マツコ 裁判。 立花さんやりすぎだと思います。

N国党・立花孝志党首が被告をマツコ・デラックスにするかMXにするか未定も「MXを提訴する」

マツコ 裁判

立花議員がマツコ・デラックスと東京MXを相手に裁判を起こすと発言 昨日は立花氏は東京MX前には行きませんでした。 このまま尻すぼみになるのか?と思いきや、先ほどYoutubeで『マツコ・デラックス』と『東京MX』を被告として裁判を起こすことを宣言しました。 恐らく、ここに噛みつくのが一番効率が良いと思ったのでしょう。 しかも、何度も東京MX前に行くと、自分の心象も悪くなっていくことに気づいたのかもしれません。 確かに、毎週TV局前に行くのは時間の無駄ですし、相手側にも耐性が付いてしまうので、あま大きな効果が期待出来なくなっていきます。 ですから、もうこれは訴えてしまった方がが、国民の関心も高まり他の民放局も取り上げざるおえなくなるかもしれません。 ホント、蝮のように噛みついたら離さない立花流って感じですね。 立花氏本人VSマツコ・MXではなく、告訴するのは国民ってどういうこと? 立花議員は今回のYoutube動画で、『今回侮辱されているのは、自分では無くて国民である』として、集団提訴を提案している。 希望者1万人に対して各1万円、つまり一億円をマツコ・デラックス、東京MXに対して支払わせるという裁判を行うと言う。 一見無謀にも見える計画だが、N国に票を入れたのが200万票近いとすれば、この裁判に参加する「マツコ氏の発言に侮辱された」と感じた人が1万人は軽く到達するのではないか?と思えます。 立花議員らしく計算された裁判作戦 1万人で集団提訴するとすれば、裁判費用は1人につき100円だという計算までして、集団停止に参加する支持者、もしくは一般の人を募集する予定らしいです。 いよいよ、司法も巻き込んでの既得権益の姿を炙り出そうといったところでしょうか。 もしマツコ・デラックスさんの言葉に傷ついたと思う人は、一口のってみてはいかがでしょうか? 民衆が大好きな『お祭り騒ぎ演出』で一気に世論に火を着けようという計算された作戦だとは思いますけどねw。

次の

立花孝志がマツコデラックスと裁判をする本当の目的と理由がヤバい!都知事選挙は大丈夫?

マツコ 裁判

立花孝志さんと言えば日本の公党である『NHKから国民を守る党』の党首です。 元々は議員でしたが、埼玉県知事の補欠選挙に出馬するために自ら議員を辞職しており今は議員ではありません。 そんな立花孝志さんが2020年の7月に源都知事の任期満了に伴って、出馬の意思を表明し話題になっていますね。 また、立花孝志氏と言えばあのテレビ界の寵児である マツコ・デラックスさんを去年の8月辺りから攻撃をし、現在はマツコ・デラックスさんに対して集団訴訟を起こし裁判をしていることでも知られています。 今回は立花孝志氏がマツコ・デラックスさんと裁判をしている本当の目的と理由、また都知事選に立候補した真意などについてまとめてみたいと思います。 立花孝志の抗議はマツコ・デラックスの5時に夢中でのコメントから始まった 8月初旬の『5時に夢中』の公開収録中に選挙の話題についてMCのふかわりょうさんがマツコ・デラックスさんにコメントを求めたところ、議席を増やした『NHKから国民を守る党』について 『(政見放送を見て)なんか宗教みたいで気持ち悪い』 『ふざけて冷やかしで票を入れた人もかなりいるんじゃないか』 と批判的なコメントをしました。 まあ、批判的と言ってもマツコ・デラックスさんなら普通に言いそうなことですよね。 しかし、このコメントについて噛みついたのがNHKから国民を守る党の党首である立花孝志氏だったのです。 テレビでは一切取り上げられない『立花孝志 VS 立花孝志』 その後もしばらく立花氏はマツコ・デラックスさんに対する抗議のYoutube動画を配信し、NHKから国民を守る党に投票した有権者を募るなどして、マツコ・デラックスさんに対する集団訴訟の準備を着々と進めていました。 この間、爆笑問題の太田光さんがテレビを通じて『おい立花!おまえいい加減にしろ』とコメントし話題になるも、直ぐにトーンダウンしてしまいましたね。 また、高須クリニックの高須院長が立花孝志氏と直接対決対談を申し込み実現するも、完全に2人の論点がズレ過ぎて対談になりませんでした。 これだけ大きな騒動となったにも関わらずNHKをはじめ民放のテレビ局ではこの騒動について一切取り上げられることは無かったため、多くのネットユーザーから注目を集めることになりました。 【本当の理由】立花孝志氏は一連の行為を『注目を集めるため』と発言 その後も様々な場面で過激な言動を繰り返して来た立花氏ですが2020年に入って、これらの言動は『注目を集める為、これからは過激路線は控える』と発言し話題になりました。 立花氏からすれば『NHKをぶっ壊す』という公約を掲げる党が一般のテレビ局で全く相手にされない(当然ではありますが)ことを知り、ネットをつかい炎上を起こすことで党の存在を世の中にアピールする狙いがあったようです。 マツコ・デラックスさんとの裁判も、実際多くの人が注目をしてしています。 (最近では飽きられてるかもしれませんがw) そういう意味では、立花孝志氏の狙いもあながち間違っている訳ではなかったと言えますね。 立花孝志氏の都知事選への出馬も注目を集めるためのパフォーマンス? NHKから国民を守る党は『NHKをぶっ壊す』という過激なスローガンを掲げており、それが党の存在理由でもあります。 実際にNHKをぶっ壊すには当然ながら『票』が必要です。 立花氏からすれば多くの人に知られれば自分達にも勝機はあると確信しているのでしょう。 しかし、やはり『テレビの力』は想像以上に大きくテレビに取り上げられなければ知名度を上げることは出来ません。 そこで、立花氏はテレビが『取り上げざるおえなくなる』言動を繰り返しているのです。 そのやり方が良いか悪いかは別として、言っていることは解らなくはありませんね。 恐らく立花氏は、今回の都知事選で当選するとは思っていないでしょう。 おそらく『都知事選挙』は立花氏からすればテレビに取り上げられながら、自分の考えを訴えるには最高に良い場所であると考えているのでしょう。

次の

マツコデラックス&東京MXテレビを東京地裁に提訴しました

マツコ 裁判

マツコ東京MX集団訴訟の債権譲渡希望者に届いた裁判資料 封筒 オモテ 私宛に届いたものです。 ウラ 差出人は浜田聡・参議院議員です。 封筒の中身 債権譲渡希望の皆様へ• 債権譲渡希望の皆様へ マツコ・東京MX訴訟参加について• マツコ・東京MX訴訟参加について 別紙(番組における発言要旨)• 東京MXテレビ「五時に夢中!」番組における発言要旨 債権譲渡契約書 2部(要返信)• 債権譲渡契約書 債権譲渡通知書 1部(要返信)• 債権譲渡通知書 陳述書 1部(要返信)• 陳述書 返信用封筒• まとめ マツコ東京MX裁判に関する裁判資料を紹介しました。 私と同じく裁判資料が届いた方は、書類を全てよく読んでから返送することをお奨めします。 進展がありましたら、報告したいと思います。 返信しました(2020年2月13日).

次の