エクセル 選択 ショートカット。 Excel のショートカット キー

エクセルで画像を選択するショートカット

エクセル 選択 ショートカット

Excelを業務で使っていて、セルの選択や挿入・削除などの操作をしない日はありませんよね。 これを全部、マウス操作で行っていませんか? 複数のセルの編集や、行列の追加・削除など、何度も繰り返す作業は少しでもラクしたいですよね。 時間をかけてマウスで操作していると、目や手も疲れてしまいます。 そんなときは、時短に効くショートカットキーです。 【 エクセル時短】第75回では、セルの選択・操作に関するショートカットを5つ紹介します。 まだ使ったことのない人にはすぐに覚えてほしい、定番のショートカットキーです。 アクティブセルを基準にし、データが入力されている上下左右にセルの選択範囲を広げることができます。 このとき、入力したデータを [Ctrl]+[Enter]キーで確定すると、選択中のセル範囲に同じデータを一気に入力できます。 ただし、日本語入力はオフにしておくことを忘れずに。 アクティブセルがある行全体や列全体を一気に選択できます。 [Ctrl]+[Shift]+[O] コメントがあるセルを選択する 広いシートからコメントが挿入されたセルを探すのは大変ですよね。 挿入済みのコメントが非表示になっていることもあります。 そんなときは[Ctrl]+[Shift]+[O]キーを押せば、コメントの挿入されているセルをすぐに選択できます。 なお、コメントを挿入したいときは [Shift]+[F2]キーです。 コメントがあるセルをすぐに見つけられます。 複数のセルを選択しているときなど、クリックし損ねることもありません。 行全体や列全体を選択するショートカットキーと組み合わせれば、マウスを使わずに行や列を挿入・削除できて便利です! [Ctrl]+[Shift]+[;]キーを押すと、[セルの挿入]ダイアログボックスが表示されます。 なお、行全体や列全体を選択した状態で操作した場合は、ダイアログボックスが表示されずに追加・削除できます。 [Ctrl]+[Shift]+[L] フィルターを設定する 表内のデータを絞り込んだり並べ替えたりする「フィルター」のボタンも、キーボードだけで表示できます。 表内にアクティブセルがある状態で[Ctrl]+[Shift]+[L]キーを押すと、すべての列見出しにフィルターが設定されます。 いかがでしたか? セルの選択、特に「連続したセル」「行全体」の選択は使っている人も多いはず。 普段、意識せずに行っているマウス操作をショートカットキーに置き換えれば、確実に時短できますよ。

次の

【Excel エクセル】セルを編集するときのショートカットキー

エクセル 選択 ショートカット

セルを目的の位置に移動 ジャンプ させる ショートカットキーを押すとセルがジャンプします。 目的の場所まで瞬時に移動させたい時に便利です。 2回押すと、アクティブなセル領域とサマリー行が選択されます。 3回押すと、シート全体が選択されます F8 「F8」キーを押した後にセル またはセル範囲を選択すると、選択したセルまで選択範囲が拡張します。 このショートカットキーはぜひ覚えておきたいです。 カーソルを当てた位置から「BackSpace」を押すと、セル内の文字を1文字ずつ、前の文字を削除することができます Delete 選択したセルまたはセル範囲の文字を削除できます Esc 入力中に確定していないセルの値を削除します。 実行している操作をキャンセルします ファンクションキーの使い方 ファンクションキーの使い方も覚えておくと、意外とよく使うことになるかもしれません。 文字の変換は、押すごとに変換していくので便利です。 ファンクションキー 説明 F1 ヘルプやサポートが開きます F2 ファイルやフォルダを選択して「F2」を押すとファイルやフォルダの名前を変更できます F3 デスクトップで押すと検索画面が表示されます F4 マイ コンピュータまたはエクスプローラでアドレスバーの一覧が表示されます F5 ブラウザで表示されているページを更新します F6 カタカナ入力時に文字を「ひらがな」に変換 F7 文字を「全角カタカナ」に変換 F8 文字を「半角カタカナ」に変換 F9 文字を「全角アルファベット」に変換 F10 文字を「半角アルファベット」に変換 F11 ブラウザなどを全画面表示にします。 もう一度「F11」を押すと全画面表示が解除されます F12 「名前をつけて保存」画面が表示されます ctrl、 shift、十字キーを使いこなせると効率が格段上がります。 エクセルのショートカットキーの中でも「 ctrl」「 shift」「矢印キー」はよく使います。 「 ctrl」「 shift」の位置を覚えて、キーボードを見ずに操作できるようになると一段と効率よく仕事ができます。 覚えておくと便利なキーです。 何度も使っているうちに自然と覚えられます。 こちらの記事もご覧ください。

次の

【Excel】マウスドラッグより超便利な「表」選択ショートカット集:Tech TIPS

エクセル 選択 ショートカット

キーボードショートカットキー 機能 表を選択 列を選択 行を選択 表をカーソル方向の端まで移動 表の最後に移動 表の自動書式設定 本Tech TIPSで取り上げるExcelのキーボードショートカット(ショートカットをクリックすると説明項目にジャンプ) Excelの用途はさまざまだが、何らかの「表」を作成し、これを印刷したり、文書に埋め込んだりといった作業が多いのではないだろうか。 このため、Excelには、一般的な意味での「表」を作成するための機能が多数ある。 ここでは、表の作成に関連した「選択」のキーボードショートカット(以後ショートカットと記す)を紹介する。 これを使えば、どんなに大きくても表全体を選択したり、その行や列といった一部を選択したりすることが可能だ。 もちろん、どのショートカットも同等のことはマウスでも行える。 しかし、マウスの場合、選択範囲の先頭から最後までをドラッグして指定しなければならないため、列や行が多い表の場合にはかなり面倒だ。 これに対して、ショートカットによる表やその部分選択は、表の大きさにかかわらずワンキーで範囲選択が可能だ。 このため、作業効率に大きな違いが出る。 表の選択自体では、セル内容を書き換えてしまうことはないため、まずは試して、便利さを体感してみることをお勧めする。 なお、ここでは表とは単純な長方形の範囲のみを指し、表の左上のセルを「最初のセル」、右下のセルを「最終セル」と呼ぶ。 また、表の第1行を「見出し行」、第1列を「見出し列」として、合わせて「見出し」と呼ぶことにする。 表が未完成でもアクティブセルが表範囲の非空白セルに隣接していれば認識可能 表は、必ずしも完成している必要はなく、空白セルを含んでいてもよい。 ただし、アクティブセルの周囲に必ず表の一部となる非空白セルが存在する必要がある。 一方、けい線の有無やセルの色指定は、表の判定に全く関係しない。 判定に使われるのはあくまでもセルに値や式が入っているかどうか、すなわち非空白セルか空白セルかどうかという点である。 ワークシート中に複数の表があっても、空白セルで区切られていれば、これらのショートカットは、アクティブセルを含む表だけを選択する。 一方、アクティブセルの周囲に複数の表がある、すなわち表と表の間の空白セルをアクティブセルとした場合、それらの表をまとめて選択状態にする。 ただし、一般的なExcelの使い方としては、どんなに表が小さくても、1枚のワークシートに入れる表は、1つだけにするのが鉄則である。 一度覚えると、マウスをドラッグして表を選択するやり方には戻れないだろう。 行や列を選択 表作成の作業で比較的多いのが特定の行や列のみを選択する操作だ。 例えば、表の見出し部分を太字にしてセンタリングといった書式設定をするのは表の見栄えをよくするために比較的多く行われている。 こうした場合、マウスでワークシート上部や左端のヘッダ部分をクリックして列や行をまとめて選択することが多いだろう。 しかし、表が大きいのでウィンドウを最大化しているなどといった場合には、マウスの移動量が大きく、少々面倒だ。 こうしたときには、「行」「列」を選択状態にする[Shift]+[Space]キー、または[Ctrl]+[Space]キーというショートカットが利用できる。 これならマウスを動かす必要もなく、一発で行や列を選択可能だ。 [Ctrl]/[Shift]+[Space]キーの動作 [Ctrl]+[Space]キーはアクティブセルのある縦の列を選択し、[Shift]+[Space]キーは、横に行を選択する。 また、複数のアクティブセルを選択してから[Shift]+[Space]キーや[Ctrl]+[Space]キーを押すと、これらを含んで複数の行や列を選択できる。 書式設定のショートカットキーとの組み合わせが便利 行や列が選択状態となれば、[Ctrl]+[B]キーで選択範囲を「太字」の書式設定に変更できる。 また、[Alt]+[H][A][C]キー([Alt]キーに続けて[H][A][C]キーを順番に押す)でセンタリングの書式設定が可能だが、これは、Tech TIPS「」で紹介したクイックアクセスツールバーに登録してワンキーで実行できるようにしておくとよい。 この他、書式関連のショートカットの主なものを下表に示す。 これらを使えば、表の見出しなどの書式設定作業が効率化する。

次の