夕日 を 見 て いるか。 [伊良部島]海へと沈む夕日を見に伊良部・下地島へ

[伊良部島]海へと沈む夕日を見に伊良部・下地島へ

夕日 を 見 て いるか

エヴァは精神世界がとても複雑なアニメですからね。 夕日と電車はおそらく哀愁、ノスタルジー、虚無感を表したものでしょう。 アニメ中主人公シンジの過去は非常に悲観に満ちた形で描かれています。 夕日はよく哀愁やノスタルジーといったもののシンボルとして描かれます。 また電車は自らは操作できない、なるようになれという虚無感の象徴として表されたりします。 ある意味ではシンジの過去と現在との架け橋として電車が描かれているのかもしれません。 またガラガラなのは、彼が信頼を寄せている人が少ないことを表現しているのではないでしょうか。 いずれにせよ、アニメの大義は視聴者に伝えることです。 我々の解釈と制作者側の解釈では相違が少なからずあります。 ただどう感じるかは自由なのでひとつの参考にしていただければと思います。

次の

じゃらん「この秋見たい夕日絶景ランキング」、1位堂ヶ島海岸・2位新穂高ロープウェイ・3位不老ふ死温泉

夕日 を 見 て いるか

エヴァは精神世界がとても複雑なアニメですからね。 夕日と電車はおそらく哀愁、ノスタルジー、虚無感を表したものでしょう。 アニメ中主人公シンジの過去は非常に悲観に満ちた形で描かれています。 夕日はよく哀愁やノスタルジーといったもののシンボルとして描かれます。 また電車は自らは操作できない、なるようになれという虚無感の象徴として表されたりします。 ある意味ではシンジの過去と現在との架け橋として電車が描かれているのかもしれません。 またガラガラなのは、彼が信頼を寄せている人が少ないことを表現しているのではないでしょうか。 いずれにせよ、アニメの大義は視聴者に伝えることです。 我々の解釈と制作者側の解釈では相違が少なからずあります。 ただどう感じるかは自由なのでひとつの参考にしていただければと思います。

次の

エヴァンゲリオンを見ていると、夕日の差し込んだ空いた電車のシーンが...

夕日 を 見 て いるか

少し前に、南向きの部屋に引越した。 やや東向きで、朝日がとても気持ちがいい。 前に丘状に上がる林があり、それが、道によって山のように三重に折り重なって見えるのだが、それが、射し入る日射しによって切られたように照し出される姿はとても神々しい。 現在の季節だと9時頃にそのような景色を見ることができる。 もともと日当たりを期待して南向きの部屋を選んだのだが、斜めから射し入る光には独特の魅力がある。 これは朝日だけではなく、夕日にも当てはまる。 午後、日の光が同じような角度で射し入るのは、3時を過ぎたころである。 斜めからの光は、その光と陰によって、木々の本質を描きだすのかもしれない。 しかし、同じ光でも、午後の光は、やや寂しげである。 先日、ふと窓に目をやると、鮮やかなオレンジ色が目に入った。 窓に近寄って、西の空を見ると、橙に深く染まった雲が層をなしてたなびいている。 ここに引越して「夕日」は何度か見たが、ここまで「夕焼け」が見事に見えたのは、何年ぶりだろう、としばらく見入ってしまった。 その日は、昼すぎから雲が晴れてきて、青空も薄く見え始めていたのだが、そのような条件が、夕方になるころ、あのような情景をつくり上げたのだと思う。 次の日の朝、7時ごろカーテンを開けて、東の空を見る。 この日の日の出は6時50分ぐらいのはずだから、部屋からは太陽は見ることはできず、建物の脇からかろうじて、雲の縁が赤く帯状に照し出されているのが見えた。 それがいつになく赤く、見ていると、その赤がみるみると広がり、より上層の雲を赤く染める。 そしてそれが薄まると共に、先ほどの下層の雲の陰になっていた部分が輝きだす。 そのような情景を、まるでオーロラが揺らいでいるかのような気持ちになりながら、しばし窓に張り付いて見ていた。 太陽の光は、人間の生命力の維持にかかせない、と日の光に当ってみるといつも実感する。 特に朝の日射しには神聖さがあり、それには強い生命力を感じる。 それ対して、夕日には、むしろ彼岸への自己否定的なあこがれを感じる。 そう、先日の夕焼けと比べてみて、改めて思う。 どちらを好ましく感じるかは、その人の性格や年齢しだいだろうが、わたしには、朝日の方が少し安心感がある。 先日の夕日を見ながら、それに飲まれないように自分を維持するのに少し苦労したからだ。

次の