意見 類語。 「おこがましい」とは?類語や敬語、ビジネスでの使い方を解説!

「見解」の意味と使い方、類語「考察・意見・見方・解釈・所見・所感・感想・見識・見聞」との違い

意見 類語

使いたい語と似た意味の単語を調べられる「類語国語辞典」。 これを使えば語彙が増え、文章に深みが生まれます。 しかし、角川書店や三省堂、小学館など多くの出版社から発売されており、その特徴はさまざま。 創作活動や日常的な単語を調べるなど、使用用途でも辞典に求めるスペックは変わります。 使い慣れた国語辞典と違い、どの辞典を購入すればいいのか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 使用用途にあった類語国語辞典の選び方や、巷で人気の類語国語辞典のおすすめをランキング形式で紹介しちゃいます! 角川類語新辞典など、有名な辞書もランクインしていますよ。 自身にあった使いやすい辞典を見つけて、文章作成・創作活動にお役立てくださいね! 2002年に発行された『類語大辞典』をベースとして作られた使いやすいコンパクト版です。 6万を超える語が収録されている上、語釈や用例なども記載されているため、普通に使うぶんには充分。 本文は横書きになっており、縦書きに慣れた方には少し違和感を感じるかもしれません。 五十音順索引から本文を引く使い方になりますが、一つの言葉に複数の分類番号が記載されていることがあり、一つ目の分類番号で飛んだ先の内容が意図するものでなかった場合、また索引に戻って別の分類番号へ飛ぶ必要があります。 いくつもの語を続けて引くのには少し大変かもしれません。 索引 五十音順 収録語数 66,100語 語釈 有 ページ数 2,300ページ 判型 B6判 発行年 2008年 現代語から古語まで、幅広い表現に触れたいという方におすすめなのが、『現代語古語類語辞典』。 約21,000語の現代語を見出しに、和語・漢語・外来語を時代別に集めている稀有な類語辞典となっています。 その数なんと、延べ32万4千語にも上るというから驚きのボリュームです。 古事記や万葉集の時代から、現代に至るまでの語が網羅されており、またそれらがいつ頃使われたのか、現代・近代・近世・中世・中古・上代などで示されており、日本語の移り変わりが手に取るようにわかります。 俳句などにはもとより、時代ものの創作などにもピッタリでしょう。 索引 五十音順 収録語数 324,000語 語釈 有 ページ数 2,160ページ 判型 B6判 発行年 2015年 できるだけ易しい言葉から引ける類語国語辞典を探しているという方におすすめなのが、『早引き類語連想辞典 第2版』です。 思いついた言葉を見出しから探し、見出し下にある多数の語からしっくりする語を引いていく流れとなります。 語釈がない分、適切な語を見つけていく作業に集中できるでしょう。 収録語数は、2万3800語とそんなに多くはありませんが、 引きやすさを重視する方には一度は見てほしい類語辞典です。 外来語・慣用句・熟語なども充実しています。 ただ、 横組みの辞典で、見出し語はひらがなになっているので、好みが多少分かれるかもしれません。 索引 五十音順 収録語数 23,800語 語釈 無 ページ数 1,132ページ 判型 B6判 発行年 2008年 『類語国語辞典』は、1985年の発行以来、30年以上の時を経てもなお、多くの人に使われ続けています。 「語彙分類体系表」に基づいて類語がグループ化されているのが特徴で、自然・人事・文化の分類の下に「自然」から「物品」までの10個の項目があり、それらの下にさらに10個の分類が並んでいます。 一見似ていると思っていた表現も、実際思っていた意味合いとは違うということに気付くきっかけになるかもしれません。 細かな意味合いや詳しい使い方などを知りたい場合には「国語辞典」を併用するといいでしょう。 000語 -語 324,000語 66,100語 語釈 有 有 有 無 有 有 有 - 有 有 ページ数 584ページ 1,410ページ 1,309ページ 1,132ページ 1,721ページ 770ページ 932ページ 919ページ 2,160ページ 2,300ページ 判型 A5判 B6判 B6判 B6判 A5判 B6判 A5判 B6判 B6判 B6判 発行年 2017年 2003年 1985年 2008年 2005年 1998年 1981年 2006年 2015年 2008年 商品リンク•

次の

「ご指摘」の意味や言い換え方は?類語や敬語・例文が気になる!

意見 類語

スポンサーリンク 「ご指摘」の意味や使い方は? まず最初に 「ご指摘」の詳しい意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「ご指摘」は「指摘」という名詞に敬語の接頭辞「ご」を付けた、丁寧な言葉です。 「指摘」の「指」は、文字通りには手先の指のことですが、漢字の成り立ちをみると、てへんに旨という字から成り立っています。 旨は 「スープが旨い(うまい)」といった語句からも分かる通り、 「おいしい食べ物」という意味があります。 このため 「指」は元来は手においしい食べ物を持つことを示し、転じて「指さす」ことを表すようになりました。 一方「摘」はてへんに「啇」というつくりになっています。 「啇」にはそもそも「多い」という意味があり、元来は果実をたくさん拾い集めることを示したとされます。 ここから 「摘」は、 「つかみ取る」、「選び取る」こと、さらには 「要点をまとめる」、「他人の秘密を発表する」といった意味にも広がりました。 こうしたことから、 「指摘」は 「全体の中から大事なこと、注意すべきことなどを具体的に取り出して、はっきり示すこと」という意味になります。 単に指し示すだけでなく、とりわけ「多くの中からあやまりを指し示し、暴き出すこと」という意味合いを強く持ちます。 また 「指でつかみ取る、摘み取る」という動き自体を示すこともあります。 この丁寧な形が「ご指摘」ですから、主にはビジネスシーンなどで、「こちら側の間違いなどを指し示していただく」という趣旨で使われることが多い言葉だといえます。 「ご指摘」の言い換え方は? 次に 「ご指摘」の言い換え方について見ていきましょう。 「ご指摘」を言い換える言葉をまとめておきますね。 ご教示• ご指導• ご意見 「ご指摘」の言い換え方をご紹介しましたが、ここに例示したそれぞれの語句が、「ご指摘」と全く同じ意味で、どれを言い換えに使用しても不都合がないかというと、そうではありません。 スポンサーリンク やはりおのおのにニュアンスが異なりますので、使用する際には注意が必要です。 例えば「」は 「教えていただく」という意味になります。 「やり方についてご教示願います」などと使います。 また「」では、表面的な操作法というよりも、ものごとの中身や意義、技術そのものを深く、長期間教わるというイメージがあります。 一方「ご鞭撻」は 「努力するよう励ますこと」という意味ですので、一般にはビジネスの挨拶文などで 「今後ともご指導、ご鞭撻たまわりますよう、よろしくお願いします」などと、定型的に使うことが普通です。 「ご指摘」は前述したように、 「全体の中から誤りを見つけて、指し示す」といった意味合いがあります。 基本的には悪い点をあぶり出す、取り出すという用例が一般的です。 このため、言い換える場合としては 「当方の誤りをご教示くださり、誠に恐れ入ります」や、 「ご意見をいただいた点につきましては、早急に善処いたします」といった言い方が適切となるでしょう。 「ご指摘」の類語や敬語・例文を教えて! 最後に 「ご指摘」の類語や敬語、例文を見ていきましょう。 「指摘する」の類語には次のようなものがあります。 要望する• 指示する• 名指しする• 指さす• 指名する• 指定する• もの申す• 異議を唱える• 摘発する 敬語表現の「ご指摘」の類語としては、 「ご要望」、「ご教示」、「ご意見」、「お示し」、「ご指定」、「ご指名」などとなります。 「ご指摘」の例文としては次のようなものが挙げられます。 先般ご指摘いただいたとおり、早速修正させていただきます。 当方の手落ちにつきまして、ご指摘くださりまことにありがとうございました。 契約書の案文を作成いたしましたので、ご一読の上、訂正箇所等がございましたら、ご指摘のほどをお願い申し上げます。 「ご指摘」の類語や例文をまとめてご紹介しました。 類語や例文を知ることでその言葉に対してより一層、理解が深まると思うので是非、参考にしてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご指摘」の 詳しい意味や正しい使い方、そして言い換え方や類語、例文について詳しくご紹介しました。 同じような言葉でも使うシーンによってはしっかりと選ばないといけませんし、正しい認識で相手に伝える為には意味もしっかり理解しておかないといけませんね。

次の

「折衷案」の読み方と意味は?使い方の例文や類語・英語も紹介

意見 類語

使いたい語と似た意味の単語を調べられる「類語国語辞典」。 これを使えば語彙が増え、文章に深みが生まれます。 しかし、角川書店や三省堂、小学館など多くの出版社から発売されており、その特徴はさまざま。 創作活動や日常的な単語を調べるなど、使用用途でも辞典に求めるスペックは変わります。 使い慣れた国語辞典と違い、どの辞典を購入すればいいのか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 使用用途にあった類語国語辞典の選び方や、巷で人気の類語国語辞典のおすすめをランキング形式で紹介しちゃいます! 角川類語新辞典など、有名な辞書もランクインしていますよ。 自身にあった使いやすい辞典を見つけて、文章作成・創作活動にお役立てくださいね! 2002年に発行された『類語大辞典』をベースとして作られた使いやすいコンパクト版です。 6万を超える語が収録されている上、語釈や用例なども記載されているため、普通に使うぶんには充分。 本文は横書きになっており、縦書きに慣れた方には少し違和感を感じるかもしれません。 五十音順索引から本文を引く使い方になりますが、一つの言葉に複数の分類番号が記載されていることがあり、一つ目の分類番号で飛んだ先の内容が意図するものでなかった場合、また索引に戻って別の分類番号へ飛ぶ必要があります。 いくつもの語を続けて引くのには少し大変かもしれません。 索引 五十音順 収録語数 66,100語 語釈 有 ページ数 2,300ページ 判型 B6判 発行年 2008年 現代語から古語まで、幅広い表現に触れたいという方におすすめなのが、『現代語古語類語辞典』。 約21,000語の現代語を見出しに、和語・漢語・外来語を時代別に集めている稀有な類語辞典となっています。 その数なんと、延べ32万4千語にも上るというから驚きのボリュームです。 古事記や万葉集の時代から、現代に至るまでの語が網羅されており、またそれらがいつ頃使われたのか、現代・近代・近世・中世・中古・上代などで示されており、日本語の移り変わりが手に取るようにわかります。 俳句などにはもとより、時代ものの創作などにもピッタリでしょう。 索引 五十音順 収録語数 324,000語 語釈 有 ページ数 2,160ページ 判型 B6判 発行年 2015年 できるだけ易しい言葉から引ける類語国語辞典を探しているという方におすすめなのが、『早引き類語連想辞典 第2版』です。 思いついた言葉を見出しから探し、見出し下にある多数の語からしっくりする語を引いていく流れとなります。 語釈がない分、適切な語を見つけていく作業に集中できるでしょう。 収録語数は、2万3800語とそんなに多くはありませんが、 引きやすさを重視する方には一度は見てほしい類語辞典です。 外来語・慣用句・熟語なども充実しています。 ただ、 横組みの辞典で、見出し語はひらがなになっているので、好みが多少分かれるかもしれません。 索引 五十音順 収録語数 23,800語 語釈 無 ページ数 1,132ページ 判型 B6判 発行年 2008年 『類語国語辞典』は、1985年の発行以来、30年以上の時を経てもなお、多くの人に使われ続けています。 「語彙分類体系表」に基づいて類語がグループ化されているのが特徴で、自然・人事・文化の分類の下に「自然」から「物品」までの10個の項目があり、それらの下にさらに10個の分類が並んでいます。 一見似ていると思っていた表現も、実際思っていた意味合いとは違うということに気付くきっかけになるかもしれません。 細かな意味合いや詳しい使い方などを知りたい場合には「国語辞典」を併用するといいでしょう。 000語 -語 324,000語 66,100語 語釈 有 有 有 無 有 有 有 - 有 有 ページ数 584ページ 1,410ページ 1,309ページ 1,132ページ 1,721ページ 770ページ 932ページ 919ページ 2,160ページ 2,300ページ 判型 A5判 B6判 B6判 B6判 A5判 B6判 A5判 B6判 B6判 B6判 発行年 2017年 2003年 1985年 2008年 2005年 1998年 1981年 2006年 2015年 2008年 商品リンク•

次の