素敵な意味を持つ漢字。 名前に使うと縁起のいい意味の漢字は?名付けにおすすめの名前100選!

「日和」の名前のイメージは?漢字の意味や素敵で上品な子供の名付けも

素敵な意味を持つ漢字

縁起の良い漢字の要素とは? 縁起のいい漢字を赤ちゃんの名前に使いたいと考え、名付けをする方は多いです。 しかし何を持って縁起のいい漢字と言えるでしょうか。 この章では漢字の字源、響き、画数の3つの要素から縁起のいい漢字について考察していきます。 字源から見た要素 漢字は象形文字が変化してできたものです。 つまり象形文字の成り立ちを知ることによって、同時にその漢字が縁起のいい漢字かどうかわかります。 縁起が良いとされている漢字には「ネ(しめすへん)」が含まれている福があります。 「ネ(しめすへん)」の象形由来は「神の祭壇」です。 福の右側は品物が沢山入っている蔵の形を表しています。 このことから福の象形文字の意味は「神からの恵みが豊かなこと」ということがわかります。 このように 漢字の字源、象形文字の成り立ちを理解することで縁起のいい漢字かどうかがわかります。 響きから見た要素 名前は 呼ばれることの方が多いため、名前の響きがとても重要です。 名前の漢字が縁起のいい漢字でも、名前の響きがイマイチだと縁起のいい名前とは言えません。 一時期名前の響きから漢字を宛てる名付けが流行りました。 しかしこれだと名前を呼び間違えられることが多く、不快な思いをしたお子さんもいました。 そのため最近では、 名前の漢字を決めてから響きを決めていくといった方法で名付けをする方が増えてきています。 当て字で縁起のいい漢字を使うのではなく、縁起がいい漢字から読める良い響きの名が縁起のいい名前と言えるでしょう。 画数から見た要素 昔から画数を気にする方は多いです。 ネットの普及に伴って、 画数による姓名判断も簡単にできるようになりました。 姓名判断は名前の合計画数から地格、名字の最後の漢字と名前の最初の漢字の合計画数から人格、名字の最初の漢字と名前の最初の漢字以外の漢字の合計画数から外格、名字と名前の全体合計画数から総格を 診断することができます。 この診断結果がよかった場合「縁起のいい名前」と言えるでしょう。 名付けに悩んだ時、画数による姓名判断はおすすめです。 一般的に良いとされている縁起のいい漢字 一般的に縁起がいいとされている漢字を 10選ご紹介します。 名前に使うのが難しい漢字もありますが、ぜひご参考ください。 結婚などの 祝いの言葉に使われます。 また長寿など命が長いことも意味します。 お祝いごとや長生きに関わることから「寿」は縁起のいい漢字とされています。 他にも神仏への供え物のお下がりや豊かなことといった意味があります。 どの意味も良い意味のため、福は縁起のいい漢字と言えます。 また「縁起が良いこと」といった意味もあり、縁起のいい漢字と言えます。 慶は目下の方に向けた年賀状の賀詞にも使え、とてもおめでたい漢字と言えます。 賀は「祝賀」「賀正」など めでたさを表すときに使います。 賀の意味は「喜びの言葉を述べて祝う」で、お祝いの場にふさわしく、縁起のいい漢字と言えるでしょう。 また鶴は夫婦仲が良く、一生を添い遂げるため夫婦仲の象徴ともされています。 日本では長寿の願いを込めて折り紙で折り鶴にする文化が室町時代から伝わっており、古くから長寿の象徴とされている鶴は縁起のいい漢字と言えるでしょう。 亀は硬い甲羅を持つことから、ギリシャやインドなどでは「世界を支えている生き物」という伝説があり、不動の象徴とされています。 日本で亀は 鶴と共に長寿を象徴する生き物で、縁起のいい漢字とされています。 禄は身分や給仕の給料を表す漢字ですが、それらによって「神の恵みによる幸運」という意味が追加されました。 また幸せをもたらす神様たち七福神の中に 福禄寿という神様がいます。 名の通り幸福と禄と長寿を与えてくれる神様です。 福禄寿の禄は金銭に恵まれることを意味します。 禄は七福神の神様にも使われている漢字のため縁起のいい漢字と言えます。 選ばれた人にだけ与えられるため「しるし」とも言われていました。 これらのことから現代では、瑞は めでたいしるしという意味になり、縁起がいい漢字とされています。 また 運がいいといった意味もあり縁起がいい漢字とされています。 幸は「海の幸、山の幸」という言葉に使われ自然界からの収穫物が多いことを意味します。 私たちは自然界に恵まれることによって幸福を得ることができます。 神の意に耳を傾けよく聞くことが出来る人のことをから「聖」という漢字が成り立ちました。 聖は神に近い存在という観点から、縁起のいい漢字と言えます。 縁起のいい漢字一文字の名前【男の子編】 男の子には 男らしい意味を持つ漢字や響きの名前が人気です。 この章では男の子らしい縁起のいい漢字一文字とその漢字の響きを7つご紹介します。 ぜひご参考ください。 「大」という字は左右対称の漢字で、「まさる」や「ひろと」の響きも男の子にぴったりです。 大には「まさる」や「ひろと」という読みは存在しませんが、人名として「まさる」や「ひろと」は知れ渡っています。 大の名には「大きくて広い心を持った人になって欲しい」「地位や人格の立派な人間になって欲しい」といった願いが込められています。 「天真爛漫な子に育ってほしい」「正しいことを正しいと追求できる子になって欲しい」といった願いを込めて名付けをする方が多いです。 「まこと」という響きも男らしくかっこいいです。 また将来といった「未来の時代への先駆者」というイメージの熟語にも使われています。 将の名には「リーダーシップのある頼れる存在の子になって欲しい」「困っている人を助ける男の子になって欲しい」といった願いが込められています。 立派な木とは地にしっかりと根を張り、倒れることのないたくましい木のことを指します。 樹の名には「立派な子に成長して欲しい」「意志の強い人になった欲しい」といった願いが込められています。 修は 背中に水を流して心身を清めている人の姿から字が成り立っており、象形文字の成り立ちも良い漢字とされています。 修の名には「物事を正せる優れた子になって欲しい」「向上心のある子に育ってほしい」といった願いが込められています。 章の字は 左右対称になっており、縁起のいい漢字とされています。 章という安定感のある字と「あきら」の響きは男の子にぴったりの名前です。 章には規則の正しさや存在感といった印象があり、「自分の意思を持った人になって欲しい」といった願いが名に込められることが多いです。 最初は「しっかりとまっすぐ立てる人」という意味でしたが、時代とともに 体が丈夫な人という意味に変わりました。 「けん」や「たける」という響きも男の子にぴったりで格好いい名前です。 「元気でたくましい子になって欲しい」といった願いを込めて健と名付けをする方が多いです。 縁起のいい漢字一文字の名前【女の子編】 女の子の名にふさわしい縁起のいい漢字一文字には「美しい」や「可愛い」といった意味のある漢字や響きが可愛いものが多いです。 では女の子らしい縁起のいい漢字一文字とその漢字に合う可愛い響きを7つご紹介します。 唯一には「ただ一つ」といった意味があり、親にとって 子がとても大切な存在であることを表しています。 また「ゆい」という響きも可愛く女の子らしい名前です。 唯の名には「周りの人達から愛される存在になって欲しい」という願いが込められています。 また華は 左右対称の漢字で縁起が良いです。 華の名には「華やかな人生を送って欲しい」「内面も素敵な女性になって欲しい」という願いが込められています。 望の名には「希望がいっぱいある人生を送って欲しい」「周りを冷静に見渡せる人になって欲しい」といった願いが込められています。 彩の名には「品のある女性になって欲しい」「芸術性の豊かな子になって欲しい」といった願いが込められています。 「ゆう」という響きも可愛く、女の子らしい名前です。 優の名には「優しい人になって欲しい」という願いが込められています。 意味の「いつくしむ」と「れい」という響きは女の子にぴったりの名前です。 クールで知的な印象のある「怜」ですが、「いつくしむ」の意味から優しさも感じ取れます。 怜の名には「誠実な子になって欲しい」「人助けができる優しい子になって欲しい」といった願いが込められています。 呼び名も「あん」でとても可愛い響きです。 杏は春になると白やピンクの可愛らしい花を咲かせます。 また果実には薬膳の効果があります。 「誰からも愛される人になって欲しい」「人の役に立つ人になって欲しい」と願いを込めて杏と名付けをする方が多いです。 赤ちゃんの名付けをするときのポイント 赤ちゃんに名付けするときの ポイントを3つご紹介します。 願いを込める• 苗字とのバランス• 呼びやすい ではこれらについて詳しく説明していきます。 また子ども自身も自分の 名前の由来に興味を持ちます。 名付けで最も大切なのは「どのような子になって欲しいか」という 願いです。 子どもが自分の名前の由来に興味を持つときは、親の愛情を再確認したい時期でもあります。 また願いを込めて名付けをすることで、親自身も名付けをした時の気持ちを思い出せます。 名付けするときは 願いを込めて名付けしましょう。 氏名の一般的な総格数は 20~30画数です。 41画数以上だと全体的に重たい印象になります。 テストなど氏名を記載するときも大変です。 逆に20画数以下だとあっさりとした印象でこちらもあまり良くはありません。 氏名総格数の理想は 20~40です。 理想の総格数内であればバランスが良く、縁起のいい名前になります。 また苗字に カ行、サ行、タ行、ハ行が多い場合、名前に同音があると聞き取りにくくなります。 名付けの候補ができたら苗字と一緒に呼んでみて、呼びにくかったり、聞き取りにくくないか チェックするようにしましょう。 赤ちゃんの名前に使ってはいけない縁起の悪い漢字 赤ちゃんの名にはふさわしくない縁起の悪い漢字が存在します。 今回は赤ちゃんの名前に使ってしまいがちな、縁起が悪いとされている漢字を5つご紹介します。 死を関連させることから「久」は縁起が悪いとされています。 また 病気や障害の暗示があるとも言われています。 できるだけ赤ちゃんの名前には使わないようにしましょう。 「信」は次の世で花を咲かせようという思いを表現している漢字です。 この世を生きていく赤ちゃんには不向きとされています。 「ヒ」が小刀を表し、「県」はぶらさげられた生首のことを表しています。 死体が連想されるため「眞」は縁起の悪い漢字とされています。 眞が候補になっている場合は「真」の方に変えれないか検討してみましょう。 「さんずい」が付く漢字にはいい水を表すものと悪い水を表すものに分かれます。 波は「水が乱れている、紆余曲折で水の動きが定まらない」とされており、悪い水の方に分類されます。 悪い水に分類される漢字には「運気が下がる、水難に合う恐れがある」との意味伝えがあります。 悪い水に分類される漢字は名前には使わないようにしましょう。 昔の意味を知る人からは縁起が悪いとされています。 また 法律や掟を示す漢字となっているため、あまり名付けにはふさわしくありません。

次の

「耀」という漢字の読み方・名のり・意味・由来について調べる

素敵な意味を持つ漢字

深い意味を持つ漢字 ・縁(えにし) 縁を大事にするなど人と人のつながりを表す縁。 訓読みすれば縁(えにし)と読み発表する際に格好がつく感じです。 ・慈(いつくしみ) 慈悲のこころを持つなど福祉的な今時の意味を表す感じとして注目。 「ジ」と読ませると格好が悪いですが、「いつくしみ」「いつくしむ」では趣がある漢字です。 ・希 希望を持つなどに使われる言葉ですね。 深い意味で使うのであれば「まれ(=めったにないこと)」など どんなこともありがたく、貴重なものとして捉えて感謝する。 などの使い方は深い意味を持ちますよね。 ・湊(みなと) みなとは港の漢字と同じ意味を持ちます。 そのため「水が集まるところ」「船が着く場」という意味が実はあるのですね。 水や船が集まるところから、活気のあふれる社交的な感じや・グローバルポートとなる雰囲気を連想することができます。 ・護(まもる) 護送などに使われる言葉です。 「ゴ」という言葉の裏には「守る」という深い意味を持っています。 守るという言葉以上に、360度警護する広い意味を持つので、リーダシップを発揮するポジションの方にはオススメの漢字です。 深い意味の漢字を選び方 漢字を選ぶ上で大事になるのは、「訓読み」に注目することです。 だいたい日常会話で使う日本語は音読みが多くなってきています。 でも、日本人なら義務教育でしっかり漢字一つひとつの「音読み」と「訓読み」を習っていて覚えています。 ただそれを日常使っていないだけですよね。 なので、訓読みがある漢字を使うとそれだけで 「そんな読み方あったね〜」と深いなと感じられる訳です。 や はこちらで紹介しています。 漢字が上手くなりたいなら! ペン習字まで行かなくても、ちょっとした工夫で字が上手くなりました!.

次の

実は名前に使わない方がいい漢字197字

素敵な意味を持つ漢字

深い意味を持つ漢字 ・縁(えにし) 縁を大事にするなど人と人のつながりを表す縁。 訓読みすれば縁(えにし)と読み発表する際に格好がつく感じです。 ・慈(いつくしみ) 慈悲のこころを持つなど福祉的な今時の意味を表す感じとして注目。 「ジ」と読ませると格好が悪いですが、「いつくしみ」「いつくしむ」では趣がある漢字です。 ・希 希望を持つなどに使われる言葉ですね。 深い意味で使うのであれば「まれ(=めったにないこと)」など どんなこともありがたく、貴重なものとして捉えて感謝する。 などの使い方は深い意味を持ちますよね。 ・湊(みなと) みなとは港の漢字と同じ意味を持ちます。 そのため「水が集まるところ」「船が着く場」という意味が実はあるのですね。 水や船が集まるところから、活気のあふれる社交的な感じや・グローバルポートとなる雰囲気を連想することができます。 ・護(まもる) 護送などに使われる言葉です。 「ゴ」という言葉の裏には「守る」という深い意味を持っています。 守るという言葉以上に、360度警護する広い意味を持つので、リーダシップを発揮するポジションの方にはオススメの漢字です。 深い意味の漢字を選び方 漢字を選ぶ上で大事になるのは、「訓読み」に注目することです。 だいたい日常会話で使う日本語は音読みが多くなってきています。 でも、日本人なら義務教育でしっかり漢字一つひとつの「音読み」と「訓読み」を習っていて覚えています。 ただそれを日常使っていないだけですよね。 なので、訓読みがある漢字を使うとそれだけで 「そんな読み方あったね〜」と深いなと感じられる訳です。 や はこちらで紹介しています。 漢字が上手くなりたいなら! ペン習字まで行かなくても、ちょっとした工夫で字が上手くなりました!.

次の