痣 湿布。 湿布でかぶれてかゆみがあるときの治し方と再発しないための予防の仕方は?

【医師が監修】打撲の応急処置方法とは?湿布を貼っておけば治るもの?

痣 湿布

そもそも打撲とは? そもそも打撲とは、転倒や衝突などによって身体の内側の皮下組織や筋肉などを損傷することです。 全身のあらゆる部位で起きる可能性のあるケガで、打ち身と呼ばれることもあります。 打撲は身体の内側の損傷ですから、基本的に傷口を伴いません。 しかし、打撲は少なからず 内出血や 炎症を引き起こすため、患部に痛みや腫れが発生します。 また、打撲にもさまざまな損傷レベルがあります。 何もせずに自然に治る軽傷のケースがほとんどですが、骨折や内臓損傷などを伴う重症のケースもあります。 打撲に湿布は効果があるの? では打撲の治療方法として湿布は効果があるのでしょうか? まず 打撲の応急処置に湿布はほとんど効果がありません。 確かに打撲の応急処置ではしっかりと患部を冷却(アイシング)することが大切です。 ただ冷湿布を貼ったときのスーッとする感覚はメントールという成分によるもので、実際には患部を冷やしているわけではありません。 そのため、打撲の応急処置に湿布は適していないのです。 また、 実は患部に湿布を貼り続けても、打撲が治りやすくなるわけでもありません。 打撲が完治するまでの期間はほとんど変わらないでしょう。 ただ湿布には鎮痛作用のある成分が含まれています。 打撲をしたばかりのときに患部に湿布を貼ることで、打撲の痛みを緩和させる効果は期待できます。 ただあくまで湿布は痛みを緩和するためのものと覚えておきましょう。 スポンサーリンク 打撲で湿布を貼るべき期間はどのくらいがよいの? あくまで湿布は痛みを緩和するためのものでした。 したがって、 打撲の急性期を過ぎたら、基本的に患部に湿布を貼る必要はなくなります。 具体的に打撲で湿布を貼るべき期間はどのくらいなのかというと、 おおよそ3~7日が目安です。 もちろん、打撲の損傷レベルによっても変わりますから、臨機応変に対応します。 患部を動かさなければ痛くない状態になったら、もう湿布を貼らなくてもよいでしょう。 正しい打撲の応急処置とは? 打撲の応急処置に湿布は向いていませんでした。 では実際に打撲をしたらどのように応急処置をしたらよいのでしょうか? もしあなたが何らかのアクシデントで打撲をしてしまったら、 「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。 RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。 無理に患部を動かしたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。 また、患部を無闇にさわらないようにします。 Ice(冷却する) 打撲の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。 すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。 もしあなたが打撲をしてしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。 具体的には氷水を入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やしてあげるのがよいです。 また、手足などを打撲した場合には、氷水の入ったバケツに患部をつけるのでもOKです。 ただ凍傷には十分に注意してください。 すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。 Compression(圧迫・固定する) 打撲をした部位の周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、内出血や炎症を抑える効果を得られます。 ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。 健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。 Elevation(挙上する) 患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。 そのため、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。 たとえば、 枕やクッションなどの手軽なものを活用するとよいですね。 全身的な打撲の場合には、無理に拳上を意識する必要はありません。

次の

打ち身対処法・処置法

痣 湿布

概要 紫斑とは、皮膚にできる紫色の皮下出血のことです。 紫斑と他のとの見分け方は「手で押してあざの色が消えるか」により判断できます。 ほとんどの発疹は圧迫によって消失しますが、紫斑は圧迫しても消えません。 紫斑がみられる場合、血管性紫斑病 *や特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、まれな病気として大腸菌などの感染に伴う血栓性血小板減少性紫斑病(P)、さらにごくまれなものとしての可能性があります。 特に、紫斑以外に粘膜の出血を伴う特発性血小板減少性紫斑病(ITP)や急性白血病は緊急性の高い病気です。 また、紫斑とともに粘膜出血(粘膜から出血すること)がみられる場合は、出血しやすい状態になっており、緊急の治療が必要です。 粘膜出血の症状としては、口の中が出血している(または口の中にも出血斑がある)、血尿やなどが挙げられます。 *血管性紫斑病には、性紫斑病、ヘノッホ・シェーライン紫斑病(HSP)、などの別名があります。 原因 それぞれの病気ごとに原因は異なります。 血管性紫斑病(アレルギー性紫斑病、ヘノッホ・シェーライン紫斑病(HSP)、IgA血管炎など) かぜなどの感染症の後に形成される免疫複合体が原因となり、毛細血管レベルで反応が生じ、毛細血管の壁から液体成分と血液の細胞が漏れやすくなることで紫斑が生じます。 この病気では、血小板に異常はみられません。 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) なんらかの理由により、出血をおさえる役割をもつ血小板に対する自己抗体が作られ、主に 脾臓 ひぞう で血小板と抗体の複合体ごと壊されることにより、血液中の血小板の数が減少することで出血傾向となります。 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) 血小板が正常に機能するために必要なタンパク質(von Willebrand因子)を切断するための酵素(ADAMS13)の活性が低下することによって、血小板の機能が過剰となります。 そのため、血管のなかで血小板が凝集し、微小な血栓が多発することで血小板が大量に消費され、血小板の数が低下することが原因と考えられています。 症状 血管性紫斑病 血管性紫斑病には、急性の腹痛、関節痛、紫斑の3つの特徴的な症状が挙げられます。 3歳から10歳の男の子に多く、かぜやなどの感染症にかかった数週間後に発症しやすくなります。 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) 大きく分けて、以下2つがあります。 (1)感染症にかかった後に急性発症するもの(小児に多い) (2)徐々に発症してくる慢性発症のもの(20〜40代の女性に多い) いずれも、血小板の数が低下するため、出血傾向が皮膚(点状出血、いわゆる紫斑)や鼻(鼻血)、口の中(はぐきの出血)にも生じやすくなり、皮膚にできたあざが消えにくくなったります。 (1)の場合には、半年以内に自然に治ることが多いですが、(2)の場合には半年以上症状や血小板減少が蔓延し、症状が落ち着いている状態と増悪(再び悪化する)を繰り返すことが多いです。 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) 血管のなかに血栓がたくさんできるため、全身の臓器への血流が滞り、さまざまな症状が現れます。 特に以下のような、特徴的な5つの症状が挙げられます。 出血傾向(血小板の数が低下)• 溶血(赤血球が血栓にぶつかって壊れる)• やなどの精神症状(脳への血流低下)• 腎機能障害(腎臓にある糸球体が壊れる)• 発熱(原因不明) 治療 性の紫斑病は一般的には予後が良好で自然に治ることが多く、痛みや出血傾向などに応じて症状を和らげるための対症療法を行います。 また、急性のITPも約半年程度で自然に治ることが多いです。 慢性のITPに対しては、実際に出血しやすいなどの症状がある場合はステロイド治療を行います。 効果が不十分な場合には脾臓摘出や免疫抑制剤、また新たな治療としてトロンボポエチン受容体作動薬による治療を行います。 Pに対する治療としては、できるだけ素早く血漿交換と新鮮凍結血漿を投与することが基本となります。 また、ステロイドを併用することもあります。

次の

湿布でかぶれてかゆみがあるときの治し方と再発しないための予防の仕方は?

痣 湿布

概要 打撲傷とは、転倒や転落、殴打などによって体の一部に強い衝撃が加わることで皮下組織や筋肉にダメージが加わった鈍的のことです。 一般的には「打ち身」と呼ばれています。 皮膚に傷口はないものの、皮下組織や筋肉などが 挫滅 ざめつ し、微小な血管が破壊されることでアザが生じ、腫れや痛みを伴います。 症状の程度はさまざまですが、日常生活でできる打撲傷は数日から数週間で治るものがほとんどです。 しかし、事故や転落など強い衝撃による鈍的外傷では *といわれる状態となることもまれではありません。 外力が強いときには臓器損傷にも注意が必要です。 また、関節に重度な打撲傷ができると関節運動が妨げられることもあり、早期に適切な処置が必要になることもあるので注意が必要です。 *コンパートメント症候群とは、大きな血管や神経にまでダメージが加わり、高度な腫れや出血によって筋膜で覆われる区画(コンパートメント)内部の圧が高くなり、重篤な場合では組織への血流が途絶えて、まれに壊死(えし)が引き起こされることもある状態です。 原因 打撲傷は、体の一部に衝撃が加わることで生じるの一種です。 衝撃の原因は、日常生活の中での些細な転倒や物への衝突などから、交通事故や転落、他者からの殴打などの高度なダメージが加わるものまでさまざまなものがあります。 私たちの体は、皮膚はもっとも外部からの鈍的なダメージに強く、破綻しにくい構造になっています。 そのため、衝撃が加わっても皮膚だけは破綻せずに、皮膚の下にある皮下組織や筋肉、血管などにダメージが加わって挫滅を生じることがあります。 この状態が痕ですが、重度なものでは皮下に大きな血の塊を形成したり、腫れがひどくなると組織内の圧力が高くなって周辺の血流が途絶え、まれに壊死が生じたりすることもあります。

次の