誰かの心臓になれたなら歌詞 意味。 だれかの心臓になれたなら 歌詞

ベロニカ

誰かの心臓になれたなら歌詞 意味

「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉だ 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を 「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか いつか終わると気付いた日から 死へと秒を読む心臓だ ねえ このまま雨に溺れて 藍に融けたって構わないから どうか、どうか、またあの日のように 傘を差し出し笑ってみせてよ もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた? 解けた指から消える温度 血を廻らせるのはだれの思い出? 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい 死にたい僕は今日も息をして 生きたい君は明日を見失って なのに どうして悲しいのだろう いずれ死するのが人間だ 永遠なんてないけど 思い通りの日々じゃないけど 脆く弱い糸に繋がれた 次の夜明けがまた訪れる どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ いつしか君がくれたように 僕も だれかの心臓になれたなら ひいらぎの解釈 僕は世界を「こんな世界」と嘆く誰かの 生きる理由になれるのでしょうか? これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉です この曲には2人の登場人物が出てきます。 僕と君 この世界、理不尽なことばかりです。 誰もが「こんなどうしようもない世界」と思っていることでしょう。 僕は、そんなふうに「こんな世界」と嘆いている誰かの生きる理由になりたいと歌います。 この曲は「こんな世界」と嘆いている君に向けて初めて愛を込めて歌う、最期の歌なのです。 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった ひいらぎの解釈 街も人も歪み出して この世界は化け物だと気づいてしまったんだ 欲望のままに動いて巣食った愚かさだって 全て目に写ってしまう 演技の様に手のひらのうえで誰もが踊らされてしまっていて 生まれてきた意味だって知らないままで 形骸化した夢は錆びついてしまったんだ 君はどうして「こんな世界」だと思ってしまったのでしょうか? 僕は、君が、この世界は欲望渦巻く化け物だと気づいてしまったと言います。 たしかにこの現実世界は汚いことも多くて、化け物のような世界なのでしょう。 欲望のままに動いて、愚かさがはびこっている世界。 そんな世界の姿が嫌でも目に写ってしまう。 シアトリカル=演劇の様に手のひらの上で転がされている人々ばかり。 そんな世界じゃ、自分が生まれてきた意味だって知る由もありません。 だって、自分は欲望のままに転がされて、周りも見えていないのですから。 いつの間にか夢は形骸化してしまい、錆びついてキラキラしていたころなんて見る影もなくなってしまったのです。 だから、僕は、君が「こんな世界」だと世界を諦めてしまったのだと歌うのです。 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を ひいらぎの解釈 このまま雨に溺れてしまって 藍色に溶けてしまったって構わないから どうかあの日の優しい君でいて 傘を差し出して笑って欲しいんだ 僕は誰かの心臓になりたいと願っています。 それはどうしてか。 「こんな世界」と嘆いている君も、昔は「こんな世界」に絶望することなく優しい君であったことがあったのです。 でも「こんな世界」で希望を無くし、優しさを失ってしまった。 僕は希望を失ってしまった君の心臓=生きる理由になって、また笑いかけて欲しいと願うのです。 雨=苦難に濡れてしまって、それに負けそうになってしまっても構わないから。 あの日のような優しい君でいて、苦難にも負けず立ち向かって笑って欲しい。 僕はそんな願いから誰かの心臓=生きる理由になりたいのです。 ひいらぎの解釈 もしも「こんな世界」に気づかずに、夢が覚めなければそのままの君だったんだろうか 手を離してしまって先から温度は消えていって 血を巡らせているのは誰の思い出なんだろう いつか笑いかけてくれた君は夢から覚めてしまって「こんな世界」に絶望してしまいます。 取ってくれた手を離したその先から君の温度は消えていってしまって、 今思い出せるこの思い出が誰のかわからなくなりそう。 君との大切な思い出すら、「こんな世界」に絶望してしまい、変わってしまった君の前では思い出せないものとなっているのです。 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい ひいらぎの解釈 死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう いずれ死んじゃうのが人間なのに 永遠なんてないけれど 思い通りの日々じゃないけれど 簡単にちぎれそうな糸で繋がっている 次の夜明けがまたやってくる 僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。 しかし、ここで僕は疑問に思います。 人間はいずれ死んじゃうんだから、そんなことに憤るのはおかしいと。 そう思いながらも君に生きて欲しいと願っているのです。 永遠なんてないかもしれない、思い通りに行かない日々ばかりかもしれない それでもなんとか繋がって、明日はやってくるのです。 どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ.

次の

柘榴 だれかの心臓になれたなら 歌詞

誰かの心臓になれたなら歌詞 意味

GUMI】Kokoronashi 【Original】 ボカロP『蝶々P』による、2014年に公開のピアノバラードの楽曲です。 歌唱ボーカロイドはGUMI。 バラード楽曲が伸びづらいボカロ楽曲の世界において、美しいピアノ旋律やGUMIの優しい声音、そして機械のボカロがつむぐからこそ考えさせられる深い歌詞が多くの視聴者の心を涙させ、今もなお泣けるボカロ名曲の一つとして多くのファンの間で聴かれ続けています。 再生回数はYouTubeにて83万回、ニコニコ動画においては2019年に入ってから100万回を超えるなど、記念すべき蝶々P 5曲目のミリオン達成楽曲となりました。 さらに、2019年はボーカロイドGUMI誕生から10周年の年でもあります。 記念すべきGUMI10周年の年に、GUMI歌唱のこの楽曲がミリオンを達成するのは、胸が熱くなりますね。 また、『心做し』は蝶々Pが制作するアルバムシリーズ『world 3部作』の完結作である3rd アルバム『End of the World』にも収録されています。 蝶々Pのもつ表現力のすべてが詰まった一枚であり、そのなかでもこの楽曲は、彼を代表するピアノバラードとなっています。 曲名「心做し」の意味は「気のせい」 この楽曲のタイトル『心做し』の読み方は、『こころなし』です。 この『心做し』は、辞書によると「気のせい」「心の中で思う事」という意味をもつ言葉であると記載されており「こころなしか体調が悪い」などのような使用例があるようです。 そんなタイトルに沿うかのように、この楽曲の歌詞には「心臓」という言葉が度々出てきます。 それを口にするのは歌の主人公だと思しき「僕」という人物です。 「僕」は自分の中にある感情が生みだす、自分の心臓への痛みに耐えられずに、それを生み出すきっかけとなっている「君」にそれを吐露するように歌を歌っているのです。 この「僕」と「君」は、MV内に描かれている少年と少女である事が推測できます。 一枚絵のMVでは、無表情で涙を流す一人の少年を少女が優しく抱きしめている様子が描かれています。 少年はその体のいたるところが機械で形成がされており、その姿から彼が人間ではないことが想像できます。 つまり、これはこの「僕」と思しき機械の体の少年が、自分の中に生まれてしまった「心」を理解することができずにもがいている姿が描かれているのです。 しかし、機械に心が宿ることなど本当にあるものなのでしょうか。 この問題は、ロボットを扱う色んな作品で描かれてきた議題です。 人工的にプログラムされたロボットが心を宿したとしても、所詮はプログラムで作られたニセモノで本来なら機械が心をもつはずはありません。 『心做し』というタイトルはきっと、本当にあるのかわからない「心」の存在について問うたタイトルとなっているのでしょう。 本当にあるかわからない心、だけどあるような気がするからこそ「僕」はその心の痛みに涙するのです。 さらには、このような中身の楽曲を「ボカロ」という本来なら心が宿らない機械に歌わせているという点もまた、多くの視聴者に考えさせられるものを与えているようです。 ボカロそのものは機械ですが、しかしその声を聴いて心を震わせ涙する視聴者達は多くいます。 ボカロは、楽曲の制作者によって声や言葉が作られますが、歌自体はあくまでも機械の声で語られているので、そこにはなんの感情もありません。 けれど、そこから伝わるものがあるからこそ、その心を感動でいっぱいにするファンがいるのでしょう。 心を持たぬ機械であるボカロの無機質な声。 けれど、ボカロPたちの作った楽曲を歌う事で、まるで心を手に入れたかのように感情豊かに歌うその姿は、この歌の「僕」とどこか重なる印象をうけます。 『ボカロ』だからこそ、深く考えさせられる面をもつこの一曲。 公開から10周年というこの時期にあわせて、聴いてみてはいかがでしょうか。 人気の衰えない蝶々P! 蝶々Pは2008年に活動を開始したボカロPです。 主な使用ボーカロイドは『初音ミク』、『鏡音リン』、『GUMI』、『MAYU』です。 印象的なピアノメロディーに定評があり、ピアノロックにピアノポップ、ピアノバラードなど様々なジャンルの楽曲を制作しています。 さらにもう一つの特徴として、甘い恋愛の歌詞であることがあげられています。 2009年に投稿され大ヒットした『ラブアトミック・トランスファー』、そして翌年の2010年に投稿された『え? あぁ、そう。 』はその代表作とも言える楽曲です。 特に『え? あぁ、そう。 』は、当時大反響を呼び、ボカロ界の歴史に残る名曲にもなりました。 2019年現在、殿堂入り楽曲は32曲、ミリオン達成楽曲5曲となっています。 動画サイトにてのMV公開、CD販売、ライブなど積極的に活動するかたわらでアニメやゲームへの楽曲提供も行っており、メジャーデビュー楽曲である『Allone』はTBS系音楽番組『COUNT DOWN TV』2017年1月のEDとして使用されました。 一之瀬ユウとしての楽曲は、YouTubeの蝶々Pチャンネルの一覧から試聴することができます。 ボカロという機械の歌手を通してではない、蝶々P自身の声で紡がれる楽曲も一度聴いてみてはいかがでしょうか。 ボカロ楽曲の時とは違う、新しい印象を感じられるかもしれませんよ。 TEXT 勝哉エイミカ.

次の

だれかの心臓になれたなら 歌詞

誰かの心臓になれたなら歌詞 意味

「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉だ 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を 「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか いつか終わると気付いた日から 死へと秒を読む心臓だ ねえ このまま雨に溺れて 藍に融けたって構わないから どうか、どうか、またあの日のように 傘を差し出し笑ってみせてよ もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた? 解けた指から消える温度 血を廻らせるのはだれの思い出? 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい 死にたい僕は今日も息をして 生きたい君は明日を見失って なのに どうして悲しいのだろう いずれ死するのが人間だ 永遠なんてないけど 思い通りの日々じゃないけど 脆く弱い糸に繋がれた 次の夜明けがまた訪れる どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ いつしか君がくれたように 僕も だれかの心臓になれたなら ひいらぎの解釈 僕は世界を「こんな世界」と嘆く誰かの 生きる理由になれるのでしょうか? これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉です この曲には2人の登場人物が出てきます。 僕と君 この世界、理不尽なことばかりです。 誰もが「こんなどうしようもない世界」と思っていることでしょう。 僕は、そんなふうに「こんな世界」と嘆いている誰かの生きる理由になりたいと歌います。 この曲は「こんな世界」と嘆いている君に向けて初めて愛を込めて歌う、最期の歌なのです。 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった ひいらぎの解釈 街も人も歪み出して この世界は化け物だと気づいてしまったんだ 欲望のままに動いて巣食った愚かさだって 全て目に写ってしまう 演技の様に手のひらのうえで誰もが踊らされてしまっていて 生まれてきた意味だって知らないままで 形骸化した夢は錆びついてしまったんだ 君はどうして「こんな世界」だと思ってしまったのでしょうか? 僕は、君が、この世界は欲望渦巻く化け物だと気づいてしまったと言います。 たしかにこの現実世界は汚いことも多くて、化け物のような世界なのでしょう。 欲望のままに動いて、愚かさがはびこっている世界。 そんな世界の姿が嫌でも目に写ってしまう。 シアトリカル=演劇の様に手のひらの上で転がされている人々ばかり。 そんな世界じゃ、自分が生まれてきた意味だって知る由もありません。 だって、自分は欲望のままに転がされて、周りも見えていないのですから。 いつの間にか夢は形骸化してしまい、錆びついてキラキラしていたころなんて見る影もなくなってしまったのです。 だから、僕は、君が「こんな世界」だと世界を諦めてしまったのだと歌うのです。 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を ひいらぎの解釈 このまま雨に溺れてしまって 藍色に溶けてしまったって構わないから どうかあの日の優しい君でいて 傘を差し出して笑って欲しいんだ 僕は誰かの心臓になりたいと願っています。 それはどうしてか。 「こんな世界」と嘆いている君も、昔は「こんな世界」に絶望することなく優しい君であったことがあったのです。 でも「こんな世界」で希望を無くし、優しさを失ってしまった。 僕は希望を失ってしまった君の心臓=生きる理由になって、また笑いかけて欲しいと願うのです。 雨=苦難に濡れてしまって、それに負けそうになってしまっても構わないから。 あの日のような優しい君でいて、苦難にも負けず立ち向かって笑って欲しい。 僕はそんな願いから誰かの心臓=生きる理由になりたいのです。 ひいらぎの解釈 もしも「こんな世界」に気づかずに、夢が覚めなければそのままの君だったんだろうか 手を離してしまって先から温度は消えていって 血を巡らせているのは誰の思い出なんだろう いつか笑いかけてくれた君は夢から覚めてしまって「こんな世界」に絶望してしまいます。 取ってくれた手を離したその先から君の温度は消えていってしまって、 今思い出せるこの思い出が誰のかわからなくなりそう。 君との大切な思い出すら、「こんな世界」に絶望してしまい、変わってしまった君の前では思い出せないものとなっているのです。 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい ひいらぎの解釈 死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう いずれ死んじゃうのが人間なのに 永遠なんてないけれど 思い通りの日々じゃないけれど 簡単にちぎれそうな糸で繋がっている 次の夜明けがまたやってくる 僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。 しかし、ここで僕は疑問に思います。 人間はいずれ死んじゃうんだから、そんなことに憤るのはおかしいと。 そう思いながらも君に生きて欲しいと願っているのです。 永遠なんてないかもしれない、思い通りに行かない日々ばかりかもしれない それでもなんとか繋がって、明日はやってくるのです。 どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ.

次の