アラジン エンディング。 アラジンのストーリー考察「自由」と「友情」の素晴らしさ

ストーリー Story|『アラジン』作品紹介|劇団四季

アラジン エンディング

実写版アラジンのあらすじ 1992年にアニメが公開されて以来、根強い人気を持つ「アラジン」。 知っている方も多いかと思いますが、簡単にストーリーをご紹介します。 「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。 生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。 2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。 そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。 魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。 アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。 popbuzz. 映画の中では、アクションやキレっキレのダンスを披露していますよ。 彼女の歌声は想像以上に良かったです。 今度は、アグラバーの街を救います。 スポンサーリンク 実写版アラジンの感想&ネタバレ さて、ようやく実写版アラジンの感想&ネタバレです。 実はわたし、 そもそも実写版というものが、あまり好きではありません。 アニメはアニメでいいところがあるし、アニメの世界をこわして欲しくない。 アニメを実写化して何がおもしろいんだ。 と思っていました。 初めて実写化して良かったなと思ったのは、2017年に公開されたエマ・ワトソン主演の 「美女と野獣」。 これを見て、実写って意外といいかもと思うようになりました。 今回の実写版アラジンにも、美女と野獣に携わったスタッフが多く参加しており、「これは期待できる」と思って、初日に行ってしまったわけです。 結果どうだったか? 率直に言うと、 すごく良かったです。 美女と野獣の時と同じで、アニメに忠実に作られいる上に、オリジナルのエッセンスを加えて、アニメ以上の作品になっていると思います。 で、どこが良かったか? 実写版を見て良かったと思ったところを、3つのポイントの絞ってご紹介したいと思います。 実写版アラジンには総製作費200億円近くもかけられており、そのスケールは圧巻。 1番スゴイと感じたのは、 アラジンがジニーの力で、アリ王子に変身して、王子としてアグラバーの王宮に入っていくシーン。 cinemacafe. html 実写版では、何百人ものダンサーやエキストラが集結し、このシーンをより豪華に演出しています。 豪華絢爛とはまさにこのこと。 同じく、アリ王子が到着した夜に開かれた宴会の様子も、人が演じることでしか生み出せない迫力あるシーンじゃないかなと思います。 他にもアクラバーの街や王宮などもリアルに再現されており、スケールの大きさを感じられるんじゃないでしょうか。 今回は、 ジェファーの過去やジャスミンの思いなどが描かれていました。 「ジェファーは、昔、アラジンと同じコソドロでしたが、トップに立ちたいという強い野心から魔術師となり、国のNO. 2にまで昇りつめた」ということが明かされます。 yahoo. この話が付け加わったことで、単なる悪役から、人間味のある悪役に変わり、見ている人がより親近感を持てるようになった思います。 悪役は悪役ですけどね。 一方、ジャスミンは 「この国を守りたい」という思いから、アグラバーのトップになりたいと願います。 huffingtonpost. さらに、国王とジェファーが政策を話し合っている場面では、国王に「自分以上にこの国のことを思っている人間はいない」と告げますが、「歴史上、女性の国王はいない」と窘められてしまいます。 ジャスミンが単なるプリンセスではなく、自分の意思を貫こうと奮闘する姿には、多くの女性が共感するのではないでしょうか。 実写版アラジンのジャスミンも、国王になれない現実や「女性は美しいだけでいい」とジェファーに言われ、苦悩します。 苦悩しながら、切なく歌い上げる「speechless:スピーチレス」は、代表曲「a whole new world」より印象に残りました。 私は黙ったままでいないわ 黙らせることなんてできない あなたがそうしようとも、私は怯えたりしない 声を失ったりしない 決して声を奪わせないわ この歌詞にジャスミンの熱い思いが詰まっています。 ディズニー作品の中で、こんな歌詞を歌い上げるプリンセスは、今までいなかったのではないでしょうか。 そして、最後にはジャスミンが国王となり、自ら法律を変え、アラジンと結婚します。 ここもアニメとは若干違いますよね。 女性でもリーダーになれる! 声を上げよう! 実写版アラジンには、そんな強いメッセージが込められていると感じました。 スポンサーリンク 実写版アラジンのエンドロール後のおまけ映像 私が密かに楽しみにしているのが、エンドロール後のおまけ映像。 パイレーツ・オブ・カリビアンでは、次回予告のような、おまけ映像がありましたよね。 それを期待して、エンドロールが終わるまで座席で待っていたのですが、 残念ながら、実写版アラジンには、おまけ映像はありませんでした。 おまけ映像があれば、続編もあるかもと期待したのですが、今のところないようです。 アニメでは、アラジンの続編として、「ジェファーの逆襲」「盗賊王の伝説」が制作されています。

次の

「文化へのリスペクトなし、エンディングはまさかの「ウィルスミス!」ラップ」アラジン HBさんの映画レビュー(感想・評価)

アラジン エンディング

エンドソング1曲目がこちら。 ランプの魔人ジーニーのテーマ曲でもある 「フレンド・ライク・ミー」本家アニメ版は「ロビン・ウィリアムス」が歌っています。 にしても、まさかラップとは。 でもめちゃくちゃいい! アメリカ合衆国でも人気の DJキャレド。 おすすめは「 豪華すぎるアルバム」と呼ばれたこちら。 曲名 A Whole New World 歌手名 ZAYN(ゼイン)、Zhavia Ward(ジャヴァイア・ワード) サントラは3種類 発売されているサウンドトラックは3種類です。 字幕版サウンドトラック。 エンドソングも収録。 日本語の歌は収録されていません。 もちろん、 エンドソングも収録されています。 コスパ的には一番かと。 DJ違い。 — もちこ mochiko81 アラジン観てきた。 めちゃめちゃ良かった… 字幕で観たけど、アニメ版は音声英語しかも字幕なしを観て育った私にとっては、今回の実写版もなに言ってるか聞き取れなくても全然良かった。 観ているだけで、「ディズニーランド」にいる気分になります。 是非、応援上映もやってほしいですね。

次の

【アラジンと魔法のランプ】アラジンの原作!あらすじ&ストーリーをご紹介!ディズニーのアトラクションの背景も

アラジン エンディング

一方、アグラバー王国の王女ジャスミンは、王宮での生活を窮屈に感じていた。 王から結婚を急かされているが、法律に縛られ、「王子」の位にある人間としか結婚できない。 聡明で自立心ある彼女には、それは耐えられないことだった。 自由になることを心から願う彼女は、とうとう王宮を抜け出し、街へと降りてしまった。 そんなアラジンとジャスミンが、多くの人々で賑わう市場で出会う。 もちろんアラジンは、ジャスミンが王女であることは知らない。 互いに心通わせていく二人。 しかし、やがてアラジンは衛兵に捕らえられてしまう。 ジャスミンは自らの身分を明かし、彼の解放を求めようとするが、それが許されるはずもなく、アラジンは剣で切り付けられそうになる。 そのとき一人の老人が駆け寄ってきた。 老人は衛兵に賄賂を与え、アラジンを救う。 命拾いしたが、なぜ見ず知らずの人間が自分を助けたのか理解できないアラジン。 その問いに老人は、「君に頼みがある。 "魔法の洞窟"に行ってほしい」と返した。 悩んだ挙句、アラジンは頼まれ事を引き受ける。

次の