妖怪ウォッチ都市伝説。 金ピカ都市高|真打/元祖/本家 連動ダンジョン|妖怪ウォッチ2真打/元祖/本家 攻略魂

妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ都市伝説

ここがポイント!• 妖怪ウォッチが放送休止した「幻の回39話」 読者の中にはそもそもこの都市伝説を知らない人も多いのではないだろうか?なぜなら妖怪ウォッチの 第39回は地上波では通常通り放送されたからだ。 都市伝説で噂される第39回だが、テレビ東京系列では2014年の10月10日に放送予定だった。 そしてもちろん予定通り放送されている。 他のローカル局も予定していた放送時期を見送ったという話もない。 実はこの都市伝説、「 ネット放送」によるものなのだ。 Sponsored Link 人気アニメ・妖怪ウォッチはまずテレビ東京で放送されるが、その後にネットやアニメ専門チャンネルでも配信される。 しかしどういうわけか第39回だけ配信に「 待った」をかけられたのである。 だからこの話を見たことがあっても不思議ではなく、多くの妖怪ウォッチファンは地上波で見るだろうから「 幻の回」という都市伝説自体知らなくても無理はないだろう。 しかし地上波では放送されたのに、 他のメディアではなぜ? 規制されるなら普通は逆の気もする。 都市伝説によると原因は 第39回の内容にあるというので、少しストーリーを掘り下げてみよう。 妖怪ウォッチ「39話」のパクリがヒドいと話題に 問題となる妖怪ウォッチの39話は「 妖怪U. 」「 妖怪ネタバレリーナ」「 給食のグルメ」の3本からなる回だった。 正直、サブタイトルだけ見てもなんとなく漂っている雰囲気がある… 給食のグルメは言うまでもなく他作品「 孤独のグルメ」のパロディだし「妖怪U. O」も昔のアイドルユニット・ピンクレディーの持ち歌「 UFO」から来ている。 その証拠に、妖怪U. Oに取り付かれたクラスメイトたちがUFOモロパクリのイントロを踊り出すのだ。 都市伝説によると この回のパクリはこれだけにとどまらない。 同じアイドルネタでキャンディーズの「普通の女の子に戻ります!」も堂々とパクリ。 以前から妖怪ウォッチに登場しているニャーKB48なんて言わずもがなだ… 妖怪ウォッチといえばアニメ29話からシリーズ物になっていた「 太陽に吠えるズラ」も昭和を代表する刑事ドラマのパクりだし、第19話では「北斗の拳」の技をパクった「 ひゃくれつ肉球」というのもあった。 このように前々から妖怪ウォッチはパクリやオマージュが普通に行われていた。 本来なら笑える程度のネタだが、都市伝説によれば第39話だけはこうしたパクり行為に対して アウト判定を食らったというのだ。 妖怪ウォッチ公式のコメントでは… 都市伝説を詳しく調べると、ネット上ではピンクレディーのUFOネタがアウトだったという見方が強い。 実際に色々なパクりのなかでも曲に関するものは特に日本だとデリケートな部分だ。 Sponsored Link しかしこの都市伝説に対して、妖怪ウォッチスタッフは公式にこうコメントをしている。 「 トラブルがあったわけではない」 著作権侵害などで妖怪ウォッチが訴えられたなら、それは間違いなくトラブルだ。 しかしスタッフは「違う」と断言している。 「 放送休止は我々の都合によるもの」 またこうも発言しており、どうやら都市伝説で語られる単純なパクりパクられが原因ではないようだ。 妖怪ウォッチ放送休止のワケは「御嶽山の噴火」!? 妖怪ウォッチスタッフは都市伝説を否定したものの、肝心の 放送休止の理由については明らかにしなかった。 代わりに「いま配信するのは止めたほうが良いと判断した」という意味深なコメントを残している。 「 いま」と言うからには時期的な何かがあったのだろう。 そこで、地上波の放送日である2014年10月10日前後に起きた大きなニュースを調べてみた。 すると気になる見出しを発見した。 『 2014年9月27日・御嶽山噴火』 長野県と岐阜県の境にある「御嶽山」が噴火した事故である。 この事故に的を絞って妖怪ウォッチ39話を調べてみると、案の定あった。 「妖怪U. O」の回でテレビ撮影のクルーが持つカンペに一瞬だが、「 肉汁の大噴火や」という文字が書かれてある。 いわゆる食レポの「たとえ表現」になるが 噴火の文字が丸々入っているのはまずい。 というかこのセリフも某芸能人のパクりだし… 二重にアウトかもしれない。 ともかく地上波のときはスタッフも気づかずそのまま放送されたが、視聴者からクレームが入ったためネットでの配信は「様子を見た」というのが実際のところではないだろうか。 2014年は12月に阿蘇山も噴火したり日本の火山が活発な年だったため、後々考えるとこれは「パクリ問題」以上にデリケートな部分だったと思われる。 以上のことから、筆者は妖怪ウォッチ第39話放送休止の原因は火山噴火説が真実だと見ている。 ちなみに都市伝説では39話のストーリーが差し替えられたり、消されるのではといった不安の声も多々あった… だが本当にただの「放送休止」だけで、その後は無事に各メディアでも配信が開始された。 今では普通に妖怪ウォッチれるので安心して欲しい。

次の

妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ都市伝説

社会現象になるほどの人気を誇った「妖怪ウォッチ」。 知名度が上がるにつれ、都市伝説があちこちでささやかれるようになりました。 子どもたちに親しまれている「妖怪ウォッチ」には一体どんな噂があるのでしょう? 今回は 妖怪ウォッチ都市伝説や裏話・裏設定についてご紹介していきます。 「妖怪ウォッチ」の身の毛もよだつ都市伝説4選 「ゲゲゲの鬼太郎」ほどおどろおどろしい雰囲気ではないものの、やはり「妖怪ウォッチ」も妖怪もののアニメ。 ファンが恐怖でふるえるような都市伝説があったって不思議ではありません。 ネット上ではどんなことが噂されているのでしょうか? それでは、 「妖怪ウォッチ」の身の毛もよだつ都市伝説についてご紹介していきます。 その腹巻きですが、なんと本当は 車に轢かれた跡だったという都市伝説があります。 スポンサーリンク というのも、ジバニャンは車に轢かれて死んだネコが地縛霊となった姿なのです。 あれがタイヤの跡だと考えると、かなり切ないですね。 ちなみに生前の名は「アカマル」です。 ジバニャンの元飼い主であるエミちゃんですが、彼に日常的に チョコレートを与えていました。 犬にチョコを与えてはならないというのは広く知られていますが、ネコも同様。 チョコの苦み成分「デオブロミン」の作用で血液が固まり亡くなってしまうことがあります。 事故死したジバニャンに対する「ダサッ」が愛情の裏返しだったことはアニメで明らかになっていますが、チョコに関することは言い逃れできませんね。 そんなケイゾウについて、生前のフユニャンを殺害した殺人鬼だという都市伝説があります。 ケータが生まれる前にケイゾウは他界しましたが、フユニャンは彼を恨んでいました。 「孫のケータがケイゾウを見つけるカギとなるのでは」とにらんだフユニャン。 こうしてケータたちの前に姿を現したのです。 実際彼が人間界で大きな罪を犯したという都市伝説があります。 エンマ大王に頼んで人間界に送られたウィスパー。 同行したカゲローや忘れん帽と共に、かげむら医院で人々を焼き殺してしまいました。 スポンサーリンク そうして死んでいった人々がモテマクールやしわくちゃんといった妖怪になったのです。 実際かげむら医院にはウィスパーによる落書きがあります。 「妖怪ウォッチ」第39話配信中止の理由に関する都市伝説2選 「妖怪ウォッチ」第39話がネットで配信されなくなったのをご存知でしょうか? テレビでは通常通り放送されたものの、その後のネット配信が中止となってしまったのです。 なぜそのような事態に陥ったのでしょう? それでは、 「妖怪ウォッチ」第39話配信中止の理由に関する都市伝説についてご紹介していきます。 妖怪U. このお話がテレビで放送されたのは2014年10月10日。 その少し前の9月27日に御嶽山が噴火しました。 どうして噴火が「妖怪ウォッチ」の配信に影響したのでしょう? 実は第39話では 「肉汁の大噴火」という表現が出てきます。 「大噴火」という表現は時期的にアウトですね。 「妖怪ウォッチ」の裏設定に関する都市伝説6選 表ざたにはなっていないものの、制作者たちの間で認識されている事柄である裏設定。 「妖怪ウォッチ」の都市伝説でも裏設定について触れられることがあります。 一体どんな要素が作品に隠されているのでしょうか? それでは、 「妖怪ウォッチ」の裏設定に関する都市伝説についてご紹介していきます。 これにはこんな根拠があります。 母親同士も交流が深い• 祖父母が共通の人物 母親同士が仲良しなだけなら単なるママ友で済まされますが、祖父母が同じ人物だという点で親戚説は否定できないものとなります。 両親は異なるものの祖父母が同じとなると、ケータとフミカは いとこ同士と解釈できますね。 その理由は 切れた耳にあります。 野良猫の中にはまれに耳が欠けている子がいますが、これは 去勢・避妊済みであるという印なのです。 スポンサーリンク 地域のボランティアが野良猫を保護し去勢手術を受けさせた際、片耳をカットし「去勢・避妊手術を受けた」という目印にするのです。 かの「ようかい体操第一」の後はこの曲に切り替えられました。 さてこのアメリカ軍を彷彿させる服装のブリー隊長ですが、「 ビリーズブートキャンプ」のビリー隊長 ビリー・ブランクス がモデルとなっています。 「妖怪ウォッチ」世代の子どもたちにはピンとこないかもしれませんが、大人がブリー隊長を見るとすぐピンときますね。 また、ブリー隊長の「ブリーズビートキャンプ」も明らかに「ビリーズブートキャンプ」からとったとわかります。 ファンがパクリ元と噂しているのが高知県のご当地ゆるキャラ、 カツオにゃんこ。 頭の形といい目つきといい、そっくりですが、「妖怪ウォッチ」制作サイドはパクリ疑惑を否定。 2011年登場したカツオにゃんこの後に、「妖怪ウォッチ」の漫画やゲームが世に出ました。 しかし「妖怪ウォッチ」のゲームは2010年頃から制作が始まっていたのです。 よってジバニャンは決してカツオにゃんこをパクって作られたキャラクターではないと「妖怪ウォッチ」制作サイドは主張しています。 彼はジバニャンがロボットに改造された後の姿です。 そんなロボニャン、ケータの親友 カンチ 今田干治 によって造られたという都市伝説があります。 カンチは機械に強く、小学校5年生にしてハッキングをしてしまうほどのスキルの持ち主。 そんなカンチのことですから、将来ロボットを造るようになっても不思議ではありません。 また一人称はそのまま「ゴルニャン」であることもありますが、 「私は~」と話すこともあります。 公式で性別は明かされていませんが、女性だといわれても納得できますね。 まとめ いかがでしたか? 今回は 「妖怪ウォッチ」にまつわるオモシロ都市伝説・裏話・裏設定12選についてご紹介しました。 エミちゃんのチョコの件やブリー隊長の件など、子どもが何かを感じとるのは難しい都市伝説、裏設定ばかりですね。 その分大人が「妖怪ウォッチ」を見ると子どもには感じとれないことが色々感じとれます。 そうした点ではこの作品は親子で楽しめる作品ですね。

次の

こんなにあった…妖怪ウォッチの都市伝説・裏設定の数々!

妖怪ウォッチ都市伝説

社会現象になるほどの人気を誇った「妖怪ウォッチ」。 知名度が上がるにつれ、都市伝説があちこちでささやかれるようになりました。 子どもたちに親しまれている「妖怪ウォッチ」には一体どんな噂があるのでしょう? 今回は 妖怪ウォッチ都市伝説や裏話・裏設定についてご紹介していきます。 「妖怪ウォッチ」の身の毛もよだつ都市伝説4選 「ゲゲゲの鬼太郎」ほどおどろおどろしい雰囲気ではないものの、やはり「妖怪ウォッチ」も妖怪もののアニメ。 ファンが恐怖でふるえるような都市伝説があったって不思議ではありません。 ネット上ではどんなことが噂されているのでしょうか? それでは、 「妖怪ウォッチ」の身の毛もよだつ都市伝説についてご紹介していきます。 その腹巻きですが、なんと本当は 車に轢かれた跡だったという都市伝説があります。 スポンサーリンク というのも、ジバニャンは車に轢かれて死んだネコが地縛霊となった姿なのです。 あれがタイヤの跡だと考えると、かなり切ないですね。 ちなみに生前の名は「アカマル」です。 ジバニャンの元飼い主であるエミちゃんですが、彼に日常的に チョコレートを与えていました。 犬にチョコを与えてはならないというのは広く知られていますが、ネコも同様。 チョコの苦み成分「デオブロミン」の作用で血液が固まり亡くなってしまうことがあります。 事故死したジバニャンに対する「ダサッ」が愛情の裏返しだったことはアニメで明らかになっていますが、チョコに関することは言い逃れできませんね。 そんなケイゾウについて、生前のフユニャンを殺害した殺人鬼だという都市伝説があります。 ケータが生まれる前にケイゾウは他界しましたが、フユニャンは彼を恨んでいました。 「孫のケータがケイゾウを見つけるカギとなるのでは」とにらんだフユニャン。 こうしてケータたちの前に姿を現したのです。 実際彼が人間界で大きな罪を犯したという都市伝説があります。 エンマ大王に頼んで人間界に送られたウィスパー。 同行したカゲローや忘れん帽と共に、かげむら医院で人々を焼き殺してしまいました。 スポンサーリンク そうして死んでいった人々がモテマクールやしわくちゃんといった妖怪になったのです。 実際かげむら医院にはウィスパーによる落書きがあります。 「妖怪ウォッチ」第39話配信中止の理由に関する都市伝説2選 「妖怪ウォッチ」第39話がネットで配信されなくなったのをご存知でしょうか? テレビでは通常通り放送されたものの、その後のネット配信が中止となってしまったのです。 なぜそのような事態に陥ったのでしょう? それでは、 「妖怪ウォッチ」第39話配信中止の理由に関する都市伝説についてご紹介していきます。 妖怪U. このお話がテレビで放送されたのは2014年10月10日。 その少し前の9月27日に御嶽山が噴火しました。 どうして噴火が「妖怪ウォッチ」の配信に影響したのでしょう? 実は第39話では 「肉汁の大噴火」という表現が出てきます。 「大噴火」という表現は時期的にアウトですね。 「妖怪ウォッチ」の裏設定に関する都市伝説6選 表ざたにはなっていないものの、制作者たちの間で認識されている事柄である裏設定。 「妖怪ウォッチ」の都市伝説でも裏設定について触れられることがあります。 一体どんな要素が作品に隠されているのでしょうか? それでは、 「妖怪ウォッチ」の裏設定に関する都市伝説についてご紹介していきます。 これにはこんな根拠があります。 母親同士も交流が深い• 祖父母が共通の人物 母親同士が仲良しなだけなら単なるママ友で済まされますが、祖父母が同じ人物だという点で親戚説は否定できないものとなります。 両親は異なるものの祖父母が同じとなると、ケータとフミカは いとこ同士と解釈できますね。 その理由は 切れた耳にあります。 野良猫の中にはまれに耳が欠けている子がいますが、これは 去勢・避妊済みであるという印なのです。 スポンサーリンク 地域のボランティアが野良猫を保護し去勢手術を受けさせた際、片耳をカットし「去勢・避妊手術を受けた」という目印にするのです。 かの「ようかい体操第一」の後はこの曲に切り替えられました。 さてこのアメリカ軍を彷彿させる服装のブリー隊長ですが、「 ビリーズブートキャンプ」のビリー隊長 ビリー・ブランクス がモデルとなっています。 「妖怪ウォッチ」世代の子どもたちにはピンとこないかもしれませんが、大人がブリー隊長を見るとすぐピンときますね。 また、ブリー隊長の「ブリーズビートキャンプ」も明らかに「ビリーズブートキャンプ」からとったとわかります。 ファンがパクリ元と噂しているのが高知県のご当地ゆるキャラ、 カツオにゃんこ。 頭の形といい目つきといい、そっくりですが、「妖怪ウォッチ」制作サイドはパクリ疑惑を否定。 2011年登場したカツオにゃんこの後に、「妖怪ウォッチ」の漫画やゲームが世に出ました。 しかし「妖怪ウォッチ」のゲームは2010年頃から制作が始まっていたのです。 よってジバニャンは決してカツオにゃんこをパクって作られたキャラクターではないと「妖怪ウォッチ」制作サイドは主張しています。 彼はジバニャンがロボットに改造された後の姿です。 そんなロボニャン、ケータの親友 カンチ 今田干治 によって造られたという都市伝説があります。 カンチは機械に強く、小学校5年生にしてハッキングをしてしまうほどのスキルの持ち主。 そんなカンチのことですから、将来ロボットを造るようになっても不思議ではありません。 また一人称はそのまま「ゴルニャン」であることもありますが、 「私は~」と話すこともあります。 公式で性別は明かされていませんが、女性だといわれても納得できますね。 まとめ いかがでしたか? 今回は 「妖怪ウォッチ」にまつわるオモシロ都市伝説・裏話・裏設定12選についてご紹介しました。 エミちゃんのチョコの件やブリー隊長の件など、子どもが何かを感じとるのは難しい都市伝説、裏設定ばかりですね。 その分大人が「妖怪ウォッチ」を見ると子どもには感じとれないことが色々感じとれます。 そうした点ではこの作品は親子で楽しめる作品ですね。

次の