私 の どれ い に なり なさい 映画 ネタバレ。 私の奴隷になりなさいのあらすじ&ネタバレ、無料で視聴するには?

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

私 の どれ い に なり なさい 映画 ネタバレ

サタミシュウの官能小説を映画化した『私の奴隷になりさない』シリーズの第2章&3章が、9月、10月に続けて劇場公開される。 2012年、壇蜜主演で大きな反響を巻き起こした前作から6年。 今度は、行平あい佳&杉山未央という新時代のセックスシンボルを得て、エロスも大幅に進化。 ここでは第2章『ご主人様と呼ばせてください』で、鮮烈な艶技を魅せた行平あい佳にインタビューした。 ありがとうございます。 本当にこんなチャンスを頂けたのが、信じられなかったです。 まず驚いて、それからじわじわと喜びが湧き出てきました。 この作品に関わらせていただけたことは、これからの人生で大きな財産になるという想いでいっぱいです。 本当にありがたいです。 もともとは俳優部に行きたかったんですけど、大学を卒業する時にこっちの道を選んでしまったもので(笑)。 とにかくこの業界に入りたい!という熱が強かったので、映像制作の現場に入って助監督を経験して、少し遠回りしましたけど、いまこうして俳優をしています。 ありがとうございます。 それは自分にとってのメリットなのかなと思っています。 現場でも、キャストのみなさんよりも、技術部(撮影部)のみなさんとの距離のほうが近いかもって思うことも多いです。 恵まれているなと感じます。 びっくりです。 ホント。 個人的な目標として、技術部さんのように職人の魂を持った俳優になりたいと思っているので、もっともっと勉強して、お芝居に真摯に向き合って、コツコツと精進を積み重ねていきたいです。 クランクインは? 毎熊さん演じる目黒との出会いのシーンがそうでした。 はじめのシーンから撮れたのは、演じやすかったですね。 あははは、あそこまで強がらなくても、とは思いましたけど。 大学を出て、おそらく26か27で結婚して、家庭(旦那)を持って、会社にも自分の場所があるし、同僚とも仲良くやれている、と。 大半の人はそうだと思いますけど、普通に生きてきて、目の前のことすべてをソツなくこなしている、そんな人物像を考えました。 後半にかけていろいろと変わっていきますけど、当初のシーンでは、そういう気を見せないように、というところは気を付けました。 もしかしたら急に見えるかもしれませんけど、明乃としては、自分の中にあるもやもやした気持ちに気づきながらも、見て見ぬふりをして来たんです。 今にも、その蓋が開きそうなのに、誰も開けてくれない。 自分でも、開けていいのかどうかも分からない状況で、目黒に一押しされて、蓋がパタパタと開きそうになって……。 そんな揺れ動きの中で、急に我に返ったり、でも、マグマのように噴出してしまって……。 というのが、初めてのベッドシーンの明乃の心境でしょうね。 その揺れ動きは、見ていてちょっとかわいらしかったです。 大きなフラストレーションを抱えていたというよりも、子供が欲しいのか、欲しくないのかとか、どうして旦那との生活はあんなに淡泊なんだろうという、だんだんと積み重なっていった小さな抑圧をどうにかしたい……という思いが根底にあったのかなと感じています。 初めてのベッドシーンはいかがでしたか? 精神的には緊張していなかったんですけど、体が緊張していたみたいで。 あとから毎熊さんに「あまり話しかけないようにしていた」と聞いて、どうも様子は相当変だったようですね(笑)。 順応したというか、やはり刺激ってどんどん弱まって(慣れて)いきますから、要求がエスカレートしていっても抵抗なく、もっともっとという気持ちになっていたのだと思います。 ただ後半、目黒を自宅に呼び寄せるシーンのテンションを表現するのは、ものすごく緊張しました。 それまで見せてこなかった姿だったので、私自身の中に戸惑いがあって……。 本当に毎熊さんに助けていただいたシーンです。 追い込まれていく目黒を見ていて、「しっかりしなよ」って言いたくなるぐらいでした。 でも、それで母性本能をくすぐられる人もたくさんいるんじゃないかっていう、キュートさも感じましたね。 まあ、ホンモノとニセモノの違いを発見できる映画だと思います(笑)。 そこは、ものすごく感情が溢れてきて、ああなったんです。 そうなった気持ちはなんとなく分かりましたね。 まさに母性の発露です。 そうなんです。 そこは劇場で確認していただくとして(笑)。 ただ……(ネタバレ)。 映画の世界で生きてきた人という意味での憧れでした。 母からは女優の素晴らしさを直に聞いたわけでもないですし、自宅ではお母さんでしたから。 試写が終わって何を言うのかなと思ったら……「この作品の撮影って、カメラは手持ち?」ですよ! もう、この人なんなんだろうって思いましたもん。 めちゃくちゃ笑いました。 ひとつひとつの作品に、着実に、真摯に向き合って、できる限りのことをしていきたいです。 技術部さんが製作にかける熱量に負けないように、演出部さんの期待に応えられるように、そして一緒に同じものを見て行きたいと、心から思っています。

次の

行平あい佳/映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』で鮮烈な主演デビュー。「ホンモノの生態を演じ切りました」

私 の どれ い に なり なさい 映画 ネタバレ

映画『私の奴隷になりなさい』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 私の奴隷になりなさい 評価• 点数: 90点/100点• 誰もが感じ取れる色気をカナは持っていた。 色気だけではない、何も話さなくても歩く仕草や物を取る仕草、髪をかきあげる仕草でさえ常に彼女は余裕と自信に満ち溢れている。 職場内の男性陣にとっても彼女は目を引く存在。 なぜ彼女はこんなにも余裕があり、物事に動じず、色気を漂わせているのだろうか。 そんな彼女と出会ってしまった青年の僕は、毎晩、飲み屋やクラブで出会う女を満足させて、自分のテクニックには心底自信を持っていた。 カナと出会った時も当然のように夜に誘った。 しかし、カナにはすっと無言で誘いを断られてしまい、これまでの自分のプライドをズタズタに傷つけられてしまった。 僕はなんとかしてカナを抱こうと執拗に彼女との接触を試みる。 そして彼女に近づくうちに、カナはある男との関係を持っていることに気づいた。 カナはその男を「先生」と呼び、その男はどうやらカナを抱いているようだ。 なぜ僕ではダメで、あの男は良いのか。 まったく理解できず、嫉妬に苦しむ僕。 しかし、その関係は普通の関係ではなく、これまで僕が見たことのないカナの姿に直面することとなる。 はたしてカナとその男との関係とは、カナの正体とはなんなのか・・・。 私の奴隷になりなさい 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『私の奴隷になりなさい』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 メディアで見るよりも小柄で身長は160cmもないくらいである。 よく見るように、髪を片側に流し、すこし顔を傾けているような姿勢で歩いていた。 驚いたのは、彼女から漂うなんとも甘美な香りである!香水でもない、洗濯用洗剤に含まれているような芳香剤でもない香りであった。 花ようなお菓子のような、ふんわりと甘い香りが鼻に香ってきた。 作品中のカナに漂う色気は壇蜜がすでに身につけているものなのかもしれない。 演技をしているというよりは、壇蜜そのままでカナの存在になっているのかもしれない。 一方でカナをいじめ、弄ぶ役を演じるのはお笑いタレントの板尾創路。 ご存知のようにお笑いタレントとしてだけではなく、数々のドラマや映画に引っ張りだこの俳優である。 壇蜜は板尾をメディアで見かけるくらいで共演は初めてだったそうだ。 また、フルヌードや映画自体の出演も初めてであった壇蜜にとって、板尾はいまでも「先生」と呼べる存在だとか。 今回、本作品で壇蜜の美体を目の前にできるだけでなく、陰毛を除毛をするというなんともフェチシズムな役に大抜擢された板尾。 男性の方ならだれしもが羨む役回りなのではないだろうか。 このお二人、映画の公開後にすき焼きを2人きりで食べたりとなんだか良い感じの関係だそう。 結末のカナのセリフ ラストでカナは僕に対して「私の奴隷になりなさい」と言って幕を閉じる。 ということは、これまで先生がカナにしてきたようなことをカナが僕にするということなのであろうか?? このラストがいまいち理解できなかったのだが、先生がカナを調教したのは女性としての本来の美しさを引き出すためであって、カナが僕を調教する意味は特にないと思う。 しかも、奴隷ということは恋人でない関係であることをカナが望んでいるということなのであろうか。 要は、先生が居なくなった寂しさを埋めるような存在になりなさいということな気がしてなんだか切ないラストだなと感じた。 私の奴隷になりなさい まとめ 壇蜜がフルヌードに挑戦したエロティック映画。 しかし、エロさだけでなく、夫が不在の寂しさを抱えた女性が他の男性との関係に溺れていくという切なさ、またそんな女性を思い、彼女が振り向いてくれないにもかかわらず諦めがつかない男性の切なさ、女性を調教するうちに愛情が芽生えてしまった 男性の切なさ、といった「切なさ」にあふれた作品であった。 エロさの中にほろりとするシーンも多々あり、女性が見ても不快に思うどころか、むしろ共感できるところがある作品だと思う。 カナを調教する「先生」役に板尾創路が抜擢されているが、カナを調教するシーンや凌辱するシーンなど重みのある声と迫力のある演技で、壇蜜の性的な魅力を存分に引き出せていた。

次の

私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第 : 作品情報

私 の どれ い に なり なさい 映画 ネタバレ

解説 サタミシュウの小説を原作に、主演した壇蜜の出世作ともなった官能映画「私の奴隷になりなさい」の続編となるシリーズ第3作。 東京農大を中退後、俳優養成所の門を叩いた異色の経歴を持つ杉山未央がヒロインの繭子を体当たりで演じる。 ある日、見た目からでもわかるほど奥手な繭子という女性と出会った目黒は、強烈に調教願望を刺激され、出会ったその日に繭子を調教し、奴隷として開眼させる。 しかし、目黒には夫から妻である明乃の奴隷調教を命令され、明乃にのめり込んだ矢先に関係をその剥奪された過去があり、いまだに心に大きな傷を負いながら、明乃の影をどうしても拭うことができずにいた。 一方、繭子は目黒の調教によって見た目も内面も研ぎ澄まされていった。 そんな繭子の成長に自分が追いつけないことを目黒は気づき始めていた。 今作品に限らず、オークラ映画や昔の日活ロマンポルノでの、裸を出すこと、濡れ場を設けることの制約をベースにそれ以外は制作側の企画を表現して良い造りと、まんま特定目的の為の手段としてのAVとに、ポルノは分類されると認識している。 申したように今作は前者なのだが、しかし城定監督が制作したにしては、かなりストーリー展開が甘く、もっとエグく切り込んでくる、ソリッド感が感じられなかった。 続きモノなので、世界観みたいなものをもっと構築出来た筈なのに、結局は経済力、そして、リアリティのない貞操感欠如の表現が、物語性の浅さを露呈してるように思える。 前述の通り、出演する役柄も、その世界観にしっくりいっていない。 ぴんから兄弟宮史郎みたいな、まさにチンピラ感剥き出し主演男優。 周りを囲む、出落ち感満載のステレオタイプなSMバーの常連達、そして、悲壮感がなく、かといって普段と違い性欲が溢れてるといったギャップ感を演出不足なのか演技不足なのか、巧く表現できていない、女優陣。 多分、これならばセクシー女優を抜擢した方がまだ、その演技の確かさは太鼓判かも知れない筈だ。 まぁ、普通のシーンでの演技が物語のベースだから実際は難しいけど。 原作は相変わらず未読なのでどこまで則っているのか、監督解釈の割合が多いのかは不明だが、しかし本作のプロットは題名のとおり、一人の肉食男が、今までの単純な生殖行為ではなく、もっと快楽を得たいとあれやこれや手を出しながら、色事師としての成長を遂げる、大袈裟に言えば叙述詩であるので、エンタメとしての面白さを優先させているのは制作側としての意図なのであろう。 実際、好色一代男も同様だ。 そこには哲学や倫理観の闘争、本能と理性の鬩ぎ合いみたいなものを織込むことはない。 勿論、世間とのズレによる物語としての小気味よいオチや転換は作品のスパイスなのであろうが、厚みはなるべくそぎ落としているのが狙いなのであろう。 ちょこちょこ、シーンとしてのとっかかりやスイッチみたいなものはあった。 例えば、眼鏡を取らせないことと、後半は首輪を取らせないこと、濡れたタオルでのスパンキング、思わず呟く『レボリューション』なんてのも、某ラジオでのアナウンサーの『ソリューション』を彷彿させる趣深さだ。 只、やはり、SMを扱うのならば、その抗えないフェティシズムと、被虐、加虐、肥大した性欲、そして社会への反旗と、取り残される欠乏、そして自分たちのワールドの構築としかしとどのつまり瓦解していくアイロニーを表現して然るべきなのではないだろうか。 折角、多頭飼いというステージに登って、しかしそのコントロールが巧くできず、Sとしての権威やプライドが覆される、女からの復讐シーンはあんな首回りを噛まれるだけのまるで狂犬病にかかった犬に噛まれたような、ゾンビシーンに似た演出では勿体ない。 まぁ、あれも或る意味コミカルに描くことによるお笑い要素なのだろうけど、なぜにその軽さが必然なのか? ラストシーン、男はいつもの通り、身重の妻の元へ戻り、出産立ち会いで父親の自覚が芽生える。 幻想シーンでの今までの関係した女達がナース姿でお祝いの言葉を掛ける。 温いとしかいいようのないラストだ。 ならば、別離となった女が、しかし新たなマスターと出会い、そして同じように夜の巷で鎖に繋がれる徘徊シーンは、もっと厳しい責め 落書き、否、刺青、そして鼻ピアス を演出させて、もっと堕落した痴態での、元のマスターを想うメランコリックさを表現しての幅のあるギャップ感演出を出すべきだとは強く感じる。 何度も乗せる同じタクシー運転手も、巧くストーリーに組み込めば 例えば、次のステージへの階段を登る為の場面転換への水先案内人的役割 、今作品はシリーズ化できる道筋が生まれるかと思うのだが・・・・ と、まぁこんな感想、蛇足の尤もたるものだろうけど・・・ 苦笑 Powered by• 2018年• 2018年• 2012年• 2012年 私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の