めっちゃwifi レビュー。 めっちゃWiFiレビュー。実際に契約して使ってみて気づいたことまとめ。速度って実際どうなの?

めっちゃWiFi 4ヶ月使った辛口レビュー|デメリットと口コミと他社比較

めっちゃwifi レビュー

THE WiFiの目次(クリックでジャンプ)• THE WiFiについて THE Wi-Fiは 通信容量無制限・速度制限なしのポケットWiFiサービスです。 「どスゴイWiFi始まる」といったキャッチコピーでテレビCMを流しており、CMには加藤浩次さんが力士姿で出演しています。 2020年期待されているWiFiサービスのひとつです。 運営会社について 運営会社「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」です。 スマモバでは、「格安SIM」の販売から「ポケットWiFi」の販売まで幅広く通信事業に携わっています。 2019年には「めっちゃWiFi」という無制限WiFiのサービスを始めています。 設立は10年以上前だし、通信業界では有名だから安心してね! THE WiFiの端末について THE WiFiで提供される端末は「 U2s」です。 初めて聞く人も多いかもしれませんが、「U2s」は今大人気の「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」等、 無制限WiFiの多くで使用されている端末です。 5G対応と勘違いしている人も多いですが、こちらの端末は 5G非対応のモバイルルーターです。 スペックを見ていきます。 2mm 重さ 約151g 連続通信時間 12時間 上記の通り最大速度150Mbpsとなっており、ポケットWiFiでは十分な速度を確保しています。 U2sはボタンひとつのため、初心者でも操作が簡単で使いやすいモバイルルーターとなっております。 料金について THE WiFiではプランが2つ用意されています。 「THE WiFi ライト」はポケットWiFiのサービスのみのプランとなっており、「THE WiFi」では、ポケットWiFiサービス以外に、 国内150,000箇所以上のWiFiスポットを使い放題です。 国内15万カ所のWiFiスポットを利用したい場合は、「THE WiFi」に申し込まなくても「エコネクト(月額398円)」にて利用することが可能です。 サービス内容自体はほぼ同じです。 THE WiFiのデメリットについて 1.契約期間の縛りがある THE WiFiは契約期間2年間となっており、 契約期間途中での解約は解約金が発生します。 契約期間 2年間 解約金 24ヶ月以内:9,800円(税抜) 契約解除料を取られてしまうので、半年や1年間しか使う予定がないという人には「THE WiFi」はおすすめできません。 契約期間の縛りがないWiFiを探しているという人は、同じ無制限WiFiの「クラウドWiFi東京」がおすすめです。 クラウドWiFi東京では、契約期間の縛りがありませんので、いつ解約しても解約金がかかりません。 2.5Gアップグレードプログラムは実は内容が微妙 多くの人が気になったと思われる「 5Gアップグレードプログラム対応予定」についてです。 どういう内容か、確認してみたところ、 「5Gアップグレードプログラム対応予定」と聞くと響は良いのですが、 実際は5Gへの切り替え手数料3,000円が免除されるだけです。 (24ヶ月以上利用した人限定) アップグレードに対応しているからと 期待して契約すると後悔する可能性が高いです。 3.端末「U2s」は不安な面がある!? 私は、U2s端末を去年の3月から使い続けています。 クラウドSIMを搭載しており、便利に使えるという声もありますが、使いづらいなと思った点も多いので挙げていきます。 起動時間が長い• 何故か速度が遅い• 同時接続台数が少ない U2sは起動時間が長い 起動時間が長いというより、厳密には「 電波を掴むまで時間がかかる」という事です。 クラウドSIMを採用しているため、電源ONになってからクラウドサーバーにアクセスして、クラウド上で最適のSIMが決定されます。 それから電波が使えるようになりますので、 電源ONにしてから約1分~3分の時間がかかります。 速度が気になるという人は、ネクストモバイルがおすすめです。 当サイトで何十回も検証した結果としては、クラウドSIMを使ったWiFiよりもネクストモバイルの方が速度が速い時が多かったです。 但し、ネクストモバイルは20GBと30GBプランしかありませんので、月30GB以下の方にはおすすめですが、月30GB以上使うという人にはおすすめできません。 同時接続台数が少ない U2sの同時接続台数は5台までとなっており、 6台目以上接続しようとするとパスワードが違いますと表示され 接続することができません。 一人使う分には問題ないかもしれませんが、家族で共有したり、「ノートパソコン」「Amazon Fire stick」「Amazon Echo」「Google Home」等と接続すると 上限5台というのは意外と足りない場合があります。 上限台数は増やすことができませんので、必ず事前にWiFiに接続する台数を調べておいてください。 5台以上同時に接続予定の方は、同じ無制限WiFiの「限界突破WiFi」がおすすめです。 限界突破WiFiなら最大8台まで同時接続が可能となっております。 4.他にもっと安く使える無制限WiFiがある THE WiFiはライトプランでも月額3,480円の料金設定となっております。 しかし、他の無制限WiFiの方が安く使える所があるというのが実情です。 月額料金 契約期間 その他 THE WiFi ライトプラン 3,480円 2年間 端末はレンタル Mugen WiFi 3,280円 2年間 30日間全額返金補償有 2年使えば端末は返却不要 上記の通り、Mugen WiFiといったポケットWiFiでは、同じ無制限WiFiですが「THE WiFi」よりも月額料金が安くお得です。 そのため、わざわざ料金の高い「THE WiFi」を契約するよりも、同じ無制限であれば安いWiFiを選んだ方がお得に使う事ができます。 5.お問合わせフォーム・お問合わせ電話番号がない THE WiFiの公式サイトでは、お問合わせフォーム及びお問合わせ電話は用意されておりません。 何か質問したくても、問い合わせする事ができません。 そうなんだよね。 何か質問したくてもできないのは残念。 お問合わせフォームや電話番号については、今後の改善に期待するしかありません。 但し、どうしても「THE WiFi」と連絡を取りたい場合は、「」のページに電話番号と営業時間が記載されています。 何故なら、THE WiFiの5G対応予定の内容は、 現在提供している端末のU2sは5Gに対応してないよ! シッカリと調べないと損をしてしまう事が多々ありますので、気をつけてください。 どんなときもWiFiからTHE WiFiへ乗り換える人も!? 三月中旬の「どんなときもWiFi」の通信障害で速度が遅くなり、他のポケットWiFi(THE WiFi等)に乗り換える人が増えています。 左 どんなときもWiFi 右 THE WIFI んーー…… やっぱりSoftBankなんか…. どんなときもWiFiの二の舞にならないといいなぁ…. — みと mito262610 こちらの口コミでは「どんなときもWiFi」(解約予定)と「THE WiFi」のようですが、どんなときもWiFiは速度が0となっており、通信がほぼ不可能の状態です。 それと比較して THE WiFiは10Mbps以上の速度が出ておりますので、普通にネットが利用可能です。 私も被害者です。 もう 信用できないので、 に乗り換えます! — Libra omEnLsp3P3J5Ntf こちらの方も「どんなときもWiFi」から「THE WiFi」へ乗り換えています。 ポケットWiFiで50Mbps以上の速度を期待する人も多いですが、何回も速度検証を行った結果としては、難しいというのが結論です。 常時50Mbps以上の速度を希望する人は「光回線」を自宅に引いた方が間違いありません。 今後もTHE WiFiの気になる口コミがありましたら随時掲載していきます。 THE WiFiのレビューについて 実際に契約して、速度等について調査しました。 申込後、4日で端末が届きました。 届いた箱の中には、• 端末セット• 商品送付のご案内の紙• THE WiFiのガイドブック が入ってました。 写真映りが悪いのですが、U2sが入っている箱から高級感が出ています。 端末の箱の中には、• U2s本体• ストラップ• USBケーブル• 取り扱い説明書 上記4点が入っていました。 USBケーブルは「micro USB」となっており、アンドロイドのスマホなどで使われている台形の差込口です。 最初に紹介し忘れましたが、THE WiFiのロゴステッカーも入ってました。 U2sの端末にロゴステッカーを張ってみましたが、THE WiFiと一目でわかるポケットWiFiになりました。 他の無制限WiFi「クラウドWiFi東京」と「めっちゃWiFi」と「THE WiFi」を並べてみました。 同じU2sの端末のため、見ての通り違いはありません。 早速、速度を計測してみました。 計測時間帯がゴールデンタイムの20時だったため、速度は下り12Mbps、上り3. 3Mbpsと若干遅いかなと感じました。 同じ時間に「どんなときもWiFi」でも計測しました。 見ての通り、下り12Mbps、上り3. 8Mbpsと、THE WiFiと同じ位の速度でした。 違う時間に何回か計測しましたが、若干 THE WiFiの方が速い結果になりました。 THE WiFiは始まったばかりのサービスだから、 回線が混雑してなくて速度がでやすいよ! 今後、契約者数が増えてきたら速度が遅くなる可能性もあります。 どんなときもWiFiもサービス開始時は速度が速かったのですが、最近は何か制限をかけているような感じがします。 ネット上でも最近どんなときもWiFiは遅いと言われています。 商品送付の紙も入ってました。 これには「商品内容(U2s、ガイドブック、ステッカー)」の記載が書いてあります。 THE WiFiのガイドブックです。 ガイドブックには、• WiFiの接続方法• 端末の操作方法• 工場出荷状態に戻す方法• AppstoreやiTunesストアへのアクセス制御の解除方法 等が記載されています。 わからないことがあったら、ガイドブックを見れば解決する場合が多いです。 実際に使ってみた感想としては、速度もそこそこ出ており、動画視聴では止まることなく快適にみることができました。 ただし、THE WiFiが特段に優れているかと言えばそうではなく、 他の無制限WiFiと変わらない速度という事です。 他にもっと安い無制限WiFiもありますので、契約する場合は、シッカリと比較して検討して下さい。 THE WiFiと他のWiFiの比較 どんなときもWiFiとの比較 どんなときもWiFiとTHE WiFiの比較です。 月額料金は同じでどちらにしようか悩む人も多いと思います。 まずは料金体系を比較していきます。 月額料金 通信量 契約期間 THE WiFi 3,480円 無制限 2年間 どんなときもWiFi 3,480円 無制限 2年間 上記の通り全く同じ料金体系です。 但し、途中解約時の解約金を考えると「THE WiFi」の方がお得です。 契約解除料 THE WiFi 2年以内9,800円 どんなときもWiFi 0~12カ月目:19,000円 13~24カ月目:14,000円 25カ月目無料 26カ月目以降:9,500円 途中解約の可能性を考えるのであれば、「THE WiFi」の方が契約解除料が安いのでおすすめできます。 どんなときもWiFiは既に1年間運営しているという実績はあるけど、 解約金を考えると「THE WiFi」だね! Mugen WiFiとの比較 当サイトで人気の「Mugen WiFi」の比較です。 まずは料金を比較していきます。 月額料金 通信量 契約期間 THE WiFi 3,480円 無制限 2年間 Mugen WiFi 3,280円 無制限 2年間 Mugen WiFiの方が月額200円安く使う事ができます。 さらに2年以内の解約金も安く、 契約解除料 THE WiFi 2年以内9,800円 Mugen WiFi 1年以内:9,000円 2年以内:5,000円 25ヶ月目以降0円 上記の通り、Mugen WiFiなら契約期間中でも 解約金が安いので気軽に解約する事ができます。 また、Mugen WiFiでは「30日間全額返金キャンペーン」を行っておりますので、契約後、「速度が遅くてやっぱり解約したい」という場合に 30日以内であれば全額返金してもらう事が可能です。 そのためトータル的に考えると「THE WiFi」よりも「Mugen WiFi」の方がおすすめです。 最安値保証WiFiとの比較 こちらも当サイトで人気のある「最安値保証WiFi」との比較です。 最安値保証WiFiは無制限WiFiではなく、1ヶ月100GB迄の高速通信が可能となっております。 さらに、 契約期間の縛りがないので、3ヶ月や半年で解約しても無料で解約できるのが特徴です。 THE WiFiと料金を比較してみます。 月額料金 通信量 契約期間 THE WiFi 3,480円 無制限 2年間 最安値保証WiFi 3,280円 1ヶ月100GB なし 上記の通り「THE WiFi」よりも安く使えて、しかも初期費用が0円です。 そう考えると、「最安値保証WiFi」は 月額料金のみでポケットWiFiを利用することができます。 注意点としては、月100GBを超えてしまうと速度制限になってしまいます。 そのため、月100GB以下で大丈夫という人には、「最安値保証WiFi」はおすすめです。 気になる疑問を解決します!• AppStoreやiTunesに接続できない THE WiFiは端末が届いた時点では「AppStore」での ダウンロードやアップデートの接続ができません。 iPhoneでアプリをダウンロードができない状態です。 ガイドブックにも解除方法は記載されていますが、ガイドブックをなくしてしまう人も居ると思いますので、こちらに記載しておきます。 URLに「192. 168. 1」を入力してアクセスしてください。 データ利用料合計などが記載されている緑の枠をクリック(タップ)してください。 ログイン画面が表示されます。 ID「admin」、PW「admin」と入力してログインボタンを押してください。 右下にある「設定」ボタンをクリックしてください。 データ管理をクリックしてください。 防護機能がONになっていますので、クリック(タップ)してください。 ポップアップが表示されます。 ポップアップの「完全に閉める」にチェックをして、OKボタンを押してください。 以上で THE WiFiでのアプリのダウンロードができない問題は解決されます。 THE WiFi by エコネクト(WiFiスポット)の利用方法について THE WiFiの最大の特徴である全国15万カ所のWiFiスポットが利用できるという事ですが、利用方法がどこにも書いてありませんので、記載しておきます。 THE WiFiの申込をして、発送のお知らせの後に「 【THE WiFi】 THE WiFi by エコネクトご利用方法のご案内」というメールが届きます。 こちらのメールにログインID・PW等も記載されています。 なお、エコネクトの設定方法は少し難しく、詳しくは下記の設定方法のPDFをご覧ください。 また、エコネクトのアプリのダウンロードは下記より可能です。 初期契約解除について THE WiFiでは「書面受領日」もしくは「契約成立日」の遅い日付より、 8日以内であれば契約解除料(解約金)を取られずに無料で解約する事ができます。 ポケットWiFiですから、利用エリアによっては速度が遅い、電波が入らないという事もありますので、必ず端末が届きましたら実際に使ってみて、満足頂けないという場合は、直ぐにTHE WiFiに初期契約解除の連絡をしてください。 しかも、対象になっても、 機種変更時の切り替え手数料の3,000円が無料になるだけだから、かなり微妙だよ。 5G対応予定と聞くと「おっ!良いね」と思う人も多いと思いますが、実態は上記のようになっており、「THE WiFi」を契約した方が良いという事はありません。 そのため、無制限WiFiをお探しの人は「月額3,280円」「 30日間全額返金キャンペーン」を行っている「」の方がおすすめとなっております。 まとめ 無制限に使えるポケットWiFiのサービスは沢山あり、何処から契約しようと悩む人も多いと思います。 最後にもう一度「THE WiFi」の特徴を確認しておきます。 月額3,480円~• 通信容量無制限• 国内15万か所のWiFiスポット利用可能• 5Gアップグレードプログラム対応予定 上記の通り、決して無制限WiFiの中で悪いサービスではありません。 WiFiスポットを利用したい、無制限WiFiを持ちたいという人にはおすすめのサービスとなっております。 THE WiFiは3,480円で通信容量無制限の使い放題WiFiです。

次の

容量無制限のポケットWiFi!?めっちゃWiFiを徹底解説!!

めっちゃwifi レビュー

めっちゃWiFiを契約してみた めっちゃWiFiを契約して気付いた良かった点や不安な点など、感じたことをまとめました。 別記事では、めっちゃWiFiのメリットやデメリット、契約・解約方法、口コミや評判について解説しています。 \料金詳細や契約方法も紹介しています/ めっちゃWiFiを契約して良かったこと めっちゃWiFiを契約して良かった点は以下の通りです。 GLOCALNETのU2sの説明書がA4サイズカラーで付いていて分かりやすい めっちゃWiFiは、重要事項説明書の他にGLOCALNETのU2sの説明書を両面カラーコピーで付けてくれています。 普段使い慣れていない端末を操作する時は、分かりすい説明書が入っていると心強く感じられますね。 これまで私は「無制限Wifiは取扱説明書があっても操作の説明などの情報が少なくて分かりにくい」と感じていましたが、めっちゃWiFiの書類を見てそんなことはないと思い直すことができました。 他の無制限Wifiで端末補償未加入時の料金と比べると、めっちゃWiFiはお得感があります。 いざという時に支払えばよいので、「補償に入っていたけれど結局使わなかった」ということになりませんね。 また、2年単位の契約を取るところが多いなか、 めっちゃWiFiは25ヶ月目以降の解約がいつでも0円で解約金が掛からないという点においても良い印象を受けます。 余計な出費をせず、できるだけ費用を抑えたい人に向いていそうですね。 めっちゃWiFiを実際に契約して気付いた不安点 めっちゃWiFiを契約した時に、同時に感じた不安な点は以下の通りです。 登録完了メールが届かず、申込みができているか分からなかった 実は、私の手元にはめっちゃWiFiからの登録完了メールが届かず、不安な数日を過ごしました。 迷惑メールBOXなどに入っていたのかと思い、何度か検索を掛けてみましたが見つからず、結局音沙汰の無い日が何日か過ぎた頃に、端末の発送メールが届きました。 メールや端末が届いたのでとりあえず良かったものの、端末発送メールが届くまでの数日は、 申込みが出来ていないのかもしれないと焦りましたね。 端末が届いてからもIDやパスワードが分からないためマイページに入れず 本契約の書面は端末とは別に後日届きます。 ただ、 マイページに入るには、本契約の書面に記載されているIDやパスワードが必要です。 端末が到着したとしても、その書面が届くまではマイページに入ることはできません。 さらに、どんなときもWiFiが公式サイトのチャットやTwitterでのサポートをしているのに対して、 めっちゃWiFiの公式サイトにはお問い合わせフォームもありません。 これらのことを踏まえると、契約後の流れやサポート面が不安な人は他のポケットWifiを検討した方がよいかもしれませんね。 めっちゃWiFiを契約したら気を付けておきたいこと めっちゃWiFiを契約した場合、気を付けておきたいのは次の点です。 届いた時の書類や箱などは返却時まで大切に取っておくこと めっちゃWiFiの端末には、GLOCALNETのロゴが両面に付いています。 どんなときもWiFiやよくばりWifiなど、端末をレンタルするタイプで気を付けけておきたいのが、 最終的には端末を返却しなければいけないことです。 本体や取扱説明書、個装箱などは解約時に必ず返しましょう。 どれかが欠けていた場合などは、 機器損害金として5,000円の罰金を支払うことになるため、勢い余って処分してしまわないよう注意してください。 端末の詳細については、めっちゃWiFiの端末U2sと同じ端末である、 どんなときもWiFiのD1ビュー記事で解説していますので、そちらの記事も参考にしてください。 端末は届いてすぐは使えない。 USBケーブルを用意して充電を どんなときもWiFiは少し充電が残っていましたが、めっちゃWiFiはバッテリーが空っぽの状態で届きました。 充電ケーブルは付属していないため、自分でmicroUSBのケーブルを用意しておくと良いでしょう。 ちなみに、 U2sは急速バッテリーコンセント使用がおすすめです。 パソコンのUSBポートからも充電はできますが、やや時間が掛かってしまいます。 めっちゃWiFiを接続したパソコンやスマホを用意する• Safariやchromeなどのブラウザを開く• URL欄に「 192. 168. 1」を入力• 「検索」を掛けると管理画面が表示される 管理画面からは、通信量の確認やSSID、パスワードの変更などが可能です。 数字を覚えて入力するのは面倒なので、「ブックマークを追加」や「ホーム画面に追加」からすぐにアクセスできるようにしておくと便利ですよ。 手順2 端末管理のログインはユーザー名とパスワードにadminを入力 SSIDやパスワードを変えたいという人は、端末管理画面にログインする必要があります。 通信量画面の「端末管理」を選択するとログイン画面が表示されるため、 上下両方に「 admin」を入力してください。 手順3 「防護機能」をオフにしてAppStoreやアップデートができるようにする 通信量の上限のあるプランであればデータ使用超過を防げる機能はありがたいですが、せっかくの無制限Wifiであれば防護機能をオンにしておく意味はありませんね。 ボタンを「OFF」にしてダウンロードやアップデートなどができる状態に変更しておきましょう。 めっちゃWiFiの速度は?遅いっていう話も聞くけれど…? 「めっちゃWiFiは遅い」という話を聞きますが、本当なのでしょうか。 実際に、めっちゃWiFiやどんなときもWiFi、限界突破WiFiなどを契約している私が、使用感などを含めて実測した結果をもとに解説していきます。 晴れた日に、室内の同じ場所でSpeedTestを用いて速度を測定した結果が以下の表です。 時間 回線 めっちゃWiFi 下り(Mbps) 上り(Mbps) 10:30 SoftBank 23. 4 7. 83 11:30 SoftBank 13. 7 15. 9 12:50 Rakuten mobile 1. 22 12. 7 13:30 SoftBank 9. 61 9. 16 15:00 SoftBank 0. 51 17. 0 16:30 SoftBank 29. 3 11. 1 17:30 SoftBank 24. 6 11. 0 計測の度に再起動して電波を掴み直していると、Rakuten mobile回線に繋がることがありました。 「楽天回線を拾うと遅い」という評判通り、掴んだ途端 下り速度がガタ落ちに。 クラウドSIMを使った他の無制限Wifiでも同様にRakuten mobileに繋がる現象が確認されています。 回線をつなぎ直したい時は 再起動を試みましょう。 私は 再起動しても楽天に繋がってしまったので、電源を切って1分以上置いてから起動して繋ぎ直したところソフトバンク回線を掴み直してくれました。 無制限Wifiが楽天回線を拾った時の速度や仕組み、対処法についてはこちらの記事で解説していますので参考にしてください。 めっちゃWiFiの評価、そこまで悪くないというのが大きな印象 めっちゃWiFiの契約前後の流れや気付いたことについてまとめました。 月額料金や解約金、機器損害金などの点においてはメリットも多く、人によっては費用を抑えて使うことができそうですね。 私が使った感じとしては、悪くはないかなという感じ。 特に遅くもなく、エリアも広く、ポケットWiFiとしては十分満足できるレベルです。 ただ料金が安い に比べて特別優れているという点はなく、むしろ端末に画面があるこっちの方が良いかなというのが正直な感想です。 以下の記事ではおすすめのポケットWiFiをまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

次の

めっちゃWiFiレビュー。実際に契約して使ってみて気づいたことまとめ。速度って実際どうなの?

めっちゃwifi レビュー

「めっちゃWiFiってどんなポケットWiFi?」 「めっちゃWiFiって他のポケットWiFiに比べてどう違うの?」 など疑問に思われていませんか? めっちゃWiFiは容量無制限のポケットWiFiをずっと月額3,480円の定額で使えるサービスです。 ただ他の容量無制限のポケットWiFiと比べると、「ココが良い!」という大きなメリットもなく、 正直に言うとあまりおすすめはできません。 容量無制限のポケットWiFiであればMugenWiFiがおすすめです。 30日間お試し利用もできますし、月額料金や解約金も安く、安心して使うことができます! この記事では、めっちゃWiFiのメリット、デメリット、おすすめできない理由を誰にでもわかるように簡単に説明していきます。 また、最近容量無制限のポケットWiFiがたくさん出てきていますが、そっちも気になるという人のために、容量無制限の他社ポケットWiFiとも比較して情報をまとめてみました。 この記事を参考に、最適なポケットWiFiを選んで、快適にインターネットが使えるようにしましょう。 最安値保証WiFiが今ベストな理由• 申込から最短即日発送で、すぐにでも利用ができるから• 契約期間の縛りがなく、無料で解約ができるのでリスクが少ないから• 初期費用も0円なので、気軽に契約できるから• 月額料金も3,280円と最安級だから• 月に利用できるデータ量が「100GB」と明記されて安心して利用できるから• 契約期間の縛りが無いので、テレワークや在宅勤務の短い期間だけの利用ということもできるから 最安値保証WiFiは「契約期間の縛りが無い」「無料解約」「初期費用0円」「月額料金も安い」「データ量も明確」とおすすめできる要素が詰まったポケットWiFiです。 はじめてポケットWiFiサービスを利用する人や、短期間だけでの利用がしたい人も解約金や違約金といったリスクなく気軽に利用することができます。 もし今後めっちゃWiFiのサービスが再開したとしても、最安値保証WiFiのほうがおすすめできる要素が多いので、是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/ 1.そもそもめっちゃWiFiって何? めっちゃWiFiってそもそも何?という人もいると思うので、ざっくりとめっちゃWiFiについて見ていきましょう。 めっちゃWiFiの基本情報 まずはの基本情報を確認しましょう。 以下に初期費用や月額料金、端末や通信速度などまとめて表にしてみました。 なんといっても容量無制限で、月額料金が永年一定の3,480円なのが大きな特徴でしょう。 2年以上使えば解約金も一切かからないので、好きなタイミングで解約することができるのもいいですよね。 他社では更新月以外では解約金が約9,800円ほどかかることが多いので、「ある程度使ったら好きなタイミングで解約したい」という人にはめっちゃWiFiはおすすめです。 運営会社情報 めっちゃWiFiは、スマモバ(SMART MOBILE PHONE)という主に格安SIMのレンタルサービスを提供している会社のWiFiサービスです。 運営会社であるスマモバの基本的な情報を以下の表にまとめてみました。 2.ここはお得!めっちゃWiFiのたったひとつのメリット めっちゃWiFiのたったひとつのメリットは、 端末が故障したときの交換代が安いということです。 他社のポケットWiFiサービスに比べると、1万円以上も違ってきます。 他社では、いざという時のための補償オプションあり、補償に入っていれば無償で端末を交換することができます。 ただし、端末を交換する必要がなかった場合、オプション費用分料金が高くなってしまうので、オプションに入るのはおすすめしません。 はもともと端末の交換代が安いので、端末が壊れるのが心配という人にとっては安心して申し込むことができるでしょう。 3.ここには注意して!めっちゃWiFiの2つのデメリット ざっくりとめっちゃWiFiの基本情報をお伝えしました。 ここからはめっちゃWiFiについて詳しく見ていきましょう。 まずは、めっちゃWiFiの2つのデメリットを他のポケットWiFiサービスと比較しつつ紹介していきます。 2年間の総額費用が高い• 解約金がそれほど安くない それぞれ見ていきましょう。 デメリット1.2年間の総額費用が高い めっちゃWiFiは同じような容量無制限のポケットWiFiサービスと比較すると、 2年間の総額費用が一番高いです。 月額料金はどんなときもWiFiと変わりませんが、初期費用やキャンペーンなどを考慮すると、めっちゃWiFiの2年間総額費用は高くなります。 少しでも安い料金で容量無制限のポケットWiFiを利用したいという人は、別のポケットWiFiを検討するようにしましょう。 端末補償を考慮しても、実はめっちゃWiFiは高い、、、 他社で端末補償に入ったことを考慮しても、めっちゃWiFiの2年間の合計費用は高くなります。 めっちゃWiFiを利用するよりも、 「」や「」で、端末補償オプションもつけた上で申し込みをする方が安くなります。 端末の故障が心配という人も、他社で端末補償オプションをつけて利用することを検討しましょう。 デメリット2.解約金がそれほど安くない めっちゃWiFiの解約金は、高くはないですが、それほど安くもないです。 2年以内に解約すると9,800円かかりますが、2年以降であれば解約金はかかりません。 ただMugenWiFiと比べると、 1年以内に解約した場合も、2年以内に解約した場合も、解約金は高くなります。 それほど高いわけではありませんが、どうせなら少しでも安い方がいいですよね。 解約金はなるべく安い方がいいという人は、別のポケットWiFiを検討するようにしましょう。 4.結論!めっちゃWiFiはおすすめできない めっちゃWiFiは以下の3つの理由からおすすめできません。 他社のポケットWiFiに比べて良いところがほとんどない• 2年間の総額が高い• 解約金もそれほど安くない めっちゃWiFiは決して悪いサービスではありませんが、 他の容量無制限のポケットWiFiに比べて良いところがほとんどありません。 また、めっちゃWiFiで使っている機種の性能は、他の容量無制限のポケットWiFiとほとんど一緒です。 あえてめっちゃWiFiを使う理由はないので、より安く利用できる容量無制限のポケットWiFiを検討するようにしましょう。 5.めっちゃWiFiよりもMugen WiFiおすすめ どんなときもWiFiが自分には合わないという人には、をおすすめします。 容量無制限のMugen WiFiをおすすめする理由は以下の通りです。 返金保証の条件 以下の1~3の条件を全て満たしていること。 申し込み日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をより連絡すること。 返品の「発送日時」が30日以内であること。 例 申し込みが10月1日 PM1:00の場合、保証対象:10月30日 PM7:00の発送 、保証不可:10月31日 AM7:00の発送• Mugen WiFiの利用が初めてであること。 海外での利用の場合デイリーの利用料金が別途発生する• 50GBを超える通常レベルを超えた大容量をご利用頂く場合は、解約金9,000円発生 返金保証の注意点• 箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円が発生。 30日以上を過ぎた場合は解約金9,000円が発生。 返却処理手数料として1,080円発生。 送料は自分で負担。 以上の内容を守れば、解約金などはかかりません。 理由2.容量無制限のポケットWiFiの中でも解約金が最安 容量無制限のポケットWiFiの中でもMugen WiFiの解約金は最安です。 他の容量無制限のポケットWiFiに比べて、解約金が安いので、万が一短期間でキャンセルしたい、、、となった時も高い解約金を払う必要がありません。 2年以降は解約金が全くかかりませんので、更新月を気にする必要もなく利用できますね。 よくばりWiFiやNEXTmobileよりもMugenWiFiの方が良い? やの方がMugen WiFiよりも2年間の総額費用は安いです。 とはいえ、よくばりWiFiやNEXTmobileはあまりおすすめしません。 おすすめしない理由は以下の3つです。 よくばりWiFiやNEXTmobileの対応エリアはSoftbankのみ• よくばりWiFiを最安で使うには、条件が色々ある、、、• NEXTmobileは2年目以降料金が上がり解約金もかかる 順番に見ていきましょう。 よくばりWiFiやNEXTmobileの対応エリアはSoftbankのみ よくばりWiFiやNEXTmobileは、 対応エリアがSoftbankのみでMugenWiFiよりも狭いです。 MugenWiFiのエリアは、au、docomo、Softbankのトリプルキャリアのエリアに対応しています。 3つのうち一番繋がり安い回線を拾って繋げてくれるので、通信障害などで一つの回線が繋がらないとった時にも安心です。 Softbankだけのエリアでも決して狭い訳ではありませんが、より広いエリアで使いたい人にはMugenWiFiがおすすめでしょう。 よくばりWiFiを最安で使うには、条件が色々ある、、、 容量無制限のポケットWiFiの中で一番安く利用できるのは、です。 しかし、よくばりWiFiを最安で利用するためには以下の2つの条件をクリアする必要が出てきます。 月額380円の端末保証オプションに加入すること• に申し込み、支払いをそのカードで行うこと 私もポケットWiFiを4年ほど使っていますが、 端末が壊れたことはなく、端末保証はいらないと感じています。 またNTTグループカードを申し込むのにも時間がかかるので、正直めんどくさい、、、と思われる人も多いはず。 最安でポケットWiFiを使いたいんだ!!という人であれば、よくばりWiFiがおすすめですが、色々と条件がややこしいという人にはMugen WiFiがおすすめです。 NEXTmobileは2年目以降金額が上がり解約金もかかる 容量無制限のポケットWiFiの中で2番目に安く利用できるのは、の使い放題プランです。 しかし、 2年以内の解約金が高いので、万が一のことがあった時に解約しにくいでしょう。 また更新月を逃して2年以降も利用することになると、月額料金も上がりますし、解約金も必要になります。 更新月を忘れずに、絶対に2年間で乗り換えるという人であればNEXTmobileはおすすめです。 ただ更新月を忘れてしまうのが不安だ、、、という人であれば、更新月を気にすることなく利用できるMugen WiFiがおすすめでしょう。 6.Mugen WiFi(無限WiFi)を最もお得に申し込む5STEP Mugen WiFiが自分に合うという人は、申し込み手順も確認しておきましょう。 Mugen WiFiを最もお得に申込む手順は、5STEPあります。 エリアが対応していなければ、使うことはできませんので、必ず確認してくださいね。 STEP2.Mugen WiFiの公式ページへアクセスする 申し込みをする時には、にアクセスして申し込みしましょう。 「申込みはこちらから」を選択すれば、申し込みページに飛ぶことができます。 お得なキャンペーンを実施している場合もあるので、申し込みをする時には、公式ページからするようにしましょう。 STEP3.端末・プラン、オプションを選択する 先ほどの「申込みはこちらから」をタップすると、以下の画面が表示されるので、端末・プラン、オプションを選んでください。 全て選び終えたら、「契約約款について」「申込みにおける個人情報の取り扱いについて」にチェックを入れ、「お申し込みはこちらから」をタップ。 () 申し込み内容に間違いがないか確認する画面になりますので、金額などもう一度確認して、間違いがなければ「決済画面に進む」をタップ。 () 端末・プラン、オプションの選択は以上です。 オプションって必要?? () 機器の故障などが不安なかたは、入っておくといいと思いますが、 月額が500円高くなるので、少しでも安く使いたいという人にはおすすめしません。 Mugen WiFiの補償オプションは月額500円で利用することが可能です。 補償オプションに入っておけば、Mugen WiFiの契約期間中に水没や全損で、端末が故障してしまった場合、新品と無料でしてくれます。 補償オプションに入っていない場合、機器を新品に交換するには、1台あたり20,000円の支払いが必要です。 ただし、2年間で機器が故障することはまれです。 筆者もポケットWiFiを4年近く使っていますが、故障したことはありません。 故障が心配な人は入っておくといいかもしれませんが、当記事としてはおすすめしません。 申し込む前にしっかりと考えてから申し込みをしましょう。 STEP4.決済情報などを入力する 「決済画面に進む」をタップすると、以下の画面が表示されますので、必要な情報を入力していきましょう。 全て入力をしたら、「次へ」をタップ。 () 以上でMugen WiFiの申込は完了です。 STEP5.端末到着・利用開始 平日であれば16時までに、土日祝の場合週明け月曜に発送されます。 発送完了のメールが届くので、そちらも確認するようにしましょう。 届いたら端末の設定をすれば、端末を使うことができます。 届いたばかりの状態だと、端末の充電が少ない可能性もあるので、充電してから利用するようにしましょう。 本当に無制限なの?• WiMAXと比べてどうなの? 気になる部分だけピックアップして見てみてくださいね。 Q1.本当に無制限なの? どんなときもWiFiやMugenWiFiなど 容量無制限と言われているポケットWiFiにも実は通信制限があります。 ただどれくらい利用すると、どのぐらい通信制限にかかるのか?など細かい情報はわかりません。 著しくネットワークを占有するレベルと書かれているので、3日間に100GB以上など短期間で大量に使うことがないように注意してください。 Q2.WiMAXと比べてどうなの? エリア、データ容量を優先して考えたいなら、容量無制限のポケットWiFiがおすすめです。 ただし、 通信速度や通信の安定性ならの方がいいでしょう。 また容量無制限のポケットWiFiは通信制限の条件が明確ではなく、いつ通信制限にかかるかははっきりとわかりません。 今は通信制限にかからなくても、今後利用者が増えた時にどういう対応がされるかもわからないので、不安が残るところです。 「速度が不安だ」「通信制限の条件ははっきりしている方が安心」という人にはをおすすめします。

次の