栄冠ナイン 引き分け。 【パワプロ2018】栄冠ナインの選手育成のコツ|ゲームエイト

【パワプロ2018】栄冠ナインの選手育成攻略のコツまとめ

栄冠ナイン 引き分け

富山に生徒たちもOB達も移り住んだ。 監督の都合とはいえ、やはり、身勝手なので、少し罪悪感。 富山1年目は、1960年に戻り、いきなりの。 投げる精密機械。 2年の横山らをリリーフに回し、エースでいこう。 富山のレベルが低かったのか、なんと移り住んだ初年度から、へと出場する。 ただ、初戦の岡山代表にあっさりと負けてしまう。 秋の県大会も初戦敗退。 打線がガクッと落ちた印象。 うーむ、富山の層が薄いのは勘違いか。 富山2年目は、なんと。 年代を戻して、2年連続でレジェンドが2人とは。 サードは空いていたので、まずは 下位打線で使っていく。 2年エース小山で夏はベスト4。 秋は県大会を勝ち抜くが、地区大会では、石川県の穴水に僅差で敗れる。 富山3年目は、。 これまた、レジェンの新入生。 3年生となった小山を不動のエースで、1年生のを抑えに起用。 2年生となった長嶋は、4番に任命。 夏は、県大会決勝まで順調に勝ち進むが、惜しくも砺波南に敗れ、小山は3年生は、終わってしまった。 秋季大会では、新チームとなった長嶋キャプテンと1年生エース村山で、県大会を勝ち上がるものの、初戦で福井の北に敗れてしまう。 富山の4年目は、神様仏様稲尾様。 パラメータ、スキルも優秀。 下級生リリーフとしては、最強かもしれない。 夏の県大会予選は、準々決勝で南砺大付属に負けて、長嶋の夏も終わってしまった。 秋も初戦敗退という無様な結果。 キャッチャーのリードDでは厳しいか。 富山5年目は、。 ちょっと村山と稲尾の後では、パラメータやスキルが寂しい感じもするが、未完成といったところなのか。 本で、スキルを付け足していこう。 あと、3年のエース村山の女房役で、架空の平出という捕手も本で底上げし、リードをCにして、今年のを目指す。 トントンと村山のコンディションに気を付けながら、連投させ、県大会決勝まで一気に勝ち進む。 決勝では、黒部大付属との死闘を演じ、引き分け再試合後で打ち負かし、再び富山での切符を手にする。 抽選の結果、2回戦から。 初戦は、同じ北陸勢の石川の穴水工業。 猛攻で9点を奪い、楽勝する。 変わって、次は宮崎代表の五ヶ瀬との投手戦。 続く準々決勝では、鉾田北とも投手戦。 リードCにしておいて、良かった。 いよいよ準決勝。 相手は滋賀代表びわこ学園。 苦しい試合だったが、9回表に、連続安打で逆転し、稲尾で2アウトを取ってから、権藤に経験を積ませる。 そして、監督として初めての決勝の舞台。 相手は、北海道代表の屈斜路電工。 8回表に村山が相手の集中打を浴びて逆転を許すが、9回裏2アウト2. 3塁という場面で、サヨナラのスキル持ち1年生須田が逆転サヨナラ2点ター。 これぞ、甲子園というか、劇的な初優勝となった。 あー、ロシアW杯のせいで、更新の時間が空いてしまいました。 決勝直前ののデータ。 やはり、変化球の曲がりのおかげか、500超えを叩き出した。 彼のおかげで、名門校まで一気に駈け上がる。 女房の平出。 全国制覇した秋の県大会は、評価Aの高校にあっさり破れる。 2年生でスタメンだった選手もいたのに。 とりあえず、名門からは、陥落しなかったので、来年の夏に雪辱しよう。 morihiko256.

次の

パワプロ2018の栄冠ナインで総変43&オールSの選手を育成する方法

栄冠ナイン 引き分け

栄冠ナインの攻略のコツ 栄冠ナインには、各シリーズごとに攻略の仕方が変わってきます。 今作「栄冠ナイン2018」はエラーが多く、長打が出にくい傾向にあります。 ですので、バントや盗塁、スクイズを駆使して得点を稼ぐ、スモールベースボールがオススメです。 それを踏まえた、2018年で通用する育成攻略のコツをご紹介します。 投手育成のコツ 投手は3年間ある世代のうち1人は転生もしくは天才選手が欲しいです。 あげる能力が多いので、基礎値が低い投手は諦めて野手に転向させましょう。 基礎能力が高い選手は以下の順番で能力を上げましょう。 スライダー変化量4+フォーク変化量3より、フォーク変化量7の方が防御率が高くなりやすいです。 横方向より、下方向の方が打たれにくい傾向にあります。 初めはE、地区予選にDあれば十分でしょう。 甲子園出場になるとAがないとしんどいかもしれません。 完投の方が経験点は多くなりますが、スタミナは上げやすいの、無理にあげる必要はありません。 自然に上がるのを待ちましょう。 しかし、普通の練習で球速+1するのはかなり経験点が必要です。 そんな上げにくい球速ですが、試合にもらえる経験点では必ず+1になります。 ですので、球速は普通の練習では上げずに、試合後の経験点で上げていきましょう。 野手育成のコツ 栄冠ナイン2018では、エラー率がかなり高くなっています。 加えて長打率がかなり低くなっています。 その特徴に合わせた育成がオススメです! 捕手や遊撃手などの守備の要に転生か天才選手が欲しいでしょう。 今作では捕球が低いと高確率でエラーをするような仕様になっています。 できればE45、地区予選までには全員D50以上必要になります。 ファーストも捕球が低いと後逸するので、二遊間と一塁手は優先しましょう。 守備を上げていないと、守備での動作が悪くなってしまいます。 二遊間は必ずC以上にしておきたいです。 今作は長打がかなり減っているので、バントなしでどこまで塁を進めるかで試合の勝敗が分かれます。 走力が上がっていると打球にも追いつくため結果的な守備力の上昇にもつながります。 ポジションによっては先に肩をあげるのもGOODです。 弾道2、ミートD、パワーEあればホームランは入ります。 弾道は全員2で大丈夫です。 ミートは出来るだけ上げましょう。 長打は狙わず、出塁率をあげることに意味があるので、パワーは一番最後に上げましょう。 弱い選手は弱いまま? 何年も栄冠ナインをしてると、どれだけ能力が高くても全然打たない選手に遭遇することがあります。 なぜか、打たない選手は万年打たないようです。 打てないと試合後の経験点が少なかったり赤得能がついたりし、悪循環に陥ります。 そういった選手は早めに諦めて、別の選手を注目したりアイテムを使ってあげたりすることをオススメします。 どうしてもこの選手を使いたい!!という場合は、右打ちと左打ちを変えたり、バッティングフォームを変えたりすると、成績が稀によくなります。 内気を育て「魔物」を狙う どの栄冠ナインのシリーズでも「魔物」が最強です。 7回以降などの全員操作できるタイミングで発動しましょう。 しかし、内気なキャラでも魔物の発動確率はそこまで高くありません。 ですので、スタメンに2〜3人、代打要員でベンチに2〜3人いると確実に魔物が発動できます。 ミートと走力が高い選手は積極的に性格を魔物に変えていきましょう。 まとめ 今回は、栄冠ナインの育成についてまとめてみました。 簡単に振り返りましょう。 投手は変化量が大切!試合が多い月は球速メインで育成!• 魔物はベンチに確実に欲しい 栄冠ナインはすごく奥が深く、1記事ではコツを書ききれません。 機会があれば、試合や立ち回りのコツも書いていきたいと思います。

次の

【パワプロ2014】栄冠ナイン攻略日記。1年目〜野球部創部〜

栄冠ナイン 引き分け

育成選手は選手登録が可能! 栄冠ナインで育成し、プロ入りを果たした選手は選手登録ができます。 自分が一から育てた選手をアレンジチームやで活躍させましょう! 采配で勝利に導こう! 栄冠ナインの試合は選手としてプレイすることができず、采配によって試合に参加します。 采配コマンドは全部で11個あり、監督の采配に従って選手は行動します。 パネルについて パワプロ2018の栄冠ナインは、練習アイコンの数字の目に応じてパネルを進んでいきます。 また、止まったパネルに応じてイベントが発生するため理解しておきましょう。 どのようなOBが出て来るか確認しておきましょう。 性格によってステータスの伸びが変わったり、固有戦術が異なります。 固有戦術を使用することでゲームを有利に進めることができます。 大会は1週間かけて行われ、 大会結果に応じて報酬アイテムを獲得することができます。 育ててきた教え子たちの活躍を見守りましょう。 ・育成では青マス、特訓、アイドルの練習効率upを大事に。 ・試合観戦を特訓やアイドルに使うと練習効率upの効果期間が倍になるので狙っていく。 ・セカンド、ショート、外野の走力をB、最低でもCにする。 ・エラー回避はCあれば充分。 結局送球でエラーするので。 ・サブポジ付ける場合は限界まで上げきる。 ・割とパワー無くてもホームラン出る Gでも打つ奴は打つ。 ・試合では必ず相手キャッチャーの肩と守備を確認する。 ・盗塁、セーフティバントを魔物と合わせて使う。 まだ細かいとこはありますがこんな感じで。

次の