うなぎ釣り。 【初心者でも簡単マスター】これであなたも“うなぎ釣りの達人”に!

【うなぎ釣り】鰻を確実に釣るために知っておくべきコツ教えます

うなぎ釣り

うなぎ、といえば土用の丑の日という具合に夏バテによくて?食べたくなる魚です。 しかし、最近はうなぎの値段も倍以上に?という感じで値上がりしています。 国産物になると1尾が千円ぐらいで買えたのが、今では2千円以上になっています。 これじゃ、とてもじゃないけど買えない。 そう思い釣ってくることにしました。 実は、うなぎは、海で出産して川に帰ってきます。 つまり、川で釣ることができる魚ということになります。 黒鯛やシーバスに比べると、釣りあげる時の魚との駆け引きや釣り応えは有りません。 なにか、ゴミでもひっかけたかと思うぐらいの重みで抵抗しないので、気づかないかもしれません。 それでも、食べたときの弾力や脂のうまさがたまらない、他の魚とは別格だと思います。 また、仕掛けも投げ釣り用の仕掛けで十分なので初心者でも、すぐに始められる釣りだと思います。 うなぎの習性を知れば、より簡単に捕まえることができるので道具とかも紹介できれば思います。 ) 春から秋といわれていますが、 私自身の経験では 4月下旬~7月 に釣れる事が多いです。 これ以外のシーズンは場所によりそうです。 8月に入ると何故だか、釣れない。 普段よりも、更に河口で記事) 実は、 魚が釣れやすい日というのがあります。 天候というのが意外と、重要なポイントになります。 条件として、雨が降って 適度に 川に濁りがあると 警戒心が解けてつれやすいということです。 雨が降った次の日とか、朝雨が降って晴れた夜とかにつれやすいです。 でも、雨が降り過ぎて濁りが強いと、全く釣れません。 毎日のように釣りに出かけて、同じ仕掛けと餌で釣っていて釣れなかったのに、雨が降り始めたら連チャンで釣れまくったという経験があります。 また、釣れるポイントは、川の上流から河口付近まで 広範囲につれるようです。 ちなみに、私の場合は 少し大きめの川になると、上流や中流では 遊漁券が必要な場合もあるので もっぱら、砂泥地の 河口付近で釣っています。 【SPONSORED LINK】 うなぎを最も簡単に捕まえる方法 また、都心部では皆無だと思いますが、田んぼに水を入れるために用水路の水を堰止めて水位の差ができます。 そして、その水位の落ちているほうを見ると、ウナギがいたりします。 どうやら、夜の間に川を下ってきて堰を超えてみると、水がほとんどない状態で立往生してしまったのか。 もしくは、穴で寝ていたら水が減って来て、慌てて水があるところに出てきたのか。 田植えの時期(5月、6月)には、朝クーラーと網を持って関を回ってこれでよくウナギを捕まえました。 ちなみに、水の綺麗な上、中流部での経験談ですので、河口部や生活排水で汚れた用水路では定かではありません。 おすすめ時期(シーズン) 梅雨の時期の晴れた日は、 濁り具合にもよりますが、釣りをするのに もってこいの時期だと思います。 晴れの日が続くと、餌になるものが少ないのか 釣れない事が多いです。 川が適度に濁っている日は釣り日和。 うなぎ釣り以外でも、この時期は冬場の餌が少ない状態から、水温が上がり餌が増えてくるので魚が釣れやすくなります。 ウナギも、冬場水温が下がって食欲がない冬眠に近い状態から、活発になり食事を食べ始めるのか食いつきがいいです。 【SPONSORED LINK】 うなぎ釣りで使う餌 ミミズ、 朝鮮ゴカイ(アオイソメ) 基本的には、釣り場の近くで取れるものがいいと思います。 真水の上流、中流域はミミズで河口付近だと、朝鮮ゴカイで釣る。 私の餌は、もっぱら 朝鮮ゴカイです。 ミミズがいいとか、エビがいいという方もおおと思いますがこの辺は実際に使ってみて研究してみるのがいいと思います。 うなぎの住んでいる地域によって餌にも差が出てくるので、そこに住んでいる、うなぎを釣り上げて胃を袋の中を見れば、運が良ければ餌が消化されずに残っているかもしれません。 もしくは、釣ってきたうなぎを飼って、餌の食いつき具合を比べてみるのもいいかもしれません。 そこまで、するのは面倒なので私の場合は、釣り道具屋に行けば、いつでも手軽に手に入るので朝鮮ゴカイを使用しています。 300円(約30g)も買えば3時間は持ちます。 河口で釣っているので、うなぎの釣りで キビレが釣れることが良くあります。 ちびバス(ちびシーバス)、 ハゼも。 外道は要らない方は、 汽水域よりも水門で仕切られた 上流で釣ることをお勧めします。 つまり、海水が入らない真水です。 ただ、流れが緩い場所だと亀がかかったりします。 重くて、釣り上げるのも糸が切れそうで厄介です。 真水の場合は餌も、 朝鮮ゴカイより ミミズを近所の畑などで 取ってきて、それを使ったほうがいいかもしれない。 うなぎの仕掛け うなぎは、 夜行性なので基本夜釣りです。 昼間は、岩影などに潜んでいて出てきません。 また、狭いところを好むので筒の捕獲カゴにミミズなどを入れて仕掛けていると、夜行性のうなぎが匂いに引き寄せられて入ってくるという習性を利用してます。 先日見た、TVだと海で狙う時は、イワシを餌に入れていましたね。 この捕獲カゴは入るのは簡単だけど、出られない構造になっています。 うなぎは、泳ぐのはあまり得意ではありません。 なので流れが急な部分よりも、岩や障害物で流れが緩やかなになった場所が通り道になります。 捕獲用のかごを2,3個まとめて、鉛などの重りと一緒に沈めておくポイントとなります。 また、餌の臭いで引き寄せられた、うなぎは筒状の狭い穴を見つけると身を隠すために入りたくなる習性があるようです。 うなぎ釣りの仕掛け うなぎ釣りの当りは、ガツン、と 一気に引くので しばらく待ってから、糸を巻くこと。 早すぎると、針がはずれること有り。 黒鯛などと比べると抵抗が少ないので、 ゴミでも引っ掛けた感触と間違いやすいです。 仕掛けは、 おたふくおもり で代用可能、うなぎ用の針は細長いので飲み込まて も外しやすいが戻り針がないので外れやすい気がします。 近くの釣り道具屋に行けば、オモリもついた仕掛けが売っているとおもいます。 また、初心者で道具をそろえるのが面倒という方には 近くの釣具屋で売っているちょい投げセットなどをお勧めします。 実を言うと、写真のうなぎもこのようなセットで釣りました。 ただし、針を飲み込まれてしまって、ハズれない。 釣れる度にハサミで切っていました。 オモリと仕掛けもついているので後は、餌を買えば釣りができます。 ちょっと投げて、後は食いつくまで待つ。 100均ショップなどの釣り道具のコーナーで 竿先につける鈴があったのでゲット。 夜釣りは特に竿先が見えずにアタリがわかり難いので助かります。 また、釣れる場所を見つけたら、竿を2,3本使うと待ち時間を潰せていいと思います。 大阪だと、淀川でうなぎがよく、釣れるようです。 ちなみに、先日ニュースを見ていたら兵庫県の揖保川では外来種の魚が増えてるそうです。 そして揖保川ではアユやうなぎが減っているそうです。 外来種(ライギョやアリゲーターガー)がいる川だと、うなぎが餌になってしまうようです。 【SPONSORED LINK】.

次の

関東近郊で狙えるうなぎ釣りのスポットについて紹介!

うなぎ釣り

うなぎがよく釣れる関東のスポットについて 撮影:筆者 ここでは、うなぎが関東圏で釣れる具体的なスポットについて紹介します。 各河川の特徴と狙いどころについて触れるのでチェックしてくださいね。 都市郊外にある河川ですが、様々な魚種が生息している河川です。 うなぎが釣れるポイントとしては東京都側の河口付近(汽水域)から埼玉県側の中流域にかけてです。 泥状の地形やテトラ帯が多く、そのようなポイントで小さなベイトやザリガニ・小エビを捕食しています。 東京、埼玉県などアクセスも良好なので、夜景を見ながら夜釣りも楽しめます。 隅田川 今日のブルックリン、いや違う隅田川 どごだっていい、ああ釣りしたい… — ゆかりな yukarina1972 隅田川は東京都北区付近に位置し、荒川から分岐した大きな河川の一つです。 本流となる隅田川には各支流となる河川(神田川、日本橋川、石神井川など)が合流しています。 このように複数の河川が合流しているため、うなぎもまばらに生息しています。 川幅や流域面積も広いのでうなぎ釣りがイメージしにくいですが、良く釣れるスポットの一つです。 隅田川のうなぎは、汽水域で釣れる個体が多くサイズはそれほど期待できませんが、 数釣りが楽しめる傾向にあります。 サイズを狙うのであれば、中流域や上流域の方が大型個体が釣れやすいので別スポットがおすすめです。 また、隅田川はシーバス釣りでも有名でエサ取りとしてシーバスの子供であるセイゴが外道として釣れるケースが多いです。 江戸川 市川市の里見公園付近からの秋の景色です。 江戸川・坂川では鰻釣りのシーズンでした。 少し先には矢切の渡しの渡し場があります。 富士山を見ることできなかったのでスカイーツリをパシャ。 茨城県猿島郡五霞町と千葉県野田市の境目付近で、利根川と分岐しています。 淡水域と汽水域が入り混じる川ですが、うなぎはどちらのポイントでも狙えます。 川全体で潮の影響を受けやすいので、満潮・干潮などの潮が動くタイミングにうなぎのアタリが集中しやすいです。 江戸川にはヘラブナやコイ、ニゴイなども多く生息しているので釣りをしていると、外道として様々な魚種が釣れることもありますよ。 茨城県や千葉県を通じて太平洋側に流れる河川で、各地域によって利根川の姿も変わります。 うなぎ釣りが楽しめる主なポイントは、上流域から河口域にかけてで、広い範囲で狙えます。 浅場や泥状のポイントに夜になると接岸しやすく、うなぎを狙って釣れます。 ただし、利根川は生息している魚種が豊富なので エサ取りには注意しましょう。 近年では、アメリカオオナマズと呼ばれる食性の荒い外来魚が生息しています。 上流域から中流域にかけては清流と呼ばるほど綺麗な水質が特徴的です。 川魚に恵まれた那珂川では、ミミズや小エビを活発に捕食しているうなぎが生息しています。 流れの起伏が激しい河川なので、夕方から釣りを始めてあらかじめ 浅場・深場の境目などをチェックしておきましょう。 夜間、うなぎが動き出した際にエサを見つけやすくなるためです。 上流部のうなぎは外敵となる肉食魚(ブラックバスなど)が少ないためか、大きめな個体も多いです。 大自然に囲われている那珂川で釣りをしてみてはいかがでしょうか。 源流は栃木県日光市付近から流れていることもあり、冬場の雪解け水が4-5月ほどまで流れることもあります。 中流域付近まで非常に綺麗な水質が特徴で、夏場の高気温でも水温が安定しやすいです。 鬼怒川のうなぎは、トロ場になるようなポイントや、ゴロゴロとした石が敷き詰められているポイントで反応が良いです。 堰堤などもところどころにあるので、周辺を探ってみるのもおすすめです。 エサは小エビやミミズはもちろん、緩やかな流れのポイントにおいてはドジョウなどを泳がせてみるのも良いです。 うなぎが潜みやすいポイントとは? 関東地方で狙えるうなぎ釣りのスポットについて幾つか紹介しました。 次に、全てのスポットで共通する釣れるポイントを解説します。 というのも、 うなぎが好む生息場所や行動習性は特徴があります。 うなぎが潜みやすいポイントを把握しておくと、釣り場でのキャストポイントが分かりやすいですよ。 うなぎが潜みやすいポイントはズバリ、 身を隠せる障害物が近くにあることです。 身を隠せる障害物が近くにあると、うなぎは捕食をしていながらも外敵からも直ぐに身を守れます。 そして、夜間になると活発に動き出して浅場でエサの捕食を行うようになります。 このようにうなぎが浅場に出没するポイントの近くには、直ぐに身を隠せるような深場もある傾向が多いです。 夜釣りをする際は、事前に水中の状況をチェックしておくと良いでしょう。 関東エリアでうなぎ釣りに挑戦してみよう! 撮影:筆者 この記事では関東エリアで狙えるうなぎ釣りについて、詳しいスポットについて紹介しました。 荒川や隅田川、江戸川などの大河川は東京近郊の河川でアクセスも良好です。 そして少し離れたスポットであれば那珂川や鬼怒川などもあります。 実際には、紹介した河川以外にもうなぎが釣れるスポットはあるのでご自身の足で探してみるのも良いでしょう。 うなぎが釣れた瞬間は、「やはりいたか!」とワクワクした気持ちになりますよ! >>早速うなぎ釣りにチャレンジ!関連記事はこちら.

次の

【うなぎ釣り】鰻を確実に釣るために知っておくべきコツ教えます

うなぎ釣り

狙うべき時間帯 うなぎを確実に釣りあげるためには、釣りやすい時間を狙って釣りをするのが近道。 より良い時間に釣りをして効率よくうなぎをゲットしましょう! うなぎが動きだす夜を狙え! まず、うなぎ釣りのメインとなる時間帯は「 夜」です。 うなぎは 夜行性の魚。 日中、物陰に身を隠しながらじっとしていて、夜になるとエサを求めて泳ぎ回る習性があります。 日中に釣れないこともないのですが、好釣果を求めるなら 夜釣りがおすすめです。 特に、陽が沈んで 暗くなった直後はチャンス大! 「夕まずめ」と呼ばれる時間で、隠れていたうなぎが一斉に動き出し一番釣りやすいタイミングです!! 下げ潮を狙え! うなぎには、流れがしっかりと効いているほうが活性が高く釣りやすいという特徴もあります。 川の流れが強くなるタイミングの、 下げ潮(満潮から干潮に掛かて潮位が下がっているとき)はうなぎの活性は高くなりやすいです。 もし夕まずめと下げ潮が重なっていたら、それは最高に釣りやすいタイミング。 夕まずめで活性の高いうなぎは、流れとの相乗効果で活性爆上がりで入れ食い状態も期待できます! 釣行の計画を立てるなら、 夕方暗くなる時間帯と下げ潮が重なっている日を選びましょう。 場所の選び方 いざうなぎを釣ってみようと思ったらどんな場所を選べばよいのでしょうか? うなぎは上流から下流域まで様々なところに生息していますが、うなぎ釣りにもっとも適した釣り場は 淡水と海水が混ざり合う川の下流域です。 海水が混じる下流域は小魚やエビが豊富でうなぎのいいエサ場であり、うなぎが隠れる場所(水中の障害物)が多く、たくさんのうなぎが生息しています。 夜釣りで狙うべき場所 夜のうなぎ釣りで狙うべきポイントは「 しっかりとした 流れがある場所」です。 川はどこも同じように流れているように見えて、実は流れが速い所と遅い所があります。 うなぎは流れがしっかりと効いているほうが活性が高く釣りやすくなるという特徴があるため、しっかりと流れがある場所を見つけて仕掛けを投入しましょう。 しっかりした流れのある場所を探す方法は、川の形からおおかた予想することができます。 上のイラストの川のように緩やかに川がカーブしている場合、流れが速い場所を予測するのは簡単です。 流れが強く水深が深いのは、ズバリ、 カーブの外側! 逆にカーブの内側のエリアは水深が浅く流れは緩やかであるため、あまりいいポイントとは言えません。 川がカーブしておらず流れがわからないという場合は、取り合えず仕掛けを投げ入れてみて水深が深いエリアを探してみてください。 しっかりとした流れがある場所は水流によって川底が削られるため、水深が深くなっていることがほとんどです。 水深がある場所 = 流れがある場所 といっても間違いではありません。 エサの選び方 どちらもうなぎのエサとして優秀ですが、実は場所によってしっかりと使い分けをすることで好釣果に恵まれやすくなります。 うなぎ釣りのエサとして一般的なのがミミズとアオイソメです。 海水の影響が少ないエリアであればミミズの独壇場です。 うなぎにしっかりアピールさせるために、太目のミミズがおすすめ。 もし小さなミミズしか手に入らなかった場合は、ひとつの針に2匹掛けをしてボリュームを出すと太いミミズにも負けないアピールになります。 うなぎ釣りの仕掛け うなぎのもっとも主流の釣り方は「ぶっこみ釣り」です。 ハリと糸とオモリだけの簡単な仕掛けで、アタリは竿先の動きで感じ取ります。 市販のうなぎ仕掛けも販売されていますが、ぼくが長年の釣りで導きだした仕掛けの作り方を公開しているので、ぜひ参考にしてください。 釣り方 仕掛けを投入する場所はどこでもいいわけではありません。 狙うのは流れが速く深い所。 ウナギは深い場所の底でエサを探して泳ぎ回っているので、そこに仕掛けを投入します。 深い場所がわからない場合は、仕掛けをいろいろなところに投入してみて、底に着くまで時間がかかるところを探しましょう。 ポイントに仕掛けを投入したら、糸を張り竿を置いてアタリが来るのを待ちます。 アタリがでてもすぐに合わせてはダメ。 しっかりと食い込むまでじっくり待ちま、竿先が大きく引き込まれたらアワセ!竿を起こし、ゆっくりと巻いてください。 竿先にケミホタルや鈴をつけておくと暗くてもアタリがはっきりとわかりますよ! あまりアタリがない場合は、エサを生きが良いものに付け変えたり、違う場所に投げ直して探りを入れてください。 まとめ 一見難しそうに見えるかもしれませんが、実は仕掛けはシンプルで簡単に釣りをすることができます。 ぜひうなぎ釣りにチャレンジして美味しいうなぎをゲットしてください!.

次の