牡蠣 めし。 フランス産の高級バターを使った「バターが決め手の洋風牡蠣めし」/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.21

「激うま牡蠣グルメ」をおうちで味わえる!必見テイクアウト実施

牡蠣 めし

思い返すと、かきめしはいつも首都圏で購入していた 当サイト管理人は埼玉県人です。 そして大宮駅に立ち寄ったら、駅弁駅旨井門には必ずも寄ります。 主として関東以北の駅弁を比較的多数取り揃えていて、眺めるだけでも楽しいです。 今回、立ち寄って、いろいろ見ていた中で、かなりの数を揃えて販売していた駅弁が、北海道は厚岸駅の名物駅弁として名高い かきめしです。 大宮だけでなく、東京駅などでも人気駅弁となっています。 私としては、首都圏で複数回、購入している訳なのですが、先日食べたの牡蠣があまりにも美味しすぎて、それを食べている時に「厚岸駅のかきめしとどちらが美味しいのかな?」と素朴な疑問が湧いて、それを確かめるために、買ってみることにしました。 しかしこのかきめし、現地の厚岸駅やその周辺で食べた事は一度もありません。 首都圏の駅と近所のスーパーの駅弁大会で買っただけです。 毎度思うのが、本当に厚岸で作られて運ばれてくるものなのか疑問だという事。 私の友人のも、「 あのかきめしは本物なのか?」とやたら疑問を呈していましたし、いずれにしてもこれほど首都圏で大量に売られているのを目撃すると、怪しいと感じざるを得ません。 厚岸のかきめしに関しては、以下の複数の項目に分けて、ご紹介しています。 かきめしの大ファンもアンチの人も、それぞれの視点で楽しんで頂ければ幸いです。 早速かきめしを開封してみました。 開封してまじまじと見つめて思った事、それは「思ったよりも牡蠣が小ぶりで、しかも少ないな」でした。 ということは、ひたすら炊き込みご飯を食べる駅弁になります。 牡蠣以外につぶ貝やアサリがご飯の上に乗っているイメージがあったのですが、改めて眺めてみると、アサリは少々で、つぶ貝はかなり細かく切断されて、ご飯と一緒に混ぜられていました。 さっそく牡蠣を口に運んでみると、確かに美味しいです。 のように、牡蠣の味が死んでいません。 牡蠣ならではの風味を感じます。 けれども、金沢の輪島朝市弁当の牡蠣のほうが、明らかに上でしたね。 牡蠣の旨みとほろ苦さが混然一体となった独特の磯の香りは、輪島朝市弁当のほうが明確に秀逸でした。 今回の厚岸駅のかきめしくらいだったら、やはりもうちょっと牡蠣のボリュームを多くして頂きたいなと思いました。 牡蠣をすぐに食べきってしまうので、あとは炊き込みご飯だけを黙々と食べねばならないので、ちょっと不満すら感じます。 昔と違って、今は牡蠣も捨てるほど採れるような時代ではありませんので、やむを得ないかなと思っていたところ、ツイッターのフォロワーさんから寄せられた情報が、あまりに衝撃的でした。 他にもあります。 商品ラベルの製造元で末尾に「ND」と入っているのはNREで製造しています。 北海道や九州の駅弁を朝から販売できるのは東京で製造しているからです。 — きた 駅弁マニア rinko3031 やはり、そういう事でしたか。 何かおかしいよなと、皆思っていたはずですよね。 末尾にNDと入っているかどうかチェックしてみたところ、・・・入ってました。。。 それにしてもね、首都圏で(あるいはスーパーで)かきめしを買うお客さんのほとんどは、かきめしと言えば北海道の駅弁だと思うはずです。 首都圏で売っていても、北海道から空輸されるか新幹線で運んでくるのか、くらいに思っている事でしょう。 そういうイメージがありながら、実はの子会社の日本ばし大増が東京で製造して店頭に並べているとは、これはある意味、詐欺と言えなくもありません。 せめて、ラベルに「製造者:日本ばし大増」と書くべきです。 でないと、明らかに不誠実です。 販売者の「有限会社氏家待合所」の経営者は、かきめしブランドで売りさばく事を認めたのですから、商標などの使用料か、あるいはその他の名義の何らかの金銭を受け取る事になって、経営的には大成功と言えるでしょう。 JR東日本フーズが首都圏の人間を騙して沢山売りつけることによって、厚岸駅現地での駅弁販売が少ないながらも継続できているという側面も無視する事は出来ませんから、この問題は一刀両断に切って捨てることはできず、極めて悩ましい問題と言えます。 私も今後も「う~~ん」とうなりながら、時折このかきめしを食べることになりそうです。 (2016年7月11日、この時は大宮駅で購入。 1080円。 ) さて、上記のような事を考えてから3年後、まさかJR東日本のコンビニのニューデイズで、厚岸のかきめしのおにぎりが売られる事になるとは、思ってもみませんでした。 今回は、ラベル表示に日本レストランエンタプライズ(現・JR東日本フーズ)が製造していると書かれています。 本当は包装の表面に書くべきであるか、あるいは厚岸駅前氏家待合所「監修」と表記すべきでしょうね。 しかし、おにぎり1個が税込みで265円とは非常に高価です。 流石に買うかどうか悩みました。 食べ始めて、「あれ?牡蠣は入っていないのか」とガッカリし始めたところ・・・、 だいぶ下の方から、思ったよりもプリッとした牡蠣が出てきました。 おにぎりとしては流石に牡蠣は豪華であり、案外美味しくてびっくりでした・笑。 けっこう、満足でした。 2020年2月、東京駅の駅弁屋祭の加熱式駅弁コーナーを覗いていたところ、かきめしの加熱式バージョンが置いてあって、これは初めて見る商品ですから、「例によって外注生産だわね」と思いながらも、つい買ってしまいました。 本来ならばこの商品は、厚岸駅の氏家待合所では12月から2月までの季節限定商品として売られるほかほかかきめしの事を言う訳ですが、その東京駅販売バージョンを、今回は購入した事になります。 通常版のかきめしに続いて、てっきり日本ばし大増が作っているのかと確認したところ、ラベル表記が「氏家待合所+osdf」と記載されていました。 これは、新潟県の弁当製造業者の株式会社オーシャンシステムの事を指しています。 まさか北海道の駅弁が新潟県で作られて、そして東京駅で売られているとは、もはや厚岸駅と称していては完全なる産地偽装です。 (ただし、製造工場は新潟県ではなくて、千葉工場だと思われます) オーシャンシステムの作る駅弁は、、摩周駅弁と称する現地では売られていない、そして長岡駅弁のの3つで、大いに落胆させられている前科があるので、全く期待感ゼロで食べ始めてみたのですが、、、それなりに美味しかったです・笑。 やはり、牡蠣が加熱されて温かくなると、磯の香りが強く出てきます。 それが良かった。 牡蠣の出汁で炊いたご飯も、どくとくのコッテリ感が表現されており、その点でも次第点を差し上げられるかなと感じました。 ご覧のように、プリッとした牡蠣が4つ入っています。 「もっと多くして欲しい」という願いはあるものの、価格的に難しいのだろうと思いますから、仕方ありません。 以下の写真は、あさり煮とつぶ貝煮です。 日本ばし大増の作るかきめしよりも、貝の歯ごたえが良くて、オーシャンシステム製の方が美味しいような気がしました。 今回、オーシャンシステム製造のほかほかかきめしを食べて、「もしかしたら通常版のかきめしの製造も、今は日本ばし大増からオーシャンシステムに移行しているかもしれないな」と思いました。 今度、それを確認してみたいと思います。 というか、そんな事より、北海道の厚岸に食べに行かないといけませんよね。 じゃないと、いつまで経っても本家本元の商品を知らないままという事になってしまいます。 購入データ(今回、私が購入した時の記録です) 購入場所 東京駅の駅弁屋祭グランスタ店 購入日時 2020年2月17日、13時半前に購入。 価格 1280円(税込み) ラベル表示 厚岸駅の氏家待合所さんの公式ホームページです。 こんな辺境の駅弁屋さんがここまで立派なホームページを開設できるのは、たぶん首都圏で大量に売りさばいた権利収入でかなり利益が出ているからだと思いますよ。 でも、かきめし以外の駅弁も、食べてみたいです。 ちゃんと現地に行って、北海道の美味しい空気を吸いながら、味わいたいです。

次の

牡蠣(かき)の炊き込みご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com

牡蠣 めし

2005年にスタートした子どもの育児日記と日々の晩ごはんを綴ったブログ「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」はアクセス数1日12万件を誇り、人気ブロガーランキングでは殿堂入りするほどの人気ぶり。 2007年には初のレシピ集を出版し、その後も書籍、雑誌、TV、食品メーカーのレシピ考案など活躍の場を広げている。 あけましておめでとうございます! 今年も「おいしいマルシェ」でお取り寄せグルメのコラムとレシピを書かせていただきます! どうぞよろしくお願いします。 新年最初にご紹介させていただくのは、フランスのバター。 日本ではますますバターが高級品になっていて、なかなか普段贅沢に使えない食材のひとつではあるのですが、あんことバターのように小豆の甘みの引き立て役として合わせ使いしたり、お料理の仕上げにひとかけら落として香りづけに使ったり、バターをふんだんに使って作る焼き菓子やふわふわのオムレツ…… バターを使ったお料理ってほんと美味しいですよね。 お料理用に使うバターはスーパーで買えるバターで十分美味しいのですが、美味しいパンに合わせたい時など、バターそのものを味わいたいときには、ちょっといいバターを選ぶのも楽しみの一つだと思います。 今回送っていただいたのは、「セル・ドゥ・メール」というフランスのバターで、中に塩の粒が混じっているバター。 切ってみると塩の粒が見えます。 これは溶かして使うよりも、固形のままそのままいただくのが一番美味しい!と思ったので、まずはパンにのせて食べてみましたが、バター自体は濃厚で芳醇な香りなのですが、しつこくなくて牛乳のミルキー感、後味はさっぱり感もあり、その中にたまにガリっと歯に当たる塩の粒のバランスがとてもいい。 めちゃくちゃ美味しいです! ということで、今回ご紹介するレシピは、旬の牡蠣を使った洋風の炊き込みご飯。 牡蠣のうまみたっぷりのごはんをお茶碗に盛り付けて、その仕上げに固形のままの「セル・ドゥ・メール」を乗せ、熱々のごはんでバターの温度が上がって少し溶けてきたところをご飯と牡蠣と一緒に食べる感じ。 これが! めっちゃ美味しい。 バターの芳醇な香りとミルキーさが牡蠣ごはんに合う! 合うに決まっています!! たまに塩のガリっとする食感がありつつ、バターの部分、バターじゃない部分と変化があるのも楽しい。 万能ねぎとちらっと仕上げに落とすお醤油のバランスもとってもいいと思います。 ご飯が主役!な、洋風牡蠣めしです。 牡蠣は塩水で優しく洗い、汚れや殻などを取り除く。 真水で流してざるにあける。 米はといでざるにあけて30分おく。 セル・ドゥ・メールは4等分にカットし、万能ねぎは小口切りにする。 小鍋に1の牡蠣と酒と塩を入れて、5分くらい優しくへらなどでかき混ぜながら煮る。 牡蠣の身がふっくらと膨らんできたら火を止め、ざるにあけて牡蠣と汁を分ける。 しばらく置いて牡蠣の水分をすべて落とす。 1の米をうち釜に入れ、2の煮汁を入れて、2合の線のところまで水をそそぐ。 炊飯器のスイッチを入れ、普通に炊く。 米が炊き上がったら2の牡蠣をご飯の上にのせて身を壊さないようにやさしく混ぜ、茶碗によそう。 セル・ドゥ・メールを乗せ、万能ねぎを散らし、お好みでお醤油を香りづけ程度に少しだけ落とす。 塩の粒が特徴のフランスのバター「セル・ドゥ・メール」、バター好きならぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

牡蠣めし

牡蠣 めし

思い返すと、かきめしはいつも首都圏で購入していた 当サイト管理人は埼玉県人です。 そして大宮駅に立ち寄ったら、駅弁駅旨井門には必ずも寄ります。 主として関東以北の駅弁を比較的多数取り揃えていて、眺めるだけでも楽しいです。 今回、立ち寄って、いろいろ見ていた中で、かなりの数を揃えて販売していた駅弁が、北海道は厚岸駅の名物駅弁として名高い かきめしです。 大宮だけでなく、東京駅などでも人気駅弁となっています。 私としては、首都圏で複数回、購入している訳なのですが、先日食べたの牡蠣があまりにも美味しすぎて、それを食べている時に「厚岸駅のかきめしとどちらが美味しいのかな?」と素朴な疑問が湧いて、それを確かめるために、買ってみることにしました。 しかしこのかきめし、現地の厚岸駅やその周辺で食べた事は一度もありません。 首都圏の駅と近所のスーパーの駅弁大会で買っただけです。 毎度思うのが、本当に厚岸で作られて運ばれてくるものなのか疑問だという事。 私の友人のも、「 あのかきめしは本物なのか?」とやたら疑問を呈していましたし、いずれにしてもこれほど首都圏で大量に売られているのを目撃すると、怪しいと感じざるを得ません。 厚岸のかきめしに関しては、以下の複数の項目に分けて、ご紹介しています。 かきめしの大ファンもアンチの人も、それぞれの視点で楽しんで頂ければ幸いです。 早速かきめしを開封してみました。 開封してまじまじと見つめて思った事、それは「思ったよりも牡蠣が小ぶりで、しかも少ないな」でした。 ということは、ひたすら炊き込みご飯を食べる駅弁になります。 牡蠣以外につぶ貝やアサリがご飯の上に乗っているイメージがあったのですが、改めて眺めてみると、アサリは少々で、つぶ貝はかなり細かく切断されて、ご飯と一緒に混ぜられていました。 さっそく牡蠣を口に運んでみると、確かに美味しいです。 のように、牡蠣の味が死んでいません。 牡蠣ならではの風味を感じます。 けれども、金沢の輪島朝市弁当の牡蠣のほうが、明らかに上でしたね。 牡蠣の旨みとほろ苦さが混然一体となった独特の磯の香りは、輪島朝市弁当のほうが明確に秀逸でした。 今回の厚岸駅のかきめしくらいだったら、やはりもうちょっと牡蠣のボリュームを多くして頂きたいなと思いました。 牡蠣をすぐに食べきってしまうので、あとは炊き込みご飯だけを黙々と食べねばならないので、ちょっと不満すら感じます。 昔と違って、今は牡蠣も捨てるほど採れるような時代ではありませんので、やむを得ないかなと思っていたところ、ツイッターのフォロワーさんから寄せられた情報が、あまりに衝撃的でした。 他にもあります。 商品ラベルの製造元で末尾に「ND」と入っているのはNREで製造しています。 北海道や九州の駅弁を朝から販売できるのは東京で製造しているからです。 — きた 駅弁マニア rinko3031 やはり、そういう事でしたか。 何かおかしいよなと、皆思っていたはずですよね。 末尾にNDと入っているかどうかチェックしてみたところ、・・・入ってました。。。 それにしてもね、首都圏で(あるいはスーパーで)かきめしを買うお客さんのほとんどは、かきめしと言えば北海道の駅弁だと思うはずです。 首都圏で売っていても、北海道から空輸されるか新幹線で運んでくるのか、くらいに思っている事でしょう。 そういうイメージがありながら、実はの子会社の日本ばし大増が東京で製造して店頭に並べているとは、これはある意味、詐欺と言えなくもありません。 せめて、ラベルに「製造者:日本ばし大増」と書くべきです。 でないと、明らかに不誠実です。 販売者の「有限会社氏家待合所」の経営者は、かきめしブランドで売りさばく事を認めたのですから、商標などの使用料か、あるいはその他の名義の何らかの金銭を受け取る事になって、経営的には大成功と言えるでしょう。 JR東日本フーズが首都圏の人間を騙して沢山売りつけることによって、厚岸駅現地での駅弁販売が少ないながらも継続できているという側面も無視する事は出来ませんから、この問題は一刀両断に切って捨てることはできず、極めて悩ましい問題と言えます。 私も今後も「う~~ん」とうなりながら、時折このかきめしを食べることになりそうです。 (2016年7月11日、この時は大宮駅で購入。 1080円。 ) さて、上記のような事を考えてから3年後、まさかJR東日本のコンビニのニューデイズで、厚岸のかきめしのおにぎりが売られる事になるとは、思ってもみませんでした。 今回は、ラベル表示に日本レストランエンタプライズ(現・JR東日本フーズ)が製造していると書かれています。 本当は包装の表面に書くべきであるか、あるいは厚岸駅前氏家待合所「監修」と表記すべきでしょうね。 しかし、おにぎり1個が税込みで265円とは非常に高価です。 流石に買うかどうか悩みました。 食べ始めて、「あれ?牡蠣は入っていないのか」とガッカリし始めたところ・・・、 だいぶ下の方から、思ったよりもプリッとした牡蠣が出てきました。 おにぎりとしては流石に牡蠣は豪華であり、案外美味しくてびっくりでした・笑。 けっこう、満足でした。 2020年2月、東京駅の駅弁屋祭の加熱式駅弁コーナーを覗いていたところ、かきめしの加熱式バージョンが置いてあって、これは初めて見る商品ですから、「例によって外注生産だわね」と思いながらも、つい買ってしまいました。 本来ならばこの商品は、厚岸駅の氏家待合所では12月から2月までの季節限定商品として売られるほかほかかきめしの事を言う訳ですが、その東京駅販売バージョンを、今回は購入した事になります。 通常版のかきめしに続いて、てっきり日本ばし大増が作っているのかと確認したところ、ラベル表記が「氏家待合所+osdf」と記載されていました。 これは、新潟県の弁当製造業者の株式会社オーシャンシステムの事を指しています。 まさか北海道の駅弁が新潟県で作られて、そして東京駅で売られているとは、もはや厚岸駅と称していては完全なる産地偽装です。 (ただし、製造工場は新潟県ではなくて、千葉工場だと思われます) オーシャンシステムの作る駅弁は、、摩周駅弁と称する現地では売られていない、そして長岡駅弁のの3つで、大いに落胆させられている前科があるので、全く期待感ゼロで食べ始めてみたのですが、、、それなりに美味しかったです・笑。 やはり、牡蠣が加熱されて温かくなると、磯の香りが強く出てきます。 それが良かった。 牡蠣の出汁で炊いたご飯も、どくとくのコッテリ感が表現されており、その点でも次第点を差し上げられるかなと感じました。 ご覧のように、プリッとした牡蠣が4つ入っています。 「もっと多くして欲しい」という願いはあるものの、価格的に難しいのだろうと思いますから、仕方ありません。 以下の写真は、あさり煮とつぶ貝煮です。 日本ばし大増の作るかきめしよりも、貝の歯ごたえが良くて、オーシャンシステム製の方が美味しいような気がしました。 今回、オーシャンシステム製造のほかほかかきめしを食べて、「もしかしたら通常版のかきめしの製造も、今は日本ばし大増からオーシャンシステムに移行しているかもしれないな」と思いました。 今度、それを確認してみたいと思います。 というか、そんな事より、北海道の厚岸に食べに行かないといけませんよね。 じゃないと、いつまで経っても本家本元の商品を知らないままという事になってしまいます。 購入データ(今回、私が購入した時の記録です) 購入場所 東京駅の駅弁屋祭グランスタ店 購入日時 2020年2月17日、13時半前に購入。 価格 1280円(税込み) ラベル表示 厚岸駅の氏家待合所さんの公式ホームページです。 こんな辺境の駅弁屋さんがここまで立派なホームページを開設できるのは、たぶん首都圏で大量に売りさばいた権利収入でかなり利益が出ているからだと思いますよ。 でも、かきめし以外の駅弁も、食べてみたいです。 ちゃんと現地に行って、北海道の美味しい空気を吸いながら、味わいたいです。

次の