エクセル 条件 抽出。 指定条件に合うデータを一覧から順に抽出2-計算式の作り方

VLOOKUPで複数結果を全て抽出・表示する方法/重複したときに2番目以降も抽出できる?

エクセル 条件 抽出

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技• 関数で複数データを取り出す• VLOOKUP関数で検索条件と一致したデータを取り出すことができますが、一致するデータが複数あるときには先頭だけしか取り出せません。 などの機能を使えばよいのですが操作が分からない人も使うので、関数で取り出したいというケースがあります。 そのようなケースではどのようにしたら良いか・・・ということについて書いてみます。 スポンサードリンク 作業列を使って複数データを取り出す サンプルデータ• ある条件と合致するデータを 複数 取り出したい・・・という時の考え方の例です。 下表のようなデータで、ある日付のデータをすべて抽出する方法を考えてみます。 コピーして練習に使えるように表を追記しておきます。 日付 商品 販売数 5月1日 みかん 100 5月2日 りんご 120 5月3日 バナナ 110 5月4日 桃 50 5月1日 バナナ 140 5月2日 桃 110 5月3日 みかん 105 5月4日 りんご 150 5月1日 バナナ 120 5月2日 桃 140• Microsoft 365では Filter関数を使うことができます。 Filter関数の使い方は をご覧ください。 次項のように、作業列や配列数式を使う必要がなくなり、関数を使って簡単にデータを抽出できるようになりました。 商品が「バナナ」のデータを抽出し、さらに、日付の昇順に並べ替えてみます。 SORT関数の使い方は をご覧ください。 作業列を使いたくないというケースがあります。 そのようなときは配列数式を利用することができます。 【考え方】条件と一致する行は何行目かを計算します。 計算された行数の小さい方から順番にデータを取り出します。 配列数式にします G5セルをI5セルまでコピーし、更にG5:I5セルを下方向へ必要なだけコピーします。 G2セルの検索値を5月2日に変えた結果の例です。 この部分を配列で処理しています。 SMALL ・・・・・・・,ROW A1 で、小さな値 行位置 から順番に取り出すようにしています。 【考え方】条件と一致しているか否かを調べます 作業列を利用します。 一致しているものについては連番を付けてやります。 この連番順にデータを取り出せばよさそう・・・と考えています。 検索する値はG2セルに入力するものとします。 D列を作業列として使用します。 条件と一致した行に連番を入れます。 A2セルとG2セルが同じなら、同じデータはA2セルから数えて何個目かを表示しています。 作業列の連番順にデータを取り出します。 行番号だけを絶対参照にします• ROW A1 を使うのは下方向へコピーして使うとき、1,2,3 と連番を発生させるためです。 D列の連番よりROW A1 が大きくなると、一致するデータは無いので、エラーとなります。 G5セルに入力した数式を右方向、および下方向へコピーすると完成です。 G5セルを選択し、フィルハンドルを右方向へ、I5セルまでドラッグして数式をコピーします。 G5:I5セルを選択して、フィルハンドルを下方向へドラッグして数式をコピーします。 下方向へは必要なだけコピーします。 一致するデータが表示しきれるだけの行にあらかじめコピーします。 Microsoft 365では XLOOKUP関数やSEQUENCE関数を使うことができます。 XLOOKUP関数の使い方は をご覧ください。 SEQUENCE関数の使い方は をご覧ください。 数式がシンプルなものになります。 しかし、Filter関数が使えるので・・・あくまでも使い方の一例ということです。 SEQUENCE 5 は連続した数値の配列(1,2,3,4,5 を作成しています。 該当するデータが5個程度を想定しています。 多くのデータが該当すると思われる場合はこの値を調整してください。 G5セルの数式を H5セル、I5セルにコピーします。 作業列を使う 2• 作業列をデータリストの左端列に設けることができると、なじみの多いVLOOKUP関数で取り出すことができます。 Filter関数を使うことができない場合は、左端列に作業列を作れるのであれば非常に簡単な数式となります。 データの左端列、A列に作業列を設けます。 この数式を横方向へ I5セルまでコピーし、さらに、G5:I5セルを選択して、下方向へデータが抽出されると想定される行までコピーします。 VLOOKUP関数では検索値が見つからないとエラーになるので、IFERROR関数でエラー処理をしています。 VLOOKUP関数の引数の列番号は数式をコピーするのを前提にCOLUMN関数を使って 連番 2,3,4 を生成するように小細工をしています。 IFERROR関数はExcel2007で追加された関数です。 詳細な使い方は をご覧ください。

次の

Excel(エクセル)で表の縦横(行列)を一致させて検索(抽出)する方法|複数条件での検索も

エクセル 条件 抽出

FILTER関数でデータを抽出する:Excel関数• FILTER関数がExcel for Office365 Excel2016:サブスクリプション型 で使えるようになりました。 なお、Office Insiderに参加すると、最新の機能が使用できる環境が得られます。 をご覧ください。 個人的な感想ですが、データの抽出としてはもちろん使い勝手の良い関数ですが、条件付きの計算にも重宝しそうな関数と感じています。 このページの画像は Microsoft 365 の画像を使用しています。 Filter関数が使えない環境では、作業列を使ったり、配列数式で代用ができます。 をご覧ください。 FILTER関数の構文• 引数の表現 日本語 がわかりにくいのでよく見てください。 配列 フィルターするデータの範囲または配列 含む フィルターする条件を書きます フィルターで残すデータの条件を書きます 空の場合 省略可 フィルターした後にデータがない場合に表示するテキスト CALC! エラーとなるときに表示する文字列を指定します• 下表の成績表を使って説明します。 B C D E F G H 2 No 氏名 国語 算数 理科 社会 合計 3 1 岡田 70 65 71 77 283 4 2 会田 55 61 66 48 230 5 3 河合 82 77 83 88 330 6 4 近藤 72 78 74 73 297 7 5 井上 61 55 52 65 233 8 6 木下 86 98 94 87 365 9 7 植田 68 78 75 66 287 10 8 佐々木 81 67 71 86 305 11 9 桑田 62 64 61 69 256• 合計が300以上の合計のデータを抽出します。 合計が300以上のデータが抽出されました。 データ範囲をテーブルに変換して、FILTER関数を使う例です。 テーブルの名前は 成績表 としています。 テーブルの名前は 成績表 としています。 配列にはタイトル行を除いたデータだけを指定します。 C3:H11 としています。 合計が300以上のデータが抽出されました。 テーブルの場合、テーブルの名前は 成績表 としています。 このデータを並べ替えたい場合はSORT関数と組み合わせます。 SORT関数については をご覧ください。 国語と算数の どちらかが70を超える人を抽出します。 国語と算数の どちらも70を超える人を抽出します。 [NOT条件]でデータを抽出する NOT関数を使う• 氏名が2文字 ではない人のデータを抽出します。 氏名が2文字でない、3文字の「佐々木」さんのデータを抽出できました。 となります。 DATE関数を使って、シリアル値に変換します。 月のデータを抽出する• 下図のデータから、2月のデータを抽出しています。 SORT関数と組み合わせて、売上数の大きい順にデータを並べ替えることができます。 テーブルに変換している場合、テーブル名は「売上表」としています。 FILTER関数を他の関数と組み合わせて、計算に利用する例です。 下図のデータから、金曜日をカウントします。 金曜日と土曜日をカウントします。 では、合計が300以上のデータの、氏名と算数と理科と合計の不連続な列のデータを表示するにはどうすればよいのでしょう?• Googleスプレッドシートのヘルプに使い方の例 行の例です として挙げてあります。 FILTER ソース範囲をフィルタ処理して、指定した条件を満たす行または列のみを返します。

次の

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技

エクセル 条件 抽出

個人情報は既存の商品購入履歴や新規顧客獲得するために非常に重要な情報となります。 しかしシステムの規模が大きくなるにつれて業務を行う時間は変わらないのに情報が膨大になり必要な情報を取得するのに大量の時間を要することもあるでしょう。 そこで Excel関数を上手く用いて「 Excel(エクセル)でデータ抽出」を行う方法をご紹介したいと思います。 業務の効率化に利用して下さい。 Excelでデータ抽出する方法その1:「VLOOKUP関数」 顧客情報は管理する項目が多いため、1つのまとまった情報ではなく Excelデータ抽出すると別シートにて表記されるケースがあります。 一緒の情報として確認したいといった場合に利用したい関数が「 VLOOKUP関数」になります。 「 VLOOKUP関数」は各Excelデータに共通項目があれば突き合わせをして1つのシート上にまとめられる機能となります。 1-1.「関数の挿入」を選択します。 (今回は最終購入日まで合わせます) 1-5.取得したい「最終購入日」は4列目なので列番号に「4」を入力します 1-6.最終購入日が挿入されました。 Excelでデータ抽出する方法その2:「IF関数」 「 IF関数」を用いることで条件指定の結果を Excel上にデータ抽出することが出来ます。 今回は購入金額によってランクの表記を表したいと思います。 以下のサンプルを用いて「 IF関数」でランキングを設定していきたいと思います。 2-1.「関数の挿入」を選択します。 2-2.関数分類を「すべて表示」に変更し、「IF関数」を選択します。 別の指定方法でも作成出来ます。 「VLOOKUP関数」同様に件数が増えれば下にコピーしていくだけで同じ関数の指定を引き継いで表示することが出来ます。 Excelでデータ抽出する方法その3:「COUNTIFS関数」 IF関数で条件付けが出来るようになるとそれぞれの件数が何件あるのかを集計したくなります。 例えば先ほどの利用ステージもそれぞれのステージに何人の顧客がいるのかを把握することで分析や営業戦略に活かすことにもつなげることが出来ます。 今回はステージが複数存在するので「 COUNTIFS関数」を利用します。 この関数を用いてステージ毎に何人の顧客数がいるのかを集計していきたいと思います。 3-1.集計したいセルにカーソルを移動し、「関数の挿入」を選択します。 3-2.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIFS関数」を選択します。 3-3.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIF関数」を選択します。 ブロンズの条件は「10,000円以内」なので以下の指定となります。 他の関数同様に件数が増えても「検索範囲」を広げることで追加出来ます。 最後に 今回は比較的簡単で汎用性に特化した関数を紹介しました。 利用する人が複雑で利用出来なければ後々廃れていってしまう機能になってしまいます。 単純且つ利便性の良い仕組みの構築を目指して頂いてそのきっかけになれれば嬉しいです。 件数が膨大になっても Excelで簡単にデータ抽出出来るのが今回紹介しました関数のメリットになるので、まだ件数が少ない内から採用を検討頂ければと思います。

次の