タウン シップ レイアウト。 「Misa Fujimura タウンシップ」の投稿

Township[タウンシップ] 攻略 Wiki*

タウン シップ レイアウト

発売は9月4日(金)からになります。 車名の由来は、英語の「Grand」と「Maximum」の造語で、 ユーザー に最大の利点をもたらす 大容量 の クルマ としています。 また、 グランマックスカーゴ は750kg、 グランマックストラック は800kgの 最大積載量 が確保され、軽商用バン・軽トラよりも多くの荷物を積載できます。 カーゴモデルは、床面地上高620mmの低床フロアと広いバックドア開口部により、荷室への荷物積み下ろしのしやすさを実現。 さらに、ドア開口幅 は790mmとワイドで、両側スライドドアにより、狭い場所でも荷物の積み下ろしが可能。 最大荷室長は2045mm(2名乗車時)が確保されています。 荷室は、隅々まで荷物を積載できるスクエアな空間とし、段ボール箱から背高の荷物、家具などの大型荷物まで、多彩な積載が可能としています。 一方のトラックは荷台フロア長が2480mmで、スクエアでフラットな広い荷台スペースにより、高い積載性を実現。 アオリ高は360mmで、20個設定さ れたロープフックにより荷物をしっかりと固定できます。 さらに、フロントピラーの傾斜を立てることにより余裕のある頭上空間が確保され、余裕のある居住空間が確保されています。 短いオーバーハング により、前方左右の広い視界が用意されています。 ほかにも、425mmの低いステップ高により、スムーズな乗り降りが可能で、フラットで広い足元スペースとインパネセンターシフトにより、助手席への 移動や乗り降りもスムーズにできます。 現在、日本国内の1tクラスの 小型商用車 は底堅い需要があり、建設業やサービス業、農業など、幅広い顧客の業務で利用されているほか、小型キ ャンピングカーのベースモデルとしても人気を集めています。 ダイハツ は高効率でコンパクトなキャブカーゴ&トラックである グランマックスカーゴ 、 グランマックストラック の日本市場投入により、 軽商用車 よりも ゆとりをもって仕事をしたい、というニーズに応えたいとしています。 また、 タウンエース と同様に、1. 5Lの新開発 エンジン 「2NR-VE」が新たに搭載されています。 可変バルブタイミング機構「Dual DVVT」が搭載され、高い 燃費性能とトルクフルな走りを実現したとしています。 前席下に エンジン を配置する フロントミッドシップ レイアウトにより、理想的な前後重量配分を実現し、 高速域やコーナーでも高い走行安定性を得ています。 ダイハツ グランマックスカーゴ ダイハツ ・ グランマックスカーゴ の荷室 最新安全装備も用意されています。 軽自動車のタフトに続き、新開発のステレオカメラが搭載された予防安全機能「スマートアシスト」が採用されています。 これにより、夜間の歩行者にも対応する衝突回避支援ブレーキ機能や、ペダルを踏み間違えた時の急発進を抑制するブレーキ制御付誤発進抑制機能 (AT車)、車線逸脱警報機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなどからなる6つの機能で、ドライバーをサポート。 そのほか、VSC&TRC、LEDヘッドランプ、エマージェンシーストップシグナルなどの安全装備も用意されています。 ダイハツ ダイハツ グランマックストラック ダイハツ ・ ダイハツ グランマックストラック のフロントシート グランマックスカーゴ の価格帯は、197万5000円? 234万7000円。 グランマックストラック は、178万7000円? 212万9000円となっています。 ダイハツ は、小型商用バン、トラックの新型 グランマックスカーゴ 、 グランマックストラック の日本投入により、はたらく クルマ でさらなる拡販を図っていきます。 [外部リンク] 元スレ:[].

次の

プレスリリース

タウン シップ レイアウト

三菱自動車は、軽1BOXワゴンのタウンボックスに一部改良を施して、2019年7月11日に発売した。 今回の一部改良では、全グレードに機能強化した先進予防安全技術「e-Assist(後方誤発進抑制機能、後退時ブレーキサポート、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなど)」を標準装備して、「サポカーSワイド」に該当した。 また衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM)] ステレオカメラタイプ は、従来モデルのレーザーレーダーに代わり2つのフロントカメラを採用し、前方の歩行者の検知を可能とした。 あわせて、ヒルスタートアシストを標準装備した。 三菱自動車は軽1BOXワゴンのタウンボックスをフルモデルチェンジし、2015年3月20日に発売した。 タウンボックスはスズキからエブリイワゴンをベースにしたモデルのOEM供給を受けて販売するクルマである。 新型タウンボックスはホイールベースの拡大などによりクラストップの室内/荷室空間を確保しながら、新型エンジンや新型トランスミッションの搭載、さらには車体の軽量化などによってクラストップの低燃費を実現した。 また、先進予防安全技術e-アシストを標準装備して安全性能を向上させている。 ハイルーフボディの外観デザインは1BOXワゴンらしい力強さを持つとともに、室内空間の広さを連想させるもので、フロントには横基調のワイドなメッキグリルが採用されている。 室内空間は室内長・室内幅・室内高ともクラストップの数値を実現し、日常からレジャーシーンまで幅広く対応する広さを確保するとともに便利機能を充実させた。 フロントシートにベンチシートを採用し、シートスライド量を運転席で65mm、助手席で60㎜拡大して、前席での運転席・助手席間の移動や助手席からの乗り降りなど向上させている。 ホイールベースの拡大とリヤシートスライド量の拡大により、前後乗員間距離はクラストップの1080㎜を実現し、後席足元はさらにゆとりをもたせた。 開閉操作が便利なワンタッチ電動スライドドアを、グレードに応じて両側また左側に採用した。 サイドアンダーミラー付きドアミラー(助手席側)や車速連動式オートドアロック、オートライトコントロール、エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステムを新たに採用し、利便性を向上させた。 搭載エンジンは、吸気側の可変バルブタイミング機構や電子制御スロットルを採用し、燃焼効率を高めたDOHCインタークーラー付きターボチャージャー仕様で、車体の軽量化と合わせて力強い走りを実現するとともに、JC08モード燃費でクラストップの低燃費16. トランスミッションは全車に4速ATが組み合わされている。 安全装備に関しては、新たに先進予防安全技術eアシストを搭載した。 低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)や誤発進抑制機能により衝突の危険を察知してドライバーに知らせるとともに、被害を回避、軽減できるようにサポートする仕組みだ。 グレードはGとGスペシャルの2グレードで、それぞれに2WDと4WDが設定されている。 三菱自動車は1BOXワゴンタイプの軽乗用車であるタウンボックスをフルモデルチェンジし、2014年2月27日に発売した。 従来のタウンボックスは三菱製のクルマだったが、今回のモデルはスズキからエブリイワゴンをベースにしたモデルのOEM供給車になった。 外観デザインはフロントエアロバンパー、サイドアンダースポイラー、リヤエアロバンパー、ルーフエンドスポイラーなどによってスタイリッシュなエアロフォルムを作ったほか、フロントのメッキグリル、フロントフードメッキガーニッシュ、メッキフォグランプベゼル、メッキドアハンドルなど、メッキパーツを多用するのも特徴だ。 インテリアは上質で優しい印象を与えるベージュ内装を採用し、前後シートにアームレストを備えたほか、後席は前後150mmのスライドとリクライニングを可能とするなど、ワゴンとしての快適性を高めている。 乗員数や積載量に応じて、乗員4人+荷物、乗員3人+荷物、乗員2人+荷物、フルフラットなど、多彩なシートアレンジを可能にした。 インパネボックス、インパネセンターポケット、リッド付インパネポケット 運転席 、インパネトレイ 助手席 、グローブボックス、センターコンソールトレイ、オーバーヘッドコンソールなど、豊富な収納スペースを設定した。 快適装備は専用リモコンキー、運転席スイッチ、ドアハンドルの3通りの方法で開閉できる便利な電動スライドドア Gスペシャルは後席両側、Gは後席助手席側のみ と、力を入れずにドアが閉まるスライドドアイージークローザーを標準装備した。 後席助手席側スライドドアに連動して出現・格納し、乗り降りをスムーズにする電動オートステップをGスペシャルに標準装備した。 JC08モード燃費はG 2WD で14. 1998年に軽自動車の新規格がスタートしたのに対応し、1999年4月に5ナンバー乗用車として登場したキャブオーバータイプの軽自動車。 運転席より前方にフロントタイヤを配置するキャブスタイル、前後ほぼ50:50 空荷時 の理想的な重量配分を実現したセンターミッドシップレイアウトを採用。 ロングホイールベースと合わせ、安定感のある走りや大人4人がゆったり乗れる広い室内、十分なラゲッジスペースを確保した。 左右両側に採用した大型スライドドアは、スムーズなドア開閉操作と後席への乗降が可能。 リアシートは大型のアームレスト、カップホルダーを装備した6:4分割式ベンチシートを採用し、フルフラットや床下収納などが可能。 搭載エンジンはスムーズな走りと燃費の向上を実現した3気筒の自然吸気仕様と、パワフルなSOHCインタークーラー付きターボ仕様の2機種。 衝突安全強化ボディ、デュアルSRSエアバッグ、セーフティ機構付きパワーウィンドーなどを標準装備する。 2002年11月にはフロント部分のデザインやシート生地を変更した。 2006年1月には全車に1DINサイズのCDオーディオを標準装備。 2006年12月にはカラードドアミラーを採用するとともに、左側のドアミラー下部に「直前直左・確認鏡」を設定した。 2007年12月には撥水シート地を採用するなどの改良を行った。 2008年12月にはスライドドアセンターレール、フロントフェンダー、リヤアンダーミラーの形状を変更した。 2010年1月にはインテリアデザインを変更し、装備を充実させるなどの改良を行った。 1998年に軽自動車の新規格がスタートしたのに対応し、1999年4月に5ナンバー乗用車として登場したキャブオーバータイプの軽自動車。 運転席より前方にフロントタイヤを配置するキャブスタイル、前後ほぼ50:50(空荷時)の理想的な重量配分を実現したセンターミッドシップレイアウトを採用。 ロングホイールベースと合わせ、安定感のある走りや大人4人がゆったり乗れる広い室内、十分なラゲッジスペースを確保した。 左右両側に採用した大型スライドドアは、スムーズなドア開閉操作と後席への乗降を可能にした。 リアシートは大型のアームレスト、カップホルダーを装備した6:4分割式ベンチシートを採用し、フルフラットや床下収納などが可能。 搭載エンジンはスムーズな走りと燃費の向上を実現した3気筒の自然吸気仕様と、パワフルなSOHCインタークーラー付きターボ仕様の2機種。 衝突安全強化ボディ、デュアルSRSエアバッグ、セーフティ機構付きパワーウィンドーなどを標準装備する。 2002年11月にはフロント部分のデザインやシート生地を変更した。 2006年1月には全車に1DINサイズのCDオーディオを標準装備。 2006年12月にはカラードドアミラーを採用するとともに、左側のドアミラー下部に「直前直左・確認鏡」を設定した。 2007年12月には撥水シート地を採用するなどの改良を行った。 2008年12月にはスライドドアセンターレール、フロントフェンダー、リヤアンダーミラーの形状を変更した。 8km 諸元 128. 4km 諸元 149. 0km 諸元 140. 4km 諸元 132. 8km 諸元 124. 4km 諸元 145. 0km 諸元 136. 4km 諸元 153. 2km 諸元 145. 0km 諸元 166. 8km 諸元 157. 8km 諸元 149. 2km 諸元 141. 0km 諸元 162. 8km 諸元 153. 8km 諸元 1998年に軽自動車の新規格がスタートしたのに対応し、1999年4月に5ナンバー乗用車として登場したキャブオーバータイプの軽自動車。 運転席より前方にフロントタイヤを配置するキャブスタイル、前後ほぼ50:50(空荷時)の理想的な重量配分を実現したセンターミッドシップレイアウトを採用。 ロングホイールベースと合わせ、安定感のある走りや大人4人がゆったり乗れる広い室内、荷物もたっぷり積めるラゲッジスペースを確保した。 左右両側に採用した大型スライドドアは、スムーズなドア開閉操作と後席への乗降を可能にした。 リアシートは大型のアームレスト、カップホルダーを装備した6:4分割式ベンチシートを採用し、フルフラットや床下収納など多彩なアレンジが可能。 搭載エンジンはスムーズな走りと燃費の向上を実現した3気筒の自然吸気仕様と、パワフルなSOHCインタークーラー付きターボ仕様の2機種。 衝突安全強化ボディ、デュアルSRSエアバッグ、セーフティ機構付きパワーウィンドウなどを標準装備する。 2002年11月にはフロントスタイルが一新され、同時にシート生地を変更して内装の質感を向上させた。 2006年1月には全車に1DINサイズのCDオーディオを標準装備。 2006年12月にはカラードドアミラーを採用するとともに、左側のドアミラー下部にミラーを追加した「直前直左・確認鏡」を設定した。 2007年12月には撥水シート地を採用するなどの改良を行った。 4km 諸元 125. 4km 諸元 146. 4km 諸元 137. 4km 諸元 129. 4km 諸元 121. 4km 諸元 142. 4km 諸元 133. 4km 諸元 150. 8km 諸元 154. 8km 諸元 146. 8km 諸元 150. 8km 諸元 1998年に軽自動車の新規格がスタートしたのに対応し、1999年4月に5ナンバーの乗用車として登場したキャブオーバータイプの軽自動車。 「マルチスペースミニワゴン」をコンセプトに、新しい遊びとゆとりを提案する。 運転席より前方にフロントタイヤを配置するキャブスタイル、前後ほぼ50:50(空荷時)の理想的な重量配分を実現したセンターミッドシップレイアウトを採用。 ロングホイールベースと合わせ、安定感のある走りや大人4人がゆったり乗れる広い室内、荷物もたっぷり積めるラゲッジスペースを確保した。 左右両側に採用した大型スライドドアは、スムーズなドア開閉操作と後席への乗降を可能にした。 リアシートは大型のアームレスト、カップホルダーを装備した6:4分割式ベンチシートを採用し、フルフラットや床下収納など多彩なアレンジが可能。 搭載エンジンはスムーズな走りと燃費の向上を実現した3気筒の自然吸気仕様と、パワフルなSOHCインタークーラー付きターボ仕様の2機種。 衝突安全強化ボディ、デュアルSRSエアバッグ、セーフティ機構付きパワーウィンドウなどを標準装備する。 2002年11月にはフロントスタイルが一新され、同時にシート生地を変更して内装の質感を向上させた。 2006年1月には全車に1DINサイズのCDオーディオを標準装備。 2006年12月にはカラードドアミラーを採用するとともに、左側のドアミラー下部にミラーを追加した「直前直左・確認鏡」を設定した。 8km 諸元 124. 4km 諸元 145. 0km 諸元 137. 4km 諸元 129. 8km 諸元 120. 4km 諸元 141. 0km 諸元 133. 4km 諸元 148. 2km 諸元 140. 0km 諸元 161. 8km 諸元 144. 2km 諸元 136. 0km 諸元 157. 8km 諸元 平成11年4月に登場。 5ナンバーキャブオーバータイプの軽自動車だ。 「マルチスペース ミニワゴン」をコンセプトに、新しい遊びとゆとりを提案している。 運転席より前方にフロントタイヤを配置するキャブスタイル、前後ほぼ50:50 空荷時 の理想的な重量配分を実現したセンターミッドシップレイアウトを 採用した。 ロングホイールベースと相まって、安定感のある走りや大人4人がゆった り乗れる広い室内、荷物もたっぷり積めるラゲッジスペースを確保したという。 左右両側に採用の大型スライドドアは、スムーズなドア開閉操作と楽な後席への乗降を可 能にした。 リアシートは大型のアームレスト、カップホルダーを装備した6:4分割式ベンチシートを装備し、フルフラットや床下収納など多彩なシートアレンジが楽しめる。 エンジンはスムーズな走りと燃費の向上を実現した3気筒NA 自然吸気 と、パワフルなSOHCインタークーラー付ターボの2種類となる。 安全面では衝突安全強化ボディ「RISE」、デュアルSRSエアバッグ、セーフティ機構付きパワーウィンドウ などが標準装備される。 14年11月の改良ではフロントスタイルが一新され、同時にシート生地を変更するなど内装の質感も向上している。 8km 諸元 120. 4km 諸元 141. 0km 諸元 133. 4km 諸元 144. 2km 諸元 136. 0km 諸元 157. 8km 諸元 124. 8km 諸元 128. 4km 諸元 タウンボックスの発売は1999年4月のこと。 5ナンバーのキャブオーバータイプの軽自動 車で、「マルチスペース ミニワゴン」をコンセプトに、新しい遊びとゆとりを提案 するものだ。 運転席より前方にフロントタイヤを配置するキャブスタイル、前後ほ ぼ50:50 空荷時 の理想的な重量配分を実現したセンターミッドシップレイアウトを 採用した。 ロングホイールベースと相まって、安定感のある走りや大人4人がゆった り乗れる広い室内、荷物もたっぷり積めるラゲッジスペースを確保したという。 左右 両側に採用の大型スライドドアは、スムーズなドア開閉操作と楽な後席への乗降を可 能にした。 リヤシートは大型のアームレスト、カップホルダーを装備した6:4セパレー トタイプのベンチシートを採用し、フルフラットや床下収納など多彩なシートアレン ジが楽しめる。 エンジンは力強い走りと燃費の向上を実現した3気筒SOHCリーンバー ンMVVと、ハイパワーな4気筒DOHCインタークーラー付きターボの2種類。 組み合わさ れるのは4速ATまたは5速MTとなる。 駆動方式は2WD 後輪駆動 と、走行中でもボタ ンひとつで切り換えができる、イージーセレクト4WDの選択が可能だ。 安全面では衝 突安全強化ボディ、デュアルSRSエアバッグ、セーフティ機構付きパワーウィンドウ などが標準装備となる。 4km 諸元 148. 0km 諸元 149. 0km 諸元 141. 0km 諸元 129. 4km 諸元 120. 4km 諸元 141. 0km 諸元 133. 0km 諸元 143. 0km 諸元 135. 0km 諸元 151. 2km 諸元 135. 2km 諸元 155. 8km 諸元 151. 8km 諸元 144. 2km 諸元 136. 2km 諸元 157. 8km 諸元 153. 8km 諸元 145. 8km 諸元 124. 4km 諸元 116. 4km 諸元 136. 0km 諸元 128. 0km 諸元 141. 0km 諸元 133. 0km 諸元 124. 0km 諸元 128. 0km 諸元 135. 0km 諸元 127. 0km 諸元 133. 0km 諸元 146. 0km 諸元 123. 4km 諸元 134. 0km 諸元 136. 2km 諸元 148. 8km 諸元 135. 4km 諸元 146. 0km 諸元 ユーザー登録グレード 三菱の軽自動車の1BOXカーは、かつてミニキャブの名前でライトバン仕様 だけを設定していたが、新規格が採用された今回のモデルでは、5ナンバー登録 される乗用車仕様のモデルを設定し、名前も新しくタウンボックスに変更して 1999年3月に発売された。 新規格によってひと回り大きくなったボディは堂々たるもので、軽自動車とは 思えないくらいのサイズ感がある。 衝突安全に対応するために小さなフロント ノーズを持つデザインが特徴だが、室内の居住空間も十分な広さが確保されてい る。 小型車クラスの1BOXワゴンを買っていたユーザーにも、これで十分と思 わせるだけの広さがある。 搭載エンジンは660ccのままなので、排気量と車両重量のバランスは必ずしも良 くないが、ターボエンジンの搭載などによってトルクの不足をカバーしている。 4km 諸元 129. 4km 諸元 149. 0km 諸元 141. 0km 諸元 131. 4km 諸元 123. 4km 諸元 143. 0km 諸元 135. 0km 諸元 147. 2km 諸元 139. 2km 諸元 151. 8km 諸元 141. 2km 諸元 133. 2km 諸元 153. 8km 諸元 145. 8km 諸元 129. 4km 諸元 121. 4km 諸元 141. 0km 諸元 133. 0km 諸元 123. 4km 諸元 115. 4km 諸元 135. 0km 諸元 127. 0km 諸元.

次の

【速報】ダイハツ 新型FR車を9/4に発売。直4 1.5Lエンジンをフロントミッドシップに搭載し5MT、FR&4WDで理想的な前後重量配分を実現

タウン シップ レイアウト

タウンボックス 99. 1 Big Smallシリーズ第4弾 軽新規格キャブオーバーワゴン車「タウンボックス」を新発売 三菱自動車では、このたび、国内で初めて5ナンバーのキャブオーバータイプの軽自動車で"マルチスペースミニワゴン"をコンセプトとした「タウンボックス」を新開発し、4月1日(木)から全国のタウンボックス取り扱い販売会社より販売する。 「タウンボックス」は、「小さいクルマならではのいいもの ながく:ビッグ・スモール」をテーマに今までのキャブオーバータイプの軽自動車にはない新しい遊びとゆとりを提案するものとして、軽自動車の新規格化を機に、新たに設定された国内衝突安全基準を上回る小型乗用車並みの安全性を実現すると共に、使いやすさ安心感がひと目でわかるセミキャブフォルムを採用し、大人4人がゆったり乗れる広い室内と荷物もたっぷり積めるラゲッジスペースを確保したボクシーワゴンとした。 また、センターミッドシップレイアウトの採用による理想的な重量配分と小型車並みのロングホイールベース化により、安定感ある走行を実現。 乗降のしやすさ、高めの着座位置と広いガラスエリアによるすぐれた全周視界が、快適かつ安心感ある使い勝手を実現した。 さらに、実用域を重視した走行性能と優れた燃費性能に加え、排ガス中のCO 2を大幅に低減、触媒の改良によるNO X低減などと併せ環境に一層やさしい環境ミニエンジン"新リーンバーンMVV"と低速域からの過給効率に優れ、抜群の出足、スムーズな加速を実現した"4気筒DOHC20バルブインタークーラーターボ"を搭載した。 タウンボックス RX 1. 商品概要 1 デザイン・パッケージング• センターミッドシップレイアウトによるセミキャブスタイル&ロングホイールベースを採用し、軽キャブオーバー車でトップレベルの安全性と乗員スペース、積載スペースを充分確保しながら、機能的で力強いデザインとした。 パッケージングは全長3,395mm、全幅1,475mm、全高1,890mmとし、軽自動車新衝突安全基準に対応する機能的で安心感のある力強いスタイルとした他、エアダム風の大型樹脂バンパー(カラーキー)、クリアレンズ採用異形ハロゲンヘッドランプ、大型リヤコンビランプなどにより、新鮮味ある個性を演出した。 キャビン空間を損なうことなく、1,840mmの室内長をキープしながら室内幅を1,220mmとし人だけでなく荷物もたっぷり積めるほか、前席ステップ地上高365mm、後席ステップ地上高390mmとして乗降性を高め、フラットなラゲッジルームの床面と相まって乗る人使う人にやさしいクルマとした。 ボディカラーはターフィグリーン、ネアーズブルー、アデリーパープル、シンフォニックシルバー、ソフィアホワイトの5色展開とした。 2 安全性• 全長を100mm、全幅を80mm拡大した新規格ボディとタイヤを前方に出したセミキャブスタイルとすることにより、ボディのクラッシャブルゾーンを増大し、小型車と同等レベルの全方位衝突安全性能を実現した。 また、センターミッドシップレイアウトによる50:50の理想的な重量配分や、フロント13インチディスクブレーキ、X配管化の採用などによって、すぐれた制動性能を実現した。 万が一の衝突時に乗員保護性能を高める運転席SRSエアバッグを全車標準装備、助手席SRSエアバッグを一部標準装備、3点式チャイルドシート固定機構付リヤシートベルトを全車標準装備、4センサー3チャンネルABSをオプションで全車に設定した。 サイドドアビーム、ハイマウントストップランプの採用等、安全装備の充実を図った。 3 環境へのやさしさ• 希薄燃焼システムを採用する環境ミニエンジン"新リーンバーンMVV"を搭載。 バンパー、インストルメントパネル、ドアトリム、エアクリーナーケースなどにリサイクル材を採用し、燃料タンク、吸・排気バルブ、エンジンガスケットなどで有害物質の使用を廃止するなど、生産工程における環境対策にも積極的に取り組んだ。 4 乗る人、使う人へのやさしさ• 前輪を可能な限り前方へ押しやった独特のセミノーズ&ショートオーバーハングデザインが、前席ドアの大型化に加え、スムーズな乗降を可能にし、ゆとりあるレッグスペースを確保した。 また、左右両側に採用のロアアーム可倒式構造の大型スライドドアが、スムーズなドア開閉操作と楽な後席への乗降を可能にした。 さらに、ラジエターを車体前方に設置してエンジン搭載位置を最適化し、居住スペースを効果的に拡大。 低床化と相まって、使いやすく広い室内スペースを実現した。 センターミッドシップレイアウトの採用による前後50:50の理想的な重量配分、2,390mmという小型車並みのロングホイールベースと1,290mmの安定感あふれる前後トレッド、高剛性ボディ構造、さらには前輪マクファーソンストラット、後輪トルクアーム式3リンクリジット&コイルスプリングによるサスペンションシステムなどによって、小型車並みの快適な乗り心地を実現した。 ローバックセミバケット式のフロントシートと左右独立のリクライニング付リヤシートの採用により、ラゲッジルームへの簡単なアクセスとフロント&リヤシートのフルフラット化など高機能で多彩なシートアレンジを実現した。 エンジン 全車に低中速トルクを重視した設定によって力強い走りと燃費の向上を実現した3G83型3気筒SOHC12バルブ新リーンバーンMVVエンジンと低速域からの過給効率に優れ、抜群の出足、スムーズな加速を実現した4A30型4気筒DOHC20バルブインタークーラーターボを搭載した。 プライバシーガラスを採用し、プライベートワゴンに相応しいものとした。 5 軽5ナンバーワゴンと4ナンバーバンとの違い• 4ナンバーバンは貨客比確保等の構造要件があり、前・後席シートのスペース確保が制約を受けるが、5ナンバーワゴンとすることによりこの制約が無くなりゆったりとした前・後席のスペース性確保が可能となる。 特に後席シートがリクライニングが可能になるとともに居住性も向上し乗用車としての実用性に優れる。 乗用車専用のサスペンションセッティングにより乗り心地が向上した。 5年間所有した場合の経費を比較すると約9万円の削減となる。 車両本体価格を100万円とした場合• 車両保険=オールリスク、免責7万円、保険設定額:85万円 1999年3月現在 2. 販売概要 1 取り扱い販売会社 全国のタウンボックス取り扱い販売会社 2 発表展示会 4月10日(土)、11日(日) 3. メーカー希望小売価格 「タウンボックス」 [単位:千円]• 希望小売価格(車両本体価格)は、参考価格です。 (1999年4月1日現在) 価格は各販売店にお問合せ下さい。 価格には、スペアタイヤ、標準工具、ジャッキが含まれます。 販売店でセットする付属品は、別途扱いとなります。 保険料、税金(含む消費税)、登録に伴う費用は別途申し受けます。 以 上 .

次の