ソニー 損保 海外 保険。 AIG損保の留学保険・海外旅行保険

ハワイに行くから「海外旅行保険のソニー損保」に加入してみた

ソニー 損保 海外 保険

国内大手保険会社の損保ジャパンの海外旅行保険。 窓口で加入するよりもネットでダイレクトで加入したほうが45%~55%ほど安く加入することができる。 海外旅行保険のネット販売ではかなりの実績があり、保険料が安いだけでなくサポート体制も良いことからリピーターが非常に多い。 行き先、日数、補償内容を細かく指定できるため、自分の旅行プランにぴったりの保険を組める。 クレジットカード付帯の海外旅行保険の上乗せ部分だけを、損保ジャパンの海外旅行保険で入っていく人も多い。 申込み期間は旅行出発の45日前から当日までで、出発当日でも申し込みできるのがありがたい。 またほとんどの保険会社が土日祝日は電話サポートを行っていないのに対して、 損保ジャパンは平日は9時~20時、土日祝日も9時~17時まで受付をしており、サポート体制の充実ぶりがここからも感じられる。 【ポイント】 ・ネット申込みで50%ほど安くなる ・海外旅行保険(ネット加入)の老舗 ・利用者の評判がとても良い 【サポート問い合わせ】 TEL:0120-666-756 受付時間は9時~20時まで 土日祝は9時~17時まで 【新着のクチコミ】 「サポート係が親切。 飛行機遅延が補償されました。 」 (30代男性/東京都 ) 今年の6月にアメリカ旅行行った際、なんと往復共に飛行機の機材トラブルにより翌日のフライトに振替となりました。 発生した食事代、ホテルまでの交通費を全て請求させて頂いたのですが電話での対応は親切で、支払いも素早くしていただきました。 特に往路分はうっかり領収書を貰い忘れてしまい、諦めかけていたのですが無事に支払われました。 今後も海外に行く際には絶対に利用します。 「治療費用12万円を受け取れました」 (50代女性/大分県 ) 7月初旬ヨーロッパ旅行中に体調が悪くなり、添乗員より保険会社へ連絡して頂き、通訳者と共にタクシーで通院(スイス)しました。 胃炎との診断で点滴を受け、服薬が出ました。 帰国後請求に際し、同年3月に胃炎の通院歴があり、既往症と見なされ保険金が出ないのではと心配していましたが、その点を聞かれるも、問題にはせずにすんなりと費用全額(約12万円)出してくれました。 掛け金も安くとても助かりました。 「ファミリープランが特にお得です!」 (30代女性/神奈川県 ) 家族4人での加入なので「OFF」はとても助かりました。 又、実際、海外で病院にかかり、お世話になりました。 その時の対応が素早く親切でやさしくて本当に助かりました。 契約時、コピーをとり持参するよう説明されてあったので良かったです。 「価格も安いし、サポートも良し」 (30代男性/群馬県 ) 渡航先と日数によって、細かく料金プランが設定されています。 ネットから申し込むとかなりお得です。 保険料請求時も丁寧なメール対応をしてくれました。 「告知に厳しい保険」 (40代男性/東京都 ) 価格に惹かれて5年前、ネットで加入して、ハワイへ行きました。 救急車で診察する羽目になり、救急車代5万円、診察代7万円。 日本に帰って来てから、請求しましたが、渡航前に風邪で通院した事がある事がネックになり、通院歴があると言うだけで 支払いはされませんでした。 かなりかみついて話したのですが、全くとりあってもらえませんでした。 国内ではあまり知られていない保険会社だが、スイスに本社がある会社で世界的には大手の保険会社。 旅行会社・旅行代理店との連携を強化してきており、海外旅行保険に力を入れている保険会社である。 保険料は少し高めだが、治療費用・救援費用の無制限プランや「旅行中の事故による緊急費用」補償などオススメできる要素が多くあり、 手厚い保障・サポートを受けたい方に向いた海外旅行保険を販売していて、実際に旅行プランを扱っている旅行会社や旅行代理店からの評価や信頼が高い保険会社である。 基本的にチャブ損保のセットプランに入っておけば補償は十分。 なお、ネット申込みが出来るのは70歳まで。 【ポイント】 ・旅行会社から高評価を獲得 ・充実した補償とサポートを提供 【サポート問い合わせ】 TEL:03-6364-7117 受付時間は9時~17時まで 土日祝を除く 【新着のクチコミ】 「安心できる保険会社だと思います」 (40代男性/東京都 ) 定期的にChubb損害保険を使っています。 先日はラウンジでのコーヒー無料サービスを使うことも出来てお得でした。 もちろん旅行は何もないのが一番ですが、もしものときも馴染みの保険代理店に聞けるので安心して旅行に行けています。 (わが家は医療保険でもチャブ保険に入っているので一度に任せられるのも便利ですね) 「窓口担当の方がとても丁寧で良かったです」 (20代女性/神奈川県 ) 神奈川県にある保険会社窓口で加入しました。 実は最初は複数の保険会社で見積もりをとって別の会社にするつもりだったのですが、そちらの保険会社があまり対応がよくなくて出発のギリギリになってチャブ保険にしたのですが、担当の人がとても丁寧に応じてくれました。 旅行日数が少し不透明で質問もたくさんしちゃいましたけど、面倒なそぶりは一切なく親切に答えてもらってとても満足しました。 幸いなことに旅行先で保険を使うことはありませんでしたが、ここなら頼れるかなと思いました。 外資系大手のAIG損害保険会社の日本支社。 2017年12月までAIUという社名で、2018年1月より合併を経てAIG損害保険会社となった。 多くの海外に支店を展開していることもあって、海外での事故対応力やサポート力には定評があり、当サイトの調査でも一番の評価だった。 保険料は少々高めだが、 「糖尿病の持病があるが、それも補償してくれる保険で助かった」(30日以内の旅行であることが前提) などのプラス評価があったほか、 「保険料をクレジットカード払いだけでなく、コンビニエンス払いやATM払いも出来る」など他の保険会社にはない特徴がある。 【ポイント】 ・海外旅行保険に強みのある外資系保険会社。 ・保険料は高めだが、事故対応力は高く、提携病院数も充実している。 ・保険利用者からの良い評価が多い。 【サポート問い合わせ】 TEL:03-5611-0874 受付時間は9時~17時まで 土日祝を除く 【新着のクチコミ】 「AIGに入ってて本当に助かりました!文句なしの対応に感謝。 」 (40代男性/千葉県 ) 長期の出張中に交通事故にあい、命に別状はなかったもののアバラ骨を一本骨折して病院のお世話になる羽目になりました。 AIG海外旅行保険は保険料が高いですし、プライベートの旅行だったら多分違う保険を利用していたと思うのですが、結果的には会社の言う通りAIG保険会社に入っておいてよかったと感じます。 良い値段がするだけあって、対応がとても親切でした。 会社への連絡も書類の用意も、病院とのコミュニケーションも肩代わりにしてもらえたので、十分に体を休めることができ。 保険の申請というものはもっと自分から動かなくてはならないものだと思っていたので、ひたすら意外に感じました。 「病気持ちの自分でも入れた海外旅行保険.。 旅行のたびに加入してます。 」 (50代男性/東京都 ) インターネットで他の海外旅行保険に入ろうと思っていたのですが、持病があるため入ることができませんでした。 AIG保険ではそんな自分でも加入できる唯一の保険としてとても重宝しています。 「入っててよかったと思いました」 (20代女性/兵庫県 ) 旅行中に耳をケガしてしまい、帰国してから病院へ行きました。 保険に入っていたことを主人から聞いて問い合わせたところ手続き方法を丁寧に教えてくれてとても助かりました。 心強かったです。 「支払い拒否!! 電話対応にも不満です。 」 (20代女性/東京都 ) この保険会社は定額の保証は親切ですが一定より高額になると急にあり得ない理由で支払いを拒否します。 風邪をひいたり歯の詰め物がとれたりなどの場合はとても親切でしたが、大きな金額になったとたん電話対応などが不親切になりなした。 二度と保険会社には入りません。 損保ジャパンと同じくこちらも国内大手の保険会社。 海外旅行保険のネット販売は最近から始まったが損保ジャパンと同水準の安い価格で人気を集めている。 リピーター割引が効くというのが三井住友海上火災保険の特徴。 行き先、日数、補償内容を細かく指定できるため、自分の旅行プランにぴったりの保険を組める。 旅行当日でも申し込みできるのはとてもありがたい。 ただし、フリープランがなくなりセットプランでしか申し込めないのはマイナス評価。 クレジットカード付帯保険の上乗せとして「治療費用だけを多めに保障したい」などの自由な設計が希望の人はが良さそう。 【ポイント】 ・ネット申込みをすると金額が安くなる ・リピーター割引を使えば最安値水準 【サポート問い合わせ】 TEL:0120-988-181 受付時間は9時~17時まで 年末年始を除く 【新着のクチコミ】 「子供が2度入院したときに助けてもらいました」 保険口コミ投稿日:2019年8月18日 (40代女性/静岡県 ) お勧めです。 うちは、海外旅行の際はいつもこの保険を利用しています。 これまで、2度(シンガポールとアメリカ)子供たちが入院したり病院にかかったりしました。 いずれもキャッシュレスで、素早い対応をしていただき、安心して治療を受けられました。 シンガポールで入院した時の病院の話では、「チープな保険会社では個室料金がなく大部屋にしか行けないので、今は大部屋が空いていないから料金が発生するが、この保険は個室も対応しているから入院できます。 」と言われました。 やはり、保険はチープでは困ります。 まぁしいて言えば、いまどきはコレクトコールもホテルから簡単にかけられないので、現地のフリーダイヤルもあったので、これをしっかり案内してもらえれば最高でした。 「日本人スタッフのいる病院でキャッシュレス治療を受けられました」 (60代女性/埼玉県 ) 海外旅行の時は、毎回入ってます。 スーツケースのタイヤの破損やバンコクでの打撲擦り傷にも対応してくれてキャッシュレスで日本人スタッフのいる高度医療病院にも対応できました。 日本に電話をかけて対応してくれた保険会社の方もとても親切でした。 「私はもうここの保険には入りません」 (40代女性/東京都 ) 保険料は安いですが、代金の出し渋りをします。 最初に出ると調子よくいっていたことも出しません。 あまりお勧めできないと思います。 旅行会社最大手のJTBグループとAIGグループの合弁で作られた保険会社で、特に海外旅行保険に強い。 2017年度オリコン顧客満足度ランキング(海外旅行保険)では、「支払い手続き・対応」で第2位を獲得している。 同社の商品「t bihoたびほ」の特長は、ネット専用ならではの安さで、利用が2回目以降の人はさらにリピーター割引(3%)が適用される。 またネット手続きにおける利便性も高く、例えば旅行出発前に予定が変わり保険の契約を取消したい、あるいは出発日を変更したいという場合でも、マイページからすぐに手続きができるのがよい。 家族や友人との旅行では10名までまとめてグループ申込むことができたり、一部メンバーのみ契約を取り消したい、出発日・帰国日を変更したいという場合までもネットで対応できるところが海外旅行保険専門の保険会社ならではといえる。 保険料節約プランで加入(観光、10~49歳の場合)。 航空機遅延(定額払型)1万円をオプションでセット。 保険料:2,460円 傷害死亡 1,000万円 傷害後遺障害 1,000万円 治療・救援費用 1,000万円 疾病死亡 1,000万円 緊急歯科治療費用 10万円 個人賠償責任 1億円 携行品損害 30万円 航空機寄託手荷物遅延(定額払型) 1万円 航空機遅延(定額払型) 1万円 弁護士費用等 100万円 テロ等対応(日額) 1万円 安さ サポート 利便性 クチコミ 人気度 旅行期間 1年以内(2年まで延長可) 所要時間 5分程度 支払方法 クレジットカードのみ 申込期限 出発の3ヶ月前から当日まで可能 オプション 旅行キャンセル費用 旅行中断費用 ペット預入延長 (保険料、プラン内容は同社HPより抜粋) 【新着のクチコミ】 20代男性/山梨県 たびほのリピーターですが、今年の夏の旅行で加入したらスマホアプリ(たびほスマートガイド)がダウンロードできるようになっていました。 これすごくいい!ケース別のトラブル対応とか、病院の位置がGoogleMapで表示されたりとか。 あと海外の病院で病気の症状を説明するための翻訳ツールもついてます。 この会社の本気感を感じました。 40代女性/茨城県 保険請求の対応がスピーディでよかった。 我が家は高齢者がいるので旅行キャンセル費用がオプションでつけられるのは万が一の時にありがたい。 50代女性 もう何回利用したかわかりませんが、外国へ行く場合は、必ずたびほを利用しています。 第一の理由は、渡航キャンセル費用が入っているため! 一度外務省サイトで危険と言われ始めた場所への渡航がダメになった際も、たびほに加入していたため、かなりの費用が返ってきて、ホットしました。 30代女性/岩手県 旅行前にテロ等が発生し、メール・電話で旅行キャンセルの保険金対象なのか聞いた。 メールは1週間放置され、電話も返答に時間がかかり過ぎる。 ジェイアイ自体は以前利用し、保険金請求の際も心のある対応だったが、こちら(たびほ)は別モノ。 60代女性 ネット申込で旅行キャンセル費用や旅行中断費用の申し込みが出来るとは知らなかったため、今までは保険会社へ直接申し込んでいた。 こんな便利に申し込めて良かったです。 事故対応力やサービス力はNo1の評価 保険料 サポート力 クチコミ 人気度 外資系大手のAIG保険会社(旧AIU保険)。 海外での事故対応力やサポート力には定評があり、当サイトの調査でも満足度は一番の評価だった。 よく読まれている海外旅行保険コラム• 「海外旅行保険、他の人はいくらくらい支払ってるの?」にお答えします。 代理店加入とネット加入などの加入方法別の平均保険料と、もっとも得する加入方法について解説しています。 海外旅行事故データを分析して、「海外旅行保険って本当に必要なの?」、「保険金額はいくらに設定したらいいの?」という疑問にお答えします。 海外で増えているスマホ盗難ですが、海外旅行保険の携行品補償では対象外としている保険会社もあります。 スマホ盗難に備える海外旅行保険の選び方と注意点をまとめました。 空港で販売されている海外旅行保険。 私がタイ旅行の際に実際に視察&調査をして、海外旅行保険比較をしたので記事にしてみました。

次の

【プレスリリース】ジェイアイ傷害火災、ソニー損保の海外旅行保険において業務提携

ソニー 損保 海外 保険

海外旅行保険の取扱い 保険金をお支払いする場合 海外旅行保険(インターネット海外旅行保険「新・海外旅行保険【off! 】」、海外旅行総合保険など)において、保険金のお支払い対象となる場合は以下のとおりです。 補償項目 保険金のお支払い対象となる場合 疾病死亡• ・責任期間中に死亡された場合• ・責任期間中に発病して、責任期間終了後72時間以内に治療を開始し、責任期間終了後30日以内に死亡された場合• ・責任期間中に感染して、責任期間終了後72時間以内に発病および治療を開始し、責任期間終了後30日以内に死亡された場合• 治療費用 治療・救援費用 疾病治療費用• ・責任期間中に発病して、責任期間終了後72時間以内に治療を開始した場合• ・責任期間中に感染して、責任期間終了後72時間以内に発病および治療を開始した場合• 旅行変更費用 (新・海外旅行保険【off! 】では販売していません。 ) 以下の事由に該当し、出国を中止または中途帰国した場合。 ただし、これらの事由およびその原因がご契約日または保険料支払日以前に生じている場合を除きます。 (1)被保険者、同行者またはご親族の方が死亡した場合または危篤となった場合• (2)被保険者、同行者またはご親族の方が所定の期間入院した場合• (3)渡航先(渡航先の属する国の地域を含みます。 (4)被保険者または同行者に対して日本もしくは外国の官公署の命令、外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられた場合 など• 渡航は止めてください。 (退避勧告)」または「レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)」が発出された場合をいいます。 なお、補償対象となるのは、各国に対する退避勧告または渡航中止勧告発出前にご契約いただいた場合に限ります。 保険責任期間の自動延長について 感染可能性のある旅行者の収容・拘束も報道されていますが、次の事由により保険期間末日までに帰国できない場合には、それぞれ下表のとおり保険責任期間の終期が自動的に延長されます(今回の新型コロナウイルスの影響が予想される事由を抜粋して記載しております。 事由 延長期間 ・搭乗予定航空機等の遅延、欠航・運休 ・被保険者が治療を受けたこと ・被保険者の同行家族、同行予約者の入院 到着が通常遅延すると認められる時間で、かつ、72時間を限度に自動延長 ・被保険者に対する公権力による拘束 (日本政府や渡航先政府による感染可能性のある方の隔離・収容など) 正常な旅行行程につくことができる状態に戻るまでに要した時間だけ自動延長• 注 2020年5月1日時点の取扱いであり、今後の状況により変更する場合がございます。

次の

ソニー損保の海外旅行保険

ソニー 損保 海外 保険

海外旅行保険の必要性と素朴な疑問 海外旅行に行くときに悩むのが、海外旅行保険に入るかどうかですね。 実際問題として、海外旅行では29人に1人(3. (出典:) 確かに、日本に比べて衛生面が万全ではない地域で、慣れない飲み物や食事でおなかを壊したり、ストレスや疲労で思いがけない病気にかかったり、事件や事故に巻き込まれたり、盗難被害で身動きが取れなくなるといった思わぬトラブルに遭遇することもあるため、外務省でも海外旅行保険への加入を強く勧めているほどです(出典:)。 とはいえ、「クレジットカードに付いている保険ではだめ?」「勤め先の健康保険は役に立たない?」「入っている医療保険は海外でも使える?」といった素朴な疑問を抱く人も少なくありません。 そこで、今回は、これら疑問について実際のところどうなっているかをお伝えした上で、海外旅行保険の上手な活用法を考えます。 クレジットカード付帯の保険は補償不足に注意! クレジットカードに付帯されている海外旅行保険(以下、クレカ付帯保険)」の利用を視野に入れることは、とても良い方法です。 ただし、旅立つ前に、以下の3点の確認はお忘れなく。 まず1点目は、病気の補償がしっかり付いているかどうかです。 景気の不透明感からか、各クレジットカード会社が付帯サービスを縮小する動きが顕著です。 クレカ付帯保険もしかりで、補償内容がどんどん削られる傾向があります。 図表1にあるように、海外旅行中のトラブルのうち一番出番が多いものは「治療・救援費用」なので、手持ちのカードのうち、この補償が手厚いのはどれか、まずは確認しておきましょう。 続いて2点目は、補償の発動要件がどうなっているかです。 というのは、カードを持っているだけで海外旅行保険が有効になる「自動付帯タイプ」と、そのカードで旅費を支払って初めて海外旅行保険が有効になる「利用付帯タイプ」が混在している状況だからです。 現状では、無料で海外旅行保険が付帯されているカードの大半は「利用付帯タイプ」です。 いざというときに、補償がされず後悔することがないように、旅立つ前にしっかり確認しておくことが大切です。 そして3点目は、クレカ付帯保険の限度額についてで、高額な治療費の立替えに耐えうるか、念のため確認をおすすめします。 家族旅行の場合は、カードを持っているご自身だけでなく、家族の補償で不足分がないかも留意して確認してみてください。 なお、クレカ付帯保険では、いったん自分で治療費などを立替えて、後で保険会社に請求する流れが主流で、キャッシュレス治療のようなサービスが無い場合も多いことも留意しておいた方が良いでしょう。 海外旅行中にやむをえず現地の医療機関で診療等を受けた場合は、「海外療養費」として一部医療費の払い戻しを受けることが可能です。 ただし、手間ひまがかかる上に万全ではないことは、しっかり理解しておきたいところです。 これが、ハワイで300万円かかった場合には、いったん全額の300万円を支払った上で、所定の書類を添えて申請すれば、公的な健康保険等から42万円が支給されて、258万円(=300万円-42万円)は最終的に自腹となる計算です。 なお、海外での盲腸(虫垂炎手術)の治療費は図表2をご参照ください。 現地で治療にあたったドクターに英語等で記入してもらい、その日本語訳を作成して提出する流れになります。 そのため、スムーズな手続きを目指すなら、出国前に診療内容明細書と領収明細書の英語版等を健康保険等から入手した上での渡航がおすすめです。 帰国してから気づいたというケースでは、現地ドクターに書いてもらうためにメールや国際電話などでやりとりする羽目になり、時間も手間も費用もかかり大変です。 一覧は目安としてください。 海外旅行先でも医療保険は使える? 民間保険会社で入った医療保険でも、海外で入院・手術時に保険金等を受取れるプランが一般的です。 公的な健康保険と同様に、治療費を自分で支払った上で、必要書類を取り揃えて保険金等を請求すれば、後日に口座に振込まれる流れは同じです。 医療保険は通常、日本での自己負担分(前述の盲腸の手術の例で言えば18万円)のカバーのために契約している人が多いので、高額な海外での治療費(前述の例では300万円)への備えとしては不十分になる可能性が高いことは覚えておきましょう。 なお、現地の病院でいったん治療費を全額払い、医師の診断書と領収証を添えて請求する流れは、公的な健康保険や国民健康保険の請求と同様ですが、民間保険会社の医療保険の場合は、診断書などの日本語訳は不要になる場合も多いようです。 不安がある場合には、保険会社が提供する海外旅行保険の活用も一つの方法です。 最近はインターネットで旅行当日でも契約でき、ニーズに合わせて補償を組合せられるプランも増えています。 補償額が大きめで、提携病院での治療費を保険会社が病院に直接支払うキャッシュレス治療ができる場合もあります。 また、保険会社提供の海外旅行保険には、現地病院の手配に加え、主な言語について日本語通訳サービスが標準装備です。 日常会話程度なら話せるという人でも、医学用語はよくわからなかったり、手術が必要になった際に説明内容を十分理解した上でサインできるか不安という声はよく耳にします。 jtbcorp. asp? jihoken. jihoken. anzen. mofa. html(2018年12月21日参照) 関連キーワード一覧•

次の