遊戯王 メガリス。 【メガリスデッキ 2020年】4月新制限 大会優勝レシピや回し方・相性の良いカードを紹介&考察!|カオスメガリス

【儀式テーマメガリスと相性が良さそうなカードを考える】輝神鳥ヴェーヌでレベル変換!御影志士でメガリスサーチも面白いね!

遊戯王 メガリス

『メガリス』以外も儀式召喚することができるので自由度の高い効果です。 画像の 紫色のカードが自分のメインフェイズに儀式召喚する効果を持っています。 画像の 緑色のカードが自分・相手のメインフェイズに儀式召喚する効果持っています。 中でも 『相手のターン』に 『儀式モンスター』を儀式召喚する効果を持っている 『メガリス・オク』 は、とても使いやすく面白いカードです。 それでは、 『メガリス・オク』の効果を生かした動きを紹介します 必要な手札は、 『魔神儀-ペンシルベル』 『メガリス・オフィエル』 ( 『メガリス・オク』でも可能) 『魔神儀-ペンシルベル』の効果を発動します。 「魔神儀-ペンシルベル」以外のデッキの「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。 デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。 デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。 この効果で 『メガリス・オク』を手札に加えます。 その後墓地の 『魔神儀の祝誕』の効果を発動します。 デッキから「魔神儀」モンスター1体を特殊召喚する。 その後、墓地のこのカードを手札に加える。 デッキから儀式モンスター1体を手札に加える。 この効果で 『 霊魂鳥神-彦孔雀』を手札に加えます。 『メガリス・オフィエル』の儀式召喚する効果を発動 『メガリス・オク』を儀式召喚します。 相手フィールドのモンスター3体まで選んで持ち主の手札に戻す。 相手フィールドの魔法・罠カードを3枚まで選んで持ち主のデッキに戻す。 その後、デッキからレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。 効果を持っているので、相手の動きをかなり制御できます。 ここまでが 『メガリス・オク』の効果を生かした流れになります。

次の

遊戯王 メガリスデッキレシピメガリス【ビートダウン】

遊戯王 メガリス

4月発売のOCG新パック、RISE OF THE DUELISTのカードが次々と公開されています。 とはいえ、これまでもアニメ登場テーマ+OCGオリジナルでパック内容が構成されていたのを考えるとあまり変わり映えはしないのかな?とも思います。 特に先日発表されたような 《暗黒騎士ガイア》リメイクモンスター群など、見覚えのあるモンスターたちが今後もパック収録されるようですしね。 そろそろ以外にもリメイクの目を向けろ? さて、今回公開されたカードは 「戦華」「メス」「ネメシス」「深海」「シャドール」の5テーマ。 10期内でちゃんと終わらせておけよ……と思わないことも無いですが、それはそれとして効果を確認していきましょう! 今回は「戦華」と「メス」をピックアップ!• デッキから「戦華」カード1枚を手札に加える。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 リンク召喚時に「戦華」カードをサーチするリンクモンスター。 リンク素材の条件、劉玄と諸葛孔が並んだカードイラストから、風属性戦華に因んだリンクモンスターであると窺えます。 今後、水属性・炎属性のリンクモンスターも収録されるのでしょうか? 「戦華」カードのサーチは魔法・罠カードである「戦華史略」もサーチ対象に入りますが、 《戦華史略-三顧礼迎》は「戦華」の時に誘発する効果のためタイミングがイマイチ、 《戦華史略-孫劉同盟》は2属性以上の戦華を要するためリンク召喚でモンスター種類数が減った後の状況とは相性がイマイチ…と意外と選択肢は絞られて行きます。 《戦華史略-東南之風》は(が絡み効果不確定とはいえ)攻撃宣言時の相手フィールドのカード破壊は、低攻撃力のこのモンスターとは好相性でしょう。 チェーン不可になる点を利用して 《戦華の孟-曹徳》を出して追撃するのもいいかもしれません。 このモンスターの低攻撃力を 《戦華史略-十万之矢》の攻撃力吸収で補いつつ、相手ターンに 《戦華史略-十万之矢》自体を墓地へ送ることで相手フィールドのカードをバウンスしながら後続の「戦華」永続魔法・永続罠カードを準備できます。 その他「戦華」カードとの連携は、コンボでなくビートダウン志向の戦華においては極論「状況に依る」としか言いようがないので割愛しますが、リンクモンスターであること自体が戦華と微妙に相性が良くないような印象です。 サーチ、全体バフ、バウンス効果を持つとはいえ、展開力に余裕があるわけでない戦華でモンスターを2体使って攻撃力1100のモンスターを出す、というのは割に合っているのか気になってしまいます。 が容易な風属性・炎属性戦華はそれら自体が高い攻撃力を持ってビートダウン適性が高いですしね。 メイン2に出して相手ターンに備えるために使うのが1番かも? まさかの…!? 《戦華史略-東南之風》 【永続魔法】 このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。 を1回行う。 表だった場合、このカードを墓地へ送る。 このターン自分の「戦華」カードの効果の発動に対して相手は効果を発動できず、自分フィールドの全ての「戦華」効果モンスターはターン終了時まで以下の効果を得る。 相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 墓地へ送られることで効果を発動する戦華史略。 元から発動後2回目のスタンバイフェイズに自動的に墓地へ送られる時限爆弾式ですが、メインフェイズの次第では即座に墓地へ送ることも可能。 とはいえ上で紹介した 《戦華の盟将-双龍》の効果や、水属性の各種戦華モンスターの効果で墓地へ送ること自体は容易なので、わざわざする必要性は薄いかと思います。 墓地へ送られた時の効果は、ターン中戦華カードの効果発動に対してチェーン不可になるという非常に強力なもの。 相手からすれば、フリーチェーンの効果はまだしも 《幽鬼うさぎ》などの直接チェーンしないと効果が使えない系のカードすべてが突然機能不全に陥ります。 相手次第では、そのターン中はやりたい放題できそうですね。 このカードのレベルをそのモンスターと同じにする。 その後、対象のモンスターを手札に加える。 レベルの合計がするモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札・デッキから「メス」儀式モンスター1体をする。 に成功するだけで、 墓地の儀式モンスター回収+レベル変更、自分・相手のメインフェイズに行えるは手札だけでなくデッキからのも可能と、至れり尽くせりなメス新規。 《宣告者の神巫》や 《幻獣機アウロー》を絡めた 《ブンボーグ001》によって 《虹光の宣告者》が使いやすくなっている今、このカードによって初動の安定性はかなり大きくなりそうです。 《メス・オフィエル》のモンスターサーチ、 《メス・ハギト》の魔法・罠サーチをデッキから好きに切り替えられるのはもちろん、相手ターン儀式で 《メス・ベトール》による破壊効果を狙っていくのも現実的なラインになってきました。 依然ステータスが守備寄りになっているのは 《メス・ファレグ》の存在上仕方ないのですが、安定して各種儀式モンスターにアクセスできるというだけで個人的にはかなり高評価です。 これまで出たメスの中で最強まである。 《マジシャン・オブ・ブラックカオス・MAX》の相手ターン内のなど、メス外の儀式モンスターを相手ターンに使う上では準必須だった 《メス・オク》は固有効果が手札1枚の交換とどうしようもないところがあったのですが、手札・デッキからできるようになれば採用枚数を限界まで絞っても良さそです。 また、 《メス・エマージョン》での蘇生を活用して、使い減りしないランク2のX素材として使うのも試してみたいですね。 ランク2を組む、あわよくば《虹光の宣告者》をS召喚する、と考えると 《レッド・リゾネーター》で手札からレベル2モンスターをする、若干ごり押し気味な動きにも採用理由が持たせられますね。 3.おわりに 告知 2月16日 日 に開催されるオフ会「城下場」に出没します! もし僕を見つけることができた人はデュエルしましょう! それでは、また次回の記事でお会いしましょう! 登録してみました。 記事の内容がよければバナークリックお願いします。 karakuri-napori.

次の

遊戯王テーマ考察:【メガリス】モンスター全てが儀式の岩石族テーマ!儀式魔法なんて捨ててかかってこい!

遊戯王 メガリス

はじめに みなさん、岩石族は好きですか? ええ私は大好きです。 岩石族と言えば最近は《御影志士》が来ていましたね。 私もあの時は大変喜んでうっきゃうっきゃしていたものです。 世間をにぎわしたあの《原始生命態ニビル》も岩石族でしたね。 もう一つ聞きますが、儀式召喚は好きですか? ええ私は大好きです。 最近は「魔神儀」カードが登場したことで大分儀式召喚も取り回しが良くなりましたね。 「影霊衣」デッキの緩和もちょっとずつ進んできているのでいつかかつての強力なパワーを奮ってくれるのではないかと思っています。 じゃあ、これで最後の質問です。 岩石族で、儀式召喚を行うテーマは好きですか? 答えは聞くまでもありませんよね。 一緒に【メガリス】見ていきましょう! デッキコンセプト紹介 彗星の如く現れた新テーマ、【メガリス】は「岩石族で儀式召喚を行うビートダウンテーマ」です。 それだけでも随分と強烈ですが、このデッキを語るうえでもう一つ欠かせないのが「 儀式魔法を使わない」ということが挙げられます。 どういうことかと言うと、各儀式モンスターにその儀式召喚ギミックが内蔵されている訳です。 既に存在するのだと《剣聖の影霊衣-セフィラセイバー》がありますが、あれと同じようにモンスター効果で儀式召喚していきます。 具体的にはこんな感じです。 レベル4「メガリス」: メインフェイズ、 自分フィールドのこのカードを含むように手札・フィールドのカードをリリースして儀式召喚。 レべル8「メガリス」: メインフェイズ、 手札のこのカードを捨てることで、手札・フィールドのモンスターをリリースして手札から「メガリス」を儀式召喚。 《パラサイト・フュージョナー》がフィールドの自身を含んだ融合召喚するように、 レベル4メガリスはフィールドの自身を含んだ儀式召喚を行う効果を持っています。 レベル8メガリスは儀式魔法と同じ感覚で手札から墓地へ送って発動するわけですね。 他にもレベル4とレベル8の違いはあり、それは固有効果にも表れています。 レベル4「メガリス」: このカードが儀式召喚に成功した場合に発動する、サーチ・手札交換効果。 ターン1制限がついていない。 レベル8「メガリス」: 墓地の儀式モンスターの枚数を参照する効果。 カードの紹介に移る前に言いますが、このデッキ、めちゃくちゃ難しいです。 記事を書いてる私でさえもよくわかっていません。 でも極力分かりやすくなるように頑張るつもりですので、もし詳しい方がいらっしゃいましたらコメントとかで教えていただけると幸いです。 デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 儀式召喚時にデッキから 「メガリス」モンスターを手札に加えることができ、デッキの中でも大事な役割を担います。 このデッキにおいて儀式召喚するとなると3枚の手札を消費してリソースが枯渇してくるため、《高等儀式術》等のカテゴリ以外のカードを使用することでうまくその辺りをやりくりしたいものです。 デッキから「メガリス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 儀式召喚成功時に「メガリス」魔法・罠カードを手札に加えることが出来ます。 手札消費の多い【メガリス】はカテゴリの魔法・罠を駆使することでアドバンテージを獲得していくデッキであるため、是非とも早い段階からこの効果を活用していきたいですね。 運用に関してはオフィエルと同様です。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、手札を1枚選んで捨てる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 儀式召喚時に手札交換、これだけだと《メガリス・オフィエル》や《メガリス・ハギト》に見劣りしてしまいますが、このデッキは墓地へ儀式モンスターを溜めることも重要になってくるので墓地肥やしも重要になってきます。 また、両者との決定的な差として 相手ターンに儀式召喚できる点があげられます。 このカードのレベルをそのモンスターと同じにする。 その後、対象のモンスターを手札に加える。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札・デッキから「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、その発動を無効にし破壊する。 守備力3000の壁であると同時に、相手の「自分フィールドのカードを対象とする効果」を無効にしてそのカードを破壊でき、このためにも《メガリス・オク》等の効果で墓地を肥やしておきたいところ。 場に1体でもアラトロンがいる状況であれば向こうもなかなかこちらへ手出しできなくなりますが、それでも穴は多いので他のカードと共に強固な盤面を作りたいですね。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 ステータス・効果が攻撃的なこのカードはデッキにおけるフィニッシャーも担当します。 墓地の儀式モンスターの数だけ自分のモンスターの攻撃力を上げられるので、中盤以降は攻撃力3000以上も期待できます。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 そのカードを破壊する。 儀式召喚時に相手フィールドのカードを何枚も破壊できるこのカードは《メガリス・オク》《メガリス・アラトロン》の効果で相手ターンに儀式召喚することで莫大なテンポ・アドバンテージを稼ぐことができます。 こちらが【メガリス】と分かったら対戦相手もこのカードを意識せざるを得ないので、お望み通り一番嫌なタイミングで儀式召喚して場を蹂躙してやりましょう。 そのモンスターを手札に加える。 もともと守備力の高い傾向にある「メガリス」モンスターに戦闘破壊耐性を1回分付与することで、戦闘によって除去されるリスクを限りなく減らすことができるようになります。 なんといっても目を引くのはデッキから儀式召喚する2つ目の効果ですね。 速攻魔法のため既存の儀式関連カードでサーチすることはできませんが、レベル2の《メガリス・フール》の登場で便利性が天井を破りました。 なんなら前半効果でコンバットトリックも行えるため、特に理由がない限りは3枚積んでおきたいものです。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。 ただ蘇生させるだけなら《戦線復帰》がありますが、このカードは永続罠で何度も使い回せる点と《メガリス・ハギト》でデッキから手札に加えられる点が主な採用理由となります。 儀式モンスターを墓地から特殊召喚するには蘇生制限を満たす必要があり、デッキに戻るデメリット効果でそれは消えてしまいますが レベル4「メガリス」モンスターを《御影志士》のエクシーズ素材にすることでその問題は解決できますよ。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで元々のレベルの倍にする。 レベル4「メガリス」1体でレベル8「メガリス」を儀式召喚できるようになりますが、優先度はあまり高くはありません。 しかし相手ターンで儀式召喚できる《メガリス・オク》とは相性が良く、あちらの効果で手札のレベル8「メガリス」モンスターである《メガリス・ベトール》を儀式召喚できるのは魅力的です。 ここまでのおさらい 儀式召喚は融合召喚と同じように「手札消費が激しい」ことが大きなデメリットとなっていました。 それを解決するのが《儀式の準備》《儀式の下準備》といった手札枚数を増やすカードで、また、儀式カテゴリの中でも【影霊衣】はそれを儀式モンスター自体に組み込むことで回転率とコスト軽減を実現しています。 この問題にメガリスは「儀式モンスターだけで儀式召喚」「儀式召喚時にテーマカードサーチ」で対策をしており、後出の《メガリス・アンフォームド》でデッキから儀式召喚したり《メガリス・フール》で墓地回収をすることで安定性と回転率を上げています。 既存の儀式サポートカードである《儀式の準備》が使いにくかったり「魔神儀」カードとの相性も微妙ではありますが、その辺りをテーマ内で何とかできるようにはなりました。 普通の儀式デッキより面倒くさい、だけど余計に気になってしまう儀式テーマ「メガリス」の特徴をまとめると……• 【メガリス】は岩石族の儀式モンスターを操るビートダウンテーマ。 《メガリス・オフィエル》《メガリス・ハギト》《メガリス・ポータル》でアドバンテージを維持し、《メガリス・フール》《メガリス・アンフォームド》で展開せよ!• 最後は《メガリス・ファレグ》で攻撃力を一気に上げてぶん殴れ! ……とまあ、面倒くさいと言っててもしょうがないので、これをどう扱いやすくしていくかを他のカードと共に考えていきましょう。 手間のかかる子たちだからこそ回せた時の感動は大きいってものですよ。 「魔神儀-タリスマンドラ」以外のデッキの「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。 デッキから儀式モンスター1体を手札に加える。 もしあなたがこのデッキに儀式魔法を何かしら搭載するのであれば「魔神儀」の中でも彼らの力を借りるべきでしょう。 というのも、《魔神儀-キャンドール》のレベルが4であるためレベル4「メガリス」の素材をこれ1枚で済ませることができるようになるんですね。 魔神儀は他にもありますが、デッキの儀式魔法・儀式モンスターをサーチできる両者はその中でも特に相性がいい訳です。 自分の手札・墓地から地属性モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。 レベルの合計が8になるように、デッキから岩石族モンスターを3体まで選んで手札に加える。 なかなかにえげつない岩石族サポート効果を持つこのカードです。 《メガリス・アンフォームド》の登場で、《メガリス・ハギト》とこのカードを合わせた3枚で連続儀式召喚を決めることでデッキから3~4枚サーチを決めることができます。 詳しい流れはでどうぞ。 やっぱこれだね 俺たちの御影志士 お試しデッキレシピ メインデッキ 3 メガリス・オフィエル 3 メガリス・ハギト 2 メガリス・オク 2 メガリス・フール 3 メガリス・アラトロン 3 メガリス・ファレグ 3 メガリス・ベトール 3 マンジュ・ゴッド 2 魔神儀-キャンドール 1 魔神儀-タリスマンドラ 3 メガリス・ポータル 3 メガリス・アンフォームド 3 儀式の準備 2 大地讃頌 2 メガリス・エマージョン 1 メガリス・プロモーション エクストラデッキ 2 御影志士 1 ミセス・レディエント おわりに 第9期以降に登場した儀式カテゴリを挙げると【影霊衣】【霊魂】【ヴェンデット】などが挙げられ、そのどれもがいろいろな意味で尖っていたために多くの人を悩ませ続けてきました。 今回登場した【メガリス】もその例に漏れず使用者の頭を消耗するタイプのデッキに仕上がっています。 その分回った時は強いんですが。 今回はカテゴリそのままだと既存の儀式サポートをフル活用できない問題がありましたが、この記事では《大地讃頌》を2枚積むことでその問題を解決しています。 他にも《高等儀式術》軸に寄せる構築だったり、「魔神儀」にもっと寄せたりする構築もありますので、興味のある方は考察してみてください。 難しいカテゴリですが、頭の中でつながった瞬間は脳汁がダバダバ出ます。 興味がある人はそれに突き動かされるがまま挑戦してみましょう。

次の