変わりありません 英語。 「お変わりありませんか」の使い方・敬語での言い方・返事の方法

【おかわり】を英語で?【ご飯おかわり自由・おかわりください・おかわりいかがですか…】【refill/another one/seconds】の意味と使い方とは?|みんなのペラペラ英会話トレーニング道場♪

変わりありません 英語

バサーニオはポーシャに、自分は財産を持っておらず、ただ高貴な生まれと立派な祖先を誇りとしているにすぎないのです、と告白した。 ポーシャはといえば、バサーニオの立派な資質のゆえに彼を愛しており、夫の財産に頼る必要がないくらいの富を持っていたから、しとやかに謙遜してこう答えた。 私は今より千倍も美しく ありたいですし、一万倍も金持ちで ありたいと願っています、私があなたにふさわしい妻で ありたいですから。 それから、たしなみを持つポーシャは、けなげにもこう言って自分自身をけなした。 私は教育のない女ですわ、学校にも行っており ませんし、しつけも受けていないのです。 ですが、物事を学べないほど年をとってはおり ません。 何事にも立派なあなた様のご指示をあおぎ、従っていくつもりです。 そしてこう告げた。 「私自身と私の持ち物は、すべてあなたとあなたの持ち物へと 変わりました。 Bassanio that had , his and was could ; she, who him for his , and had , with a , that she would , and , more him; the , and , , , she could , she would her and him ; and , ", and what , and converted. - Shakespeare『ヴェニスの商人』 第二承継銀行への事業譲渡後においては、預金保険機構が金融(整理)管財人として、また不良債権を譲り受けたRCC(整理回収機構)、これは預金保険機構の100%子会社で、このRCCにも引き続き必要があれば、刑事上、民事上の責任を追及する権限がございますが、それが回収業務を進める中で日本振興銀行の旧経営陣等の責任追及を引き続き厳格に行っていくという本質は 変わり ません。 民間への譲渡先が決まるわけではなく、あくまでブリッジバンクでございまして、RCCに行く分も ありますから、8か月間ルールというのもあると聞いておるわけです。 そういったことで、そこで責任追及が終わるというわけではないと思っています。 , , the , will have and , and , a , will the assets. the the and the collection. That the , the , and some RCC. eight-month rule. , the there. - 金融庁 例文 この方の具体的な名前を出して恐縮なのですけれども、週刊ダイヤモンドの新年の合併号、12月25日号、クリスマス号で特別寄稿をし、これを書いていますので、今日ブログにも書かせていただきましたけれども、ぜひ、本当に私とぴったり合うとは、そんな大げさな大それたことは言い ませんけれども、非常にこの文章に、金融担当大臣を半年した感想として共感いたしまして、そういった意味で、先ほど私は、人間の体と経済とを絡めて言いましたけれども、私が医者であることは40年 変わりがない事実でございますし、金融担当大臣をさせて頂いたのも ありがたい経験をさせていただきましたので、しっかりやっていきたいと思っております。 I him, about that , , Weekly. I that I his but, for for , I with his article. , have with a and the with , I the that I had for and hard. - 金融庁.

次の

打ち合わせは「Zoom」でしますか?リモートで使える英語表現(bizSPA!フレッシュ)

変わりありません 英語

Hey there Kou! ユーコネクトの英語コーチのアーサーです。 日本の社会では、先生をとても尊敬しないていけないのでとても丁寧に話さないといけません。 アメリカの場合は、違います。 先生でもため口で話す人が多くて、「フォーマルかどうか」を機になくても大丈夫です。 僕だったら、こう言います。 What else can you say? 他に何が言える? 「他に」は英語でよく「else」で表現します。 他にどこがいい? Where else do you want to go? などなど WH言葉がない場合、otherで表現します。 Are there any other good phrases? 他にいい表現がありますか? どうしてもフォーマルに言いたい場合、「are」ではなく「would be」を使います。 Would there be any other good phrases? でもこの言い方があまりおすすめしません。 英語は生きているので、いつも変わりつつあります。 辞書とか表現リストは過去の英語を表示し、いつも不十分になっています。 Are there any other good phrasesは決まった英語のフレーズはが徹底的に乗っている場所があって、先生はその場所を調べるだけのように聞こえます。 A: Are there any good phrases? B: Let me check opens book. What else can you say? の方は、スピーカー(英語を自然に使っていつも発展させている者)が中心になり、本よりスピーカーの感覚を重視するように聞こえるのでオススメします。 よろしくお願いします。 応援しています! アーサーより What is another way to say that? This is a good way to ask your teacher if there are any other ways of saying a phrase. For instance, if the phrase is, "How are you doing today?. The teacher might say "Another way of saying this is: How is your day going? or What are you up to today? " How else could I put that? In this case "put" means "say" Are there any other phrases that mean the same thing? This is a very specific way of asking your teacher for some other ways of phrasing a statement, or question. What is another way to say that? ほかにいい表現はありますか?) これはあるフレーズに他の言い方があるか先生に尋ねる良い表現です。 例えば、もしそのフレーズが "How are you doing today? というものなら、先生は "Another way of saying this is: How is your day going? or What are you up to today? "と言うかもしれません。 How else could I put that? Are there any other phrases that mean the same thing? (同じことを意味する別のフレーズはありますか?) こちらはある文や質問に別の言い方があるかどうか先生に尋ねる特定の表現です。 When you are trying to find out if there are any other phrases that mean the same thing, you can ask: -Are there any other similar phrases as the one we just discussed? -Are there any other good English phrases that mean the same thing? For example: a phrase like "check you later"could have other variations like "see you later", "see you soon", etc. These basically mean the same thing but are said in different ways. 他にも同じ意味の表現があるかどうかを尋ねたい時は、次のように質問することが出来ます。 【例】 -Are there any other similar phrases as the one we just discussed? (今話したものと似たような他の表現はありますか?) -Are there any other good English phrases that mean the same thing? (他にいい英語の表現はありますか?) 例えば"check you later"と言うようなフレーズは "see you later"や "see you soon"などの様なバリエーションがあります。 (また後で!) これらは基本的には同じ意味ですが別の言い方をしています。

次の

「他にいい表現はありますか?」って英語でなんて言うの?

変わりありません 英語

英語では結論を最初に言うことが好まれますが、それは英文メールでも同じです。 書き出しでメールの目的をはっきりさせると、文章全体がすっきり読みやすくなります。 突然連絡するときや忙しい相手に連絡するときには、恐縮する気持ちも書き添えると丁寧な印象を与えます。 英文メール例文) I am writing to ask for information about your new products. そちらの新製品について伺いたくてご連絡しました。 Sorry to write out of the blue, but I wanted to let you know the renewal opening of my shop. 突然で恐縮ですが、私のお店の新装開店についてお知らせしたくてご連絡しました。 Might I take a moment of your time, but I would like to inquire about your new project. お時間をいただき恐縮ですが、そちらの新事業についてお伺いいたします。 既にメールのやり取りが進行していて相手に返信する場合などは、それまでのやり取りについて軽く触れて書き出しの挨拶をするのが自然です。 いくつか例文をみていきましょう。 英文メール例文) Thank you for contacting to me. ご連絡いただきありがとうございます。 Thank you for getting back to me so quickly. 迅速なご返信ありがとうございます。 I'm sorry for my late reply. 返信が遅くなり申し訳ございません。 Sorry it's been so long time since my last email. しばらくご連絡が滞り申し訳ございません。 I'm sorry to bother again so soon, but I would like to ask you one more question. 度々ご連絡して恐縮ですが、もう一つ質問がございます。 相手の調子や様子を気遣う挨拶で英文メールを始めることもできます。 初めてメールを送る相手より、すでに知っている相手に送る場合におすすめの書き出しです。 それでは、いくつか例文をみていきましょう。 英文メール例文) I hope you had a good weekend. よい週末を過ごされましたか。 How are things? いかがお過ごしですか。 I hope you are well. お元気でお過ごしのことと思います。 3パターンの書き出しの挨拶をご紹介しましたが、状況に合わせてこれらを合わせて使うこともできます。 例えば、「お元気でしょうか?」と相手の様子を伺った後に、「今回ご連絡したのは〇〇のためです。 」とメールの目的を書いても自然な文章になります。 まずは、相手から情報を聞きたいときや、ファイルを送ってほしいときの表現です。 例文でご紹介します。 英文メール例文) I would appreciate it if you could provide me with the quarterly results. 四半期の業績を教えていただければありがたいです。 Could you kindly let me know whether you can send me the file? そのファイルを送っていただけるか、教えていただけますでしょうか。 Could you please send me updated data? 更新されたデータをいただけますでしょうか。 Is there any chance you could inform me of your schedule by tomorrow? 明日までにご都合を教えていただくことは可能ですか。 続いて、謝罪の気持ちを伝えるための表現です。 メールだけでなく、他のビジネスシーンでも使えるように定型文として覚えておくと、いざという時役に立ちますよ。 英文メール例文) I would like to apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 Please accept our sincere apology for your disappointment. ご期待に沿えなかったことをお詫び申し上げます。 I'm sorry, but I will take a day off on the day. 申し訳ございませんが、その日は休暇の予定です。 相手からの英文メールの内容をきちんと把握できなかった場合、「恐らくこういうことかな?」と推測で判断してしまうと、後々ビジネスで大きな問題につながりかねません。 相手のメールの内容を確認するための表現をみていきましょう。 英文メール例文) I'm afraid I don't quite understand what you mean. Would you mind providing more details? 申し訳ございませんがよく理解できません。 恐れ入りますがもう少し詳細をご教示いただけませんか。 Could you please clarify what you mean concerning the last question? 最後のご質問の意図をもう少し明確にしていただけないでしょうか。 You've lost me. Any additional information would be greatly appreciated. おっしゃることが理解できませんでした。 もう少し情報をいただければ大変ありがたいです。 ときにはメールの相手に苦情を入れなければならないこともあるでしょう。 そのようなときこそ、丁寧な表現を心がけつつ、こちらの意図をきちんと伝えることが大切です。 では、どのような言い方ができるのかみていきましょう。 英文メール例文) I'm afraid I was not very happy with your service. 恐縮ですが、そちらのサービスで満足いかないことがありました。 Unfortunately, the prototype was not really what I expected. 残念ながら、プロトタイプは私の期待通りではありませんでした。 I'm afraid I was not fully satisfied with your estimate. 恐れ入りますが、見積り内容に納得のいかない部分がございます。 次に、書き終わりの挨拶をみていきましょう。 こちらは、メール本文を締めるための一文です。 相手に何か対応をお願いする場合には、最後に改めて「よろしくお願いします」という気持ちを伝えて終わりましょう。 定型文をいくつかご紹介します。 英文メール例文) I would appreciate your immediate attention to this matter. 迅速にご対応いただければ幸いです。 If you require any further information, feel free to contact me. さらに必要な情報がございましたら、遠慮なくご連絡ください。 If you have any questions or concerns, don't hesitate to let me know. 質問や不明点がありましたら、遠慮なくご連絡ください。 I look forward seeing you soon. お会いできるのを楽しみにしています。 I look forward hearing from you soon. ご連絡をお待ちしております。

次の