オバマゲート と は。 だんだん問題が大きくなる「オバマゲート」

「オバマゲート」に揺れるアメリカ|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

オバマゲート と は

スポンサードリンク このチャンネルをみている方は「オバマゲート」という言葉をすでに耳にしている方が多いのではないですか? 今日はこのオバマゲートからみるディープステイトと言われる 世界の支配構造についてのぞいてみようと思います。 めちゃくちゃ簡単にまとめていきますのでぜひ、思考停止になっている人に見せてあげてください。 事の発端は5月12日にトランプ大統領がtwitterで「OBAMAGE」と呟いた事です。 このツイートが250万回以上もツイートされ、トレンド入りしたわけです! しかし、みさなん!日本のニュースでは全くみなくないですか? テレビでもネットニュースでも自分は全然みないです。 なぜ日本のメディアはこれについて報道しないのか? Contents• 裏の政府 アメリカでもこれについては陰謀論という事にしようとディープステート側は片付けてしまおうと躍起になっていますね。 この陰謀論、都市伝説という言葉はやばいですね。 都合の悪いことは全部この言葉でかたずけてしまうので一般の方はスルーしてしまいます。 このオバマゲートで見えてくるのがトランプvsディープステートの構造です。 ディープステートってなんやねん。 っていう人も多いと思うので調べてみると「裏の政府」というものがネットでは出てきます。 つまり、世界を支配している権力者となんとなく思ってください。 この構造についても本日は深掘りしていきたいと思います。 オバマゲートとは? オバマゲートってどういう意味か?直訳するとオバマ門? よくわかりませんよね。 これはオバマ氏の名前とウォーターゲートを組み合わせた造語で 日本語で訳すとオバマ疑惑と言った感じになります。 みなさん、ウォーターゲート事件というのを知っていますか? これは共和党のニクソン大統領時代、何者かが民主党本部のあるウォーターゲート・ビルに 盗聴器を仕掛けようとして侵入し、後にホワイトハウスの関与が暴露されて、 大統領が辞任に追い込まれました。 以後、アメリカでは政界の疑惑があるたびに「〜ゲート」と名付けられることが多いということです。 トランプ大統領が2016年に当選してから2年間ずっと言われていた問題でロシアゲートというものがあります。 これはトランプとロシアがグルになって対抗馬のヒラリー・クリントンに対して選挙の妨害行為をしていたのではないか? という疑惑だったんですが。 結局、これは証拠も出ずに疑惑で終わりましたが、 トランプの大統領補佐官のマイケル・フリンを虚偽供述罪で訴追され、トランプはフリンを解雇しているんです。 この時にトランプはFBIにハメラレタ!と発言しています。 今回のオバマゲートでは、2016年の選挙戦でトランプ陣営に対して司法省やFBIが情報干渉していたと、 つまりスパイ行為ですね。 これはヒラリークリントン陣営や民主党がお金を出してやっていた。 そしてそこにオバマも干渉していた。 トランプvsディープステート この辺の細かい流れはまた別の動画でやるとして、 今日みなさんに知って欲しいのは陰謀論や都市伝説ではなく、こう言った支配構造があるということ。 ディープステートはいるということなんです。 オバマやクリントンは疑惑の表面的なものでしかなく。 その裏側には大きな権力で、アメリカ、そして世界を動かしてきた存在があるんだと。 そしてトランプは2016年の選挙より前からそこと戦ってきたという事実。 彼は演説でこんな風に話しています。 これをみた時に、トランプはアメリカを取り戻すという発言をしていますが、支配されていたディープステートを意味しているように感じるのは自分だけではないはずです。 では世界の構造をまとめてみるとこんな形になっています。 ピラミッドの形ですが、ごくわずかの300人ほどが世界を動かしていると言われていて、 このことを自分はブルーブッドと呼んでいます。 昔、貴族の血は青いと言われてきた音からそんな風に呼ばれているわけです。 では表向きに動いているのがこのブルーブラッドに従うのがビジネスクラス。 大統領なんかは大体、ここに入っていて、ブルーブラッドからの指示を推敲すると。 しかしここに反発するような大統領もいたわけです。 リンカーンやケネディーなどは暗殺されましたね。 つまり支配者の層でも一枚岩で同じ目的で動いているわけではなく、 それぞれの思惑があるということ、いつも話ししている陰陽の世界です。 これは支配者の世界だけでなくて私たちの心にもあるはずです。 陰陽の世界 みなさんお仕事されていると思いますが。 仕事でお客さんのためになるから頑張ってる社会に貢献したいなんて気持ちもあると思いますが、 お給料をもらうためでもありますよね?両方あると思います。 ただこれは人によって偏りがあるわけです、力に偏っている人はお客様や社会のため という目的は小さくなり自分の金や権力が大きな目的となっているはずです。 世のため人のために頑張りたいという人は愛の方に偏っていて、十分な稼ぎがなく貧しいかもしれません。 世の中は必ず陰陽があります。 今は力の支配が大きくなってきています。 バランスを失いかけているような時代です。 そこでそんな権力と戦っているのがトランプ大統領何でしょうか? 自分はトランプが光の存在なのか? はわかりませんが、今のところそんな風に見えたりはします。 日本ではなぜかマスコミがこのことは取り上げませんが、 国会でディープステートについて発言している動画を見つけたのでみてみましょう。 こんな風にもはや陰謀論や都市伝説ではなくなってきています。 しかし、日本ではマスコミがほとんど取り上げないし、ネットで騒いでる人は一般人から見たらキチガイ?に見えますね。 このチャンネルを見てる人は、当たり前に自分で調べて、情報を選択している人が多いとは思いますが。 一般の人はそうではないです。 緊急事態宣言が解除になって、町や観光地には賑わいが戻りみんな必死で遊んでますよね。 マスクをつけてない人も多い。 これは戦後からずっと、日本人が思考停止で快楽に流れるように洗脳されてきているのが原因ですが、 そろそろめを覚ましませんか?覚醒して洗脳から抜けた人が次の時代の扉を開けていくと思います。 この動画を見てるあなたはすでに洗脳が溶けていると思いますが、ぜひ周りの思考停止のかたにこの動画を見せてあげてください。 日本人の目が覚める動画を頑張って作っていくので応援よろしくお願いします。 通知のオンを押してもらえると更新する時にすぐお知らせが届くので通知のオンの設定をよろしくお願いします。

次の

オバマゲート

オバマゲート と は

はじめに — アメリカ民主党とアメリカ共和党の対立 「オバマゲート」と呼ばれる政治スキャンダルが、今アメリカで話題になっています。 トランプ大統領は自身のTwitterで連日にわたって再三「オバマゲート」に触れており、度々オバマ元大統領を批判する事態になっています。 一方で、オバマ元大統領は11月に大統領選を控えている民主党候補のジョー・バイデンを支持することを公表し、トランプ大統領との対立関係が続いています。 ここにきて、トランプ大統領とオバマ元大統領の対立が目立つようになった原因とされているのが、政治スキャンダル「オバマゲート」という訳です。 日本ではアメリカとは異なった報道のされ方がされている「オバマゲート」ですが、アメリカではどのように報じられているのかや、「オバマゲート」とはどのような事件なのかまとめて解説します。 アメリカで話題の政治スキャンダル「オバマゲート」とは? まず、「オバマゲート」とはいったいどのようなことなのかを理解しましょう。 アメリカと日本では「オバマゲート」に関する報じられ方が異なるようですので、両方の視点から見た「オバマゲート」をご紹介します。 アメリカで報じられている「オバマゲート」 アメリカで言うところの「オバマゲート」とは「トランプ大統領を失脚させるために、オバマ元大統領がロシアゲートをねつ造した」とされていることです。 ごく簡単に言うと、オバマ氏がトランプ大統領を失脚させるために政治的不正行為に関わっていた疑いがある、となります。 ロシアゲート(ロシアゲート疑惑)とは、2016年の大統領選の際に、共和党のトランプ陣営が対立候補だった民主党のヒラリー候補に勝利するために、ロシアと手を組んで選挙を工作した疑いが持たれたことです。 一見はトランプ陣営による政治工作と思われていましたが、疑惑から4年目にして、ロシアゲートを影で仕切っていたのはオバマ元大統領ではないかという話が急浮上したのです。 トランプ大統領の主張によると、オバマ氏がトランプ大統領の元側近であるマイケル・フリン氏を政治的な意図を持ってして訴追したとあります。 アメリカ司法省は、オバマ氏が関与していたことを裏付ける公文書を議会に提出しており、今後本格的な捜査が始まるとされています。 一部のメディアでは最高刑が死刑の国家反逆罪に相当すると報道しています。 これが「オバマゲート」の大まかな全容です。 日本で報じられている「オバマゲート」 日本ではアメリカの報道とは異なり「オバマ元大統領が偽名を使用してインドネシアからアメリカに入国し、出生証明書を偽造した」や「オバマの本名はBarry Sowetoだった」といった典型的なフェイクニュースが「オバマゲート」と関連付けられて報じられています。 日本でこのような報道になっている背景には「「オバマゲート」はいまのところ疑惑の域を出ない」ことや「トランプ大統領(共和党)寄りの報道になる可能性がある」ことが影響しているのかもしれません。 アメリカでは連日のように「オバマゲート」に関連するニュースが更新されているので、近いうちに日本でも確かな情報ソースを使った中立性がある報道がされると思います。 「オバマゲート」の名前の由来 「オバマゲート」(OBAMA GATE)の名前の由来は、1972年にアメリカで起きた「ウォーターゲート事件(Watergate scandal )」にあります。 ウォーターゲート事件とは、1972年6月17日にワシントンD. にある民主党本部(ウォーターゲート・ビル)に男5人が不法侵入し、盗聴器を仕掛けようとしたところを捕まえられたことから始まった政治スキャンダルです。 逮捕された人物が共和党関係者(ニクソン大統領再選委員会)であったことや、ニクソン大統領を含むホワイトハウス関係者が深く関与(実行犯を雇った)していたことが判明しました。 さらに、ニクソン大統領側近らが捜査を妨害、議会での証拠提出拒否、検察官を解任するなどをしたことから事態は泥沼化しました。 最終的にニクソン大統領を罷免する大統領弾劾裁判の可能性が出てきたところで、ニクソン大統領が辞任して(アメリカ史上初の大統領辞任)終結しました。 ニクソン大統領が直接関与した決定的な証拠がないことから最悪の事態は免れましたが、与党だった共和党による政治工作であることは間違いないと見られています。 大統領とホワイトハウスが政治工作をしていたことでアメリカの政治は大きく失墜し、アメリカ国民に不信感を抱かせる事態になりました。 このウォーターゲート事件以降、アメリカでは政治工作や政治スキャンダルに「ゲート(Gate)」という言葉を用いることが慣例です。 最近では「ロシアゲート」で再び注目を集めるようになりました。 「オバマゲート」もそのひとつで、始めにこの言葉を使ったのはトランプ大統領とされています。 「オバマゲート」に対するトランプ大統領の反応 大統領再選を目指すトランプ大統領は「オバマゲート」を徹底して批判しています。 現職の大統領が元大統領を批判することはアメリカでは不文律とされてきましたが、トランプ大統領はお構いなしです。 5月14日、トランプ大統領は「オバマゲート」に関する調査と上院議会での証言をオバマ氏に求める考えを発表しました。 自身のTwitter上で「アメリカ史上最大の政治犯罪、政治スキャンダルである「オバマゲート」について最初に証言させるべき人物は明らかにオバマ元大統領だ」と書いています。 17日には、ホワイトハウスの記者会見でオバマ氏からの批判に対して質問された際には「オバマ氏はあまりに無能だ」と吐き捨て、その後のTwitterでは「オバマ氏とバイデンのおかげで私がホワイトハウスにいられる」と皮肉を述べています。 トランプ大統領は、「オバマゲート」は自身が勝利した2016年以前から仕組まれていたものと主張し、極めて計画的で周到な内容としています。 仮に、これが本当であればオバマ氏の印象や功績は総崩れで、民主党の信頼は失墜するでしょう。 トランプ大統領は上院司法委員会の委員長Lindsey Graham(リンゼー・グラハム)に対して「とにかくやるべきだ」と発破をかけ、オバマ氏を徹底して糾弾する構えです。 そして、国民に対しては「投票しよう」と呼びかけています。 トランプ大統領のこのような反応は、オバマ氏そして民主党への抵抗と見られている反面、大統領選での再選に向けた「焦り」と捉える向きも多く、新型コロナウイルス対応の初動ミスを挽回したい思惑があるのかもしれません。 「オバマゲート」に対するオバマ元大統領の反応 これまでにオバマ氏自身は「オバマゲート」に関して目立った反応は見せていません。 ただし、新型コロナウイルスに関するトランプ大統領の対応を批判しており、トランプ大統領との対立姿勢は明白です。 5月16日、オバマ氏は多くのアフリカ系アメリカ人が通うHistorically black colleges and universities (歴史的黒人大学)の卒業式で、オンラインを通してスピーチをしました。 その際に新型コロナウイルスを巡る政府の対応に触れ「多くの人たちが指導力を発揮するそぶりさえ見せていない」と暗にトランプ政権を批判しています。 また「社会と民主主義は自分のことだけでなく、お互いのことを思い合った時に機能するものだ」とし、現政権のアメリカ第一主義、利己的な考えも批判しています。 そして、再び分裂しつつあるアメリカに警鐘を鳴らしました。 オバマ氏は、トランプ大統領が主張している「元側近が政治的な理由で意図的な訴追を受けた」ことに対して、当時トランプ大統領が度々フリン氏の無罪を訴え続けた結果、司法省が圧力に屈して訴えを撤回したと主張しています。 つまり、大統領による圧力が法の統治を危うくしているという訳です。 現職の大統領が元大統領を批判することが不文律とされているように、前大統領が後任の大統領を批判することも不文律とされてきました。 しかし、オバマ氏は卒業式という場において政治的な発言(批判)をしており、極めて異例な事態になっています。 元大統領に公然と批判されたトランプ政権はオバマ氏に対して「アメリカ史上初、現職大統領を批判した元大統領」と皮肉を言っています。 「オバマゲート」に対するバイデンの反応 2020年11月の大統領選でトランプ大統領の対抗馬となる民主党候補のジョー・バイデン氏は、トランプ大統領による「オバマゲート」騒動に対して「政治ショーだ」と一蹴しています。 バイデン氏はオバマ政権下で8年間副大統領を務めており、オバマとは旧知の仲です。 40年近く民主党員として活躍している「民主党の重鎮」で、「オバマゲート」をうまく処理すれば大統領選に向けて好材料になります。 バイデン陣営は、新型コロナウイルスの影響で思うような選挙活動が出来ていないだけに、「オバマゲート」をきっけに注目を集めたいところでしょう。 逆を言えば、「オバマゲート」の事態が悪化するとバイデン氏だけでなく民主党への風当たりも強くなるため、一気に劣勢になってしまいます。 バイデン氏としては、オバマ氏の肩を持ちたいところでしょうが、大統領選への影響は避けたいのが本音と言えます。 ちなみに、オバマ氏はバイデン氏が勝利出来るように元側近たちに関与を強めるよう指示しており、バイデン氏をサポートすることを公表しています。 まとめ アメリカでは、11月の大統領選に向けて「オバマゲート」という新たな争点が浮上してきました。 5月中旬時点では、議会による調査が始まっている訳ではないため、日本での報道は断片的です。 「オバマゲート」は、共和党のトランプ大統領にとっては民主党の印象を下げる良い材料になります。 一方で、民主党としてはあえてトランプ大統領の反感や焦りを煽ることで、改めて大統領としての素質を問う狙いもあるでしょう。 司法省が議会に提出したとされるオバマ氏による不正疑惑の証拠が議会でどのように判断され、さらに国民が「オバマゲート」をどう捉えるかがポイントです。 しばらくは事態の行方を注視したいところです。

次の

【オバマゲート】過去の犯罪疑惑やトランプ大統領の批判内容!日本への影響とは?|sugar news

オバマゲート と は

無実のマイケル・フリン氏に難癖ふっかけて起訴 オバマゲートでアメリカは大騒ぎになっているようですね。 オバマゲートの解説に入る前に、オバマゲートの「ゲート」とは何か? アメリカでは政治スキャンダル事件を表すとき、〇〇ゲートと表現するようです。 ウォーターゲート事件など。 オバマ・スキャンダル ってことです。 オバマはこの件で、とても焦っていて、慌てふためいているそうですよ(笑) 何が起こってオバマゲートに発展したのか、簡単に説明しますね! オバマゲートの簡単な説明 内容を最小限に省略して、オバマゲートを簡単に説明します。 マイケル・フリン氏 キーマンは、「マイケル・フリン氏」です。 オバマ大統領時代に国防情報局長官を務めており、オバマやディープステートの悪事を知っていると思われます。 ディープステートにとって、 トランプ政権の中枢に「マイケル・フリン氏」がいると大変困る状況だった模様。 それで何をしたかというと、オバマとディープステートは、FBIや司法省を使ってマイケル・フリン氏を騙し打ちにして政治失脚させました。 これが「 ロシアゲート」 しかし、マイケル・フリン氏は諦めず、3年間もFBIと闘い続けた結果、2020年5月に無罪を勝ち取ります!ロシアゲートとは、オバマやディープステートが悪事を隠すことが目的であったことがバレた!! これが「 オバマゲート」 アメリカ中が大騒ぎになっている!今ここです。 (2020年5月15日時点) オバマゲートで何が起こるのか予測 「マイケル・フリン氏」無罪によって、アメリカ世論に変化が起きています。 民主党とオバマは悪事を隠しているのはないか!と。 2020年11月3日に、大統領選挙が行われます。 アメリカでは民主党支持が優勢なのですが、オバマゲートによって形勢逆転が起こる可能性があります。 そうなると、トランプ大統領が再選されることになるでしょう! トランプ大統領は、ディープステートの中心的メンバーを摘発するタイミングをうかがっているのではないでしょうか?• 大統領選挙直前にディープステートを叩きのめして、大統領再選を狙うのか?• 大統領再選後に、マイケル・フリン氏を政権中枢に再び迎え入れて、ディープステートをまとめて叩きのめすのか?• 大統領選挙直前に民主党の大物犯罪者を摘発し、大統領再選後にディープステート中心メンバーをすべて叩きのめしてトドメをさすのか? さて、どれでしょうか? オバマゲートの簡単な流れを書きましたが、詳細な内容も下でまとめておきます。 ロシアゲートとオバマゲートを詳しく詳細に説明 主人公は「 マイケル・フリン氏」という人物です。 マイケル・フリン氏 オバマ政権時代のマイケル・フリン オバマ政権時代に、 アメリカ国防情報局長官を務めていました。 オバマ政権の対テロ政策(ISとかISIS)に反対したために解任される。 就任期間は、2012年7月~2014年8月です。 2016年からのマイケル・フリン 2016年では、大統領選挙でドナルド・トランプ(共和党)の軍事顧問として雇われ、選挙戦でトランプ氏に助言をしていました。 トランプ氏が正式に大統領に就任するのは、2017年1月なのですが、マイケル・フリン氏はその直前に 駐米ロシア大使セルゲイ・キスリャク氏と対ロシア経済制裁解除について会談をしていました。 これが後に問題視されてしまいます。 駐米ロシア大使 セルゲイ・キスリャク氏 2016年11月、大統領選挙でトランプ氏が勝利します。 その2日後、オバマ大統領とトランプ氏が会談。 その時、オバマは「マイケル・フリンを大統領補佐官に指名しないほうがいい」との警告を伝える。 しかし、トランプ氏はマイケル・フリンを 国家安全保障問題担当大統領補佐官に指名!! 2017年1月、トランプ大統領が正式に就任します。 FBIがマイケル・フリン氏を起訴(ロシアゲート) すると、 ディープステート側の組織であるFBIが、マイケル・フリン氏に接触します。 正式な面談ではない形であったようですが、この時の証言を使って、FBIはマイケル・フリン氏を ローガン法に違反するとして起訴します。 しかし ローガン法は、それ自体が個人の自由を束縛しており、合衆国憲法に違反するもので、これまで一度も使われたことがなかった問題ありの法律です。 これが、 ロシアゲートです。 マイケル・フリン解任とFIBとの闘い ディープステートは、FBIを使ってマイケル・フリン氏をローガン法で起訴した結果、トランプ大統領はマイケル・フリンを解任せざるをおえなくなります。 2017年2月にトランプ大統領は、マイケル・フリン氏を解任します。 在任期間はわずか24日でした。 ディープステートにとって、マイケル・フリン氏が政権中枢にいるのは、とっても都合が悪いようですね。 ロシアゲート捜査を担当したのが、ジェームズ・コミー元FBI長官、捜査担当は、ロバート・モラー FBI特別検察官です。 ロバート・モラーは、フリンの担当弁護士を通じて「罪を認めたら手加減するよ」と司法取引を持ち掛けます。 フリンの担当弁護士はこれに応じて、司法取引が成立! しかし、これはディープステート側の罠でした! この動きを見ていた シドニー・パウエル弁護士が、司法取引に「 マイケル・フリンの担当弁護士のやっていることは、おかしいのではないか?」と疑問を投げかけます。 シドニー・パウエル弁護士 マイケル・フリン氏は、FBIと担当弁護士にハメられたことを知ります! マイケル・フリン氏はそれまでの担当弁護士と手を切り、シドニー・パウエル弁護士を担当弁護士に迎えます。 裁判の判決は延期が繰り返され、3年間にわたりFBIと闘います。 弁護士費用は5億円を超え、自宅を売却してまで戦ったのです。 (マイケル・フリン氏の本気が伝わってきます。 不正はしていないという信念を持っていなければ、私財を投げうってまで戦うことはしないでしょう。 ) 判決直後の2020年5月8日、オバマは大統領時代の仲間(政権上層部)を集めてネット会議を行い、 「マイケル・フリン起訴取消しは法の支配の危機に陥れている」などと発言したようです。 そして、その 会話内容がリークされてます。 リーク内容はアメリカYahoo記事ですが、リンクト内容を下に貼っておきます。 アメリカやヨーロッパでは大騒ぎのようです。 なぜか日本ではまったく報じられませんね。 日本メディアはディープステートによって完全支配のようです。 テレビは見る価値なしです。 今ここです。 アメリカYahoo記事と機械翻訳 アメリカYahooで動画の記事を見つけたのでリンクを張っておきます。 そのような方向に進み始めると、他の場所で見たように、かなり急速に加速する可能性があります。 フリン事件は、オバマ前政権の関係者が、ジョー・バイデン前副大統領が11月の選挙でトランプ大統領に勝利するために必要な主な理由として発せられた。 特に明らかに私が投票に行ったとき、それは常にそれが最も重要な選挙のように感じています。 彼はFBIに虚偽の陳述をした罪で起訴されたが、偽証罪ではない。 しかし司法省は、木曜日に連邦判事に提出した書類の中で、ロバート・ミューラー特別顧問が起こした事件の却下を求め、FBI捜査官が当時の国家安全保障顧問であったロシア大使セルゲイ・キスリャックとの会話について尋問する正当な理由がなかったと主張した。 それでも、オバマ氏の露骨な発言は、トランプ政権についてこれまでで最も鋭いものであり、今年の選挙で劇的にステップアップした政治的役割を果たすことになると予測しているように見えた。 私たちが闘うのは、利己的であること、部族的であること、分裂していること、他人を敵視することなどの長期的な傾向です。 ところで、私たちは国際的にもこの傾向を見ています。 この世界的な危機への対応が、あまりにも貧弱で、かつ、スポット的なものであった理由の一部です。 どんなに優れた政府があっても、最悪だったでしょう。 私には何の得があるのか」「他のみんなには関係ない」という考え方が、政府で運用されているときには、絶対的な混沌とした災害となっています。 オバマ氏のフリンに関する発言は、元陸軍大将が国防情報局の長官を務めていたという事実に照らして、特に指摘されているように思われる。 移行期間中、オバマ氏はトランプ氏にフリンを雇うなと警告したが、トランプ氏はその忠告を無視した。 オバマ氏はまた、パンデミックの間の生活についても、いくつかの洞察を述べた。 We got to make this happen. He was charged with false statements to the FBI, not perjury. It would have been bad even with the best of governments. During the transition, Obama even — advice that Trump ignored. Obama also gave some insights into his life during the pandemic.

次の