ちく や 食中毒。 食中毒とは?|ライオンハイジーン株式会社

食中毒の症状と種類

ちく や 食中毒

食中毒は年間を通じて警戒が必要! 月別での食中毒発生状況を見てみると細菌性食中毒とウイルス性食中毒には季節的な発生傾向があることが分かります。 平成26~28年における発生状況(3年間の平均値)をみると、4月から10月までは細菌性食中毒が優位に発生し、12月から3月までは低温や乾燥した環境中で長く生存するウイルスが原因となるウイルス性食中毒が優位に発生していることがわかります。 特に夏場は、湿度や気温が高く、細菌が増えやすい条件が整いますので、細菌性の食中毒に注意が必要です。 この期間を過ぎると、ノロウイルスを主体としたウイルス性食中毒の脅威が冬場から春先にかけて続きます。 これとは別に、春や秋には山菜やキノコ類などの自然毒による食中毒も多く発生しています。 このように、夏場の温度の高い時期だけでなく一年中食中毒に対する警戒が必要になっています。 食中毒は感染するの? 食中毒とは食品に起因する胃腸炎、神経障害などの中毒症の総称と定義されます。 定義にこだわるのであれば、同じ食中毒細菌やウイルスが原因物質であっても、感染の経路が食品に起因しない場合は感染症に分類されます。 その面では食中毒細菌やウイルスは感染症の原因にもなりますので、うつるとも言えます。 特にごく微量のウイルス量でも感染が成立するノロウイルスなどでは、発症者の汚染された手指を介して感染を広げたり、発症者のおう吐物が乾燥し塵埃として空気中に舞い上がることにより、感染を広げた事例もあります。 感染者の看病をした際や、職場などで発症しおう吐などした場合など、感染症としての予防対策も重要となってきます。 食中毒による経営リスクについて考えましょう もし食品事故を起こすと、どのような処分が課せられ、責任が発生するのでしょうか。 いずれも企業経営を根本から揺るがす大きなリスクになることを自覚しておきましょう。 近年はグループ経営されている飲食店、施設が多いことから、グループの中のどこかが事故を起こすと、事故を起した施設が信用をなくすのは勿論のこと、他の施設にも影響が及ぶことがあります。 さらには食品業界全体に波及することもあります。 また、業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させたことになりますので5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります(刑法第211条)。

次の

食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント

ちく や 食中毒

FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

食中毒の原因は?防ぐ方法は?

ちく や 食中毒

来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。 また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんについて注意しておくべき点などについても合わせて解説していきます。 食中毒ってどんな疾患? とは、 食べた食物に含まれる毒素によって引き起こされる疾患です。 季節性があり、夏に多く発生すると思われがちですが、 食中毒で最も多いノロウイルスは冬期に好発します。 主な症状は腹痛、吐き気、嘔吐、下痢であり、発熱は来すものとそうでないものがあります。 食中毒の原因と分類 食中毒の原因は、細菌、、自然毒、化学物質()、寄生虫などがあります()。 表1食中毒の分類 食中毒の発生しやすい要因として、 最近の旅行(特に海外)、野外活動における飲水、水産物や非加熱・不十分な加熱食品の摂取などがあります。 また、 学校や老健施設、保育園などはいったん発生すると集団発生となる危険があります。 今回は、細菌性食中毒としてよく診る可能性が高いものや自然毒による食中毒を中心に解説します。 なお、ウイルス性食中毒であるについては、9月に掲載予定ですので、詳細はそちらに譲ります。 細菌性食中毒 細菌性食中毒の原因菌はさまざまで、 大きく感染型と毒素型に分類されます。 食品内で細菌が産生した毒素を食品と共ともに摂取して食中毒を起こすのが毒素型、 一定菌数以上にすでに増殖した細菌を食品とともに摂取して食中毒を起こすのが感染型です。 細菌性感染型食中毒 細菌性感染型食中毒には、 サルモネラ、赤痢菌、コレラ菌、カンピロバクター、大腸菌などがあります。 細菌性感染型食中毒は、食物中に細菌が存在し、それを食べた後に毒素を産生します。 症状として 嘔吐は少なく、腹部の疝痛がしばしばあります。 毒素は食物または便から検出されることが多いです。 細菌性毒素型食中毒 細菌性毒素型食中毒には、 黄色ブドウ球菌やセレウス菌、ボツリヌス菌などがあります。 食品内ですでに毒素が形成されているため、 潜伏期は短く(1~6時間)、症状としては嘔吐や下痢が多く、発熱を来すのはまれです。 食べずに残った食物から毒素が検出されることが多いです。 自然毒による食中毒 フグ毒 フグ毒は テトロドトキシンという神経毒で四肢体幹の横紋筋が麻痺し、放置すれば停止を来して死に至ります。 トラフグの卵巣が有名ですが、ほかのフグや一部の巻き貝にもテトロドトキシンは含まれており、素人の知識で食べるのは危険です。 また、 テトロドトキシンは加熱しても失活しません。 麻痺性貝毒、下痢性貝毒 二枚貝の中には 麻痺や下痢毒を有するものがあります。 主に二枚貝(ホタテガイやカキ、アサリなど)は、毒素を持った植物プランクトンを餌として食べ、体内に毒素を蓄積させます。 すなわち、季節や地域によって、同じ貝を食べても食中毒となる例もあればそうでない例もあるということです。 毒素が蓄積した貝類を人が食べると、下痢や麻痺といった症状を引き起こすことがあります。 シガテラ毒、パリトキシン シガテラ毒は ドクウツボ、オニカマス、バラフエダイ、イシガキダイなどに含まれる神経毒です。 パリトキシンは アオブダイやハコフグに含まれる横紋筋融解症を来す毒です。 植物性自然毒 植物性自然毒の中で最も有名なのは毒キノコです。 キノコ毒はさまざまな症状を呈します。 神経麻痺、溶血、急性脳症、肝不全、幻覚、けいれん、下痢などです。 ヒスタミン中毒 ヒスタミンは、 赤身魚に多く含まれるヒスチジンに酵素が作用して変換されることで生成します。 そのため、 ヒスチジンが多く含まれる食品(まぐろ、かつお、さばなど)を常温に置くとヒスタミンが生成され、これを食べることで全身の発赤や血圧低下が生じます。 ヒスタミンは熱に強く、一度生成されると防ぐことはできません。 食中毒の処置・治療法 問診により原因菌が分かることもある を来す食中毒では、 問診により原因菌の手がかりが発見されることがいくつかあります。 例えば、最近、 「海外旅行に行った」という場合には、サルモネラ、赤痢菌、コレラ菌、カンピロバクター、大腸菌が疑われます。 「十分に加熱調理していないハンバーガーを食べた」ということからは、志賀毒素を産生する大腸菌が、 「油で揚げた米を食べた」ときにはセレウス菌が疑われます。 また、厳密には食中毒には分類されませんが、 最近の入院歴や、抗菌薬投与があった場合の下痢症ではクロストリジウムディフィシル(Clostridium difficile)が疑われます。 は潜伏期間別にまとめた食中毒原因菌の一覧です。 潜伏期間を厳密に分類することは不可能ですが、大まかな指標として知っておくと良いでしょう。 表2潜伏期間別食中毒の原因菌 消化器症状以外の症状を呈する食中毒では、 ビブリオ・バルニフィカス(Vibrio bulnificus)があります。 これは特に 夏期、肝硬変症や糖尿病が基礎疾患としてある人が、主に海産物を生食することで発症し、死亡率の高いです。 その症状としては、 四肢や体幹に水疱を伴う紫斑が出現し()、 急速に敗血症から敗血症性ショックに移行します。 図1ビブリオ・バルニフィカス感染症 肝硬変症の50歳代男性。 近海物のマグロ刺身を食べ、翌日下肢痛で来院しました。 下肢に紫斑と水疱を認めます。 広範囲にデブリドマンを行い、治療を行いましたが、死亡した症例です。 食中毒の治療 細菌性およびウイルス性食中毒の治療は、 基本的にはバイタルサインを維持するよう、対症療法を行うことが中心です。 食中毒では、 繰り返しての嘔吐や下痢を来すことから、 脱水症状に陥る可能性があるため、対症療法として 電解質を含む水分を投与することが重要で、経口摂取または点滴静注で行われます。 なお、 下痢を来しているからといって、止痢薬などでこれを止めることは毒素を腸管内にとどめておくことになり、推奨されません。 ブドウ球菌やセレウス菌、クロストリジウム感染では抗菌薬治療の必要はなく、対症療法のみとなります。 また 志賀毒素産生型の大腸菌は、抗菌薬を投与することで溶血性尿毒症症候群(HUS)発症のリスクが上がるといわれているため、抗菌薬投与は勧められていません。 ボツリヌス中毒では抗毒素投与が行われます。 抗菌薬が必要あるいは有効といわれる食中毒には、 大腸菌(腸管毒素型)、コレラ菌、赤痢菌、カンピロバクター、エルシニアがあります。 サルモネラ患者への抗菌薬投与は、全身への播種症状があったり、免疫能が低下した場合に考慮されます。 ノロウイルスやロタウイルスには抗菌薬や抗ウイルス薬は投与されません。 さらに、自然毒による食中毒のほとんどにおいては、や抗毒素といった特異的な治療はありません。 対症療法のみとなります。 食中毒の予防 食中毒は、 汚染した手から伝播することも多いため、予防として手洗いや、食品を扱う場合は手袋を着用することが重要です。 また、肉類による食中毒は加熱で殺菌されることが多いため十分に加熱すること、さらに外気温・湿度が高い場合には細菌増殖・毒素産生が促進されるため、このような環境に食物を置かないことが重要です。 やというのは、非特異的な腹部症状なので、 まず食中毒以外の疾患を考慮する必要があります。 病歴聴取で食中毒の可能性がある場合には、 いつ・どこで・何を・誰と食べたかを聞いておくことは重要です。 また、最近の旅行歴がある場合は、危険な食中毒が考えられます。 食物摂取歴は、当日の食事から少なくとも1週間前の食事まで聞くようにしましょう。 学校や施設、会社食堂など集団生活の下で発症した可能性があるときには、 集団発生として救急外来での対応が必要となることも考えなければいけません。 特に、 便を通じて感染性を持つ食中毒(コレラ、赤痢菌、ロタウイルス、ノロウイルスなど)には、伝播しないような注意が必要です。 食中毒の疑いで下痢を来して受診した患者に対しては、 便の扱いに十分配慮しましょう。 医療従事者は、手洗いを徹底した接触予防策が重要となります。

次の