名言 スラムダンク。 【永久保存版】すぐに使える!スラムダンク、とっておきの名言集

スラムダンクの名言集

名言 スラムダンク

「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる:スラムダンクの名言 トップに君臨するものの成長について考えさせられる名言 スラムダンク 第276話「湘北高校バスケットボール部」より引用 『「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる』が使われた背景 湘北高校が全国大会の第2回戦で戦った相手は、 前回、前々回とインターハイを制し、 王者と言われ続けている山王工業高校。 彼らは最強のチームであると謳われており、 神奈川1位の海南大付属高校ですら、大敗してしまうほどの強豪校でした。 会場は山王の応援一色で、 湘北高校は完全アウェーの中で試合を行うこととなります。 試合の序盤は山王相手に対等な試合運びができましたが、 後半に入って山王が本領を発揮し、湘北は後半0得点のまま、20点差も付けられてしまい、誰もが湘北の敗退を確信していました。 しかし、安西監督の指示で桜木が試合の流れを徐々に変えていき、 少しずつ広がった点差を埋めることで、 次第に会場は湘北を応援する人が増えていきます。 その後、何度突き離されようと食らいついていく 湘北は、残り時間が50秒の所で、1点差まで追いつきます。 インターハイを何度も制してきた山王が負け、歴史が変わるかもしれないと、観客たちも湘北を応援します。 残り1秒、放った桜木のジャンプシュートがブザービートで決まり、湘北高校は奇跡の逆転勝利を収めます。 歴代の中でも最強と呼び声が高かった山王が負け、 会場を後にするとき、監督の堂本が選手たちに「 「負けたことがある」というのがいつか 大きな財産になる」と声をかけます。 「常勝の王者にとって敗北は貴重な糧」という考え方 山王は、湘北高校が掲げている全国制覇の夢を語る上で避けては通れない相手です。 このチームは、赤木が中学時代に買ったバスケの雑誌でしばしば紹介されており、 赤木がインターハイの決勝をイメージするときは必ず山王が相手だったと語っています。 それだけ、全国に名が轟いている相手でした。 神奈川最強である海南大付属も、「常勝」という横断幕を掲げていることから、 日本一のチームとして常に勝利することを意識していたため、山王自身や会場の観客たちも、湘北という弱小高校に敗北することなど微塵も考えていなかったはずです。 山王は初戦で敗退するようなチームではなく、たとえ湘北が善戦したとしても、 一時の拍手しか送られず、湘北は勝利してはいけないという流れが会場を埋め尽くすと安西監督は選手たちに伝えます。 その空気にのまれているようでは、全国制覇は成し遂げられない。 「全国制覇を成し遂げたいのなら、もはや何が起きようと揺らぐことのない、断固たる決意が必要なのだ!!」と、 選手たちに今一度決意を強く持つように伝えます。 それほどまでに山王は常に勝利してきたため、 この試合で湘北に敗北してしまったのは、彼らにとって大きなことだったのだと思います。 常に勝利していると、自分の問題点や課題が見えにくくなってしまうものです。 山王の選手たちは最強であることを意識して努力してきましたが、 この敗北によって挑戦者としての気持ちを持ち、さらに成長できると確信があるため、 堂本監督は「「負けたことがある」というのがいつか 大きな財産になる」と選手たちを励ましたのだと思われます。

次の

スラムダンクから学ぶ人生に役に立つ名言10選

名言 スラムダンク

伝説のバスケ漫画「スラムダンク」には、数々の名言がありますよね。 今回は、そんな「スラムダンクの名言集」から、僕が勝手に厳選したものを紹介。 スラムダンクの名言集|桜木花道 オレは今なんだよ!! オヤジの栄光時代はいつだよ・・・ 全日本のときか? オレは・・・ オレは今なんだよ!! 王者、山王工業との死闘の中、怪我をした桜木。 桜木を心配し、怪我をおしてまで出場しようとする桜木を止めようとする安西先生。 そんな安西先生に桜木が言った言葉。 この言葉の後、桜木は強行出場。 その桜木に大歓声を送る観客達。 桜木の栄光時代は、その場所にあった。 シロートだからよ!! バカめ おめーらバスケかぶれの常識はオレには通用しねえ!! シロートだからよ!! 王者、山王工業に大差をつけられてしまった湘北。 「ヤマオーはオレが倒す!」と会場中に向かって叫び、勝つことを諦めかけているチームメイトに「これで勝つしかなかなったぜ」と言う桜木。 そんな桜木に、ミッチーが「おめーが簡単に言うよーな点差じゃねーぜ・・・」と諦めムードの発言をする。 そのときに、桜木がチームメイトに言ったのが、この名言。 イカしてます。 勝負じゃねーかよ ぬ・・・謝るな丸男 勝負じゃねーかよ 山王工業との試合中、桜木に対してファウルしてしまい、桜木に謝る河田弟に向かって桜木が言った言葉。 普段はケンカっぱやい桜木のカッコよさが垣間見えたワンシーン。 天才ですから 桜木がよく使う言葉。 いつもこんなモチベーションでいられたら、どんなことにも挑戦していけるだろーなーと思う。 スラムダンクのラストを飾った懇親の名言! スラムダンクの名言集|赤木剛憲(ゴリ) やっとつかんだチャンスなんだ・・・!! 骨が折れてもいい・・・ 歩けなくなってもいい・・・!! やっとつかんだチャンスなんだ・・・!! 埋もれ続けてきた赤木が、桜木、流川、三井、宮城という強力なチームメイトを得て、ようやく神奈川の絶対王者、海南大付属との挑戦権を手にした。 しかし、海南戦の途中で、足に怪我をしてしまう赤木。 出場をやめるように言うマネージャーの彩子に、赤木が言った言葉。 これを聞いた桜木が奮闘する姿、カッコよし! 湘北は負けんぞ オレがダメでもあいつらがいる あいつらの才能を発揮させてやればいい そのために体を張れるのはオレしかいない おそらく、現段階でオレは河田に負ける でも 湘北は負けんぞ 王者、山王戦。 相手のスーパーセンター河田に全く歯が立たない赤木。 「オレが河田に勝たなければ湘北は負けると思っていた・・・」という赤木に、ライバルの魚住が「赤木がダメでも、あいつらがいる」と教えてくれ、それに気付いた赤木の名言。 スラムダンクの名言集|三井寿(ミッチー) もうオレには、リングしか見えねえ オレはもうあの6番を止められねえ 走ることも・・・ 抜くことも・・・ 何もできねえ・・・ オレからスリーポイントをとったらもう何も残らねえ・・・!! もうオレには、リングしか見えねえ 山王戦の後半、体力を使い果たしたミッチー。 そんな場面で生まれた言葉。 ただただカッコいい、ミッチーファンにはたまらないであろう名言。 バスケがしたいです・・・ グレてたミッチーが、恩人の安西先生と再会したシーンで生まれた名言。 間違いなく、スラムダンクの名シーンの一つでしょうね。 スラムダンクの名言集|安西先生 あきらめたらそこで試合終了だよ 最後まで・・・希望を捨てちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ 中学時代のミッチーに向けて安西先生が言った、スラムダンクを知らない人でも知っているような名言中の名言。 安西先生にこの言葉を言われて、ミッチーは逆転シュートを決め、中学のMVPとなった。 ちなみに、この言葉は、山王戦で桜木にも言ってます。 全てをこのコートにおいてこよう 山王を王座から引きずり降ろすための本当の挑戦はここからだ あと20分 技術も・・・気力も・・・体力も・・・持てるもの全て・・・ 全てをこのコートにおいてこよう 王者山王に対し、湘北はリードして前半を終える。 後半に向かう選手達に、安西先生が「前半はいい出来だった。 そして忘れよう」と前置きをして言った、この名言。 この後、正に「死闘」が待っている。 スラムダンクの名言集|魚住純(ボス猿) オレはチームの主役じゃなくていい うちには点をとれる奴がいる オレが30点も40点も入れる必要はない オレはチームの主役じゃなくていい 全国をかけた「湘北VS陵南」で魚住が残した名言。 「オレには、赤木のような得点感覚はない。 オレの負けなのか?イヤ、そうじゃねえ」って感じで、赤木とは別の戦い方で戦う魚住。 チーム内での役割を見極めた魚住の、めっちゃカッコいいセリフ。 ちなみに、湘北が山王と戦っているときに、試合の流れを見失っている赤木に、魚住がこの学びを授けるところが、またイカしてる。 スラムダンクの名言集|北野先生 バスケットは好きか?南よ 勝つことにこだわりすぎて、不正行為にも手を染めてしまった「エースキラー南」に「試合そのものを楽しむこと」を思い出させた一言。 個人的に、あのシーンがめっちゃ好き。 まとめ|スラムダンクの名言集 この記事では、個人的に「心に響いた!」って感じたスラムダンクの名言を紹介してみました。 まだまだ「名言」って呼べるものが多いのが、スラムダンクの凄いところ。 スラムダンク、最近になって全巻読み返したんですが、何だか、読んでいると勇気をくれる。 感情にここまで訴えてくる漫画、やっぱり名作だよなー。

次の

スラムダンクから学ぶ人生に役に立つ名言10選

名言 スラムダンク

ここがポイント!• 「負けは負けじゃない!」名言から学ぶ次への活かし方 主人公・桜木花道の所属する湘北高校。 全国大会の2回戦で強豪・山王工業と戦うことになる。 彼らは昨年大会の優勝校であり、無敗の最強チームと呼ばれていた。 この対決はスラムダンクの中で事実上、最後に描かれた試合だ。 作品で言えばクライマックスである。 そこで湘北は奇跡とも思える勝利を掴んだ。 喜びにわく湘北メンバーたち。 一方で無敗だった山王工業は多くの選手が初めて「負け」を経験する試合となった。 当然みんな悔しがり、コート裏の廊下で泣く選手までいた。 その時に山王工業の監督が言ったセリフがこちら。 「 負けたことがあるというのがいつか大きな財産になる」 湘北という無名の弱小チームに負けたことは大きなショックだった。 観客すら誰も予想しなかった事態である。 だがそんな負けでも「負けたこと自体に価値がある」と監督は語っている。 失敗して落ち込んだ時、くよくよと引きずることはない。 その経験は 活かし方次第であなたの宝物になるのだ。 ちなみに、筆者は高校時代サッカー部に所属していた。 特に秀でたチームだったわけでもなく、こんな言葉が生まれる環境に身を置きたかったと自信の青春を悔いてしまう。 隠れた名言、宮城リョータの生き様! 「 ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!」 これは山王工業戦で宮城リョータが放った名言である。 宮城リョータは高身長の多い山王工業相手にどうやって戦うか選択を迫られた。 その時に出した結論がこの名言だ。 彼の身長は168センチと、スラムダンクの中ではかなり低い。 そもそもバスケット部の強豪ともなれば190センチとかが当たり前の世界だ。 身長は武器でもあり、立派な才能でもある。 そうした相手と戦うのに何が必要か?結果、宮城リョータはドリブルを選んだ。 これはスラムダンクに限ったことではなくて、現実世界にも身長の低いプロバスケット選手は存在する。 例えば、一時期話題になった田臥選手(173センチ)などだ。 そして彼らの魅力の一つには、やはりドリブルがある。 この名言は「 方法次第で弱点も長所に変えられる」と教えてくれている。 特に身長など自分の力ではどうしようもない。 こうした壁にぶち当たったとき、真っ向から勝負をしても恐らく厳しいだろう。 「スラムダンク」を決めれば確かにカッコいいけど、 「ドリブル」だっていいじゃないか。 深く考えさせられる名言だ。 漢(オトコ)田岡の目上の人に心がけてほしい名言! 田岡茂一、陵南の監督として知られる人物だ。 スラムダンクにおいて彼はネタキャラとして扱われることが多い。 しかし、決めるときは決める「漢の中の漢」でもある。 そんな彼の性格を決定づけた名言がこちら。 「 敗因はこの私!陵南の選手たちは最高のプレイをした!」 これは湘北vs陵南の試合後に行われたインタビューでのこと。 「最後はほとんど思惑通りに試合が進んだ」としつつも、「木暮と桜木にやられた」とも語っている。 また、その2人を「相手校の不安要素」と決めつけていたと明らかにしている。 試合は陵南の負けで終わったが、その原因は田岡自身の 思い込みにあったのだ。 そして彼は実際にこの名言で非を認めた。 選手は最高のパフォーマンスを見せたと褒めてさえいる。 例えば会社でも、自分の失敗を部下のせいにする上司は多い。 そんな世の中で田岡監督のような存在は貴重だ。 もちろんスラムダンクという漫画の世界ではあるが、実際に存在してくれたらどれだけ素晴らしいだろう。 Sponsored Link 彼は指導者としても優秀だ。 田岡は回想シーンである新入部員を怒鳴りつける。 「手を貸すな!」 「倒れたら許してもらえると思ってんのか!」 今のご時世では考えられないスパルタだ。 ちなみにスラムダンク連載当時の1990年代はこうした教育方針が普通だった。 しかし田岡は厳しくする一方で、こんな名言を残している。 「 ゆっくりでもいい。 自分の力でやり遂げろ」 決してスパルタばかりではなく、選手を温かく見守る一言だ。 そうして厳しくも丁寧に育てられたのが陵南のキャプテン魚住である。 田岡監督の夢はそんな魚住をキャプテンにした陵南が全国大会に出ることだった。 残念ながら叶わなかったが、この辺りは特に名言が多く存在する。 スラムダンク屈指のシーンなので 田岡監督の男っぷりと合わせて是非。 もはやネタの定番!仙道が放った試合中の名言 「 まだあわてるような時間じゃない」 ネット上ではたまに特大アスキーアートと共に見られる名言だ。 言葉とは反対に諦めざるを得ない状況でよく使われる。 これはアスキーアートを見ればわかるが、スラムダンクの登場人物・仙道の名言である。 全国大会の神奈川予選で仙道を要する陵南が湘北と戦う。 はじめは陵南有利だったが、キャプテンの魚住が退場処分になってから流れが変わり、とうとう逆転されてしまった。 焦っていつものプレイができないチームメンバーを落ち着かせるために放ったのがこの名言である。 彼がチームの主力であることを印象づける、スラムダンクの中でも特にアツい場面だ。 実際に、スラムダンクの作中では逆転できるくらいの時間も残されていた。 つまり本来は「 落ち着いて状況をよく見ろ」という使い方が正しい。 ちなみに仙道関連では他に、海南戦で彼のチームメイトたちによる名言もある。 「 仙道ならきっとなんとかしてくれる」 これもスラムダンクの中では彼の信頼度を表す名シーンだろう。 ただしネット上では、しばしば問題を無責任に丸投げするときにも使われる。 実際の意味とだいぶ違うのは言うまでもない… 名言にも定評のあるスラムダンク界の不幸男! 仙道と同じく陵南高校のプレイヤーである池上。 彼もまた、特にネット上で有名な名言の持ち主である。 「 ディフェンスに定評のある池上」 そのままの形では見たことがないかもしれない。 汎用性が高いので様々なバリエーションで用いられる。 名言の通り、池上はスラムダンクの中では海南戦でビッグチャンスのきっかけを作るなど活躍の場が多い。 また意外にも陵南高校の副キャプテンだ。 しかし普通のルックスとディフェンスの地味さから、知名度は低い。 スラムダンク作者の井上雄彦氏すら適当に扱っている始末だ。 なぜなら彼の名前は「亮二」だが、これはアニメ化するときに仕方なく付けたものである。 そう、漫画版のスラムダンクでは名字しか語られないのである。 華やかな名言に埋もれてしまったキャラ、それが 池上というキャラなのだ。 名言界のビッグボス!スラムダンクと言えばやっぱりコレ! 「 あきらめたら試合終了ですよ」 思わず安西先生ー!と叫びたくなる名言だ。 この名言はスラムダンクの中で2回ほど登場している。 正しくは「あきらめたらそこで試合終了だよ」あるいは、語尾が「ですよ」だが、ネット上では逆の意味で使われたりもする。 これも「まだあわてるような…」と同じで、ネタ的に見る場合は「 あきらめろ」という意味でよく用いられる。 ただしスラムダンクではもちろん、そんな使われ方はしていない。 あくまで安西先生は勝てる見込みを信じてこの名言を放っている。 ちなみに中学時代の三井寿が残り時間10秒という、1点差負けの状況に追い込まれた時に使ったのが一度目。 二度目は全国大会の2回戦で湘北が山王工業と試合をした時だ。 20点近くも差を付けられて敗戦ムードが漂う中、桜木に向けてこの名言を送ったのである。 結果、どちらの試合も名言をもらった側が勝利している。 安西先生は諦めないことの大切さを教える一方で、選手の実力もしっかり見抜いていたのだ。 ネタ的な見方をしない場合にも、ネット上では「 がむしゃらに頑張れ」という意味で使われがちなこの名言。 しかし実際は「 勝てるのに諦めたらもったいない」とするニュアンスが強い。 この名言はもしかすると、本作のスラムダンクより有名だ。 だからこそ意味を正しく理解してもらいたい。 また、何をやっても駄目な人には「 まるで成長していない」という安西先生らしからぬ名言もある。 セットで使うとある意味ダメージ大だろう。 試合中のものが多いせいか、スラムダンクの名言は少ない言葉でビシっと決めるものがほとんどだ。 使う側(ファン)としては汎用性も高くて便利かと思う。 だからこそ、 逆にネタとしても扱いやすくなっているわけだが… 様々なシチュエーションで使用されるのは、スラムダンクがそれだけ名作だという確かな証拠である。 スラムダンクの「続編」をファンが待ち望むのはナゼ? 別記事でも紹介した通り、未だに スラムダンクの続編に期待している人は少なくない。

次の