糸魚川 コロナ。 糸魚川こどもクリニックブログサイト

糸魚川コロナウイルスでたのか?

糸魚川 コロナ

新型コロナウイルスの発生について ・中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いています。 ・最新の情報は厚生労働省のホームページをご確認ください。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> (参考)コロナウイルスとは 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> 【インターネット・SNS上の情報について】 ・インターネットやSNS上において、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が掲載されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる情報もあります。 ・むやみに転載・拡散することなく、厚生労働省や県などの公的機関のホームページ等で情報を確認いただきますようお願いします。 糸魚川地域の皆様へ 新潟県内で感染の報告がありました。 詳しくはこちらをご覧ください。 〇糸魚川地域の皆様におかれては、風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、引き続き通常の感染対策に努めていただくようお願いします。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> 〇集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 「新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター」が設置されました 県では、 3月10日 火曜日 から、「新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター」を設置しました。 受付時間 月曜日~金曜日(祝日除く) 8:30~17:00 受付電話番号 025-282-1754 このコールセンターは、症状がない方やどこに相談したらよいか迷った方の相談を受ける窓口です。 なお、ご自身の症状に不安がある方に対しては、症状に応じて糸魚川保健所の「帰国者・接触者相談センター」で相談を受け付けています。 糸魚川保健所に「新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センター」を設置しました 〇感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかが分からないという県民の方々の不安を軽減し、また、患者を診療体制等の整った医療機関に確実につなぎ、医療機関を発端とした感染症のまん延をできる限り防止する観点から設置するものです。 〇センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 【センターへの連絡・相談について】 十分な準備の下、帰国者・接触者外来医療機関で診療を受けて頂くため、できるだけ平日8時30分から17時15分までの早めの時間にお電話くださるようお願いします。 警備員室につながるので、電話番号をお伝えいただき、担当から折り返しご連絡します。 【新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について】 1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと ・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。 ・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。 ・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。 2.帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安 ・少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) ・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) ・小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査の必要性については医師が個別に判断します。 3.医療機関にかかるときのお願い ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 なお、医療機関に関する相談等については、必要に応じ、最寄りの保健所にお問い合わせください。 特に、発症の申し出があった当該宿泊者に対応した従業員は、マスクの着用、症状が認められた際の医療機関での受診等、適切な対応を講じてください。 また、検査実施の際には積極的な検体の確保に御協力くださるようお願いします。 <外部リンク> <外部リンク> 新型コロナウイルスに関連した肺炎にご注意ください(关于新型冠状病毒感染的肺炎的重要通知).

次の

新型コロナウイルスに関するよくある質問/糸魚川市

糸魚川 コロナ

新型コロナウイルスの発生について ・中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いています。 ・最新の情報は厚生労働省のホームページをご確認ください。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> (参考)コロナウイルスとは 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> 【インターネット・SNS上の情報について】 ・インターネットやSNS上において、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報が掲載されていますが、中には不確かな情報や事実とは異なる情報もあります。 ・むやみに転載・拡散することなく、厚生労働省や県などの公的機関のホームページ等で情報を確認いただきますようお願いします。 糸魚川地域の皆様へ 新潟県内で感染の報告がありました。 詳しくはこちらをご覧ください。 〇糸魚川地域の皆様におかれては、風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、引き続き通常の感染対策に努めていただくようお願いします。 <外部リンク> <外部リンク> <外部リンク> 〇集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 「新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター」が設置されました 県では、 3月10日 火曜日 から、「新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター」を設置しました。 受付時間 月曜日~金曜日(祝日除く) 8:30~17:00 受付電話番号 025-282-1754 このコールセンターは、症状がない方やどこに相談したらよいか迷った方の相談を受ける窓口です。 なお、ご自身の症状に不安がある方に対しては、症状に応じて糸魚川保健所の「帰国者・接触者相談センター」で相談を受け付けています。 糸魚川保健所に「新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センター」を設置しました 〇感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかが分からないという県民の方々の不安を軽減し、また、患者を診療体制等の整った医療機関に確実につなぎ、医療機関を発端とした感染症のまん延をできる限り防止する観点から設置するものです。 〇センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 【センターへの連絡・相談について】 十分な準備の下、帰国者・接触者外来医療機関で診療を受けて頂くため、できるだけ平日8時30分から17時15分までの早めの時間にお電話くださるようお願いします。 警備員室につながるので、電話番号をお伝えいただき、担当から折り返しご連絡します。 【新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について】 1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと ・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。 ・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。 ・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。 2.帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安 ・少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) ・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) ・小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査の必要性については医師が個別に判断します。 3.医療機関にかかるときのお願い ・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 ・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 なお、医療機関に関する相談等については、必要に応じ、最寄りの保健所にお問い合わせください。 特に、発症の申し出があった当該宿泊者に対応した従業員は、マスクの着用、症状が認められた際の医療機関での受診等、適切な対応を講じてください。 また、検査実施の際には積極的な検体の確保に御協力くださるようお願いします。 <外部リンク> <外部リンク> 新型コロナウイルスに関連した肺炎にご注意ください(关于新型冠状病毒感染的肺炎的重要通知).

次の

【糸魚川】新型コロナウイルス感染症に係る農林漁業者・食品事業者向け相談窓口【令和2年度】

糸魚川 コロナ

糸魚川市内、新潟県内における感染症発生情報をお知らせします。 <外部リンク> 令和2年第25週(令和2年6月15日から6月21日まで) 糸魚川市内の状況• 国の警報(継続)基準を超えた疾病:なし• 情報はありません。 新潟県内の状況• 全県に警報を発令している疾病:なし• 「新型コロナウイルス感染症について」はこちらをご覧ください。 集団感染は、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」という共通点があります。 やむを得ず外出する場合には、マスクを着用してください。 腸管出血性大腸菌感染症の届出がありました。 (別紙1参照)• 腸チフスの届出がありました。 (別紙2参照) 主な感染症の発生状況 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎の発生状況(定点報告、最近6週間の推移) 咽頭結膜熱(プール熱)、突発性発疹の発生状況(定点報告、最近6週間の推移) 糸魚川市内の社会福祉施設等における集団発生情報 報告年月日 施設の種類 感染症等の種別 発症者数 主な症状 備考 令和2年6月12日 保育所等 感染性胃腸炎 10人 下痢 関連リンク 糸魚川市内小・中学校等及び保育園・幼稚園の状況、新潟県内施設等の状況及び情報は、次のリンクからご覧になれます。 糸魚川市ホームページ• <外部リンク>• <外部リンク> 新潟県ホームページ• <外部リンク>•

次の