エヴァ アスカ 内臓。 惣流・アスカ・ラングレー

エヴァのアスカ「気持ち悪い」セリフの意味とは?シンジが首を絞めた理由も考察!

エヴァ アスカ 内臓

TV版終了から十数年が経過して制作された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』でのアスカには、以下の「キャラクター」が与えられました。 ・苗字が「惣流」から「式波」に変更。 ・登場時から綾波レイをえこひいき、碇シンジを七光りと呼んで露骨なライバル意識を向ける(TV版では、上から目線ながら一応レイに対し「仲よくしよう」と挨拶をした)。 ・初登場時、独力で使徒を殲滅。 (TV版ではシンジとともに弐号機に搭乗。 シンジや軍との協力もあっての殲滅と相成った) ・加治リョウジに対し、関心を抱いていない。 むしろシンジの気を引くためか料理をする描写あり。 ・弐号機に対する執着もあまりなく、あっさり参号機の起動実験を引き受けた。 (TV版では「私の」と枕詞を着けるほど執着) 『新劇場版』のアスカに関する、ある疑惑 『新劇場版』は『序』『破』『Q』と公開。 アスカは『破』にて登場。 「ん?苗字変わった?」とここで多少の違和感を持った人も多いんじゃないでしょうか。 そんなアスカさん、TV版ではシンジの友人だった鈴原トウジの役割(?)であったエヴァ参号機の起動実験のパイロットとして選出されます。 当初は「ツンケンしたエリート」と言った感のあった彼女が、「ガキ」との交流の中異性を意識したり、友人を持ったりするように。 それも悪くないと思ったり、起動実験前年長者(ミサト)に「声が聞きたい」と電話をするなどちょっと子供の面を覗かせた矢先、TV版同様に、参号機は細菌のような使徒に乗っ取られてしまうのでした。 検証・眼帯とプラグスーツ TV版と書いてますが、このTV版、ストーリーの上では『Air/まごころを、君に』という二話構成の映画で完結してるんですね。 その中で、アスカは弐号機に乗った状態で量産型のエヴァシリーズにより攻撃を受けます。 電源(エヴァは基本紐付き)が切られた上、内臓電池も切れた動けない弐号機は見るも無残な姿に…。 アスカ自身は内部にいるため無傷なはずなんですが、エヴァとパイロットはシンクロしているためエヴァの受けたダメージが痛みとして跳ね返ってきます。 左目部分にロンギヌスの槍を刺されて、内臓をついばまれて…。 つまり、「『Q』アスカのプラグスーツの破損箇所が、『Air』でアスカ(弐号機)が攻撃された部分と同じ」というご指摘です。

次の

エヴァンゲリオン (架空の兵器)

エヴァ アスカ 内臓

まず、物語冒頭では序で強敵、第6使徒を倒したNERVでも、来日するアスカでもなく、新キャラ、マリにスポットライトが当たります。 プロローグ マリ対第3使徒 舞台は北極NERV基地、封印していた第3使徒が突如覚醒し基地内を大暴れするところから物語は始まります。 第3使徒は原作に登場しない独特の形をしていますが、新キャラ 真希波・マリ・イラストリアス操る緑のエヴァ、仮設5号機が出撃し、暴走を食い止めようと奮戦、激戦の末、 仮設5号機は大破してしまうものの見事第3使徒のコアを破壊し、撃退に成功します。 墓参りと弐号機参戦 舞台は再び日本に戻り、 シンジと父、ゲンドウの墓参りから物語は始まります。 二人はシンジの母、綾波ユイの墓を参った後、ミサトと共に帰りますがそこで使徒が襲来します。 第7使徒は原作アニメに登場しない特殊な形状をした使徒ですが、来日した 式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ弐号機と壮絶な空中戦を行い、キックによりコアを砕かれ消滅。 シンジはアスカと最悪の出会いをします。 その後、 アスカはミサトの家に同居、シンジのクラスメイトになりますが、シンジに裸を見られるなど印象は最悪のまま、日常パートは続き、シンジは空から密入国してきたマリとも不思議な出会いをします。 しかし、平和はいつまでも続かず、第8使徒、原作では第10使徒サハクィエルが空から落下してきます。 ミサトの作戦によりシンジ、アスカ、レイの三人は協力して使徒を受け止め見事撃退し、パイロット同士の確かな絆が構築されます。 暴走するエヴァと第9使徒 エヴァのパイロット同士の絆が深まった頃、エヴァ4号機の消滅事件の煽りを受けてエヴァ3号機が日本で起動実験が行われることになり、アスカがテストパイロットを志願します。 原作ではシンジの親友、トウジが乗り、悲劇を生むのですが、破ではアスカが乗り込み、やはり起動実験中に第9使徒に乗っ取られてしまいます。 シンジは一人でエヴァ3号機と対峙、アスカが乗っていることを知ると戦闘を拒否しますが、ゲンドウの命令により初号機のダミーシステムが起動。 シンジを乗せたまま初号機は第9使徒もろともエヴァ3号機も徹底的に破壊、 アスカが乗るエントリープラグまで砕いてしまいます。 そしてアスカ死亡を目の前で見たシンジはエヴァに乗ることを辞め、NERVを去ることを決意します。 そんな事を知らないシンジはアスカの死に絶望し、ミサトの家を出ますがそこで新たなる使徒、第10使徒が現れます。 第10使徒は最強の使徒ゼルエルとよく似た容姿をしており、無敵の力を発揮します。 アスカの代わりに弐号機に乗ったマリも奥の手のビーストモードを発動させるも敗北。 N2地雷で攻撃しようとしたレイの乗る零号機も第10使徒を倒すどころか捕食されてしまいます。 まるでアニメ版のゼルエル戦のような壮絶な展開が続く中、レイを救う為立ち上がったシンジは初号機に乗り、人の形に姿を変えた第10使徒を攻撃、覚醒した姿で使徒を圧倒、消滅させ無事レイの救出に成功します。 ですが、エヴァ初号機の覚醒はサードインパクトの引き金だったようで初号機は神のような姿へと変貌して、シンジとレイを飲み込んでいきます。 このままサードインパクトで物語は終わるのかと思ったその時、月から新たなるエヴァに乗った渚カヲルが現れ、槍で初号機のコアを攻撃、サードインパクトを防いだ事でラストを迎えます。 A post shared by shinq1111 on Jul 13, 2019 at 2:10am PDT エヴァ3号機といえば原作トウジは重症を負い、マンガ版では死亡と縁起の悪い機体ですが、テストパイロットとして乗り込んだアスカも初号機のダミーシステムによって全身を引きちぎられ精神崩壊を起こす程のダメージを負います。 しかし、破のラストに流れるQの予告特典でも片目に眼帯をつけたアスカが元気そうに叫んでいる事から死亡はしていません。 しかし、アスカが重症を負った後、シンジは一度もアスカと会えていなかった為、死を強く意識してしまったのではないかと思います。 また、エヴァンゲリオンQで発したアスカの発言からアスカはすでに人ではなく別の生物になっている事がわかっているので、アスカ生存の理由はこのアスカの身体に起こった変化が大きく関係しているとも考えられます。 しかし、続編Qではサードインパクトこそ防げたもののその被害がかなり大きかった事が判明しています。 エヴァンゲリオン破はこれ単体でもかなり楽しめる作品となっているので新作の前に一度見直してみるのも良いのではないでしょうか.

次の

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破 ~アスカとレイの変化~【エヴァ】

エヴァ アスカ 内臓

All Rights Reserved. 古今東西のロボット・SFアニメ作品が共演するゲームシリーズ『スーパーロボット大戦』。 今回は『新世紀エヴァンゲリオン』およびその劇場版が参戦したスパロボの注目ポイントと、エヴァ本編ではありえないスパロボならではの名場面をご紹介する。 これは、『機動戦士ガンダム』での「親父にもぶたれたことないのに!」という名台詞が登場する場面のオマージュだったのだが、実は、エヴァの監督である庵野秀明氏の要望で取り入れられたものだったという。 ほかにも『F完結編』には、絶望したシンジによって人類補完計画が発動してしまうバッドエンドが用意されているなど、初参戦ということもあってか、エヴァ絡みの見せ場が多いゲームとなっている。 『F』『F完結編』では登場しなかった劇場版が初参戦し、戦略自衛隊に代わって、『機動戦士Zガンダム』のティターンズがNERVを襲撃するというクロスオーバーが描かれた。 とくに『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』のキャラクター・衝撃のアルベルトが、第3使徒サキエルと拳を交えるシーンは印象的。 同作品は、音楽のアレンジや選曲がファンの間で高い評価を得ており、エヴァからは、使徒の登場場面で流れる『ANGEL ATTACK』などが採用されている。 『MX』においてエヴァは、『ラーゼフォン』と密接に絡ませて描かれ、ゲームの世界観の中核を担っていた。 しかし、ただでさえ複雑な設定の2作品がクロスオーバーした結果、シナリオが難解になっていると評されてしまうことも少なくない。 ゲーム終盤、惣流・アスカ・ラングレーの窮地に仲間たちが駆けつけるシーンでの、『マシンロボ クロノスの大逆襲』の主人公、ロム・ストールの「待てい!」という言葉に反応して、EVA量産機が動きを止めるくだりは、今でも語り草となっており、ネット上で話題にされることも多い場面だ。

次の