負けてしまう。 勝った祐介はなずなに「花火大会に二人で行こう」と誘われるも、祐介は男友達の考えた「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか? 平べったいのか? 」を優先し、なずなとの約束を破ってしまう。 それを知らないなずなは彼の実家の病院で散々待たされ、足の治療に来た典道に「君を誘ったらどうしてた? 」と聞くと典道は「俺は裏切らない」と返すが、なずなはすさんだ表情の母親になすすべなく連れ戻されてしまう。 怒った典道は祐介を殴り倒すと、「あの時俺が勝っていれば」と後悔する。 Bパート 足をぶつけることなく勝った典道はなずなに「花火大会に二人で行こう」と誘われ、男友達にも「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか? 平べったいのか? 」と誘われるも、なずなとの約束を優先し、バスに乗せられ駅で降りた。 なずなは時間が経つにつれ態度を変え駆け落ちせずバスで戻り、学校のプールに忍び込み水遊びをした後、「2学期で会おう」と叶うことのない約束をして典道の元を去っていく。 一方祐介達は灯台に向かうも花火はすでに終わってしまった。 典道は祭りで彼氏を連れた三浦先生から花火師を紹介してもらい、花火を一発打ちあげてもらう。 典道は下から、祐介達は横から花火を見ることができた。 音楽 [ ] 使われている楽曲は、全曲(の別名義)によってこの作品のために書き下ろされている。 特に、主題歌として使われた「Forever Friends」は、作品のクライマックスとなるシーンで使用されていることもあり、放送直後からフジテレビにはこの楽曲のCD化の問い合わせ・要望が多くあったというが、放送時点ではCD化されておらず、1996年に発売されたCD『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? Soundtrack』に、放送から3年を経てようやく収録された。 後にアニメ映画でもカバーされたバージョンが挿入歌として使われている。 撮影地 [ ] この作品の撮影はプロデューサーのがこのドラマのプロットを読み、この町以外にないと断言した(現在の)で実際に行われた。 また、ロケは飯岡町以外に千葉県海上郡(現在の旭市)、旭市の隣の市であるでも行われており、子供たちが通う小学校は銚子市立豊岡小学校で当地の生徒をエキストラに撮影された。 特に、典道となずなが電車を待つシーンで使われた、典道の自宅として使われた家などは、放送後数年間に渡り、この作品のファンが訪れる姿が見られたという。 この地は、この作品の大ファンであるが監督して2000年に公開された映画『』の舞台にも使用された。 『if もしも』との関係 [ ] この作品が放送されたテレビ番組である『』は本来、主人公の選択によってその後のストーリーがどう変化するかを見せるドラマシリーズであり、どちらかが主人公の空想であってはいけない、というルールがある。 その意味では、この作品のシナリオは厳密には番組のルールから逸脱しており、『if もしも』側のスタッフは不満を示したといわれる。 また、が作成した初期の脚本段階での原題は『少年たちは花火を横から見たかった』であったが、撮影前に『if もしも』側のスタッフの強い意向により、現在のタイトルに差し替えとなった。 これは、各エピソードのタイトルは「〜するか、〜するか」という形で統一するというルールが番組にあったためである。 このあたりのエピソードについては、1999年に発売されたドキュメンタリーDVD『少年たちは花火を横から見たかった』内でも詳しく触れられており、2017年6月には初期を基にした岩井俊二の小説『少年たちは花火を横から見たかった』がから発売された。 キャスト [ ]• ストーリーテラー:• 島田典道:• 及川なずな:• 安曇祐介:• 和弘:• 林純一:• 三浦晴子先生:• 同僚教師:• 看護婦:• 受付の看護婦:• マコト:• おでん屋:• 典道の父:• 典道の母:• 祐介の父:• なずなの母:• 安さん:• 露店の客: スタッフ [ ]• プロデューサー:• 監督・原作・脚本:• 助監督:桧垣雄二、、島田剛• 撮影:• 音楽:• 企画:、• 制作:、 アニメ映画 [ ] 打ち上げ花火、 下から見るか?横から見るか? Fireworks, Should We See It from the Side or the Bottom? 9億円 同名タイトルのアニメ作品が、に全国約300スクリーンで公開。 総監督は、脚本はが担当。 なお、岩井俊二も打ち合わせに参加しており、アイデアを提供している。 キャスト(アニメ映画) [ ]• 及川なずな -• 島田典道 -• 安曇祐介 -• 田島純一 -• 和弘 -• 稔 -• なずなの母の再婚相手 -• 三浦晴子先生 -• 光石先生 -• 典道の母 -• 典道の父 -• 祐介の父 -• 花火師 -• 看護師 - 、• 屋台の兄ちゃん -• レポーター(勝沼) -• アナウンサー -• 生徒 - 、、• なずなの母 - スタッフ(アニメ映画) [ ]• 原作 - (「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」)• 総監督 -• 監督・絵コンテ・美術設定 -• 助監督 - 城所聖明• 脚本 -• キャラクターデザイン -• キーレイアウト - 武内宣之、古川尚哉• 2Dアートワーク - 渡部岳• デザイン協力 - 新井博慧、秋篠 Denforword 日和、• CGディレクター - 高野慎也、鎌田和幸、笹川恵介、遠藤工• CGプロデューサー -• 総作画監督・サブキャラクターデザイン -• 演出 - 、、塚田拓郎、城所聖明• 作画監督 - 、池上太郎、王國年、武藤信宏、坪山圭一、若月愛子、吉岡勝、川畑えるきん、村山公輔、山村洋貴、松浦力、渡辺明夫• 美術原案 - 秋山健太郎• 美術デザイン - 田中直哉• 美術監督 - 飯島寿治、宮越歩、船隠雄貴• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 三上政高、• 色彩設計 - 日比野仁、滝沢いづみ• 撮影監督 - 江上怜、会津孝幸• 編集 - 松原理恵• 音響監督 -• 配給 -• 製作 - 、大田圭二、、久保田光俊• 企画・プロデュース -• エグゼクティブプロデューサー - 古澤佳寛• プロデューサー - 、淀明子• 制作プロデューサー - 宗宮一輝• アニメーション制作協力 - 、米内則智• アニメーション制作 -• 製作 - 「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 」製作委員会(東宝、、シャフト、、、、、) 主題歌(アニメ映画) [ ]• 挿入歌のミュージックビデオは、岩井俊二によりドラマのロケ地で撮影された。 ) に発表されたの楽曲のカバー。 ヒロイン・なずなが劇中で歌う。 オリジナルサウンドトラックに「及川なずな(CV. 広瀬すず)」名義で収録。 テレビ放送(アニメ映画) [ ] 回 放送日 放送局 放送枠 視聴率(ビデオリサーチ) 備考 1 21:00 - 22:40 テレビ初放送 2 年 21:00 - 22:30 無料BS初放送 3 2019年 12:00 - 13:30 再放送 4 21:00 - 22:54(予定) 地上波初放送、ノーカット 関連書籍 [ ] 小説• 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 』(原作、著)• 刊、2017年6月17日発売、• 刊、2017年7月15日発売、、挿絵• 刊、2017年8月1日発売、、 (表紙のみ)・挿絵• 『少年たちは花火を横から見たかった』(著)• 角川文庫刊、2017年6月17日発売、• 角川つばさ文庫刊、2017年8月15日発売、、永地 挿絵 漫画• 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 』(岩井俊二原作、「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 」製作委員会原案、漫画)• 連載、刊• 2017年8月4日発売、• 2018年3月2日発売、 解説書• 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 公式ビジュアルガイド』• 刊、2017年8月31日発売、 受賞歴 [ ]• 優秀アニメーション作品賞 その他 [ ] 「打ち上げ花火、田舎で見るか?都会で見るか?」 作・演出 2017年9月9日放送 脚注 [ ] []• com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2016年12月8日. 2016年12月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2011年7月22日. 2017年8月13日閲覧。 Mtime时光网. news. mtime. com. 2017年8月14日閲覧。 (中国語)• JM映画. www. bilibili. com. 2017年8月14日閲覧。 (中国語)• 豆瓣电影. 2017年9月22日閲覧。 (中国語)• 映画ナタリー ナターシャ. 2016年12月8日. ORICON NEWS オリコン. 2017年6月12日. 2017年6月12日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年6月28日. 2017年7月2日閲覧。 シネマカフェ イード. 2017年8月3日. 2017年8月3日閲覧。 2020年7月10日閲覧。 2018年1月15日. 2018年3月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - 劇場アニメ作品の公式サイト• - プレイリスト• (1994年)• (1999年)• (2001年)• (2004年)• 総(2004年)• (2005年)• (2006年)• シリーズ(2007年 - 2008年、2010年、2012年)• シリーズ(2007年 - 2009年)• シリーズ(2009年、2011年)• シリーズ(2009年)• (2009年)• (2010年)• シリーズ(2010年)• 総(2010年)• (2011年)• 総(2011年)• (2012年)• 総(2012年)• (2013年)• 総(2013年 - 2014年)• シリーズ 総(2014年 - 2015年)• 総(2014年)• 総(2014年)• 総(2015年)• 総(2015年)• (2016年)• (2019年) OVA.

次の