一人暮らし 電気 代 平均。 一人暮らしの電気代、平均はどのくらい?節約のポイント | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

一人暮らしの電気料金が4000円は普通? 全国平均とライフスタイルによる違い

一人暮らし 電気 代 平均

みなさんは毎月、電気代や水道代などの「公共料金」を支払っていらっしゃるでしょう。 中でも、命に関わる「電気」「ガス」「水道」は、どれが止まっても大変なことになりますから、これら、いわゆるライフラインといわれるものの料金は、しっかり支払わないといけませんね。 とくに、電気代は人によって大きく差が出るポイント。 電気代をいかに節約できるかで毎月の光熱費が変わってくるといっても過言ではありません。 そこで今回は、一人暮らしの人が電気代などの光熱費を平均いくら支払っているかを聞いてみました。 そこで、この131人に「毎月の電気代が平均でいくらになるか」を聞いたところ、結果は以下のようになりました。 IH調理器具の普及など、ガスを使わない家も増えているようです。 ガス代が0円という回答が17人からありました。 水がないと暮らしていけないはずですが、水道代0円と回答した人が6人いらっしゃいました。 一人暮らしの電気代の平均は約4,000円という結果に。 ガス代、水道代を合計すると光熱費の平均は9817円という結果に。 次に電気代、ガス代などの公共料金のうち、どれを割高に感じるかを聞いてみました。

次の

【ホームズ】毎月固定でかかる電気代。一人暮らしの場合、電気代はどのくらいかかる?

一人暮らし 電気 代 平均

電気代って、どう計算するの? まずは電気料金の計算方法について見てみましょう。 1-1. また、近年では太陽光発電などを始めエコ発電を利用する方が少なくはないので、それらを利用していない方へ「 再生可能エネルギー発電促進割賦課金」という単価も設定されているため、使用量に応じた金額が上乗せになります。 また、「 燃料費調整制度」というものも存在しますが、これは電力を供給するために必要だった燃料費に基づいて調整される料金。 燃料の価格が高騰した場合は燃料費調整額が加算され、反対に低下した場合は電気使用量によって差し引かれるものですが、頭の片隅に入れておく程度で良いでしょう。 1-2. KWってなに?KWhとの違いは? 「W ワット 」とは瞬間的な電力の単位で、「どれくらいの電気を消費しているか」という数字の目安になり、「KW キロワット 」は1000Wを表したものです。 「KWh キロワットアワー 」とは「KW」に時間を表す「h」が付けられたもので、「一時間に使う電力量」を表します。 6KWh」として計算できます。 一人暮らしの平均電気使用量は? 2-1. 一人暮らしの電気使用量の相場 総務省が2016年に実施した家計調査によると、一人暮らし世帯の電気使用量は以下のとおりです。 34歳以下の全体平均をみると、ひと月当たりの電気使用量は「 128KWh」、電気代は「 約3,500円」。 年間を通しての平均値の為、月によってバラつきはありますが、この使用量を目安にして使いすぎていないか確認してみましょう。 2-2. 家電製品の電気使用量の目安と確認方法 電気料金の計算方法を確認しましたが、実際にどれくらいの電気を使っているのでしょうか。 家電製品には製品シールが直接貼り付けられているものが多く、それを確認することでその製品がどれくらいの電気を使用するのか確認することができます。 シールがない場合は取扱説明書や販売元のHPなどから製品情報を確認できます。 電気代を節約する方法 3-1. 契約会社を変更する 2016年4月に行われた法律の改正によって、 電力自由化が始まりました。 消費者の立場では 契約する電力会社を自由に選べるというメリットがあります。 電気料金単価は会社によって異なるため自身に合ったサービスを展開する電力会社を選択することで電気代が節約できるケースがあります。 3-2. 契約プランを変更する 契約している電力会社を変更しなくても、利用するプランを変更することで電気代を安くできる可能性があります。 全時間帯で電気料金単価が統一されている基本プランを始め、日中は単価が高いが深夜帯は安く設定されているプランなど電力会社によってさまざまなサービスが展開されているため、自身のライフスタイルに合ったプランを選択しましょう。 時間帯別電灯 単位 単価 円、税込 契約電力と基本料金 最初の10KWまで 1契約 1,188. 00 10KWhを超える1KWにつき 1KW 388. 80 電力量料金 昼間時間 第一段階 最初の90KWhまで 1KWh 21. 27 第二段階 90KWhを超え230KWhまで 27. 44 第三段階 230KWh超過分 31. 42 夜 間 時 間 10. 51 上記は関西電力のプランの一部です。 先述の 34歳以下の一人暮らし世帯における平均電気使用量「128KWh」を元にシミュレーションしていきます。 4円=21. 08円=10. 6円=2. 自身のライフスタイルや電気使用量を把握して、一番お得に利用できる電力会社やプランを探してみましょう。 3-2. 古い家電製品は買い替える 一度購入するとなかなか買い替える機会のない家電製品ですが、家電製品の省エネ性能は年々高くなり、使用している家電製品の製造年数によっては消費電力が大幅に変わります。 家電製品の省エネ性能はこの10~15年で大幅に上がり、2004年から2014年の間でも 1/3ほどに電気消費量が抑えられるようになりました。 その後も更に性能が向上しているため、 買い替えることで電気代を大幅に節約することが可能です。 製造年数が5年~10年以上経過している家電製品は、コストパフォーマンスを比較して買い替えも視野に入れてみましょう。

次の

一人暮らしに最適な契約アンペア数はどれくらい?アンペアや家電ごとの電気代目安は?

一人暮らし 電気 代 平均

単身世帯全体 勤労単身世帯 年額 月額 年額 月額 2018 70227 5852 58311 4859 2017 64704 5392 50633 4219 2016 63839 5320 49776 4148 2015 67189 5599 51626 4302 2014 66784 5565 52651 4388 2013 65779 5482 52156 4346 2012 61696 5141 48329 4027 2011 57608 4801 47119 3927 2010 60190 5016 47692 3974 2009 57231 4769 46096 3841 2008 58421 4868 49399 4117 平均 63525 5294 50439 4203 2009~2018年までの10年間の単身世帯の電気代の月額平均は「5294円」。 2011年の東日本大震災の翌年から大手電力会社の電気料金の値上げが続いているため、2012年を境に高くなっています。 その後も燃料価格の高騰や再生エネルギー賦課金の増加に伴い、断続的に値上げは続いているため、2019年は前年に比べて、月額で500円近くも電気代が高くなっています。 また、単身世帯全体から働いている人を抜き出した勤労世帯の月額平均は「4203円」で、単身世帯全体の平均よりも1000円程度安い傾向に。 これは日中家にいる時間の長さが影響しているのではないかと思われます。 電気代は季節によっても大きく変わるため、平均値で「今月安かった!」「高かかった!」と一喜一憂する必要はありませんが、 目安として月に4000~5000円程度というのが一人暮らしの平均的な電気代です。 全世代平均で年6500円近くもの差があります。 また、年齢が上がるにつれて、電気代は高くなり、全体平均で「~34歳」「60歳~」では年40000円近くも差があります。 電力会社によりますが、契約をするときにアンペア数を決める必要があり、それにより基本料金が変わります(大手電力会社では、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・九州電力がアンペア制を取り入れています)。 アンペアとは電流の単位で、契約するアンペア数によって使える電量が変わります。 日中部屋にいることが少ない一人暮らしでは、20Aの契約が一般的。 それ以上の契約になっている場合は、契約アンペア数を下げると、基本料金が下がり、節約につながることがあります。 ただし、一人暮らしでも多く電気を使う生活をしている場合はアンペア数を下げると、一度に複数の家電が使えなくなるなど、デメリットもあるので注意してください。 なお、賃貸住宅でアンペア数を上げる場合は工事が必要となったり、建物全体での契約量が決まっていたりと制限があることがあるので、大家さんや管理会社に問い合わせをすることをおすすめします。 それぞれ特長があり、上手く利用すれば、同じように電気を使っていても電気代を下げることが可能です。 ただし、基本的には電気をたくさん使う人ほど料金が下がるため、一人暮らしではメリットがないことも。 また、一人暮らしの多くが契約している20Aでは、そもそもサービスがないこともあります。 電力会社を変更する場合、よく比較検討してください。 ちなみに、賃貸住宅でも電力会社を変えることは可能ですが、住んでいる物件が高圧一括受電契約をしている場合は、電力会社を変更することができませんので、確認してください。 基本料金がかからないプランや、夜の電気料がオトクなプランもあるので、まずは現在契約している電力会社の情報を調べてみることをおすすめします。 エアコンに頼りすぎない夏の過ごし方のコツは、ガイド記事「」にまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。 【関連記事】•

次の