サマー ヌード 山下 智久 ドラマ。 サマーヌード 1話から全話をフル動画で山pを無料視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは?

SUMMER NUDE (テレビドラマ)

サマー ヌード 山下 智久 ドラマ

今は海辺の小さな写真館で、結婚式や学校行事で写真を撮っている。 朝日は、ある日突然自分の前から姿を消した昔の恋人、香澄のことを3年経った今でもずっと忘れられずにいる。 東京の人気レストランの店長をしている夏希(香里奈)も、恋人に逃げられるという同じような経験を持つ女性。 恋人に逃げられたあと、偶然にも朝日の先輩が経営する海の家を切り盛りすることになった夏希。 夏希が恋人に逃げられたところを偶然朝日が写真におさめるという、何とも不幸な出会い方をする二人。 更に、夏希は朝日の先輩が経営する海の家を任せられることに・・。 朝日同様、結婚目前で逃げ出した恋人のことを嫌いになれない夏希。 そして、朝日が過去の恋人を想い続けていることを知りながらも、朝日を一途に想い続ける、高校の後輩であり、地元の仲間でもある波奈江(戸田恵梨香) どれほど想いを寄せても、朝日はその想いに応えてはくれない。 夏希の出現で、大好きな朝日の心が揺れていることを感じた波奈江は・・。 海の家を舞台に繰り広げられる、キラキラ輝く三角関係。 この3人の恋の行方は・・。 最新話「あらすじ」• ドラマっ子のひとり言 夏のフジテレビの月9って感じのドラマですね。 私がもっと若ければドキドキしていたかも・・。 海の家での出会い、恋って、なんだか憧れます。 昔、ビーチボーイズでドキドキしていました。 私も海の家で働きたいなあ。 こんな暮らししたいなあって思っていました。 海の家って、何であんなに素敵な感じがするんでしょう。 出会いとか、恋とかってことだけじゃなくても、なんだか自由な感じがするし、開放感もあるし、毎日楽しく働けそうだなって思ってしまいます。 山Pと香里奈さんが、どんな風にして近づいていくのか、私なりに想像してみましたが・・どうなんだろう?私は、ケンカしながらも近づいていくパターンのヤツかなって思ってるんですけど・・。 違うかな?!どうかな?!是非観てみたいと思います。 2013年 夏ドラマ リスト 枠 タイトル 系列放送局 月 9時 フジ系列 火 9時 フジ系列 10時 フジ系列 水 9時 テレ朝系列 10時 日テレ系列 10時 フジ系列 木 9時 TBS系列 9時 テレ朝系列 10時 フジ系列 金 10時 TBS系列 土 9時 日テレ系列 日 9時 TBS系列.

次の

サマーヌード 1話から全話をフル動画で山pを無料視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは?

サマー ヌード 山下 智久 ドラマ

Huluというサービスはご存知の方が多いと思いますが、それのフジテレビ版です。 これがなかなかよく出来ていて、見逃したドラマをスマホやタブレット、パソコンからいつでも見ることが出来ます。 しかも!通常は月額888円(税抜き)かかるこのサービスですが、下記の方法で申し込めば 完全 無料で利用することができます。 サービス名 Hulu FODプレミアム 動画本数 30,000本 22,000本 無料期間 2週間 2週間 ポイント なし 1300ポイント無料 電子書籍 なし 雑誌など読み放題 見る方法 スマホ、タブレット、パソコン、テレビ スマホ、タブレット、パソコン、テレビ どちらも文句なしのサービスですが、Huluは動画サービスに終始していてマンガや雑誌が読めない点でFODプレミアムの方が勝ってるように思います。 は具体的にどんな動画が見れるのか?どんな雑誌やマンガが見れるのか?を詳しくみていきます。 動画編 画像にあるのはあくまで一部!あくまで一部ですが有名人気作品がこれだけあります。 詳しくはでご確認ください フジテレビのサービスなので過去の月9が大量に見れるのは嬉しいですね。 8のつく日にもらえる400ポイントを3回集めて合計1200ポイント。 違法サイトで見るリスク Pandoraやdailymotionなどの違法サイトを使って「サマーヌード」が見れるのか? 答えは見れる場合もあると思います。 ただ、画質が悪く広告まみれ、話数が飛び飛びだったりして全話イッキに見ることはまず不可能です。 また、海外サイトのためウイルス感染リスクもあります。 それなら、高画質・高音質・NO広告ので見たほうがストレスなくドラマを楽しめます。 画質に対して受ける印象は人それぞれですが、低画質だとどうしてもドラマの世界観が伝わりづらくなってしまいます。 それにどちらも無料なので、低画質で違法なサイトで見るよりも高画質で公式サービスであるFODプレミアムを使った方が安心して見れますね。 朝日には、忘れられない恋人がいた。 3年前、理由も告げず突然姿を消した恋人・一倉香澄(長澤まさみ)の帰りを海辺の街で今もずっと待ち続けていた。 いつもと変わらないある日、仕事先の結婚式場で、花婿に逃げられる瞬間の花嫁・千代原夏希(香里奈)に遭遇。 思わず、その決定的瞬間を持っていたカメラに収めてしまった。 そんな最悪にして不幸な事故のような出来事で2人は出会ってしまったのだった。 一方、朝日には、高校からの腐れ縁で、いつも1番そばにいて朝日にかなわぬ思いを寄せ続ける谷山波奈江(戸田恵梨香)がいた。 何度告白しても揺れず、いなくなった香澄のことを今でもずっと待ち続ける朝日に、懲りずにアタックし続ける波奈江の恋の行方は・・・。 そんなけなげな姉、波奈江のことを弟の駿(佐藤勝利)も陰ながら応援しているのだった。 みんなが愛する海の家「青山」に危機が迫っていた。 オープン以来毎年欠かさずに海の家を開いてきたがこの20周年目の大事な節目に、店長である下嶋勢津子(板谷由夏)の出産により連続開店記録がストップしてしまいそうなのだった。 勢津子の夫、賢二(高橋克典)は今年は無理だと止める。 そんなやりとりを聞いて朝日は夏希に連絡を取る。 夏希が下す決断とは。 「サマーヌード」2話のあらすじ 朝日(山下智久)は、3年前に自分のもとを去った恋人の香澄(長澤まさみ)を忘れられず香澄がモデルになっている看板への挨拶も続けていた。 勢津子(板谷由夏)の代わりに海の家「青山」で働くことになった夏希(香里奈)は、波奈江(戸田恵梨香)の自宅を出て、カフェ&バー「港区」のそばの倉庫のような部屋に住むことを決める。 朝日が勤める写真館にやってきた波奈江は、朝日に履歴書に貼る証明写真を撮ってくれと頼むが断られてしまう。 小南(斉木しげる)は、自分が撮ってやると言うが、波奈江はそれでは意味がないと答える。 波奈江は20歳になったら朝日に写真を撮ってもらうという約束をしていたが、それから5年経った今も約束は果たされていなかった。 夏希が「港区」で仕込みをする間、朝日が撮影したアルバムをめくっていた賢二(高橋克典)と孝至(勝地涼)は、波奈江が言うようにそこに波奈江の写真だけがないことに驚く。 そんな日の夜、朝日は光(窪田正孝)が勤めるレンタルビデオ店に来て、いつもようにDVDの延滞料金を支払った。 3年前、香澄と見る約束をしたDVDを延滞料金を払いながら借り続けているのだ。 別の日、朝日と浜辺にいた夏希は、カメラを手にした朝日になぜ波奈江を撮ってやらないのか、と聞く。 たまたまだ、とはぐらかす朝日に、自分は波奈江を応援すると約束している、香澄のことは早く忘れたほうがいい、と言う夏希。 そんな夏希に朝日は・・・。 「サマーヌード」3話のあらすじ 朝日(山下智久)は、香澄(長澤まさみ)と見るはずだったDVDを返す決心をするが、ラジオから流れてきた思い出の曲を聴いた途端、気持ちが揺らいでしまう。 さらに、香澄の看板に挨拶もしない、と自ら決めた約束も破ってしまう。 そんな朝日の態度を、夏希(香里奈)は厳しく指摘する。 朝日に写真を撮ってもらうことになった波奈江(戸田恵梨香)は、ハイテンションで撮影場所を探し始める。 さらに、往年の名女優のポーズを学ぼうと、光(窪田正孝)が勤めるレンタル店にDVDを借りに行く。 一方、夏希に気がある孝至(勝地涼)は、朝日にDVDを返却させるから、それが成功したら自分とデートをしてくれ、と申し込む。 別の日、撮影場所や衣装まで完璧に決めた波奈江は、朝日に撮影日の相談をするが、朝日は忙しいなどと言って先延ばしにする。 待ちきれない波奈江が撮影場所を書いた地図を見せると、写真を撮るのは無理だと言う。 ほとんどが香澄と行った場所なので、そこで波奈江の写真を撮ることはできない、と言う朝日。 波奈江はそんなに自分のことが嫌いなのか、と落ち込む。 それを聞いた夏希は、自分が朝日に文句を言うと怒りをあらわにする。 賢二(高橋克典)がなだめても怒りが収まらない夏希に、駿(佐藤勝利)が「待っていてもしょうがないのに」とボソッと言った。 それを聞き逃さなかった夏希は、駿を問いただす。 その頃、朝日は自宅で自分が撮影した香澄の写真を眺めていて・・・。 「サマーヌード」4話のあらすじ 朝日(山下智久)は、やっと波奈江(戸田恵梨香)の写真を撮ることができた。 夏希(香里奈)は、朝日に波奈江を少しはいいと思うのか、と聞くと、朝日はうなずいた。 同じ頃、写真館に、とある家族がやってくる。 母親(奥田恵梨華)は、手術を控える息子の雄太(秋元黎)の思い出にしたい、と海辺での撮影を希望した。 それを引き受けた朝日は、海に入れず不満そうな雄太に、海に入るよりももっと楽しいことを教えてやる、と言った。 そんな夜、朝日に呼ばれた夏希、波奈江、孝至(勝地涼)、光(窪田正孝)、駿(佐藤勝利)は、「海に入るよりも楽しいこと」を考えるが、決まらずに各自が「宿題」として持ち帰ることに。 波奈江の家に寄った夏希は、最近朝日が吹っ切れたように見える、波奈江が朝日を思い続けてきた理由が少しわかった、と言った。 それを聞いた波奈江は、夏希とライバルになるのは嫌だから、と釘を刺す。 そこへ朝日から、遊びを思いついた、と波奈江に電話が入る。 翌日、遊びと撮影を終えた雄太は朝日の元を離れず、朝日と一緒に寝る、と言って聞かない。 朝日は、そんな雄太を自宅に泊めてやる。 夜、夏希のもとに、雄太からオムライスを出前してほしい、と電話が入る。 呆れながらも、オムライスを作って届けた夏希。 しかし夏希が帰ろうとすると、雄太が手を離さない。 結局、夏希も朝日の部屋に泊まることに。 朝日はそんな夏希に、あなたをこの町に呼んでよかった、と言い・・・。 「サマーヌード」5話のあらすじ 朝日(山下智久)といい雰囲気になっている波奈江(戸田恵梨香)は、夏希(香里奈)の前でもにやにやしてしまう。 朝日と波奈江の進展具合が気になる夏希は、ふたりは付き合っているのか、と波奈江に聞く。 曖昧に答える波奈江に夏希は、少しは光(窪田正孝)とあおい(山本美月)を見習ったらどうか、とハッパをかける。 波奈江にフラれた光は、あおいと付き合うことになったのだ。 そんな突然の展開に、孝至(勝地涼)や賢二(高橋克典)も驚きを隠せないでいた。 そんな折、カフェ&バー「港区」に、波奈江の父の和泉(渡辺哲)がやってくる。 酒造会社の社長なのに酒に弱い和泉は、酒を飲むと机に突っ伏して寝てしまう。 朝日や夏希が様子を見ていると、波奈江が迎えにやってきた。 起き出した和泉は、朝日に香澄(長澤まさみ)がモデルになっているビールの看板を外してもいいのか、と意思確認をする。 波奈江と和泉を送り出した後、夏希は朝日に、もうすぐ開催される花火大会の日に波奈江に告白しろ、そうしないと恋愛請負人として波奈江に雇われている自分の立場がない、などと急き立てる。 それを聞いた朝日は、人のこともいいが、夏希に気になる男性はいないのか、と聞き・・・。 夏希は自分の朝日への思いをとめられなくなっていた。 「サマーヌード」6話のあらすじ 波奈江(戸田恵梨香)に告白しようと思った矢先、香澄(長澤まさみ)の姿を目にした朝日(山下智久)は動揺する。 状況を察した香澄はその場を立ち去るが、朝日は後を追わない。 しかし、その後も香澄のことが頭から離れない朝日に、波奈江は香澄に会って来い、と言う。 朝日は、香澄の姿を求めて、夜の町を探し続けるが、香澄を見つけることはできなかった。 ところが翌日、写真館にいた朝日のもとへ香澄から電話がかかってくる。 香澄が戻ってきた、というニュースは、たちまち町の人々の噂となった。 その頃、東京に戻ると決めた夏希(香里奈)の送別会が開かれることが決まる。 それを孝至(勝地涼)から聞いた朝日は、自分が知らないうちに夏希が決断していたことに驚く。 勢津子(板谷由夏)から香澄のことを聞いた夏希は、波奈江の家を訪ねる。 波奈江は、気丈に振る舞いつつも、内心では大きなショックを受けていた。 別の日、東京での仕事の面接を終えた光(窪田正孝)は、神宮球場の外観を撮影すると波奈江に写真をメールで送った。 夏希の送別会が始まり、「港区」に朝日、孝至、駿(佐藤勝利)、あおい(山本美月)、賢二(高橋克典)、勢津子らが集まった。 朝日と顔を合わせる自信がない波奈江は、風邪を理由に欠席していた。 朝日は何度も波奈江に連絡するが、電話はつながらなかった。 その頃、波奈江は東京にいた。 孝至とともに自宅に戻った朝日は、香澄か波奈江か、自分の決心を明かすが・・・。 「サマーヌード」7話のあらすじ 朝日(山下智久)が波奈江(戸田恵梨香)に告白しようとした瞬間、突如香澄(長澤まさみ)が現れる。 このような大事な瞬間に香澄に阻まれたことにより波奈江は新たな決断をする。 ついに波奈江は、自ら朝日に別れを告げたのだった。 そんな中、夏希(香里奈)は東京に戻り、新たなレストランの仕事に就いた。 なかなか思い通りにいかず奮闘を重ねる中、波奈江との電話や思いがけない波奈江の訪問が心の支えとなっていた。 そして、光(窪田正孝)も映像関係の会社への就職が決まり東京に旅立とうとしていた。 皆で送別会をやろうということになり光を誘うが光はかたくなに送別会を断る。 光が送別会を拒否し続ける理由とは。 意外な事実がそこにはあった・・・。 「サマーヌード」8話のあらすじ 朝日(山下智久)のもとを旧友の山田始が訪ねてくる。 始は、東京で活躍する売れっ子カメラマンで朝日の専門学校時代の同級生だった。 始は、世界的なファッションブランドのポスターを撮影するカメラマンに、日本人で初めて抜てきされたという。 次の撮影の下見も兼ねてみさき市にやってきた始を、波奈江(戸田恵梨香)や孝至(勝地涼)は質問攻めにする。 夏希(香里奈)は、新しい店にも慣れ、店長の影山(中村俊介)らともいい関係を築きつつあった。 一方、朝日に面接用の写真を撮ってもらい、就職活動を始めた波奈江は、苦戦を続けていた。 駿(佐藤勝利)は落ち込む波奈江に、実務経験がないから雇われないのだろう、と痛烈な言葉をぶつける。 東京でアシスタントディレクターとして働き始めた光(窪田正孝)は、慣れない撮影現場で修行する日々を送っていた。 そんな折、始は朝日に、このまま写真館に残るつもりなのか、と聞く。 朝日がそうだと答えると、学生時代、卒業式の日に自分と交わした約束はどうしたのか、と迫りカメラマンとしての腕を買っている朝日の活躍を期待して待っているのだ、と明かした。 その夜、朝日は夏希に電話をし、学生時代の友人に痛いことを言われた、と報告。 その後、ふたりはテンポのいいおしゃべりを続け・・・。 「サマーヌード」9話のあらすじ 朝日(山下智久)、波奈江(戸田恵梨香)、孝至(勝地涼)らは、久しぶりにカフェ&バー「港区」に戻ってきた夏希(香里奈)を歓迎する。 皆が夏希にあれこれと質問をするうち、波奈江は、朝日と夏希が連絡を取り合っていたことを知る。 その後、夏希、波奈江、あおい(山本美月)は、波奈江の自宅に移動し、女子会ノリで盛り上がる。 単刀直入なあおいが波奈江に、朝日のことは完全に吹っ切れたのか、と聞くと波奈江は、朝日とは友達同士のほうが向いていると悟ったのだ、と答える。 そんな波奈江のもとに、光(窪田正孝)から今回は帰郷できない、とメールが届く。 それを知ったあおいは、自分が光にメールを送っても10回に1度しか返信が来ないのだ、と不満を漏らし、波奈江は光をどう思っているのか、と聞く。 次の日、海の家「青山」のキッチンには、夏希と勢津子(板谷由夏)が立っていた。 今年最後の営業となった「青山」は、大勢の客で賑わっていた。 その中にいた朝日は、笑顔で働く夏希の姿をカメラに収める。 やがて営業が終わり、「青山」の片付けを手伝っていた波奈江は、海辺ではしゃぐ朝日と夏希を複雑な心情で見つめる。 その後、一同は「港区」にやって来るが、夏希だけが「青山」で仕事をしていた。 それを聞いた波奈江は、夏希が「青山」で呼んでいる、と朝日に声をかけた。 「青山」にやってきた朝日はそこにいた夏希に・・・。 「サマーヌード」10話のあらすじ 東京で有名カメラマンのアシスタントとして働き始めた朝日(山下智久)は、夏希(香里奈)と連絡を取る時間がないほど多忙な日々を送っていた。 一方の夏希も、店長・影山(中村俊介)の信頼を勝ち得るほどに実力を発揮していた。 そんな折、孝至(勝地涼)が東京に出張でやってくる。 孝至は理由を付けて朝日を呼び出し、ふたりで夏希とあおい(山本美月)が暮らす自宅へやってくる。 久しぶりに夏希に再会した朝日だったが、その顔はどこか不機嫌そうだった。 夏希が理由を尋ねると、次に夏希に会うのは、夏希の店に食事に行くときと決めていたからだ、と説明。 朝日が自分との約束を覚えていたことを、夏希は嬉しく思う。 介護ヘルパーの資格が取れた波奈江(戸田恵梨香)は、東京から戻った孝至にそれを自慢げに話す。 すると賢二(高橋克典)に、最初に報告すべきは光(窪田正孝)だろう、と諭される。 別の日、波奈江は東京の光のアパートの前で、光が戻るのを待っていた。 早朝になって戻った光は、波奈江がいることに驚愕するが、自分の部屋へ入らないか、と声をかける。 同じ頃、店で予約表を見ていた夏希は、思わず声を上げる。 そこに「三厨」と名前があったからだ。 夏希から朝日のことを聞いていた影山は、朝日へ出すコース料理をすべて夏希が考案してみろ、と指示する。 その日の夜、ジャケット姿の朝日が店にやってくる・・・。 「サマーヌード」11話のあらすじ 雨のなか、朝日(山下智久)に抱きしめられた夏希(香里奈)は、複雑な表情を見せ、ゴメン、とつぶやいた。 好きになった人が、また自分の前からいなくなるようで怖いのだと言う。 そんな夏希に朝日は、不安な気持ちがなくなるまで待っているから、と微笑んでみせる。 クリスマスが近づいた頃、夏希はついに料理長を任されることになった。 一方の朝日も、カメラマンとしての評価を高めていた。 年が明けた早春、街中で女性モデルの撮影をしている朝日を夏希が目撃する。 しかし、撮影に集中する朝日は夏希には気づかない。 夏希は朝日に電話をしようと思うが思いとどまる。 と、電話が鳴った。 相手は波奈江(戸田恵梨香)で、夏希に相談があると言う。 同じ頃、朝日には光(窪田正孝)から連絡が入った。 やがて夏が来て、夏希は1年ぶりに海の家「青山」にやってくる。 そこには、波奈江、孝至(勝地涼)、勢津子(板谷由夏)ら懐かしい顔があった。 その後、閉店後のカフェ&バー「港区」で夏希が賢二(高橋克典)と話していると、賢二に朝日から連絡が入る。 これから朝日が来るから鍵を開けてやってくれ、と夏希に頼むと賢二は出ていった。 長い時間が過ぎたように感じた頃、朝日が店に入ってきた。 久しぶりに再会したふたりは・・・。

次の

サマーヌード 1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話/11話 無料動画 見逃し配信まとめ

サマー ヌード 山下 智久 ドラマ

Huluというサービスはご存知の方が多いと思いますが、それのフジテレビ版です。 これがなかなかよく出来ていて、見逃したドラマをスマホやタブレット、パソコンからいつでも見ることが出来ます。 しかも!通常は月額888円(税抜き)かかるこのサービスですが、下記の方法で申し込めば 完全 無料で利用することができます。 サービス名 Hulu FODプレミアム 動画本数 30,000本 22,000本 無料期間 2週間 2週間 ポイント なし 1300ポイント無料 電子書籍 なし 雑誌など読み放題 見る方法 スマホ、タブレット、パソコン、テレビ スマホ、タブレット、パソコン、テレビ どちらも文句なしのサービスですが、Huluは動画サービスに終始していてマンガや雑誌が読めない点でFODプレミアムの方が勝ってるように思います。 は具体的にどんな動画が見れるのか?どんな雑誌やマンガが見れるのか?を詳しくみていきます。 動画編 画像にあるのはあくまで一部!あくまで一部ですが有名人気作品がこれだけあります。 詳しくはでご確認ください フジテレビのサービスなので過去の月9が大量に見れるのは嬉しいですね。 8のつく日にもらえる400ポイントを3回集めて合計1200ポイント。 違法サイトで見るリスク Pandoraやdailymotionなどの違法サイトを使って「サマーヌード」が見れるのか? 答えは見れる場合もあると思います。 ただ、画質が悪く広告まみれ、話数が飛び飛びだったりして全話イッキに見ることはまず不可能です。 また、海外サイトのためウイルス感染リスクもあります。 それなら、高画質・高音質・NO広告ので見たほうがストレスなくドラマを楽しめます。 画質に対して受ける印象は人それぞれですが、低画質だとどうしてもドラマの世界観が伝わりづらくなってしまいます。 それにどちらも無料なので、低画質で違法なサイトで見るよりも高画質で公式サービスであるFODプレミアムを使った方が安心して見れますね。 朝日には、忘れられない恋人がいた。 3年前、理由も告げず突然姿を消した恋人・一倉香澄(長澤まさみ)の帰りを海辺の街で今もずっと待ち続けていた。 いつもと変わらないある日、仕事先の結婚式場で、花婿に逃げられる瞬間の花嫁・千代原夏希(香里奈)に遭遇。 思わず、その決定的瞬間を持っていたカメラに収めてしまった。 そんな最悪にして不幸な事故のような出来事で2人は出会ってしまったのだった。 一方、朝日には、高校からの腐れ縁で、いつも1番そばにいて朝日にかなわぬ思いを寄せ続ける谷山波奈江(戸田恵梨香)がいた。 何度告白しても揺れず、いなくなった香澄のことを今でもずっと待ち続ける朝日に、懲りずにアタックし続ける波奈江の恋の行方は・・・。 そんなけなげな姉、波奈江のことを弟の駿(佐藤勝利)も陰ながら応援しているのだった。 みんなが愛する海の家「青山」に危機が迫っていた。 オープン以来毎年欠かさずに海の家を開いてきたがこの20周年目の大事な節目に、店長である下嶋勢津子(板谷由夏)の出産により連続開店記録がストップしてしまいそうなのだった。 勢津子の夫、賢二(高橋克典)は今年は無理だと止める。 そんなやりとりを聞いて朝日は夏希に連絡を取る。 夏希が下す決断とは。 「サマーヌード」2話のあらすじ 朝日(山下智久)は、3年前に自分のもとを去った恋人の香澄(長澤まさみ)を忘れられず香澄がモデルになっている看板への挨拶も続けていた。 勢津子(板谷由夏)の代わりに海の家「青山」で働くことになった夏希(香里奈)は、波奈江(戸田恵梨香)の自宅を出て、カフェ&バー「港区」のそばの倉庫のような部屋に住むことを決める。 朝日が勤める写真館にやってきた波奈江は、朝日に履歴書に貼る証明写真を撮ってくれと頼むが断られてしまう。 小南(斉木しげる)は、自分が撮ってやると言うが、波奈江はそれでは意味がないと答える。 波奈江は20歳になったら朝日に写真を撮ってもらうという約束をしていたが、それから5年経った今も約束は果たされていなかった。 夏希が「港区」で仕込みをする間、朝日が撮影したアルバムをめくっていた賢二(高橋克典)と孝至(勝地涼)は、波奈江が言うようにそこに波奈江の写真だけがないことに驚く。 そんな日の夜、朝日は光(窪田正孝)が勤めるレンタルビデオ店に来て、いつもようにDVDの延滞料金を支払った。 3年前、香澄と見る約束をしたDVDを延滞料金を払いながら借り続けているのだ。 別の日、朝日と浜辺にいた夏希は、カメラを手にした朝日になぜ波奈江を撮ってやらないのか、と聞く。 たまたまだ、とはぐらかす朝日に、自分は波奈江を応援すると約束している、香澄のことは早く忘れたほうがいい、と言う夏希。 そんな夏希に朝日は・・・。 「サマーヌード」3話のあらすじ 朝日(山下智久)は、香澄(長澤まさみ)と見るはずだったDVDを返す決心をするが、ラジオから流れてきた思い出の曲を聴いた途端、気持ちが揺らいでしまう。 さらに、香澄の看板に挨拶もしない、と自ら決めた約束も破ってしまう。 そんな朝日の態度を、夏希(香里奈)は厳しく指摘する。 朝日に写真を撮ってもらうことになった波奈江(戸田恵梨香)は、ハイテンションで撮影場所を探し始める。 さらに、往年の名女優のポーズを学ぼうと、光(窪田正孝)が勤めるレンタル店にDVDを借りに行く。 一方、夏希に気がある孝至(勝地涼)は、朝日にDVDを返却させるから、それが成功したら自分とデートをしてくれ、と申し込む。 別の日、撮影場所や衣装まで完璧に決めた波奈江は、朝日に撮影日の相談をするが、朝日は忙しいなどと言って先延ばしにする。 待ちきれない波奈江が撮影場所を書いた地図を見せると、写真を撮るのは無理だと言う。 ほとんどが香澄と行った場所なので、そこで波奈江の写真を撮ることはできない、と言う朝日。 波奈江はそんなに自分のことが嫌いなのか、と落ち込む。 それを聞いた夏希は、自分が朝日に文句を言うと怒りをあらわにする。 賢二(高橋克典)がなだめても怒りが収まらない夏希に、駿(佐藤勝利)が「待っていてもしょうがないのに」とボソッと言った。 それを聞き逃さなかった夏希は、駿を問いただす。 その頃、朝日は自宅で自分が撮影した香澄の写真を眺めていて・・・。 「サマーヌード」4話のあらすじ 朝日(山下智久)は、やっと波奈江(戸田恵梨香)の写真を撮ることができた。 夏希(香里奈)は、朝日に波奈江を少しはいいと思うのか、と聞くと、朝日はうなずいた。 同じ頃、写真館に、とある家族がやってくる。 母親(奥田恵梨華)は、手術を控える息子の雄太(秋元黎)の思い出にしたい、と海辺での撮影を希望した。 それを引き受けた朝日は、海に入れず不満そうな雄太に、海に入るよりももっと楽しいことを教えてやる、と言った。 そんな夜、朝日に呼ばれた夏希、波奈江、孝至(勝地涼)、光(窪田正孝)、駿(佐藤勝利)は、「海に入るよりも楽しいこと」を考えるが、決まらずに各自が「宿題」として持ち帰ることに。 波奈江の家に寄った夏希は、最近朝日が吹っ切れたように見える、波奈江が朝日を思い続けてきた理由が少しわかった、と言った。 それを聞いた波奈江は、夏希とライバルになるのは嫌だから、と釘を刺す。 そこへ朝日から、遊びを思いついた、と波奈江に電話が入る。 翌日、遊びと撮影を終えた雄太は朝日の元を離れず、朝日と一緒に寝る、と言って聞かない。 朝日は、そんな雄太を自宅に泊めてやる。 夜、夏希のもとに、雄太からオムライスを出前してほしい、と電話が入る。 呆れながらも、オムライスを作って届けた夏希。 しかし夏希が帰ろうとすると、雄太が手を離さない。 結局、夏希も朝日の部屋に泊まることに。 朝日はそんな夏希に、あなたをこの町に呼んでよかった、と言い・・・。 「サマーヌード」5話のあらすじ 朝日(山下智久)といい雰囲気になっている波奈江(戸田恵梨香)は、夏希(香里奈)の前でもにやにやしてしまう。 朝日と波奈江の進展具合が気になる夏希は、ふたりは付き合っているのか、と波奈江に聞く。 曖昧に答える波奈江に夏希は、少しは光(窪田正孝)とあおい(山本美月)を見習ったらどうか、とハッパをかける。 波奈江にフラれた光は、あおいと付き合うことになったのだ。 そんな突然の展開に、孝至(勝地涼)や賢二(高橋克典)も驚きを隠せないでいた。 そんな折、カフェ&バー「港区」に、波奈江の父の和泉(渡辺哲)がやってくる。 酒造会社の社長なのに酒に弱い和泉は、酒を飲むと机に突っ伏して寝てしまう。 朝日や夏希が様子を見ていると、波奈江が迎えにやってきた。 起き出した和泉は、朝日に香澄(長澤まさみ)がモデルになっているビールの看板を外してもいいのか、と意思確認をする。 波奈江と和泉を送り出した後、夏希は朝日に、もうすぐ開催される花火大会の日に波奈江に告白しろ、そうしないと恋愛請負人として波奈江に雇われている自分の立場がない、などと急き立てる。 それを聞いた朝日は、人のこともいいが、夏希に気になる男性はいないのか、と聞き・・・。 夏希は自分の朝日への思いをとめられなくなっていた。 「サマーヌード」6話のあらすじ 波奈江(戸田恵梨香)に告白しようと思った矢先、香澄(長澤まさみ)の姿を目にした朝日(山下智久)は動揺する。 状況を察した香澄はその場を立ち去るが、朝日は後を追わない。 しかし、その後も香澄のことが頭から離れない朝日に、波奈江は香澄に会って来い、と言う。 朝日は、香澄の姿を求めて、夜の町を探し続けるが、香澄を見つけることはできなかった。 ところが翌日、写真館にいた朝日のもとへ香澄から電話がかかってくる。 香澄が戻ってきた、というニュースは、たちまち町の人々の噂となった。 その頃、東京に戻ると決めた夏希(香里奈)の送別会が開かれることが決まる。 それを孝至(勝地涼)から聞いた朝日は、自分が知らないうちに夏希が決断していたことに驚く。 勢津子(板谷由夏)から香澄のことを聞いた夏希は、波奈江の家を訪ねる。 波奈江は、気丈に振る舞いつつも、内心では大きなショックを受けていた。 別の日、東京での仕事の面接を終えた光(窪田正孝)は、神宮球場の外観を撮影すると波奈江に写真をメールで送った。 夏希の送別会が始まり、「港区」に朝日、孝至、駿(佐藤勝利)、あおい(山本美月)、賢二(高橋克典)、勢津子らが集まった。 朝日と顔を合わせる自信がない波奈江は、風邪を理由に欠席していた。 朝日は何度も波奈江に連絡するが、電話はつながらなかった。 その頃、波奈江は東京にいた。 孝至とともに自宅に戻った朝日は、香澄か波奈江か、自分の決心を明かすが・・・。 「サマーヌード」7話のあらすじ 朝日(山下智久)が波奈江(戸田恵梨香)に告白しようとした瞬間、突如香澄(長澤まさみ)が現れる。 このような大事な瞬間に香澄に阻まれたことにより波奈江は新たな決断をする。 ついに波奈江は、自ら朝日に別れを告げたのだった。 そんな中、夏希(香里奈)は東京に戻り、新たなレストランの仕事に就いた。 なかなか思い通りにいかず奮闘を重ねる中、波奈江との電話や思いがけない波奈江の訪問が心の支えとなっていた。 そして、光(窪田正孝)も映像関係の会社への就職が決まり東京に旅立とうとしていた。 皆で送別会をやろうということになり光を誘うが光はかたくなに送別会を断る。 光が送別会を拒否し続ける理由とは。 意外な事実がそこにはあった・・・。 「サマーヌード」8話のあらすじ 朝日(山下智久)のもとを旧友の山田始が訪ねてくる。 始は、東京で活躍する売れっ子カメラマンで朝日の専門学校時代の同級生だった。 始は、世界的なファッションブランドのポスターを撮影するカメラマンに、日本人で初めて抜てきされたという。 次の撮影の下見も兼ねてみさき市にやってきた始を、波奈江(戸田恵梨香)や孝至(勝地涼)は質問攻めにする。 夏希(香里奈)は、新しい店にも慣れ、店長の影山(中村俊介)らともいい関係を築きつつあった。 一方、朝日に面接用の写真を撮ってもらい、就職活動を始めた波奈江は、苦戦を続けていた。 駿(佐藤勝利)は落ち込む波奈江に、実務経験がないから雇われないのだろう、と痛烈な言葉をぶつける。 東京でアシスタントディレクターとして働き始めた光(窪田正孝)は、慣れない撮影現場で修行する日々を送っていた。 そんな折、始は朝日に、このまま写真館に残るつもりなのか、と聞く。 朝日がそうだと答えると、学生時代、卒業式の日に自分と交わした約束はどうしたのか、と迫りカメラマンとしての腕を買っている朝日の活躍を期待して待っているのだ、と明かした。 その夜、朝日は夏希に電話をし、学生時代の友人に痛いことを言われた、と報告。 その後、ふたりはテンポのいいおしゃべりを続け・・・。 「サマーヌード」9話のあらすじ 朝日(山下智久)、波奈江(戸田恵梨香)、孝至(勝地涼)らは、久しぶりにカフェ&バー「港区」に戻ってきた夏希(香里奈)を歓迎する。 皆が夏希にあれこれと質問をするうち、波奈江は、朝日と夏希が連絡を取り合っていたことを知る。 その後、夏希、波奈江、あおい(山本美月)は、波奈江の自宅に移動し、女子会ノリで盛り上がる。 単刀直入なあおいが波奈江に、朝日のことは完全に吹っ切れたのか、と聞くと波奈江は、朝日とは友達同士のほうが向いていると悟ったのだ、と答える。 そんな波奈江のもとに、光(窪田正孝)から今回は帰郷できない、とメールが届く。 それを知ったあおいは、自分が光にメールを送っても10回に1度しか返信が来ないのだ、と不満を漏らし、波奈江は光をどう思っているのか、と聞く。 次の日、海の家「青山」のキッチンには、夏希と勢津子(板谷由夏)が立っていた。 今年最後の営業となった「青山」は、大勢の客で賑わっていた。 その中にいた朝日は、笑顔で働く夏希の姿をカメラに収める。 やがて営業が終わり、「青山」の片付けを手伝っていた波奈江は、海辺ではしゃぐ朝日と夏希を複雑な心情で見つめる。 その後、一同は「港区」にやって来るが、夏希だけが「青山」で仕事をしていた。 それを聞いた波奈江は、夏希が「青山」で呼んでいる、と朝日に声をかけた。 「青山」にやってきた朝日はそこにいた夏希に・・・。 「サマーヌード」10話のあらすじ 東京で有名カメラマンのアシスタントとして働き始めた朝日(山下智久)は、夏希(香里奈)と連絡を取る時間がないほど多忙な日々を送っていた。 一方の夏希も、店長・影山(中村俊介)の信頼を勝ち得るほどに実力を発揮していた。 そんな折、孝至(勝地涼)が東京に出張でやってくる。 孝至は理由を付けて朝日を呼び出し、ふたりで夏希とあおい(山本美月)が暮らす自宅へやってくる。 久しぶりに夏希に再会した朝日だったが、その顔はどこか不機嫌そうだった。 夏希が理由を尋ねると、次に夏希に会うのは、夏希の店に食事に行くときと決めていたからだ、と説明。 朝日が自分との約束を覚えていたことを、夏希は嬉しく思う。 介護ヘルパーの資格が取れた波奈江(戸田恵梨香)は、東京から戻った孝至にそれを自慢げに話す。 すると賢二(高橋克典)に、最初に報告すべきは光(窪田正孝)だろう、と諭される。 別の日、波奈江は東京の光のアパートの前で、光が戻るのを待っていた。 早朝になって戻った光は、波奈江がいることに驚愕するが、自分の部屋へ入らないか、と声をかける。 同じ頃、店で予約表を見ていた夏希は、思わず声を上げる。 そこに「三厨」と名前があったからだ。 夏希から朝日のことを聞いていた影山は、朝日へ出すコース料理をすべて夏希が考案してみろ、と指示する。 その日の夜、ジャケット姿の朝日が店にやってくる・・・。 「サマーヌード」11話のあらすじ 雨のなか、朝日(山下智久)に抱きしめられた夏希(香里奈)は、複雑な表情を見せ、ゴメン、とつぶやいた。 好きになった人が、また自分の前からいなくなるようで怖いのだと言う。 そんな夏希に朝日は、不安な気持ちがなくなるまで待っているから、と微笑んでみせる。 クリスマスが近づいた頃、夏希はついに料理長を任されることになった。 一方の朝日も、カメラマンとしての評価を高めていた。 年が明けた早春、街中で女性モデルの撮影をしている朝日を夏希が目撃する。 しかし、撮影に集中する朝日は夏希には気づかない。 夏希は朝日に電話をしようと思うが思いとどまる。 と、電話が鳴った。 相手は波奈江(戸田恵梨香)で、夏希に相談があると言う。 同じ頃、朝日には光(窪田正孝)から連絡が入った。 やがて夏が来て、夏希は1年ぶりに海の家「青山」にやってくる。 そこには、波奈江、孝至(勝地涼)、勢津子(板谷由夏)ら懐かしい顔があった。 その後、閉店後のカフェ&バー「港区」で夏希が賢二(高橋克典)と話していると、賢二に朝日から連絡が入る。 これから朝日が来るから鍵を開けてやってくれ、と夏希に頼むと賢二は出ていった。 長い時間が過ぎたように感じた頃、朝日が店に入ってきた。 久しぶりに再会したふたりは・・・。

次の