ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる。 FP・ファイナンシャルプランナー 独学用テキスト おすすめランキング|FP・ファイナンシャルプランナーの通信講座 おすすめは? 2020年最新版 比較・ランキング

ファイナンシャルプランナー(FP)になるには?資格取得までの費用や合格率を解説

ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる

ファイナンシャルプランとは、人生計画やライフプランに基づいた、資金計画のシミュレーションです。 年金や給与などの収入、老後の生活費用、子供の教育費用、住宅費用などの項目について、生涯にわたる収支を予測できます。 ライフプランを検討する上で、持ち家を購入する場合の住宅費用は特に判断が難しい項目です。 建築家や設計事務所に依頼する注文住宅、ハウスメーカー、中古住宅などさまざまな選択肢があり、同じ金額でも実現する品質が大きく異なるため、適切な土地と建物への資金配分などの相談は、一般的なファイナンシャルプランナー(FP)では難しくなっています。 この記事ではこの記事ではファイナンシャルプランナー(FP)と一級建築士を保有する「お金と住宅のプロ」が、 ファイナンシャルプランで試算される項目の具体的な内容と、一般的なFPでは判断が難しい住宅費用について、適切なコストバランスを算出して精度の高いファイナンシャルプランを作成するポイントを解説しています。 この記事はこのような方におすすめです この記事ではライフプランを踏まえたファイナンシャルプランの相談方法や、ファイナンシャルプランで試算される各項目を実際の資料から解説しています。 特に、以下のような方に役立つ内容やメリットがまとまっています。 ファイナンシャルプラン作成のための相談方法や具体的な進め方が知りたい• ライフプランを踏まえたファイナンシャルプランの作成によってわかることやメリットが知りたい• 教育費用や住宅費用、老後の生活費など、将来的に発生する大きな支出がどれくらいになるのか把握したい• 賃貸に住み続けるのと持ち家を購入するのではどれくらい住宅費用が違うのかシミュレーションしてみたい• 家賃や住宅ローンの返済など、住宅費用が家計にどれくらい影響するのか知りたい• 銀行やハウスメーカーにもファイナンシャルプランナー(FP)がいるが、それぞれのメリットや選び方を知りたい ライフプランを踏まえたファイナンシャルプランの作成によって、 将来的な資金計画や備えが必要となる項目が明確になるため、特に住宅費用など大きな支出に対して安心して判断できるというメリットがあります。 ファイナンシャルプランの概要とメリット ファイナンシャルプランとは、子供の人数や、親との同居、持ち家の購入などのライフプランを下敷きに、給与や年金といった収入、老後の生活費や子供の教育費、住宅費などの支出についてキャッシュフローを試算したものです。 給与や年金などの収入、家賃や住宅ローン返済など住まいにかかる費用、子供が独り立ちするまでの教育費用、老後の生活費用といったさまざまな項目について、現在から将来にかけて毎年の収支がわかります。 ファイナンシャルプランは、 ライフプランの資金計画の見通しが立つ、無理のない住宅ローンの借入額がわかるなど、今後の大きな支出について長期的な視点から判断できることが大きなメリットです。 また、世帯主や配偶者が亡くなった場合の収支などもシミュレーションされるため、万が一の場合の備え方も分かります。 ファイナンシャルプランで重要となる、人生における3大支出とは ライフプランを検討する上で特に大きな支出となる 住宅費用・教育費用・老後の生活費用は「3大支出」と呼ばれています。 ファイナンシャルプランでは、主にこの3つの項目を軸にライフプランの収支を試算して、資金計画の安定性を判断します。 住宅費用 住宅費用とは、賃貸住宅の家賃や老人ホームの利用料、持ち家の購入費用や住宅ローンの返済、持ち家のメンテンス費用、火災保険料や地震保険料などが該当します。 3大支出のうち、住宅費用は特に扱いが難しい項目と言えます。 住宅を購入する場合、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などさまざまな選択肢があり、人によって費用が大きく異なるためです。 また、住宅費用を同じだけかけたとしても耐震性や断熱性などの住宅性能や品質が異なるため、資産としての価値も千差万別です。 そのため、一般的なファイナンシャルプランナー(FP)は、返済しやすい住宅ローンの借り入れ額などは相談できますが、希望する住まいのグレードや住宅性能を実現するために、どれくらいの費用を見込めばよいのかは判断できないことがほとんどです。 ライフプランと資金計画から最適な住まい方を判断するには、住宅と資金計画の両方に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)に相談し、住まいの計画とファイナンシャルプランを一体的に検討することが有効です。 ライフプランから最適な住まい方を判断する具体的な方法については、この記事のの項目で解説しています。 教育費用 ファイナンシャルプランでは、子供の教育プランにそって教育費用についての支出の推移や累計といった項目が算出されます。 子供の教育プランとして、幼稚園あるいは保育園、小学校、中学校、高校、大学といった各段階ついて、公立か私立かなどの条件が試算に反映できます。 子供が1人で、幼稚園~高校までが公立、大学が私立文系(自宅通学)の場合、教育費用の概算は1000万円程度となります。 教育費用の変動は主に子供の人数や、公立か私立かの選択に左右されます。 変動要因があまり多くないため、比較的資金計画が立てやすい支出と言えます。 老後の生活費用 老後の生活費用は主に年金収入や、資産の運用、貯蓄などの取り崩しによってまかなわれます。 総務省統計局による2017年の「家計調査報告」によると、夫が65歳以上・妻が60歳以上の高齢夫婦無職世帯における、年金などの毎月の平均収入は平均で月209,198円となっています。 2017年「家計報告書」より引用。 高齢夫婦無職世帯の家計収支のグラフ 一方、毎月の平均支出は、食費や光熱費などの生活費用と税や社会保険料の合計で263,717円となっており、毎月平均で54,519円の不足分が発生しています。 この不足分に対して、貯蓄などの取り崩しを充てている世帯が多いとされています。 ファイナンシャルプランでは老後の収支を詳細に試算するので、老後の資金計画が妥当かどうかを判断できます。 ファイナンシャルプランでわかることを実際の資料から解説 ファイナンシャルプランでは、給与や年金など生涯で得られる収入、住宅・教育・老後に関連する収支、万が一世帯主か配偶者が死亡した場合のシミュレーションなど、さまざまな項目のキャッシュフローがグラフや表で見える化されます。 次の項からは、以下のような30代の共働き夫婦を想定したシミュレーションを例に、ファイナンシャルプランの具体的な内容を解説しています。 世帯主(夫) 配偶者(妻) 子供(第一子) 年齢 31歳 33歳 0歳 働く期間 現在~65歳 現在~65歳 - 働き方 会社員 会社員 - 年収 438万円 284万円 - 給与や年金など生涯で得られる収入 ファイナンシャルプランでは、給与や年金、資産運用による定期収入など生涯で得られる収入が試算されます。 定年退職の時期や給与の上昇率なども反映されるため、長期的な収入の推移や全容が具体的にわかるというメリットがあります。 年収の推移が試算され、長期的な収入の全容がわかる 年金収入の項目でも、金額の推移がまとまったグラフや受給金額の一覧表が作成され、収入の全体像が確認できます。 夫婦の年金収入について、金額の推移や詳細な内訳が把握できる 子供の進学プランにそった教育費用 教育費用の項目は、子供の人数と教育プランを元にシミュレーションされます。 以下のような教育プランを例として解説します。 幼稚園・保育園 小学校 中学校 高校 大学 第一子 公立幼稚園 公立 公立 公立 私立文系 自宅通学 以下は、実際にファイナンシャルプランで作成される資料です。 年ごとの支出と累計、金額の内訳が示されており、支出のピークが来る時期や、いつ頃にどれくらいの備えが必要なのかが判断できます。 教育費用がピークとなる時期や累計、詳細な金額などから、備えるべき時期や金額がわかる 住宅ローンの返済など住まいにかかる費用 賃貸の場合は家賃や更新料、持ち家の場合は住宅ローンの返済、火災保険料、修理などのメンテナンス費用などがかかります。 また、賃貸から持ち家に移る場合、初期費用がかかるため支出が大きくなりがちです。 以下は、持ち家を購入した場合の、住まいにかかる費用をシミュレーションしたグラフと表です。 住宅ローンの返済プランや住まいのメンテナンス費用などが確認できるファイナンシャルプランでは、 住宅ローンの完済時期や、住宅費用の総額がわかるため、資金計画の安定性を判断できます。 将来の収入と支出の推移 ファイナンシャルプランでは世帯としての毎年の収入の総額と、住宅費用・教育費用・老後費用などをまとめた支出の総額が掴める資料も作成されるため、資金計画を総合的に判断できます。 下の2つのグラフは、世帯の収入と支出の総合的な内訳を示しています。 世帯年収の安定性や、老後の収入源、住宅費用や教育費用などが大きくなる時期などがわかり、資金計画の安定性が具体的に判断できます。 総合的な収入と支出の推移や内訳がまとめられており、備えるべき時期や金額が確認できる さらに、これらを合算した年間収支と資産残高についても確認できます。 以下の赤い折れ線グラフは毎年の総収入から総支出を引いた年間収支です。 0を下回った場合、支出の方が多くなっていることを示しています。 また、黄色い面で示されているのは、現金などの金融資産残高です。 0を下回ると貯蓄が底をついてしまった状態を示します。 年間収支の推移と金融資産の残高が示され、長期的なキャッシュフローが把握できる ファイナンシャルプランでは、 収支や貯蓄が安定する時期や、注意が必要な時期があらかじめ予測することができるため、大きな支出や資金計画に対する判断を安心して行えるようになります。 万が一、配偶者が死亡した場合のキャッシュフロー ファイナンシャルプランでは、夫婦のどちらかが万が一死亡した場合の収支についても試算されます。 下のグラフは、世帯主が亡くなった場合の試算です。 世帯の収入総額や、遺族年金などの金額、家計の支出などが確認できます。 また、収支がマイナスになってしまう期間の有無や、貯金の取り崩しなどでどの程度まかなえるのか、といったことも把握できます。 世帯主や配偶者に万が一があった場合の年間収支と資産残高もシミュレーションされる 住宅費用が正確に分かる建築士資格保有のFPに相談すれば、住まいの最適解が見つかります ファイナンシャルプランで試算される項目の中でも、人によって変動が大きい住宅費用については、住宅とお金に詳しい専門家に相談することで、大きなメリットが得られます。 一般的なファイナンシャルプランナー(FP)は、無理なく返済できるローンの借入額は分かりますが、住宅と土地の資金配分や、コストに対して実現できる住まいのグレードや住宅性能についての判断はできない場合がほとんどです。 また、ハウスメーカーに所属しているファイナンシャルプランナー(FP)の場合、自社の製品以外を紹介できないため、第三者としての客観的な意見を聞くことが難しくなっています。 一方、長沼アーキテクツは、ファイナンシャルプランナー(FP)でもある建築士です。 ファイナンシャルプランの作成はもちろん、希望する住まいのグレードや住宅性能の実現に必要なコスト、土地と住宅への適切な資金配分などが判断できるため、ライフプランと資金の両面から最適な住まい方をご相談いただけます。 長沼アーキテクツ 一般的なFP ハウスメーカーのFP ・土地と住宅への資金配分や、住宅性能や住まいのグレードにかかるコストなどが判断できる ・住宅にかかる総合的なコストから、適切な住宅ローン借入額など資金計画を判断できる ・長期優良住宅の取得や、住宅ローン減税の活用についても相談できる ・適切な住宅ローンの借入額などは判断できる ・土地と住宅への資金配分や、住宅性能、住まいのグレードなどによるコストは判断できない ・適切な住宅ローンの借入額などは判断できる ・自社製品しか紹介できないため、客観的な情報が得られにくい 長沼アーキテクツは、 土地に費用をかけすぎて耐震性や断熱性などの住宅性能に十分費用が回せなかった、希望の住宅グレードや住宅性能を実現したら予算オーバーした、といった事態を防ぎながら、相談者のニーズやライフプランをしっかりと反映した家づくりに実績があります。 また、住宅費用をより最適化する方法である、長期優良住宅の取得や住宅ローン減税の活用についても相談可能です。 長期優良住宅の取得や住宅ローン減税の活用を組み合わせ、税控除のメリットを最大化することで、品質の高い住宅をよりお得に建てることができます。 長沼アーキテクツは、耐震性能が高めやすく長期優良住宅の取得がしやすい住宅工法である「SE構法」にも対応可能です。 SE構法による注文住宅のメリットについて、詳しくは 「」で解説しています。 長沼アーキテクツでは、ファイナンシャルプラン作成と資金計画の相談をお受けしています。 詳しい内容やメリットについては、 「」をご参照ください。 長沼アーキテクツの「ファイナンシャルプラン作成コース」なら、ライフプランから適切な住宅のコストを判断できます 長沼アーキテクツの 「」は、お金と住まいの計画を一体的に相談できるサービスです。 ライフプランやお金の計画、住宅への希望などをヒアリングし、住まいにかかる費用や土地と住宅への資金配分などを明確にした上で、長期的な資金計画の妥当性をファイナンシャルプランで確認いただけます。 子供の教育プランや年金など、将来のキャッシュフローを確認する「お金デザインシート」と、部屋数や内装などのイメージ、家族構成、所有している家具など住宅設計への詳細な要望や前提条件を確認する「建築デザインシート」というツールを用い、資金計画や希望する住宅についてヒアリングを行います。 適切な住まいの規模やグレード、耐震性や断熱性などの住宅性能、床暖房や照明といった住宅設備などにかかるコストを詳細に確認できるため、 必要となる土地面積や立地・住まいのグレードとコスト・長期的な資金計画の妥当性がが明確になり、住まいについての判断を安心して行えることが大きなメリットです。 住宅のプロとしての経験や豊富な相談実績から、相談した段階では明確になっていない要望なども汲み取って反映しますので、住宅に対するイメージがはっきりしていない場合でも安心してご相談いただけます。 また、 相談後にお客様のご希望があれば設計依頼をお受けしますが、こちらから無理な営業などは行いません。 設計依頼が前提でなくても「ファイナンシャルプラン作成コース」はお申し込みいただけます。 「」はファイナンシャルプランの作成・資金計画の相談・住宅プランの相談が含まれます。 相談費用は通常33,000円ですが、相談後にサービス向上のための簡単なアンケートにご回答いただける場合、限定価格7,800円でお申し込みいただけます。 FP保有の建築士ならライフプランを踏まえた資金計画と、具体的な住宅のプランニングが一体的に相談可能です ファイナンシャルプランナー(FP)資格を保有する建築士の 長沼アーキテクツであれば、ライフプランを踏まえた資金計画や住まいの相談ができ、長期的なキャッシュフローから適切な住宅購入のコストを判断できます。 ファイナンシャルプランは、ライフプランをベースに生涯の収入と支出のシミュレーションする。 住宅購入など大きな支出の前に作成することで、長期的な資金計画の安定性が確認できるというメリットがある• ファイナンシャルプランでは、給与や年金などの収入、子供の教育費用、老後の生活費用、住宅ローンや持ち家の維持費といった住宅費用などの各項目について、生涯の収支がわかる• 住宅にかかるコストが正確にわかるFPに相談できれば、適切な土地と住宅への資金配分などが判断できるため、ライフプランと資金計画の両面から住まいの最適解を見つけられる• 「ファイナンシャルプラン作成コース」は、住まいの相談・お金の相談・ファイナンシャルプラン作成によって、ライフプランと資金計画から住宅のコストが判断できる 長沼アーキテクツは東京都新宿区(最寄り駅:都営新宿線 曙橋駅)の設計事務所です。 から、ご来社あるいはオンラインでのご相談をお申し込みいただけます。 ファイナンシャルプランナー(FP)の立場からライフプランや資金計画の不安を解消し、建築家の立場から家づくりにおけるあらゆる課題を解決します。 住まいとお金の相談が一体的にできる「ファイナンシャルプラン作成コース」は、業界でも類例のない長沼アーキテクツ独自のサービスとなっております。 お金デザインやファイナンシャルプラン作成に関する事例・リンク 長沼アーキテクツがFP保有の建築家として行う支援をまとめたページです。 住宅ローンなどの資金計画やライフプランの作成支援など、お金と住宅に関連するサービスを詳しく解説しています。 ファイナンシャルプラン作成など、長沼アーキテクツの「お金デザイン」サービスについて概要ををまとめています。 「お金と住宅のプロ」である長沼アーキテクツならではのサービスやメリットを解説しています。 注文住宅の費用対効果を高めるために、FP資格を持つ建築家である長沼アーキテクツを活用するメリットをまとめています。

次の

ファイナンシャルプランナーになるには?5分でわかる、仕事や年収、資格など

ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる

こんにちは、マリです。 ファイナンシャルプランナーは人気の資格ですから、書店やネット通販で、様々な種類のテキスト 参考書)や問題集が売られています。 そのなかから、初心者の方が「自分に最適なテキスト」を見つけ出すのは難しいものです。 そこで、この記事では、ファイナンシャルプランナーを独学で勉強される方向けに、おすすめのテキストをランキング形式でご紹介します。 ここで紹介するランキングは、管理人の私が個人的に選んだものですが、できるだけ多くの方の参考になるよう、選んだ理由なども客観的に書いていきます。 ぜひ、あなたに最適なテキストを見つけてくださいね。 3級のテキストを探している方も、ぜひ参考にしてください。 Contents• FP・ファイナンシャルプランナーの独学用テキスト 選び方のポイント まず、テキストを選ぶうえで、押さえておきたい基本的なポイントを説明します。 出版社名だけで選ばない ファイナンシャルプランナーの初学者の場合、テキストや参考書の内容を少し見ただけでは、それが良いのか悪いのか正確に判断できません。 色々なテキストを比べていると、「ユーキャン」や「TAC」など、著名な予備校やスクールから出版されているテキストが魅力的に思えることもあるでしょう。 確かに、著名な予備校やスクールのテキストには、 「長年に渡る指導ノウハウが反映されている」など、一定の品質が担保されているのは間違いありいません。 ただし、そのようなテキストがすべて「分かりやすいか」というと、必ずしもそうではありません。 テキストによって「読みやすさ」「分かりやすさ」には差があります。 一番間違いのない選び方は、経験者の声を聞くことです。 この記事やFP受験経験者の声などを参考に、本当にあなたにあった一冊をみつけてください。 購入者の口コミや評判を確認する 経験者の声を聞くことの一つに、通販サイトのAmazonで、ファイナンシャルプランナーのテキストを購入した方の口コミや評判を確認する、という手もあります。 購入者の評判は、「内容が濃いテキストなのか?」「使いやすい参考書なのか?」といった点を判断する指標です。 口コミの内容からファイナンシャルプランナーのテキストの特徴を読み取るのも難しくありません。 そのため、ファイナンシャルプランナーのテキストを購入する前に良い評判と悪い評判の両方をチェックしてみてください。 「このレビュー、なんかおかしいな」と違和感を感じたら、鵜呑みにはせず、他の情報もチェックするようにしてください。 ファイナンシャルプランナーの試験問題は、最新の法制度や税制に基づいています。 新しいテキストには最新の法改正が反映されていますが、少し前のテキストだと情報が古い可能性があります。 「過去のファイナンシャルプランナーのテキストはフリマアプリや古本屋で安い価格で販売されているからお得」と考える人もいるでしょうが、 新しい法改正に対応していないこともありますので、最新のテキストを選んでください。 ファイナンシャルプランナーの新しいテキストは、1年に1回、5月~6月のタイミングで更新される傾向があります。 つまり、その時期よりも前に試験を受けるのか後に受けるのかで購入するテキストや参考書を決めましょう。 テキストと問題集のシリーズを統一する 多くの資格試験と同じように、ファイナンシャルプランナーの試験に合格するためにも、次のような対策が欠かせません。 テキストや参考書で知識をインプットする• 実際に問題集を解いてアウトプットする テキストと問題集のシリーズを統一するのは資格試験対策のセオリーです。 シリーズがバラバラのテキストと問題集を選んでしまうと、 「今読んでいるテキストの項目と対応する問題がどこにあるのか、分からない」など余計な問題が発生しやすいので気をつけましょう。 FP・ファイナンシャルプランナー 独学用テキスト おすすめランキング それでは、おすすめの教材をランキング形式で紹介していきます。 便宜上、順位を掲載しているものの、「あなたが何を重視するか」によって、最適なテキストは変わってきます。 以下に紹介するものは、いずれもファイナンシャルプランナーの試験対策として申し分ないものですので、これからテキストを購入する予定の方は是非参考にしてみてください。 1位:一発合格!FP技能士2級AFP完全攻略テキスト19-20年版 リンク おすすめ第1位は、この 『一発合格!FP技能士2級AFP完全攻略テキスト19-20年版』になります。 この完全攻略シリーズの最大の特徴は、• 各章の導入部に 「章の全体像が分かるマンガ」がついている• 章の全編に渡り、 マンガの挿絵で分かりやすく説明している という点です。 もちろん、マンガだけではありません。 図表なども適切に配置されており、「文字量が多過ぎることも、少な過ぎることもなく」、よいバランスでまとめられています。 また、試験当日の最終確認に役立つ 「出る順で最終確認! 最重要ポイント攻略ブック」もよくまとまっており、文句のつけようがありません。 より詳しく書かれたテキストは他にもありますが、出題範囲を押さえたうえで、もっとも分かりやすいテキストはこの完全攻略シリーズだと思います。 「わかりやすさ」を重視する方は、ぜひ一度、手に取って確認してみてください。 2位:みんなが欲しかった!FPの教科書 2級・AFP 2019-2020年 リンク 『19~20年版 FPの学校 2級・AFP きほんテキスト』は、大手資格予備校のユーキャンから出版されているテキストです。 このテキストの最大の特長は、• 約6週間(42日)で勉強が完結するよう、スケジュールが組まれている• 1日分の学習量が明確で、スケジュール通りに勉強をこなしていくことができる(1日の学習の目安は10ページ程度) というように、 「計画を立てることが苦手」「独学で、どう進めてよいかわからない」という悩みに完全にフォーカスしている点です。 その他、全てのページがフルカラーで、親しみやすい誌面作りをしているなど、方向性は1位と2位のテキストと同様、といえるでしょう。 勉強のスケジュールや進め方が気になる方は、こちらのテキストをチェックしてください。 4位:うかる!FP2級・AFP 王道テキスト 2019-2020年版 リンク 第4位は 『うかる!FP2級・AFP 王道テキスト 2019-2020年版』です。 このシリーズは、良くも悪くも正統派、オーソドックスな内容になっています。 頻出事項を抑えた解説や学習補助用の赤シートなど、必用な内容は一通り押さえてある、スキのない構成となっています。 スタンダードな中にも、下記のように得点アップのコツやテクニックが満載です。 5位:スッキリわかる FP技能士2級・AFP 2019-2020年 リンク 第6位の 『史上最強のFP2級AFPテキスト 19-20年版』は、上記で紹介した教材と比べると知名度は低いものの、次の4つの特徴があります。 本試験に出題される 93. 8%の問題を1冊でカバーできる• 基本的な用語説明以外は、試験に出ない無駄な情報をカットしている• 過去9年分のFP技能士試験のデータを完全に分析している• 例題と過去問トレーニングで効率良くアウトプットができる いわゆる教科書的で無駄のないテキストですので、「イラストなどの緩い感じがあまり好きではない…」という方は是非一度検討してみてください。 独学前にチェック! FP・ファイナンシャルプランナーのテキストの効果的な使い方 ファイナンシャルプランナーの試験合格を独学で目指すのであれば、テキストの選び方は最初の第一歩です。 しかし、どれだけ良質なテキストを購入していても、使い方が間違っているとその良さを引き出すことができません。 独学では講師に頼らずに自分一人の力でファイナンシャルプランナーの合格を目指す形になりますので、テキストや参考書をどう使っていくのかは大事ですね。 以下では、ファイナンシャルプランナーのテキストの効果的な使い方を解説していますので、試験の学習を始める前に目を通しておきましょう。 1冊のテキストを最後まで使って正しい知識をインプットする(余程肌に合わない限りは2冊3冊と使わなくても良い)• 問題演習を通じて テキストで覚えた知識を実際に使ってアウトプットする• 問題を解いてわからなかった部分は テキストに戻ってもう一度復習する 過去問を繰り返し解いていると、ファイナンシャルプランナーの試験の出題パターンが何となくわかってきます。 つまり、テキストや参考書を読んで覚えた気になるだけではなく、実践的な演習も忘れてはいけません。 また、「あれもこれも良さそうだから…」と複数のテキストを購入しようと考えている方はいますが、1冊でも必要な知識を習得できます。 2冊以上のテキストを使うと理解できる部分とできない部分の把握が難しくなりますので、1冊を完璧にするまで読み込みましょう。 まとめ ファイナンシャルプランナーのテキストの選び方やおすすめランキングについておわかり頂けましたか? ここで紹介したテキストは、いずれも学習者が効率良く勉強しやすいように作られています。 あなたが最も重視するコンセプトのテキストを選び、ファイナンシャルプランナーの合格を勝ち取って欲しいと思います。

次の

FP・ファイナンシャルプランナー 独学用テキスト おすすめランキング|FP・ファイナンシャルプランナーの通信講座 おすすめは? 2020年最新版 比較・ランキング

ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる

【このページの目次】 CLOSE• ファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーを日本語に訳すと「資産運用相談員」なんてところでしょうか。 主に資産運用を考えている個人客からの相談を受けて、生命保険や医療保険の見直し、株式投資、国債、預金の運用などの資産運用のアドバイスをおこなうのが主な業務です。 例えば、お客さんに株式投資を勧める場合、リスクを考えて、業種を分散させるなど、長期で安定して利益が出る方法をアドバイスします。 場合によっては不動産投資を勧めたり、金の積み立てを勧めたりもします。 お客さんの資産を守り、いかにリスクを最小限にとどめながら増やしていく方法をアドバイスできるかがファイナンシャルプランナーの腕の見せ所です。 関係団体: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 率直に申し上げて、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験に合格しても就職や転職に役立つことはありません。 ネット上でファイナンシャルプランナーについて調べてみると、ほぼ例外なく「就職・転職やキャリアアップに活かせる」などと紹介されていますが鵜呑みにして高い通信講座を申し込んではいけません。 ファイナンシャルプランナーと聞くと、横文字外資系的でインテリっぽく聞こえますが、実際は、生命保険や損害保険、医療保険などのセールスレディが名刺に「ファイナンシャルプランナー」と書くためだけに利用している程度の資格です。 一応は国家試験なので、合格すればそれなりに意味はありますが、特にこの資格を持っていても特別な業務ができるわけでもなく、資格を持っていなくても同様の業務はできます。 転職・就職にはあまりプラス評価の材料とはなりませんが、国家資格ということもあり一応は堂々と履歴書に書くことはできます。 しかし、あまりPRしすぎても、分かる人には「ふ〜ん」といった程度です。 自己啓発のために学習したとPRするぐらいがよいでしょう。 あくまでも「自己満足的」な資格で役立つ機会はほとんどありません。 ファイナンシャルプランナーには1級から3級までありますが、1級はそれなりに難しくなかなか合格できません。 1級まで目指そうと考えるのなら、他の国家資格を目指した方がよいでしょう。 あるいは簿記検定を目指す方が役立つ機会は多くあります。 3級は比較的容易に合格できるので受験しても3級までで止めておきましょう。 関連資格: ファイナンシャルプランナーの将来性を徹底研究! 使い道があまりない資格 資格試験を紹介しているサイトや通信講座の会社のサイトを見ると、「有望資格」や「役立つ資格」、「使える資格」、「将来性のある資格」なんて紹介されていますが、実際はさほど使い道のない名称だけの資格です。 単に教材を売りたいがための資格にすぎません。 ファイナンシャルプランナーの試験に合格したからと言って、資産家が資金の運用に関してアドバイスを求めてくるわけでもありませんし、重大な取引を依頼してくるわけでもありません。 ましてやこの資格があるから特別な仕事ができるわけでもありません。 当サイトの筆者であるぼくもこの資格は持っていますが、なんとなく受験しただけで特に目的があったわけではありません。 就職や転職に使えるなどと過度に期待しない方がよいでしょう。 生保レディーが取得すると名刺に印刷できてよいかもしれませんが、生保レディーは誰でもなれますし…。 ファイナンシャルプランナーは国家資格とはいえ、役立つことも少なく、時間をかけて取得する意味のない国家資格といえます。 試験日 お申込み 試験は通常年3回、1月、5月、9月に実施されます。 試験日の3か月〜2か月前に申し込みます。 受験資格 「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっていますが、特に制限はありません。 どなたでも受験できます。 試験内容 学科と実技がが行われます。 学科も実技もともに筆記です。 実技といっても数字を算出する計算問題などの出題です。 学科の応用問題といったところです。 学科:筆記(マークシート式)は全60問で択一式 実技:筆記(記述式)で40問 【学科】• ライフプランニングと資金計画から10問• リスク管理から10問• 金融資産運用設計から10問• タックスプランニングから10問• 不動産から10問• 相続・事業承継から10問 【実技】• FP総論から2問• 金融資産運用設計から4問• 不動産から3問• リスク管理から4問• タックスプランニングから3問• 相続事業・承継から3問• ライフプランニング・総合問題から21問 試験に関する詳しい情報はをご覧ください。 ファイナンシャルプランナー おすすめテキスト・基本書 最も利用者が多いテキストです。 魔法のようによくわかる、というのは大げさですが、出来るだけ表現を噛み砕いて分かりやすい文章で書かれているのが特徴です。 そのためどの章から学習しても入りやすく、最初から学習しないと全体を理解できないということはありません。 スマホでも学習できるのが大きな特徴です。 これと問題集があれば合格できるのではないでしょうか。 種類 評価 テキスト 初心者でも分かりやすいように無理なく学習を続けるための工夫がしっかりとされています。 テキスト内は1日目、2日目からはじまって31日目と区分けされており、1日で学ぶ分量が決められています。 「1ヶ月で学ぶ」ことを目標にしていますが、もちろんこの通り学習して1ヶ月で合格できるはずはありません。 FP試験の入り口と言える3級の学習を快適にスタートするための最初の1冊です。 後は問題集で実力をつける必要があります。 種類 評価 テキスト ファイナンシャルプランナー おすすめ問題集.

次の