こむら返り 予防 法。 こむら返りに効く薬

チョイス こむら返りの対処法・予防トレーニング

こむら返り 予防 法

夜中に足がつる理由 骨盤のゆるみ 就寝中は立っている時とは違い、横になると下半身に体重がかからないので、骨盤がゆるみます。 このゆるみが足の筋肉とも関係しているようです。 骨盤がゆるむとそれにつながる足の筋肉も持続的に引き伸ばされる形になります。 そうすると、伸ばされたふくらはぎの筋肉は元の状態に戻ろうとします。 この、急激に筋肉が収縮した瞬間に足がつることがあるのです。 布団の重み 寝ている時はどのくらいの重さの布団をかけているでしょうか?意外とあなどれないのが布団の重みなのです。 真綿の重い布団をかけていると、その重さで膝が伸びてしまうため、ふくらはぎの筋肉が緊張しやすくなり、足がつるのです。 寒いからといって毛布を何枚も重ねている人も要注意です。 寝ている間の水分不足とミネラルバランス 睡眠中は動かないからといって汗をかいていないわけではありません。 冬の寒い間でも一晩の間にコップ1杯分の汗をかいているといわれています。 汗をかくと水分が不足するだけでなく、身体のミネラルも失われるので足がつりやすくなるのです。 血液のミネラルバランスが悪くなると筋肉がうまくコントロールできなくなるのですが、一番影響が大きいのはカルシウムとマグネシウムです。 マグネシウムが減ってカルシウムの量が増えてしまうと、筋肉の収縮がうまくいかなくなります。 また、カリウムもこむら返りと大きく関連するミネラルです。 カリウムも筋肉を正常に動かすために必要なミネラルであり、不足すると筋肉の収縮が悪くなったり、エネルギー補給が間に合わずに、足がつりやすくなります。 身体の水分量が減ってミネラルバランスが崩れるとこむら返りや筋肉痛などが起きやすくなるので、水分不足を補うために寝る前にコップ1杯のお水を飲んでおくと良いでしょう。 特に秋から冬が注意です。 夏と違って汗をかかないために水分補給を忘れがち。 気づかないうちに身体が脱水症状になっていることもあるのです。 栄養不足 日中激しい運動をした時や、いつもよりもたくさん歩いた時に、夜中足がつりやすくなる、という人は、栄養不足が原因かもしれません。 代謝を良くするためのビタミンB1やタウリンというアミノ酸の一種が不足していると足がつりやすくなるといわれています。 ビタミンB1は疲労回復や神経伝達にも関わり、タウリンは筋肉疲労を回復させる働きがあるので、就寝中に足がつりやすい人は意識して摂取すると良いかもしれません。 筋肉量の減少 就寝中の足のつりに限ったことではありませんが、運動不足や加齢によって筋肉の量が減ることもこむら返りが起きやすくなる原因になるのです。 血管は筋肉に通っていますから、筋肉が減るということは下半身の血流も低下するということです。 血流が悪くなると栄養や酸素が足の隅まで行き渡らなくなるので、筋肉が疲労しやすく、睡眠中に足がつりやすくなるのです。 筋力の低下は日々の運動でしか予防できないので、日頃から適度な運動を心がけたいものです。 筋紡錘(きんぼうすい)の不調 筋紡錘とは、筋肉の伸縮を感知するセンサーであり、筋紡錘が筋肉の状態を脳に伝えることで、脳から筋肉に対して適切な指示が出せているのです。 ところがこの筋紡錘がうまく働いていないとそのセンサーがしっかり稼働しなくなります。 筋紡錘から適切な情報が脳に伝わらないので、脳が筋肉の状態を正しく把握できなくなります。 そうすると、必要以上に「縮みなさい」という指令が出てしまうことでふくらはぎの筋肉が収縮して足がつると考えられています。 筋紡錘が不調になる原因としては、• 立ち仕事• 運動不足• 冷え性による血行不良 などがあります。 筋肉の緊張状態が続かないように、日中でも適度にふくらはぎをほぐしてあげることが必要です。 気温の低下や冷え 夜に足がつる原因として「冷え」があります。 冬の寒い時だけでなく、夏はエアコンで室温が下がっているために急激に筋肉が収縮して足がつることがあります。 また、朝方は気温がグッと下がります。 その時に布団から足が出ていたりしてふくらはぎが冷えてしまうと、筋肉が冷えて血行不良となり収縮しやすくなるために、足がつってしまうのです。 冬はもちろんですが、エアコンをつけているのに何もかけずに寝るなど、身体が冷えるようなことをしないように気をつけましょう。 就寝中の室温はもちろん、寝るときの環境も見直してみましょう。 病気が原因!? もしそれまで足がつるということがあまりなく、頻繁に起こるようになったという場合は病気が隠れている可能性もあります。 糖尿病• 腎疾患• 椎間板ヘルニア• 脳梗塞• 脊柱管狭窄症• 動脈硬化• 静脈瘤 などです。 もし足がつる以外に、手足のしびれやむくみなどが起きている場合は早めに病院で検査を受けた方がいいでしょう。 夜中に足がつる予防 夜中に足がつって痛い思いをしないように予防を心がけましょう。 寝る前に水分ミネラル補給 水分やミネラル不足は足がつる原因となります。 ミネラル不足が気になる方は就寝前にミネラルが豊富なスポーツドリンクなど飲んでから休みましょう。 マッサージとストレッチ 筋肉疲労も足がつりやすくなります。 足が疲れたなと思ったら寝る前に、ふくらはぎを良くマッサージしたり、ストレッチなどをするなどして筋肉の疲れを取りましょう。 寝返りをうちやすい環境をつくる 布団の重みが原因で足がつるというお話をしましたが、それだけでなく筋肉は動かしていないとすぐに伸びにくくなる傾向があります。 軽めの布団で寝返りがうちやすいようにするというのも就寝中の足のつりの予防になります。 冷やさない 夜中は気温も体温も下がり、足がつりやすくなります。 寝る前に十分温かくして(特に足元)足がつる予防をしましょう。 夜中に足がつった時の対処法 夜中に限らず、足がつったときの対処法は限られています。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 詳しくは「」をご覧ください。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,159ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,790ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,373ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,953ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,753ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,855ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,915ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,530ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,754ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,228ビュー.

次の

こむら返りの予防法

こむら返り 予防 法

こむら返り(calf cramp)は、突然にふくらはぎの筋肉(腓腹筋)のけいれんが起こり、強い痛みが生じる疾患です。 これは患者さんにとって非常に不快でつらい症状になります。 こむら返りの特徴として、睡眠中に生じやすい事が知られています。 寝ている時に突然足がつり、痛み・苦痛とともに目覚めます。 こむら返りは何故、睡眠中に生じるのでしょうか。 また睡眠中の発症を予防する方法はあるのでしょうか。 ここでは睡眠中に生じるこむら返りの原因や予防法についてお話させていただきます。 1.こむら返りとは こむら返り(calf cramp)は、正確には「腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)」という疾患名になります。 なぜ「こむら返り」という名前なのかというと、ふくらはぎは腓(こむら)とも呼ばれるため、ふくらはぎがつる事を「こむら返り」と呼ぶようになったそうです。 こむら返りでは非常に強い痛みが生じますが、これは腓腹筋(いわゆる「ふくらはぎ」)がけいれんする事で筋肉が強く収縮するためです。 強い収縮によってふくらはぎの筋肉の一部は破壊されるため、けいれんがが治まってもにぶい痛みは数日ほど続きます。 こむら返りは通常、発症する前にふくらはぎの違和感などの前兆が生じますが、睡眠中に生じる場合は当然、前兆を感じる事は出来ません。 この場合、気持ちよく寝ている時、急に足を激痛が襲ってくるわけですので、これは非常に不快な症状になります。 こむら返りを繰り返すようになってしまうと、「寝るのが怖い」と悩まれる方もいらっしゃるほどです。 2.こむら返りはなぜ睡眠中に生じるのか こむら返りはなぜ、睡眠中に生じやすいのでしょうか。 これは睡眠中というのは、こむら返りが生じやすい環境が作られやすいためです。 こむら返りを発症する原因はいくつかあります。 これについて詳しくは「」で説明しています。 簡単にまとめると、• 激しい運動後の筋肉の疲労• 電解質の崩れ• 冷えによる血行不良 などがこむら返りを発症させやすくする原因でした。 このうち、睡眠中というのは、• 冷えによる血行不良• 脱水 が生じやすく、そのためにこむら返りが発症しやすいと考えられています。 こむら返りは寝ている時の中でも明け方(早朝)に生じやすい事が知られています。 睡眠の終わりごろというのは一番身体が冷えやすく、水分も失われている時なのです。 それぞれ詳しく説明します。 そして私たちの身体の血液の流れは、暖かいと良くなり、寒いと悪くなります。 つまり、気温が低い(寒い)と、筋肉はけいれんしやすくなるという事です。 では1日の中でもっとも気温が低くなる時間帯というのはいつでしょうか。 それは早朝です。 季節によって多少変わりますが、早朝の4時から6時頃が1日の中でもっとも気温が低い時間になります。 早朝に足の血流が悪くなっている時に、寝相などでふくらはぎの筋肉を動かしたりすると、異常な収縮(こむら返り)が発症してしまうのです。 実は睡眠中というのは、水分がたくさん失われている事をご存知でしょうか。 個人差もありますが、成人が一晩の睡眠中にかく汗の量は200mlほどになります。 睡眠中は水を飲んだり出来ないわけですから、睡眠中は徐々に脱水が進行していく事になります。 では睡眠中にもっとも脱水になっているのはいつでしょうか。 それは起床直前の明け方になります。 早朝にこむら返りが生じやすいのは、明け方にもっとも身体の水分が失われた状態になっているためです。 3.睡眠中のこむら返りを予防する方法 こむら返りはいつ発症しても不快ですが、中でも睡眠中の発症は極めて不快なものです。 このような睡眠中のこむら返りは、予防する事はできないのでしょうか。 睡眠中のこむら返りを予防するために有効な方法を紹介します。 という事は、足の冷えを予防できればこむら返りも起こりにくくなるという事になります。 寝室にエアコンがあるのであれば、早朝の一番寒くなる時間帯に暖房がつくようにセットしておいてもいいでしょう。 注意点として暖房によって部屋が乾燥してしまうと、冷えは改善しても脱水が進行してしまいますので、加湿器なども併用すると効果的です。 また自分以外にも寝室を使っている方がいて、自由に室温を調整できないという場合は、足だけを暖める工夫も有効です。 レッグウォーマーを付けて眠る事で、ふくらはぎの冷えを予防する事が出来ます。 このような場合は、脱水を予防する事がこむら返りの予防になります。 とは言っても寝ている時に水を飲む事は出来ませんね。 ではどうすればいいのかというと、• 寝る前にコップ1杯(120~200ml程度)の水分を取る• 睡眠中になるべく水分が失われないようにする という方法が有効になります。 睡眠中に失われる水分量は約200mlほどですので、眠る前にそのくらいの水分を摂取するようにしましょう。 注意点として、水分を取れば取るほど良いというものではありません。 寝る前に大量の水分を取ってしまうと、こむら返りは予防できますが、夜に何度もトイレに起きる事となり、睡眠の質が低下してしまいます。 コップ1杯程度であれば、そこまで夜のトイレの原因にもならないため、このくらいの量を目安に摂取するようにしましょう。 また睡眠中になるべく身体から水分が失われないようにするためには、寝室を適度に加湿する事が有効です。 加湿器などを上手に利用して脱水を起こさないようにしましょう。 こむら返りが生じる部位であるふくらはぎを十分の伸ばす事で、ふくらはぎの筋肉が異常収縮させにくくする事が出来ます。 ストレッチで伸ばすほか、自分で手で適度にもみほぐす事も有効です。 こむら返りを抑えるお薬やサプリメントは多く発売されていますが、医師として一番有効だと感じるのはやはり「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」です。 芍薬甘草湯は、筋肉細胞内のカルシウム、カリウムといった電解質のバランスを整える事でこむら返りを起こしにくくする作用があり、臨床でしばしば処方しますが、患者さんの反応はまずまず良好です。 夜間にしか発症しないのであれば、寝る前に1包服用すればよいでしょう。 芍薬甘草湯は病院で医師の診察を受けて処方してもらえるほか、薬局で購入する事も出来ます。 ただし人によっては芍薬甘草湯が使えない方もいますので、心配な方は病院を受診し、医師の判断をもらってから使用するほうが良いでしょう。 その理由として、こむら返りはある疾患が背景に存在していて、その症状として出現する事もあるからです。 例えば、• 糖尿病• 肝硬変• 腎不全• 甲状腺機能低下症• 神経根障害(腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど)• 脳血管障害後遺症• 閉塞性動脈硬化症• 多発性筋炎 などの疾患は、時にこむら返りを起こす事があります。 日常生活の工夫で治らないこむら返りは、このような疾患が原因である事がありますので、病院を受診し、診察や検査を受けてください。 受診する科としては「内科(一般内科)」が良いでしょう。

次の

こむら返りが起きた時の治し方と対処法を学ぼう!こむら返りを予防するために必要なこととは?

こむら返り 予防 法

足がつるとは? 足がつる状態を医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 足がつるの「つる」という部分も漢字で書くと『攣 つ る』となり、痙攣の『攣』という字を使います。 つまり足がつっている状態というのは有痛性=痛みを伴う筋肉の痙攣が起きている状態です。 3人に一人が日常的に足がつる経験あり アンケートによると20代から60代以上まで約半数以上の方が足がつった経験があるそうです。 50代以上の方では「毎日足がつる」、「週に数回足がつる」「週に2~3回足がつる」など日常的に足がつる方が約3割いることがわかります。 「毎日足がつる」は3%と低い数字ではありますが、あの足の痛みが毎日あるのは相当な苦痛であることが想像できます。 毎日足がつるようであれば、何かの病気が原因の可能性もあります。 気になる方は一度病院で診察をすることをおすすめします。 また、何の病気がなかったとしても、毎日寝ているときに足がつる方は寝不足にもなり、それが原因で体調を崩すことも考えられます。 20代、30代では若干比率は少なくなるものの約2割の方が日常的に足がつるという結果が出ています。 足がつる原因は主に、筋肉疲労、水分ミネラル不足、冷えなどがあげられます。 高齢者になると若い人に比べて足がつるリスクは高まりますが、若いからといって油断はできないようです。 アンケート協力 足がつる=こむら返りじゃない よく足がつることを指してこむら返り(こぶらがえりという地方もあるようです)といいますが、こむら返りはふくらはぎがつることを指します。 しかし、足がつるのはふくらはぎだけでなく• 足のすねがつる• 足の裏がつる• 足の甲がつる• 太ももがつる• 太ももの裏がつる• 足の指がつる など、ふくらはぎ以外の部位でも足がつることはあります。 足がつるのはどんな時? 夜中、就寝中に足がつる方が多いようですが、寝ている時に足がつるだけでなく、• 朝方に足がつる• 運動中に足がつる• 運動したあとに足がつる• ゴルフの最中に足がつる• ランニング中に足がつる• 伸びをした時(足をのばした時)に足がつる など人によって足がつる個所も時間や状況も様々です。 睡眠中にこむら返りが起きる人もいれば、スポーツをしている最中にこむら返りを起こす人も良くいます。 準備運動をしないでプールにいきなり入って足がつっている人を見たことをある方もいるのではないでしょうか? 足がつるのは病気の可能性も 足がつるということ自体は健康な人でも起こることがあります。 長時間運動をして疲れていたり、運動不足や立ち仕事の多い方、お年寄り、また妊娠中にもおこりやすいようです。 しかし、あまり頻繁に起こるようだと病気が原因の可能性もあります。 足がつる病気で代表的なものには下記のようなものがあります。 糖尿病• 脊柱管狭窄症• 閉そく性動脈硬化症• 椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などの腰痛• 腎疾患(腎臓病)• 肝硬変 などがあげられます。 上記のような病気が原因で足がつる場合は、病気を治すことや病気の治療を行うことが足のつりの予防につながっていきます。 足がつる場合病院は何科? ふくらはぎがつるこむら返りなど、足がつるのは、冷えや筋肉疲労などで健康な人や若い人にもおきるものです。 その多くは一過性のものなので治療の必要は特にないようです。 ただ、頻繁に足がつるようでしたら上記に挙げた病気の可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。 そこで何科を受診すればよいかということになりますが、 整形外科、神経内科、内科が良いそうです。 足がつるのに加えて、腰やおしり、下肢に痛みやしびれがあるときには整形外科を受診するのが良いかもしれません。 外科的な病気が原因で足がつる 外科的な病気で考えれるのは• 変形性腰椎症• 椎間板ヘルニア• 下肢静脈瘤 などがあります。 特に腰痛や下肢の痛みやしびれがないようであれば、まず神経内科や内科を受診してみましょう。 内科の病気が原因で足がつる 内科の病気で足がつる原因となるものには、主に• 糖尿病• 肝臓病• 腎不全 などがあげられます。 これらの病気は代謝異常がおこるため、足がつりやすくなります。 このホームページでは病気が原因ではないけど、足がつって困っている方になるべくわかりやすい表現で足がつる理由(原因)や治し方、予防、対処法を紹介していきたいと思います。 自分の足がつってしまう原因を考えて、自分にあった治し方、予防、対処法を見つけてください。 足がつる理由(原因) 足がつる原因は主に水分不足、ミネラル不足、疲労、冷えなどがあげられます。 しかし、足のつりは人によっておこる場所も時間も様々です。 足がつる原因を足がつる状況から調べてみました。 足がつる体のメカニズム それではまず、足がつるとは体の中でどのような作用が起きているのか考えてみましょう。 いわゆる足がつるという現象は医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 つまり足がつるのは痛みを伴う筋肉の痙攣ということになります。 筋肉の痙攣は筋肉の収縮が無意識に起こることですが、痛みを伴わない痙攣はピクピクと収縮と弛緩を繰り返す場合で、痛みを伴う場合は弛緩する時間がなく、収縮だけが続く場合です。 これが足がつっているときの状態です。 少し難しくなりますが、こちらの「」のページでより詳しく説明しています。 それでは足がつる原因を状況別に見てみましょう。 夜中に足がつる理由(原因) 夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で目をさまし寝不足になる方もいるようです。 日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。 こちらの「」のページで睡眠中のこむら返りについてもう少し詳しく説明しています。 妊娠中に足がつる 妊娠中にはじめて足がつるのを経験する人もいるように、足がつるのは妊娠中のマイナートラブルです。 妊娠による骨盤のゆがみや鼠蹊部を圧迫されることにより足の血流がわるくなることが関係しているようです。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 スポーツ・運動中に足がつる 日ごろから運動をしている人が試合の最中に足がつることもあれば、普段運動不足のお父さん方がゴルフの時に足がつったり、日ごろの運動量にかかわらず運動中に足がつることはあります。 筋肉疲労をはじめ、汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 薬の副作用 薬の副作用が原因で足がつる場合もあります。 副作用でこむら返りが起こる可能性がある主な薬には下記のようなものがあります。 カルシウム拮抗薬• 抗甲状腺薬• フィブラート系の高脂血症治療薬• 女性ホルモンおよび男性ホルモンなどのホルモン剤• インシュリン• 利尿薬 など 薬を服用していて、寝ているときなどに頻繁に足がつる、こむら返りが起こるようなら一度医師や薬剤師に相談してみましょう。 こちらの「」のページで薬剤師さんが薬の副作用と足のつりについて詳しく説明しています。 冷えが理由で足がつる ミネラル不足や筋肉疲労以外にも足がつる原因に冷えも関係しています。 体の冷えは血行不良の原因となり、筋肉を収縮させます。 さらに血流が悪くなることによりミネラルのバランスも崩れます。 そのために足がつりやすくなります。 こちらの「」のページでもう少し詳しく説明しています。 足がつる予防 足がつるのを経験している方は、あの激痛が起こらないようにと願っているはずです。 日ごろどういったことに気をつければ足がつらなくなるのか調べてみました。 足がつるのを予防するのに大事なのは ミネラル・水分をしっかり摂る 日頃から適度な運動をする 足腰を冷やさない などがあげられます。 バランスの良い食生活で足のつりを予防 足がつることに限りませんが、バランスの良い食生活というのは健康な体作りの基本です。 足がつる予防においても栄養バランスは重要になります。 特にミネラル不足は足がつる原因となりますが、ミネラルだけでなく、水分、ビタミンも足がつる原因となるので、しっかり摂れるような食生活を心がけましょう。 特に足がつる予防に役立つビタミン・ミネラルは下記のようなものがあります。 マグネシウム(アーモンド、ひじきなど)• カルシウム(牛乳、切干大根など)• ビタミンB1(卵、豚肉など)• ビタミンE(ナッツ類、抹茶など) サプリメントを活用して足のつりを予防 仕事が忙しく外食やインスタント食品を食べる機会が多くある方や、食べ物に好き嫌いが多いなど、なかなかバランスの良い食生活が難しいという方はサプリメントを活用するのも一つの方法です。 上記に挙げたビタミンやミネラルのサプリメントを上手に活用しましょう。 適度な運動とストレッチ どんなに日ごろから運動をしている人でも足がつることはあります。 運動することにより汗をかき、ミネラルや水分が不足することに加えて筋肉の疲労もおきることから足がつりやすい状況になるからです。 スポーツ、運動中の足のつりを予防するにはこまめな水分補給、できればミネラル分を含むスポーツドリンクなどが良いでしょう。 また、運動前と運動後の準備運動も足がつる予防にとても役立ちます。 普段、運動をしない人が、急に体を動かすと、普段から運動していない人に比べて足はつりやすくなります。 これは筋肉疲労に関係しています。 普段から筋肉を使っていないので、すぐに筋肉が疲労し足がつりやすくなるのです。 ですから、日頃から適度な運動というのは足がつる予防に役立ちます。 また、ただ運動をして筋肉をつけるのではなく、ストレッチも取り入れて柔軟な筋肉をつけるよう心がけましょう。 足がつる予防についてはこちらの「」のページで詳しく説明しています。 足がつる治し方・対処法 日ごろから予防をしても足がつってしまった時に、少しでも早く足がつるのを治したいものです。 足がつった時に少しでも早く治す対処法を調べました。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 足がつった時の治し方、対処法については「」のページで詳しく説明しています。

次の