ファイナンシャルプランナー 通信 おすすめ。 FP(ファイナンシャルプランナー)|資格の学校TAC[タック]

完全独学でファイナンシャルプランナーになれる?おすすめは通信講座

ファイナンシャルプランナー 通信 おすすめ

おすすめの通信講座 《私が受講したのは、合格率がダントツ1位のフォーサイト》 AFP認定研修は、資格スクールや予備校の通学系と、 通信講座のどちらもありますが、現在の主流は通信講座です。 受講料が安くて、自分の好きな場所や時間に学習できる通信講座は、 仕事を持つ社会人や私のような主婦にとっても強い味方。 とはいえ、難しいのがその教材選びです。 そこで、おすすめするのが私も実際に受講して、 合格した 通信教育の「フォーサイト」! フォーサイトは、通信講座業界の中でもダントツ1位の合格率を誇る、 とても評判の良い会社です。 「なぜ、合格率が高いのか」その秘密は、フォーサイトの教材にあります。 <テキスト> 従来の満点を狙うぶ厚いテキストではなく、 合格ラインを狙う薄くてコンパクトなテキストが特長。 重要ポイントを絞った薄いテキストは、何度も復習しやすいという利点があります。 さらに全頁フルカラーで見やすくて、わかりやすいのです。 <講義メディア DVD> フォーサイトといえば、講義DVDというほど、このDVDは素晴らしいの一言! まず、専用のスタジオでハイビジョン撮影をしているから、映像がキレイで、 音声もクリア。 さらに電子黒板にテキストを映しているので、 自分でテキストを追う必要もなく、DVDに集中することができます。 講師の話もわかりやすくて、おもしろい。 楽しみながら学習できるというのが、一番ですよね。 ちなみに私は、 バリューセットのDVDコース79,800円を受講しました。 しかも、キャンペーン中だったので 62,000円になっていたんです。 キャンペーン情報は公式サイトで確認してくださいね。 10年ぶりの試験勉強だったので、かなり不安はなりましたが、 フォーサイトの教材だからこそ、合格できたのだと思います。 はじめから独学なんてやらずにフォーサイトを選んでおけば良かったと本当に後悔しました。 受講料をケチって何年も独学で勉強するのであれば、2ヶ月間バイトしてお金を貯めてから、フォーサイトの講座を受講する方がよっぽど賢いですよね。 ホームページはこちらから.

次の

【2020最新】FP通信講座ランキング|人気11社を徹底比較!

ファイナンシャルプランナー 通信 おすすめ

ECCのファイナンシャルプランナー FP 通信講座 FPの試験範囲は非常に幅広いので、学習を続けていると途中で分かりづらいところや、難しいと感じる内容に出くわすことがあります。 はじめは自力で色々調べてみるもののやっぱりわからない・・・。 そんな時、メールやFAXで質問するだけでなく、直接電話で質問できるかできないかは学習者にとって、とても大切なことだと思います。 これは実際にご自身がそういう状況に陥った時に痛感することです。 ECCビジネススクールでは営業時間内であればお電話でいつでも質問することができます。 専任のサポートスタッフが丁寧にあなたの疑問にお答えいたします。 もちろん質問の回数に制限はございません。 FP資格の取得を目指される方は一部を除いてそのほとんどが社会人の方です。 当然、日々お仕事でお忙しくされています。 疲労が残る中、わずかな時間を学習に充て皆さん合格を目指して頑張っていらっしゃいます。 ですが、やはりその日の体調や気分によって学習へのモティベーションも変化します。 とてもやる気がみなぎり疲れ知らずで意欲的に学習する時もあれば、逆に特段の理由がある訳でもないのにもかかわらず、どうもやる気が起きない・・・。 そんな時も当然あります。 「やる気は一定ではない」ということを私たちECCは長年に亘る教育活動を通じて良く理解しています。 適切なタイミングで適切なフォローが無いため、学習を中断され合格をあきらめてしまう方は特に通信講座の学習者に多くみられます。 ですからECCビジネススクールでは学習者のお一人おひとりと向き合い、専任のサポートスタッフより定期的に学習状況の確認や、フォローをお電話やメールでさせていただく体制を整えています。 目的が何であれ、せっかく学習をスタートされた方を挫折することなく、しっかりと合格まで導きますので安心してお始めいただきたいと思います。 空き時間に自分のペースで学べる。 たくさん講座があるなかで、課題をクリアできれば、3級免除で即2級を受験することができ、 同時にAFP資格も得られる点に惹かれ、ECCビジネススクールを選びました。 空き時間に自分のペースで学べるとは言え、十年以上ぶりにする勉強が苦痛で、モチベーションをキープするのが大変でしたが、 DVDも付いていて、オンラインではどこでも動画を観ることができるので、やる気がない時でもとにかく動画を流し、 調子がでてきたらテキストをひらくという、これが可能だったのも、ECCビジネススクールの講座内容おおかげです。 コストパフォーマンスも良く、通信講座でも最後までやりとげられ、晴れて合格できたのは御校のおかげです。 本当にありがとうございました。 通学は仕事のスケジュールと合わず、価格も高価であったこと、独学では教材選びや要点を得るのが難しいことがネックでしたが、 ECCの講座はシンプルでまとまったテキスト、その中でもより要点を絞ったDVD講義、法改正レジュメでのタイムリーな情報連携、 それでいて良心的でリーズナブルな価格と、非常に満足のいく内容でした。 特に、短期集中型でFPの取得を目指している方、仕事と両立して自分のペースで進めたい方にはオススメな講座だと思います!! 私は職業柄、他の試験とのブッキングがあり、実質3週間弱しか時間がありませんでしたが、 限られた時間で取り入れやすく、要領良く学習でき、一発で学科・実技ともに合格することができました。 とても良い講座だと思うので、たくさんの方にご検討いただければと思います。 去年、住宅の新築購入をして以来住宅ローンの支払いに不安を感じている中、友人に「ファイナンシャルプランナーと相談してみたら?」と言われ相談したことをきっかけにファイナンシャルプランナーという仕事に興味を持ってインターネットでファイナンシャルプランナーについて検索してみると、 必ずと言っていいほどECCビジネススクールの名前が上位にあがっていて値段も他社に比べると安くて何よりFP3級の対策も無料で受講できる事、 お金に関する知識や数字が大の苦手な僕が正直国家資格のFPの資格を一発合格できたのは ECCビジネススクールの荻田さんのアドバイスとDVDや問題集、WEB講座、過去問題、提案書作成のノウハウなど素人の僕でも解りやすく 試験対策充分に出来るという事です。 僕の周りでFPの資格を取ろうと頑張った方が数人いますが、 2・3度を試験を受けてそれでも合格出来ずに諦めていました。 そんな中僕は見事と一発合格出来たのはECCビジネススクール様と出会えたからだと思います。 正直最初は「こんなんで本当に合格出来るのか?」とか勉強が思うように進まない時もあり諦めてしまおうかと思った自分もいましたが 荻田さんのアドバイスや家族の支えもあり乗り越えることが出来ました。 ECCビジネススクールの皆様、そして荻田さん本当にありがとうございました。 ファイナンシャルプランナーの試験について ファイナンシャルプランナー(FP)の試験を初めて受けられる方は、どのような試験なのか、本当に合格できるのかと不安に思われている方も多いのではないでしょうか。 まずは試験制度についてしっかり理解してから学習を始めてください。 また、試験実施団体が日本FP協会と金財(金融財政事情研究会)と2つありますが、ECCの講座は日本FP協会の試験に対応していますので、ここでは日本FP協会での試験情報をご説明します。 (日本FP協会と金財とでは実技試験が異なります。 学科試験は同一です。

次の

FP(ファイナンシャルプランナー)|資格の学校TAC[タック]

ファイナンシャルプランナー 通信 おすすめ

【このページの目次】 CLOSE• ファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーを日本語に訳すと「資産運用相談員」なんてところでしょうか。 主に資産運用を考えている個人客からの相談を受けて、生命保険や医療保険の見直し、株式投資、国債、預金の運用などの資産運用のアドバイスをおこなうのが主な業務です。 例えば、お客さんに株式投資を勧める場合、リスクを考えて、業種を分散させるなど、長期で安定して利益が出る方法をアドバイスします。 場合によっては不動産投資を勧めたり、金の積み立てを勧めたりもします。 お客さんの資産を守り、いかにリスクを最小限にとどめながら増やしていく方法をアドバイスできるかがファイナンシャルプランナーの腕の見せ所です。 関係団体: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 率直に申し上げて、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験に合格しても就職や転職に役立つことはありません。 ネット上でファイナンシャルプランナーについて調べてみると、ほぼ例外なく「就職・転職やキャリアアップに活かせる」などと紹介されていますが鵜呑みにして高い通信講座を申し込んではいけません。 ファイナンシャルプランナーと聞くと、横文字外資系的でインテリっぽく聞こえますが、実際は、生命保険や損害保険、医療保険などのセールスレディが名刺に「ファイナンシャルプランナー」と書くためだけに利用している程度の資格です。 一応は国家試験なので、合格すればそれなりに意味はありますが、特にこの資格を持っていても特別な業務ができるわけでもなく、資格を持っていなくても同様の業務はできます。 転職・就職にはあまりプラス評価の材料とはなりませんが、国家資格ということもあり一応は堂々と履歴書に書くことはできます。 しかし、あまりPRしすぎても、分かる人には「ふ〜ん」といった程度です。 自己啓発のために学習したとPRするぐらいがよいでしょう。 あくまでも「自己満足的」な資格で役立つ機会はほとんどありません。 ファイナンシャルプランナーには1級から3級までありますが、1級はそれなりに難しくなかなか合格できません。 1級まで目指そうと考えるのなら、他の国家資格を目指した方がよいでしょう。 あるいは簿記検定を目指す方が役立つ機会は多くあります。 3級は比較的容易に合格できるので受験しても3級までで止めておきましょう。 関連資格: ファイナンシャルプランナーの将来性を徹底研究! 使い道があまりない資格 資格試験を紹介しているサイトや通信講座の会社のサイトを見ると、「有望資格」や「役立つ資格」、「使える資格」、「将来性のある資格」なんて紹介されていますが、実際はさほど使い道のない名称だけの資格です。 単に教材を売りたいがための資格にすぎません。 ファイナンシャルプランナーの試験に合格したからと言って、資産家が資金の運用に関してアドバイスを求めてくるわけでもありませんし、重大な取引を依頼してくるわけでもありません。 ましてやこの資格があるから特別な仕事ができるわけでもありません。 当サイトの筆者であるぼくもこの資格は持っていますが、なんとなく受験しただけで特に目的があったわけではありません。 就職や転職に使えるなどと過度に期待しない方がよいでしょう。 生保レディーが取得すると名刺に印刷できてよいかもしれませんが、生保レディーは誰でもなれますし…。 ファイナンシャルプランナーは国家資格とはいえ、役立つことも少なく、時間をかけて取得する意味のない国家資格といえます。 試験日 お申込み 試験は通常年3回、1月、5月、9月に実施されます。 試験日の3か月〜2か月前に申し込みます。 受験資格 「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっていますが、特に制限はありません。 どなたでも受験できます。 試験内容 学科と実技がが行われます。 学科も実技もともに筆記です。 実技といっても数字を算出する計算問題などの出題です。 学科の応用問題といったところです。 学科:筆記(マークシート式)は全60問で択一式 実技:筆記(記述式)で40問 【学科】• ライフプランニングと資金計画から10問• リスク管理から10問• 金融資産運用設計から10問• タックスプランニングから10問• 不動産から10問• 相続・事業承継から10問 【実技】• FP総論から2問• 金融資産運用設計から4問• 不動産から3問• リスク管理から4問• タックスプランニングから3問• 相続事業・承継から3問• ライフプランニング・総合問題から21問 試験に関する詳しい情報はをご覧ください。 ファイナンシャルプランナー おすすめテキスト・基本書 最も利用者が多いテキストです。 魔法のようによくわかる、というのは大げさですが、出来るだけ表現を噛み砕いて分かりやすい文章で書かれているのが特徴です。 そのためどの章から学習しても入りやすく、最初から学習しないと全体を理解できないということはありません。 スマホでも学習できるのが大きな特徴です。 これと問題集があれば合格できるのではないでしょうか。 種類 評価 テキスト 初心者でも分かりやすいように無理なく学習を続けるための工夫がしっかりとされています。 テキスト内は1日目、2日目からはじまって31日目と区分けされており、1日で学ぶ分量が決められています。 「1ヶ月で学ぶ」ことを目標にしていますが、もちろんこの通り学習して1ヶ月で合格できるはずはありません。 FP試験の入り口と言える3級の学習を快適にスタートするための最初の1冊です。 後は問題集で実力をつける必要があります。 種類 評価 テキスト ファイナンシャルプランナー おすすめ問題集.

次の