デュエマ プレイス デッキ コード。 【デュエプレ】ボルメテウスコントロールデッキのすべてが分かるガチ解説【デュエマプレイス】

【デュエマプレイス】デッキコードの発行方法と注意点【デュエプレ】

デュエマ プレイス デッキ コード

デュエル・マスターズ プレイス [ ] 2019年12月18日に一般配信開始したのスマートフォン用ゲームアプリ。 AndroidとiOSに対応する。 のトミーサイドと数多くのソーシャルゲームを手掛けているDeNAが共同で開発をしている。 またも開発協力に参加した。 スマートフォン端末では以来2度目の対戦ゲームとなるが、本作はプレイヤー間対戦とアプリ内課金の要素があるソーシャルゲームとなった。 正式名称は「DUEL MASTERS PLAY'S」と英語表記で、公式による略称は「デュエプレ」。 このwikiではTCG版と並べて紹介する場合には「TCG版」、「デュエプレ」とそれぞれ表記する。 ゲームは1試合が7分で終わるようにデザインされている。 このためか、時点での枚数を増やすカードが1枚も出ていない。 ゲームシステム [ ] 基本的にTCG版のルールが踏襲されている。 その上で主にゲームテンポの向上や操作の省略を目的としたルール変更がいくつかある。 また、カードのスペックやレアリティにTCG版から調整が加えられているものが多く存在する。 詳細は下記を参照。 カード・デッキ編成 [ ] カードの入手方法 [ ] プレイヤーが入手できるカードを以下に記述する。 ゲームゲーム開始時点で配布される、各種4枚ずつののカード。 種類は一定。 様々な方法 で入手できるゲーム内専用通貨「ゴールド」、配布や報酬で入手できる「パックチケット」、課金アイテム「ジェム」のいずれかによって購入したのカード。 種類はパックによるがランダム。 課金アイテム「ジェム」によって購入したのカード。 種類はデッキによるが一定。 シティバトル・メインストーリー・レジェンドバトル・レベルアップの報酬として入手できるカード。 種類は報酬によるが一定。 シティバトル・レジェンドバトル・ランクマッチの報酬か、カードのによって得られる「DMポイント」を消費するによるカード。 種類は指定可能。 カードパックの内容 [ ] 1パックの封入カード枚数は5枚。 本家同様、カードにはからまでの5種類のが設定されており、中身はランダム。 各レアリティごとの排出率は下表のとおり。 レアリティ 排出率 1. 「何パック購入すれば確定で~」といったような最低保証システムは無い。 プレミアムカードは外見が異なるほか、分解したときに得られるDMポイントが通常版の約3倍と高い。 シークレットカードの差異は外観のみ。 分解時のDMポイントは通常版と同様。 プレミアムとシークレットは独立した仕様であり、両立しうる。 カードパックからは入手できず、またはメインストーリーでのみ入手できるイラストのカードが存在する。 カードの生成・分解 [ ] 他のデジタルカードゲーム(DCG)と同様に、欲しいカードをしたり、不要なカードをしたりできる。 それぞれのコストは「DMポイント」でやり取りする。 DMポイントはカードの分解のほか、シティバトルやランクマッチなどの報酬でも入手できる。 カードの生成に必要、および分解で得られるDMポイントの量は下表の通り。 レアリティ 生成 分解 ノーマル 分解 プレミアム 2400 600 1700 800 200 550 300 70 200 100 20 60 50 10 30 1枚も持ってないカードでも生成できるが、生成できるのはノーマルカードのみ。 プレミアムカード、シークレットカードは生成できない。 ベーシックセットに収録されているカード、および入手条件が特殊な「プライズカード」は生成・分解することができない。 つまり、イラスト的に特殊な仕様を除けば全種類のカードが生成で入手可能。 デッキ編成 [ ] 所持しているカードでデッキを組むことができる。 デッキを組む際のルールは本家に準ずる。 所持カードは複数のデッキで共有できるため、カードは最大4枚所持しておけばデッキ編成に不自由することはない。 デッキは、• 自分で一から作る• 作成済みのデッキをコピーして作る• デッキコードから作る• 公式が用意したデッキレシピから作る の4つの方法で編成できる。 でデッキレシピを作ることも可能。 プレイヤーが所持できるデッキは30個まで。 現在、に相当する措置は無い。 強力すぎるカードが出た場合、他のゲームアプリと同様にカードの効果調整で対処するものと思われる。 ゲームモード [ ] ゲームモードはストーリーモードや、複数人で戦う、などの対人戦も実装される。 デュエマシティという架空の都市を舞台に独自のストーリーが展開される。 プレイヤーは自身のアバターを自由にカスタマイズすることが可能。 登場キャラクター [ ]• レジェンドデュエリスト 原作キャラクターのこと。 から、、、、、、、、が参戦。 自身のアバター CVは男:岩端卓也,女:稗田寧々 にスキンとして投影させることができるのは勝舞、黒城、白凰のみ。 メインストーリーには牛次郎、白凰、ミミ、バケツマンが登場。 シティバトルにはミミ、ジョージ、ルート、バケツマン、黒城が登場。 2020年3月31日に追加されたメインストーリーにおいてが新たに参戦した。 本作のオリジナルキャラクター。 を擬人化した女の子。 ナビゲーターとして登場する。 条件を満たせばアバターとしての使用も可能。 デュエマシティのデュエリストたち シティバトルに登場する他、現在はコタロウのみメインストーリーで対戦可能。 五守護 メインストーリーとシティバトルに登場。 ボスバトルに登場• その他• 塔の番人• ジャマー団 クリーチャーの声・効果音 [ ] にはそれぞれ声または効果音が設定されている。 固有の声が設定されているものと、共通の声または効果音が設定されているものが種族単位で分かれている。 前者の種族のみ、カード情報の欄にCVの記載がある。 後者の種族は、基本的に一つの種族に対して専用の効果音が数種類割り当てられている。 効果音の種類は収録弾によって異なる。 ただし、複数の種族に同じ効果音が割り当てられていることもある(&&など)。 多種族の場合は、固有の声が設定されている種族を含むと、そちらに合わせて固有の声が設定される。 固有の声が設定されている種族• 共通の声または効果音が設定されている種族• (を除く)• を除く• 単独種族で登場していないため、不明な種族• 本来は専用ボイスが無いはずだが、例外的にボイスが存在するもの• を持つ一部クリーチャー• 専用カード 拡張パック [ ]• その他 [ ]• 権利元はTCGと同じタカラトミーだが、などのアプリや「遊戯王デュエルリンクス」などの他TCGアプリとは異なり、DeNAとの共同開発のために原作で登場したキャラクターはアニメや漫画での松本しげのぶ氏の作画ではない今作オリジナルキャラのイラストに合わせたものになっている。 や シークレット や等ゲームオリジナルカード イラスト やコッコ・ルピコなど女性のオリジナルキャラクターはややセクシーなイラストである。 低年層よりかつてデュエマをやっていた古参プレイヤーを意識しているのだろう。 参考 [ ]• 公式リンク [ ]•

次の

【デュエマプレイス】デッキコードの発行方法と注意点【デュエプレ】

デュエマ プレイス デッキ コード

そのためパックから目当てのカードが引けなくても余ったカードを分解して作成することも可能です。 ただ、生成するためのポイントは他カードを分解する必要があるため、目当てのカードをパックから引くに越したことはありません。 シークレットやプレミアムが存在 一部のカードには 「シークレット」というイラスト違いが存在します。 また、全カード共通で「プレミアム」という金枠が付いたバージョンも一定確率で排出されます。 どちらの仕様でもカード性能的には通常バージョンと変わらないので、性能重視の方はスルーしても大丈夫です。 同じカードを使用した際にシークレットを採用していると相手に見せつける マウントを取る ことができるので、狙いたい方はリセマラで狙うのがおすすめです。 作りたいデッキに採用されるSRカードがシークレットで排出された場合は、イラストを重視するかコスパを重視するかの選択をする必要があります。 シークレットは通常仕様のSRよりも排出確率が低く設定されているため、特別仕様のイラストでプレイしたい場合は、リセマラを終了しましょう。 反対に、デッキ構築コストを重視する場合は、シークレット以外にSRが引けていないならリセマラを続行するのがおすすめです。 最新リセマラ当たりランキング デュエプレでリセマラを行う上で、優先して確保しておきたい SRカードをランキング形式で紹介していきます。 SRを性能面を評価してランクづけしているので、最強カードを知りたい方も参考にしてください。 作りたいデッキによって順位が大きく変動するため、あくまでも目安程度にご覧ください。 Sランク(大当たり) SRカードの中でも頭一つ抜けて高性能なカードや優秀なカードをSランクとしています。 攻撃する時、自分の他クリーチャー1体を破壊する。 提供割合 レア度 確率 SR スーパーレア 1. 複数パックを同時に開封する場合は、パックのどれかからSRカードが排出されます。 カードの背面が虹色 パックを引く際、カードの背面が虹色に輝いていた場合はSRカードは確定?で入手することができます。 1パックに2つ以上のカードが虹色に輝くこともあるそうです。

次の

【デュエプレ】無課金でも構築できるおすすめデッキテーマ一覧【デュエル・マスターズ プレイス】

デュエマ プレイス デッキ コード

デッキコンセプトを決める デッキというのはコンセプトがあって初めて成り立ちます。 デッキコンセプトとは、そのデッキの戦い方をあらかじめ決めておくことです。 ですがただ戦い方を決めると言われても難しいと思いますのでいくつかの例を挙げたいと思います。 *細かく分けると10種類以上ありますが、今回は分かりやすく3種類に分けました 速攻デッキ 名前の通り試合を速攻で終わらせる事をコンセプトにしたデッキです。 低コストのクリーチャーを多く入れ、序盤に数を並べてひたすらシールドを割りに行くというデッキです。 4ターン目にゲームが終了してることすらあります。 やる事が単純なのでデュエプレ 初心者の方にもかなりオススメです。 具体的なデッキとしては ・赤単速攻 ・赤青速攻 などがよく使われています ミッドレンジデッキ このデッキは中マナ域 4〜6コスト のカードを主とし、中終盤に試合をたたみかけるようなデッキです。 多くのデッキがここに該当すると思います。 最初に当たったSRを軸にデッキを作ろうと思う方には個人的にこのデッキコンセプトがオススメです。 SRを多用しない限りは無課金でも作れることが多いです。 具体的なデッキとしては ・青単ランサー(リキッドピープル) ・牙キャノン ・トリーヴァアルカディアス などがよく使われています コントロールデッキ このデッキは妨害や除去能力のカードを多く採用し、ゲームの主導権を握り続けることをコンセプトにしたデッキです。 このデッキでは継続的に主導権を握り最終的に相手の出来ることを減らし終盤に殴り勝つというようなデッキなので基本的にロングゲームになります。 それに加えてデッキ構築の自由度がかなり広く、プレイングも上の2つのデッキタイプに比べると難しいので上級者向けと言えます。 マナカーブを意識する マナカーブとは簡単に言えば何マナ コスト のカードをデッキに何枚入れているか、コスト毎のつながりがいいかというようなことです。 例えばこのデッキには2マナが8枚,3マナが10枚,4マナが6枚…といったようなコスト別のカード採用枚数の話です。 様々なデッキが存在するので一概には言い切れませんが、マナカーブにはある程度公式化されているような基礎が存在します。 基本となるマナカーブは初動 序盤に使うカード が 8枚程度、中盤 初動の以降のターンである2〜4回目に使うことになる カードが 16枚程度、終盤に使いたいカードを 6枚程、ピンチから耐えるためのシールドトリガーを 10枚程度といった感じになります。 ミッドレンジデッキのマナカーブ例 ミッドレンジデッキの場合は、上で基本といったようなマナカーブに近いことが多く、実際に今回のこの画像のマナカーブと基本マナカーブはほぼ一緒ですね。 基本で参考にしやすいマナカーブです。 コントロールデッキのマナカーブ例 コントロールデッキの場合はかなりばらつきがあり、様々です。 この画像のデッキは除去兼トリガーが多く採用されているためトリガーの比率が極端に高くなっていますが、このデッキ程ではなくともトリガーは、基本とされる10枚よりも多く入っていることが多いです。 これは、終盤までゲームを終わらせないために序盤を耐え抜くためのカード採用です。 このように枚数の調整はデッキコンセプトを最大限に活かすためにしっかりとした理由があります。 最後に 何度も言いますがデッキ作りのコツはデッキコンセプトをしっかりと決め、それを軸に採用カードや採用枚数を考えることです。 調べると上級者の使っているデッキが簡単に出てくるかもしれませんが、自分で考えてデッキを作る楽しさを是非味わってください! 以上よろしくお願いします。

次の