菜の花の酢味噌あえ。 菜の花と新玉ねぎの酢味噌和え by くっく☆マニアンさん

菜の花の酢味噌あえ

菜の花の酢味噌あえ

酢味噌の栄養素と効能について 酢味噌はさっぱりとしてこれからの季節にもぴったりですよね。 すでに調合されたものが売っていますが、家でも簡単に作ることが出来るんですよ。 材料はいたってシンプル。 酢に白味噌、みりん、酒です。 とてもシンプルではありますが、酵素やモリブデン、ナトリウムが豊富に含まれているので、 消化を促進したり、免疫力のアップ、がん予防、細胞や神経機能の維持・正常化に効果があるんだそうです。 夏場は暑さで食欲も落ちてしまいますが、それらの解消にももってこいですね! 酢味噌のカロリーはどれくらい? 酢味噌は甘めの味噌「白味噌」やみりんが使用されているので、ややカロリーは高め。 100gあたりで168kcal、 大さじ1杯なら29kcalになります。 ただ合わせる食材がこんにゃくやタコ、イカなどカロリーの低いものが多いので、そこまで気にする必要はなさそうですね。 酢味噌の簡単な作り方について 酢味噌は簡単に出来るおふくろの味。 野菜や魚介類などと和えるだけでさっぱりとした一品になります。 またお酒のおつまみにもぴったりなので晩酌のお供にも最適ですよ。 最近では酢味噌そのものがパウチになってスーパー等で販売されていますが、やっぱり 手作りが一番美味しいですよ。 簡単に出来るのでぜひ作ってみてください。 【材料】• 味噌 大さじ4• 酢 大さじ2• 砂糖 大さじ2• 練り辛子 小さじ1 【作り方】 全ての材料をミキサーで撹拌または鍋で練り上げるだけ! 手作りだと自分好みの甘さに調整出来て食材によって使い分けも出来ますよ。 ミキサーで混ぜれば時間もかかりません。 丁寧に仕上げたいときは鍋で練り上げるといいですねよ。 スポンサーリンク 賞味期限切れの味噌を使う時に知っておきたいこと 味噌の賞味期限が切れていることってありますよね。 もともと発酵食品で保存食でもあるので期限が切れていても問題なく食べることが出来ます。 ただし見た目などでちょっとした変化が現れることがありますので覚えておくといいですよ。 食べても大丈夫ですが、風味が落ちていることもあります。 これは「たまり」なので問題ありません。 酵母の他に、たんぱく質が凝固した時も白い塊が出来ます。 食べても問題はないですが、風味も香りも落ちるのでその部分を取り除いて使用するのがいいでしょう。 期限切れの味噌を食べても良いの? 先ほども記載したように食べても問題はありません。 ただし 減塩タイプのものは通常のものに比べて味の劣化が大きくなるようです。 また 出汁入りのものはカビが生えやすいのが特徴なので、もし賞味期限が切れている場合はよく表面を見てからにしてください。 酢味噌の賞味期限について 手作りの場合は 1ヶ月~3ヶ月が目安となります。 保存は必ず冷蔵庫に入れること。 酢を使っているので日持ちはします。 また味噌や砂糖といったものが加わり、味が濃くなっているのも日持ちする要因です。 ないとは思いますが、水を使って薄めたりしたものは日持ちしませんので注意しましょう。 酢味噌和えにおすすめの野菜とは? 酢味噌和えといえば 「ぬた和え」が一番に思いつきますが、基本 何でも合うと思います。 わらびやつくしなどの山菜や、菜の花や春菊、水菜などの野菜でも美味しいですね。 他にはきゅうりやナス、ゴーヤ、オクラといった 夏野菜もおすすめです。 変わったものでいうと「行者ニンニク」も美味しいですよ。 yutori. 刺身用イカ 100g• そら豆 正味200g• すだち• 酒 少々• 塩 少々 《A》• 西京みそ 大さじ3• 酢 大さじ1• しょう油(薄口) 少々• 辛子 少々• 粉山椒 適量 【作り方】• イカは1cm幅の浅い切り込みを縦に入れましょう。 出来たら5cm幅に切り3、厚さmmの斜め削ぎ切りにしてください。 湯を沸かして酒を入れたらイカを加えてサッと湯どうしします。 ザルに上げて水気を切っておきましょう。 そら豆は皮を剥いたあと熱湯(塩入り)で2~3分湯がきます。 ザルに上げて粗熱を取ってから薄皮を剥いてください。 ボウルに《A》を入れてしっかり混ぜ酢味噌を作ります。 器にイカとそら豆を盛りつけたら酢味噌をかけて完成です。 お好みですだちを絞ってどうぞ。 ほうれん草 1束• あさり 1パック(400g)• 酒 大さじ2 《A》• みそ 大さじ2• 砂糖 大さじ3• みりん 大さじ1• 酢 小さじ1• すりごま 大さじ2• 辛子 少々• しょうが、すだちはお好みで 【作り方】• 砂抜きをしたあさりはこすり合わせてしっかり洗ってから水気を切りましょう。 鍋にあさりを入れたら加熱し、鍋が熱くなってきたら酒を加えて蓋をして蒸し煮にします。 あさりの殻がほぼ全部開いてきたら火を止めてそのまましばらく置いておきましょう。 あさりの粗熱が取れたら殻から身を外してもう一度鍋に戻して冷ましましょう。 この時、鍋に残った蒸し汁は捨てないこと!• ほうれん草は湯がいてから4~5cmに切って水気を切りましょう。 ボウルに《A》を入れてしっかり混ぜ合わせておきます。 別のボウルのほうれん草とあさりを入れて酢味噌を加え軽く和えたら完成です。 器に盛ってお好みでしょうやすだちをどうぞ。 《イカげそとわけぎ》 【材料】4人分• 刺身用のイカ足とエンペラ 2杯分• わけぎ 1束• わかめ 100g(もどしたもの)• ショウガ 1片• すだち• 酒、塩 少々 《A》• みそ 大さじ4• 砂糖 大さじ3• みりん 大さじ1• 酢 小さじ2• 辛子 少々 【作り方】• イカの足とエンペラを沸騰した湯でさっと湯がきます。 この時、イカの足の先端は先に切り落とし、湯には酒を入れておきましょう。 ザルに上げて水気を切った後、食べやすい大きさに切ります。 わけぎの両端を切り落としたら塩を加えた湯で軸から茹でていきます。 1分程茹でたら冷水にかけて冷やし、水気を切ったら半分にカット。 包丁の背を使ってわけぎの内側のぬめりを取りましょう。 損後3~4cmに切っておきます。 わかめは食べやすく切っておきましょう。 《A》をしっかり混ぜて酢味噌を作ります。 ボウルのイカとわけぎ、わかめを入れ、酢味噌を適量加えて和えましょう。 器に盛り、おろししょうがとお好みですだちを添えたら完成です。 酢味噌は野菜だけでなく、 魚介類との相性もばっちりです。 また酢味噌にごまやにんにくなどのアレンジを加えても美味しいですね。

次の

ホタルイカの下処理 酢味噌和えの作り方

菜の花の酢味噌あえ

ヌタの作り方 酢味噌和えと、辛子を加えた辛子酢味噌和えを【 ぬた(饅)】と呼びます。 ヌタは「沼田」と書く場合もあり、それは溶き味噌の質感から当てた字。 辛子酢味噌のことを「ぬた味噌」といいます。 この料理は涼しげであり、どちらかといえば春から夏にかけて食卓に出るのが相応しい感じですね。 アジとかマグロなども使いますが、タイやスズキ、昆布でしめたサヨリやキスという白身がよく使われます。 そして圧倒的に多いのが、春に旬を迎える「貝類」です。 それら魚貝にあわせる野菜はネギ、ニラ、ウド、浜防風、キュウリなど。 ミソは赤でもかまいませんが、甘めの白味噌、なかでも西京味噌が合うでしょう。 西京味噌を500グラムに卵黄5個分、酒とミリン。 これをすり鉢で混ぜ、裏漉しして鍋に入れて火かけ練りあげる。 練って元の固さに戻す。 これが「玉みそ」と呼ぶもので、これを酢でのばせば「酢味噌」になります。 ですがこの作り方は少々面倒でしょうから、簡単な方を紹介します。 杓文字から伝い落ちる酢味噌が滴にならず棒状にツーっと落ちるのが目安。 ネギと違い、根に球ができるのでそれと分かります。 関東で「ワケギ」として売られているものは少し大きく、根に球ができません実はこれワケギではないのです。 「ワケネギ」というネギの一種です。 最近多い万能ネギをワケギと呼ぶケースもあり、もう何がなんだか分からない感じになっています。 まあどちらにしても「葉ネギ」の仲間ですので、使う方とすれば白ネギと青ネギの2種を使い分ければ充分と言えるのかも知れません。

次の

菜の花の酢味噌あえ

菜の花の酢味噌あえ

菜の花 ・・・1把• 味噌 ・・・大さじ1• 酢 ・・・小さじ2• 砂糖 ・・・小さじ2強• みりん ・・・小さじ1• 酒 ・・・小さじ1• 菜の花は、塩少々を入れた熱湯でさっとゆで、冷水にとり、水気を絞って、軸の下の方の固い部分は切り落とし、食べやすい長さに切ります。 調味料をすべて混ぜ合わせタレを作り、水気を絞った菜の花とあえます。 キッチンメモ 菜の花を買ってくると、何を作ろうかな、あれもいいなこれも食べたいなとなります。 まず食べたいもの、一番初めに作る菜の花料理はなんでしょうか。 私の場合はこの菜の花の酢味噌和えが、まずは一番に食べたいものです。 後はシンプルに菜の花のお浸しも捨てがたい。 菜の花の酢味噌和え、お浸しを食べたら次はスパゲッティかな。 なんて具合に菜の花の季節、しばらく楽しみたいです。 菜の花について 春に黄色い花を咲かせる菜の花 野菜として食べる時は、茎やつぼみの部分をいただきます。 独特のほろ苦さや香りを持つ菜の花。 冬から春にかけて旬をむかえる野菜です。 鮮やかな緑色で食卓に春を呼び込み、華やかに彩ってくれます。 栄養もカロテンやビタミンが豊富に含まれています。 菜の花の選び方について つぼみが固くしまって密集して、花がひらいていないものが新鮮です。 時間がたつと、花が咲き固くなり味が落ちます。 色は緑が鮮やかなものを。 菜の花の栄養 ベータカロテンの含有量が多く、カルシウム、鉄分。 食物繊維が豊富。 貧血の予防にも ビタミンBやCも含まれ疲労回復や美肌効果も期待できます。 菜の花の保存のコツ 乾燥を防ぐために濡らした新聞紙などの紙に包んで、冷蔵庫で保存します。 傷むのが早いので、置いておくよりは、一度に全部ゆでてしまって、サラダ、おひたし、和え物に。 菜の花のゆで方 ゆで方、菜の花1把200g、湯3カップ、塩小さじ1。 塩は湯の1~2%程度 ゆでる前に水に1時間ほどつけておくと、元気になります。 茎と葉を分けて時間差でゆでるようにします。 茎が長い菜の花は2. 3等分に茎と葉の部分に切りわけます。 固い茎は少し時間がかかり、上のつぼみや葉の部分は火の通りがいいからです。 根元を湯につけ、20秒程度したら葉も入れて30秒から1分程度ゆでます。 茹で過ぎると柔らかくなります。 電子レンジで菜の花のゆで方 電子レンジで菜の花をゆでる方法です。 大きければ、長さを半分に切って乗せます。 ふんわりとラップをかけるか。 電子レンジ用のフタをして、電子レンジ500wで約3分加熱します。 (固ければ少し延長を) ゆでた菜の花、すぐに冷水につける(さらす)?つけない? 水っぽくなるので、水につけない。 (少し硬めにゆでて、素早くザルに広げて冷ます) ゆでたらすぐに冷水につけて色止めする。 料理の本で、どちらもみかけます。 水っぽさが気になる方は水にさらさずに、ザルに広げて冷ます方法がおすすめです。 水にさらす場合も短時間にします。 マジカルキッチン流菜の花の食べ方 菜の花の歴史 菜の花は弥生時代に、中国から日本に入ってきました。 当時は菜の花の種から油が摂られ、灯りの油に使われていました。 実は菜の花を野菜として食べだしたのは、明治以降、比較的歴史が浅いのです。 菜の花の黄色は春の始まり 4月の川沿いの桜と菜の花の競演。 春の花、ピンクの桜と黄色い菜の花。 咲く時期は菜の花のほうが先です。 川沿いや田んぼが菜の花の黄色に染まっているのを見ると春の始まりを感じます。 菜の花の明るい黄色は春の始まりを告げる色。 他にも春を呼ぶ黄色い花は、スイセン、たんぽぽ、ミモザやれんぎょうなどあります。 これら黄色いは春浅い頃、起きたばかりの昆虫たちが集まりやすい色だそうです。 人間にとっても目立つ色ですね。 春は黄色い花から始まって次第に桃や桜のピンク色などカラフルに花を咲かせていくようです。 菜の花の酢味噌あえと同じ材料で作れるレシピ.

次の